おおよど(列車)単語

オオヨド

おおよどとは国鉄で運行されていた列車名である。

概要

肥薩線吉都線経由で博多宮崎間を結んでいた特急である。おおよど設定当時は山陽新幹線博多開業前であった事から長崎本線佐世保線特急京都駅発着のかもめのみであり、九州完結特急としては門港~小倉博多~西鹿児島間の有明博多小倉宮崎~西鹿児島間のにちりんに次ぐ第3の特急であった。

博多駅宮崎駅を結ぶ特急には小倉駅経由のにちりんも2往復設定されていたが、日豊本線経由より距離が短かったり九州自動車道がまだ開通していなかった事からそれなりに需要があったようである。日豊本線宮崎駅まで電化されていたので宮崎駅発着の特急にちりん電車485系が使用されていたが、西鹿児島駅発着のにちりん気動車キハ80系が使用されており、おおよどはこのキハ80系と共通運用であった。

しかし1979年日豊本線全線電化が完成西鹿児島駅発着にちりんが1往復増発された際に485系での運行となった事から、同じ博多宮崎~西鹿児島間のにちりんでも電車気動車が使われるという非効率な運用が生じるようになった。そして翌年に宮崎駅発着にちりんの一部に夜行特急彗星の間合いで583系が使用されるようになり西鹿児島駅発着にちりん2往復共485系が使用されるようになった事から九州からキハ80系はお役ご免となったので、車両の都合から特急おおよど止されてしまった。

尚、肥薩線人吉以北には九州新幹線新八代開業のダイヤ正で特急くまがわ九州横断特急が設定されているが、人吉~吉間及び吉都線おおよど一の定期特急となっている。

廃止直前の停車駅

較対照として博多~八代間で運行区間が被っていた特急有明の停本数を記載。運行区間が被らない有明の停については背景色を灰色にしている。


































おおよど
有明 1 4 4 10 10 10 1 1 10 1 10 9 1 2 9 9 6 9 6 2 7 9



















































西
鹿


列車名の由来

宮崎市を流れる大淀(おおよどがわ)から。

列車名の変遷

1974年3月 博多~吉宮崎間の急行えびの格上げで特急おおよどが1往復設定される。
博多 - 鳥栖 - 久留米 - 大牟田 - 熊本 - 八代 - 人吉 - 吉 - 町 - 小林 - 都 - 宮崎

1980年10月 止。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%A9%28%E5%88%97%E8%BB%8A%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

おおよど(列車)

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • おおよど(列車)についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!