うちはオビト単語

ウチハオビト
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

うちはオビトとは、漫画NARUTO』に登場するキャラクターである。

CV - 小森創介、潘めぐみ

概要

第一部と第二部の間に掲載された『カカシ外伝戦場ボーイズライフ~』で登場した、ゴーグルを用している短少年。13歳。初登場は2巻の扉絵写真
本編より十数年前の人物。
うちは一族出身の中で、波風ミナトはたけカカシのはらリン、オビトで構成される通称『ミナト班』に所属している。
チーム全体の仲は良好なようだが、カカシとは性格の違いから気が合わず、よく喧をしていた。
ボラなのか遅刻癖があり、遅刻するたびにカカシに怒られていた。
仲間想いの熱い性格であり、お年寄りにも優しかったようで、荷物を運んであげたりしていた。本人く、「木ノ葉に住んでいるお年寄りに知らない人は居ない」らしい。遅刻の原因の大半がコレだったりする。 割とドジだったようで、玉をめながら火遁を使おうとして喉に詰まらせた事がある。
幼い頃から同じ班に所属していたリンに好意を寄せており、彼女告白を試みた事もあったが機会に恵まれず、未だに告白出来ずにいる。しかし、彼女カカシを好いている事に気付いており、複雑な感情を抱いている。彼女を前にするとり切っていいところを見せようとしてよく怪をしていたようで、その度に彼女に手当てをして貰っていた模様。
将来の夢は火になって里の皆を守ること。 その際顔岩にゴーグルをつけることを強調していたことからゴーグルには強い着があるようである。
うちは一族の出身ではあるものの、血継限界である写輪眼開眼出来ていない。 それ故に自身を落ちこぼれと卑下している。因みに先祖はあのうちはマダラで、彼の子孫に当たるらしい。
また、同期にあたり、同じくカカシライバル視していたガイとも面識があったようで、彼の人の顔を覚えないクセについても知っている。 中試験では個人戦、団体戦共に彼にぶっ飛ばされている。
三次界大戦当時はミナト班として行動していたが、未だに実面、精面共に未熟な面が立ち、敵をの前にして恐怖で動けなくなったり、を流したりしていた。
この点はミナトにも摘されており、として強い心を持つように言われている。
その後、ミナトからカカシの事情について説明された事で不器用ながらも和解を試みた。そしてカカシリーダーに、カカシリン、オビトのスリーマンセルで任務達成をすも、任務の最中に敵にリンを攫われてしまう。 彼はリン救出を優先しようとするも、任務達成を優先しようとしたカカシと意見が対立。 カカシと喧別れした彼は単独でリン奪還を試みるも、敵に見つかり、窮地に陥る。
しかし、オビトの

「確かに忍者世界ルールや掟を破るクズ呼ばわりされる……けどな! 仲間を大切にしないはそれ以上のクズだ!!!」

という言葉にルール以上に大切なモノを感じ取ったカカシに助けられる。 そして二人で協して闘うが、敵の攻撃から自身をったカカシが手傷を負って片を失明してしまい、再び絶体絶命危機に陥ってしまう。
しかし、友と自身の危機写輪眼開眼カカシと共に敵を蹴散らし、リン救出にも成功するが、直後に敵の増援部隊の土遁からカカシった為に岩に半身を潰される重傷を負ってしまう。自身の死を悟った彼は、上祝いの品としてカカシに左写輪眼を与えた後、カカシリンを守る事を頼みながら、岩に押し潰され死亡した。 最期の間には「カカシともっと仲良くなりたかった」「リン告白したかった」「もっとみんなと一緒に居たかったな…」と残念がっていた。

現在は「神無英雄」の片割れとして名を慰霊碑に刻んでいる。 ちなみに、本編カカシがよく遅刻するのは彼の慰霊碑に立ち寄っている為。
速くにやって来ているがついつい遅くなってしまうという。
カカシは自身がリンを守る約束を守れなかった事を悔いており、慰霊碑の前で『今のオレを見たらなんて言うんだろうな? なあ…オビトよ』といている。
オビトの『仲間を大切にしないはそれ以上のクズだ!』という言葉は今でもカカシの心に大きくを与えており、それは次世代のナルト達にも伝わっている。
仲間思いで負けず嫌いだったり、火していたりなど、何処となく雰囲気がナルトに似ており、オビトを知る人物(カカシ)はナルトに彼の面を重ねている所がある。

衝撃の再会

CV - 内田直哉(偽マダラ)、高木渉(トビ大人)

599話「うちはオビト」にて衝撃的な再登場を果たす。
それまで仮面の男・トビの正体は、木ノ葉創設者の一人であるうちはマダラだと思われていた。しかし、第559話にて薬師カブト穢土転生で本物のうちはマダラを転生させたことにより「仮面の男=マダラ」説は消え、一層その正体を巡って読者の間で話題が沸騰した。
そして、第598話の終盤にうずまきナルトによって面が破壊され、第599話にて遂に彼の正体が判明。その正体は、神無の戦いにて死亡したと思われていたはたけカカシの親友・うちはオビト本人であった。

