うちわ単語

ウチワ
1.3千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

うちわ(団扇)とは、あおいを起こすための具である。

もしかして:内輪(内輪ネタなど)

概要

の暑い時期に、自分の方向にを起こしてむために使われることが多い。

よく見られるのは持ち手つきの組みにったもの。他に薄く取り回しが良ければ厚や下敷き一枚でもうちわになるし、の場で配布されているうちわにも、楕円形の厚けただけというシンプルなものもある。[1]学校で下敷きをうちわ替わりとした方も多いのではなかろうか。

特に閉じる事で収納可で、扇状に展開して使用するものは扇子と呼ぶ。(→扇子

調理において、ウナギサンマなどの炭火七輪で焼くときにうちわであおぐが、これはおいしそうな匂いを他の場所に散らすほかに、発生する煙を逃がしてが煙臭くならないようにするという的もある。

その他

他の的としては、ファンアイドルなどに向けた言葉をうちわに書いて、コンサートなどで見せるというものもある。背景フォントポップ体が多い。

たまに企業名やイベント名などを書いたうちわを配布し、宣伝を行うことがある。(イベント等)
ただし、補者・政党名を書いた組みのあるうちわを選挙の際に配ると公職選挙法違反となるので注意が必要である。

また、構造が単純なことからと細い木材をり合わせ工作として自作する、真っ白なうちわに好きな絵や文字を自分で書き加える…といった体験・授業が行われる事もある。

扇子と共に夏祭り和服着物にも合わせやすいメリットもある。

方向に向性を持たせるため、面形状の一部をかなり直線に近づけたものもある。

歴史

歴史的に記録が残る最古のうちわはエジプトの王を描いた絵画exitのもので、長い柄の先にの羽を付けたようなものである。中国の北日本古墳時代ごろにはそれらと形状が似た「翳(さしば)」があり、ただし、「翳す」を「かざす」と読むように、これは人の顔を隠すために使われていたものとされており、柄が長すぎてあおぐのには向いていなかったと思われる。

うちわは室町時代末期には現在のものに近い形になったとされる。翳は「は」とも読み害虫や疫などを打ち払うために使っていたことから「打ち翳(うちは)」となり、「うちわ」と呼ばれるようになったと推測されている。また、戦国時代に頻繁に使われた軍配もうちわの一種であり、正式には「軍配団扇」と呼ぶ。

江戸時代になると団扇には浮世絵なども描かれるようになり、芸術作品として価値のあるうちわも生まれるようになった。明治時代以降は印刷技術がさらに上がり、広告的のうちわが増加していく。昭和中期まではの材質はが中心だったが、それ以降はプラスチックも使われるようになっていった。

文字としての扇

なお、扇はもともとうちわをす言葉だったが、
日本で扇が生まれてからは「扇」だけをす言葉になっている。

扇風機換気扇・冷扇といった送装置の名前にも含まれている。
その他、扇形など。

関連動画


関連静画


関連商品


関連リンク

関連項目

脚注

  1. *持ち手の軸のあるものより小安価、場所を取らない、凹凸いため印刷しやすいといったメリットがある。

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%86%E3%81%A1%E3%82%8F
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

うちわ

1 ななしのよっしん
2019/10/24(木) 23:37:00 ID: BFp8duAl52
うちわ組みが旭日旗を連想させるニダ
2 ななしのよっしん
2019/10/25(金) 18:15:57 ID: 4YiXvkVn98
うちは一族