えろえろクイーン おっぱいの章単語

テーブルボードゲームサイキョウケッテイセン

えろえろクイーン おっぱいの章とは、高橋邦子制作の痛いRPGゲームである。

概要

前作『ストリップコマンダー』から約1ヶ後の2010年9月29日投稿された41作品の作品で、制作ツールは『えろえろスク水ダンジョン』から13作連続でRPGツクールVXを用いている。
タイトルは“おっぱいの章”となっているが、現在のところ他のえろえろクイーンシリーズの章は発表されていない。

前作同様に高橋の発想の独創性がる一作となっており、前作がパソコン人間との戦争コンピューター画面で表現したのとは打って変わって、今回はチェス盤ほかのテーブルゲームを題材としている。
題材としているだけでなく、中盤以降に登場するオセロ囲碁将棋らのルール物語の設定に大きく関わる展開となっており、高橋邦子が豊富なテーブルゲームの知識を持ち合わせていることを伺わせる一面もある。
バトルシーンが多いことから、いつものBATTLE3こと邦子のテーマも流れる頻度が高めである。

高橋邦子作品ではしく、終盤までほぼ川越アメリカといった要素が皆無で、ストーリー性が較的高い部類に入るのが他のRPG作品とは一線を画している。

なお、YouTubeなどでは、他者によって英訳されたものが開されており、海外でも恐らく世界初であろうチェス駒が役のRPGということでその発想の豊かさを驚きと笑いをもって歓迎されているようである。

基本的なストーリーとしては、ごく平和に対局の行われていたチェス盤のサイドから始まり、ナイト昇格を逃したポーンが親のコネで昇格したナイトをけしかけたことで、クイーンによって倒されたことから、クイーン激怒、味方の駒すらも破壊しつくした後にやがてとの近代チェス、さらにオセロ囲碁将棋を巻き込んだテーブルゲーム戦争に発展する、というもの。
チェス最強の駒であるクイーンオセロの表裏裏返し、囲碁の端取り、将棋の奪った駒の使いなどが大きくストーリーに影しており、途中からは『ルールを守ること』ということが作品テーマとして据えられているが、ランボーよろしく最初にルールを破ったのは紛れもないクイーン本人であることに突っ込んではいけない。

前作同様にRPGパート以上に弾幕シューティングゲームとしてのパート重が大きくなっており、近代チェスパートRPGというよりはもはや全にシューティングゲームと化している。

なお、ラストはこの映像投稿される22日前に起きた『尖閣諸島中国漁船衝突事件』に関するストーリーが唐突に展開され、元々高橋作品ではしくはいものの、それまでの作品展開がほぼ視されていることや中国核ミサイルによって日本勝利してしまうものの、日本はまだポーン(“ニホン”の暗喩と思われる)の昇格前という希望を描く、という当時の世相を反映したともとれる描写から、投稿前になり急遽付け加えられたであろうことが伺えるものとなっている。(この当時は、官房長官の仙石由人を筆頭とした民主党政権の対応があまりに日本軽視の中国寄りだと批判された時期であり、2ヵ後の11月4日YouTubeに事件の相が鮮明に映し出された記録映像インターネットを通じて世界中に流出するまで際的にも日本の対応が「甘すぎる」と批難されていた。高橋邦子流の民主党批判だった、ともとれなくはない)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%88%E3%82%8D%E3%81%88%E3%82%8D%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B3%20%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84%E3%81%AE%E7%AB%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

えろえろクイーン おっぱいの章

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • えろえろクイーン おっぱいの章についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!