実は地下で生きながらえていたクレイジーサイコホモうちはマダラに助けられていた。しかし、マダラく意図的に助けた訳ではなく、たまたま通路に居たから拾ったとの事(恐らく神威が偶発的に発動して通路に落下した)。岩に潰された右半身に千手柱間細胞で作られた人造体を移植することでかろうじて生き延びていた(その際の移植は身体の右半身に痛々しく残されている)。当初はマダラの『の眼計画』に協する気はなく、カカシ達の下へ帰るべく懸命なリハビリをしていたが、ゼツによってカカシリン隠れの暗部によって危機に陥っていることを聞かされ、グルグルのゼツの体を全身にってカカシ達のもとへと向かうも、そこでにしたものはカカシリンの命を奪う間であった(ちなみにこのときリンは三尾の人柱にされており、リンが里へ戻ったところでリンの中の三尾を暴走させて木ノ葉を潰すのが隠れの狙いだった。リンはこのことに気づいていたため、カカシ隠れのに向けて放った切に自ら突っ込むことで自害したのである)。リンを失った悲しみと怒り、絶望に心を支配されたことにより万華鏡写輪眼開眼。その瞳と木遁の暴走させてその場にいた隠れの暗部達を皆殺しにした後、「リンが存在する世界」を創るべくマダラの計画に乗ることを決意する。
マダラの死後、本物のマダラが復活するまでの代行者として「の眼計画」実現のため暗躍する。その手始めに弥長門、小南に接触し「」を設立させ、弥の死後は戦闘集団へと作り替えていった。17年前のナルト誕生日には「九尾事件」を引き起こし、自身の師である四代目波風ミナトや、その妻・うずまきクシナをはじめとする数多くの人物を間接的に殺した。それから数年後にはうちは一族がクーデター論んでいることを知り、その隙を突いて再びマダラの望む木ノ葉への復讐を実行に移そうとしていたが、自身の存在に気付いたうちはイタチから「うちは一族への復讐に協する。代わりに里とサスケには手を出すな」との取引を持ちかけられてこれをみ、うちは一族をサスケを残して全滅させた。

現在の性格は当時とは打って変わって冷酷。サスケ香燐を傷付けた時も、「仲間を大切にしない」とかつてはっていたにも関わらず、楽しそうに笑っていた。
カカシについては「後悔だらけの生涯を送るに相応しい男。口先だけの男に成り下がったお前の言う言葉には何の価値も意味もない。お前に言うことはなにもない。ただ死ね、この現実に縛られて」と散々な評価であり、もはや何の感情も抱いていないとっている。カカシェ……。
とか何とか言いつつ、カカシに負担のかかる神威駄撃ちを親切に止めたり、カカシが事あるごとに自分やリン墓参りをしていることを知っていたり、自分への負いから本気で戦えないカカシに対して、「お前罪悪感を抱く必要はい」とベラベラ自分の事をり出し、しまいにはカカシを「の眼計画」に勧誘したりと、どう考えてもカカシを意識しまくりである。
リンの死についての相も知っており、彼女が木ノ葉を守るために自分自身の意志で自らカカシの手によって死ぬ事を選んだことも知っている。彼が本当に絶望したのはリンカカシにそのような選択をさせた世界そのものだという。ちなみにリンの死によってマダラに協を決意したものの、リンカカシを思っての行動ではなく、「本物のリンは生きていなくてはならない。だから死んだリンにとって偽物リンを守れなかったカカシ偽物」という身勝手極まる論理によるものである。

実はマダラによって心臓に呪印札を仕込まれていたために彼に逆らえなくなっていたが、カカシ切を故意に受けてこれを排除。マダラを出し抜く形で十尾の人柱となり、六道仙人と同等のを得るも、かつての自分とよく似たナルトと戦う中で迷いが生じたことにより、取り込んだ尾を引き抜かれて敗れた。
カカシとミナトにこれまでの想いを吐露したのちに心し、命と引き換えに輪廻生の術でこの戦いの犠牲者たちをらせようとしたが、マダラの命を受けたゼツに操られて術の対がマダラに変えられてしまった。輪廻生を使ったことで死は免れなくなったが、そのはマダラ及びカグヤとの戦いでナルト達を大いに助けることとなった。
最期はナルトサスケカカシを己の身をにしてったことにより致命傷を負ったために、必ず火になれという言葉をナルトに残して微笑んでこの世を去った。その身体は崩れ去ったが、残ったチャクラカカシに託し、死してなお大きなとなった。
戦いの後に精世界カカシと対話し、友として別れができるだけでいいと言うカカシに礼を告げて、彼をずっと待っていてくれたリンの魂とともに立った。

オビト最強説?

作中ではラスト付近でしか同一人物に両の眼がう事がかったオビトの万華鏡写輪眼だが、これが本来あるべき通りにオビトが両方とも所持していたとしたら、オビトはとんでもないチートキャラになっていたのではと言う考察がある。

  • 右の神威オートすり抜けの弱点消失
    オートすり抜け使用中のオビトにダメージを与えるには、左の神威で時間に干渉して時間側から攻撃をする必要があるのだが、オビトが両とも持っている=他に時間に干渉できるものがいないという事なので、10分連続爆破などの極めて限られた大掛かりな攻撃でない限り、オビトの隙を突くことができなくなる。
    また、オートすり抜けは右の神威の他の(吸い込み・吐き出しなど)と併用できないが、左の神威と併用できないとは言われていない。出来るのであれば何でもすり抜けながら周りの間を引きちぎり放題と言う恐ろしい事になる。
  • 神威の基礎向上
    オビトの右の神威だけでもチャクラサポートを受ければ格上の時間術使いであるカグヤの時間に干渉できたり、カカシの左の神威だけでも熟練さえすれば飛んでいるクナイをピンポイントで隠したりできるほどのを持っていた訳だが、両眼がうとこれらのスピードがさらに向上するため、オビトの視界に入った間に首が千切られるとか絶え間ない連続攻撃中でも一で時間に逃げ込まれる等と言ったことが起こり得る。
  • 須佐乎の発動
    固有術を宿した万華鏡が左右うという事は須佐乎の発動とイコールである。須佐乎の攻撃や防御についてはイタチやマダラやサスケが散々披露しているので説明の必要もいが、オビトの場合は実質的即死攻撃である神威の攻撃が須佐乎に付与される。これはオビトからを借り受けたカカシラストで実際にやっている。

もっとも、これだけの多様な術をバカスカ使いまくるとチャクラが足りるのかと言う問題が出てくる。
作中後半のオビトは半身が柱間細胞でできていたため、永遠でない万華鏡を連続使用するリスクチャクラなどの問題がど誤魔化されていた状態だが、「半身を潰されておらず眼を失っていないオビト」だったなら写輪眼移植問題を考える必要が出てくる。逆に言うと、作中後半のオビトがカカシから万華鏡を返してもらっていた場合、柱間細胞チャクラで上記のチートを使い出す事になる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%86%E3%81%A1%E3%81%AF%E3%82%AA%E3%83%93%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

うちはオビト

343 ななしのよっしん
2019/12/04(水) 22:42:16 ID: h6Sfl4Zed5
リンが生きてたらどっちと結ばれてたのかなあ
読者的にはオビトと結ばれてほしい
344 ななしのよっしん
2019/12/06(金) 10:39:36 ID: oxCS2ntsqi
>>342
九尾ナルトじゃなきゃゼツの成りすましに対応できないから、戦争開始時点なら十分勝算あったとおもうよ
345 ななしのよっしん
2019/12/06(金) 10:55:31 ID: AeaxZdS9H6
下手すりゃ疑心暗鬼からの同盟瓦解どころか流れでそのままたちの争いになる可性もあるからなぁ、ゼツのアレは。
オビトは尾チャクラさえ回収して読できればそれでいいからに戦って勝つ必要もないし。
346 ななしのよっしん
2020/02/07(金) 06:51:02 ID: w11/I9gVht
グルグルとゼツの話だとオビトも飲食しなくても生きられるしウンコもしないらしいが、ダンゴくってたよなw
347 ななしのよっしん
2020/02/28(金) 19:39:04 ID: hibDuTZVM4
あくまで黒幕操り人形操り人形ポジと考えるとやっぱこいつとの戦いに時間掛けすぎだったと思う
348 ななしのよっしん
2020/02/28(金) 20:01:33 ID: 12gBPmSTji
サスケを除き、本当はラスボスはマダラの予定が大人の都合でカグヤになった可性はあるんだろうか?
もしそうならオビト戦の長さは納得できるし、マダラ戦の尺ももうちょい伸ばしてバランス良くなったかもと妄想してしまった
349 ななしのよっしん
2020/03/07(土) 21:53:37 ID: TRdGkWQuKo
高木渉が素直にカッコイイと思えるしいキャラ
350 ななしのよっしん
2020/05/20(水) 22:05:34 ID: h6Sfl4Zed5
もしカカシリン以上に可愛い子と付き合ってたりしたら、
どうでもいいとか言いつつその女殺しそうw
351 ななしのよっしん
2020/05/20(水) 22:10:26 ID: h6Sfl4Zed5
もしカカシリン以上に可愛い子と付き合ったりしてたら
どうでもいいとか言いながらその女殺しそうw
352 ななしのよっしん
2020/05/31(日) 13:11:06 ID: nJjkC16TEq
>>347
ナルトと同じ夢持っててがんばっていたが現実の痛みがしんどすぎて
諦めちゃった大人、と対決するというのがオビトの話の肝じゃないか

まあマダラとの対決や因縁話もカグヤどーんで済ますんでなく
きっちりカタ付けて欲しかったというのはあるな

急上昇ワード

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック