おたま単語

オタマ

おたま(お玉)とは、調理器具の1つで、スープを掬いあげるときなどに使うものである。
正式には「お玉杓子(おたまじゃくし)」と呼び、欧洋食業界ではレードル(ladle)などとも呼ばれる。

曖昧さ回避(人名/キャラクター名)

概要

形状は四分音符(♩)に近く、持ち手の棒の先端に、液体を掬うための器状の部分がついている。「おたま」ではなく「杓子」と呼ぶこともあるが、現代ではこれは神社手水舎や式の墓地にあるを掬う具(ひしゃく)や、調理器具の木製のへら、しゃもじなどをすことも多い。

カエルの幼生を「おたまじゃくし」と呼ぶのは、このお玉杓子に形が似ているから。また、楽器オタマトーン」もおたまと似た形になっている。

簡素なつくりの具であるため、日本では縄文時代から作られている(参考exit)。材質は金属製のものが多いが、昔ながらの木製、近年はナイロンシリコンでできたものもある。

語源?

は下の器の部分を「玉」とみなし、何かを持ち上げる柄つきの具である「杓子」をつけて「お玉杓子」、「おたま」としたという説がある。

しかし、「お多賀杓子(おたがじゃくし)」がもともとの言葉とされることもある。これは滋賀県多賀町にある多賀大社で作られたしゃもじす。

8世紀、元正天皇の病を治すため、強飯(こわめし)を炊いてしゃもじを献上したところ、天皇の病が治したため、「お多賀杓子」として多賀大社のお守りの1つになった。当時の強飯は分がすぐに飛んでしまったため、パラパラとしたものになり、現代のしゃもじの形状では掬いにくかった。そのため、当時のお多賀杓子は現代のおたまの形状に近いものであったとされる。ここから、液体を掬う具を「お多賀杓子」と呼び、下の部分が玉のような形状であったころから「お玉杓子」に変化、さらに略され「おたま」、または「杓子」と呼ぶようになったと思われる。また、しゃもじは「杓子」が変化したもので、現代では両者は使い分けられているが、過去には両方とも同じ「杓子」と呼ばれていた。

ただし、この多賀大社の説もあくまで俗説に過ぎず、史料があるわけではない。

ちなみに現代のお多賀杓子は現代的なしゃもじの形状である。

いろいろなおたま

普通のおたま

最初に述べた「♩」の形状のおたま。これが基本形で、味噌汁スープをすくうのに使う。

中華用おたま

柄の度が器に対して傾いている、器が浅いおたま。調理中におたまを持つ手がコンロの上に来ない(熱くならない)ため、チャーハンなどを炒めるのに向いている。使用前には焼きでさび止めを落とす場合もある。

横口つきおたま

片方に注ぎ口がついているおたま。スープが注ぎやすいが利き手が適していないと使いにくいという欠点もある。

両口つきおたま

右利き・左利きどちらでも使用できる、ユニバーサルデザインを意識したおたま。

穴あきおたま

具材だけをすくい上げるのに適したおたま。特に料理で重宝される。

ドレッシング用おたま

バイキングや食堂などで置かれている、ドレッシングをすくうおたま。小さいバケツ状の器がついている。梅酒の瓶の中に入れるおたまにも使われることが多い。

武器用おたま

武器として使う。どの程度の威があるのかは不明だが、関連動画では実際武器として使われている。

関連動画


関連静画


関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%8A%E3%81%9F%E3%81%BE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

おたま

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • おたまについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/21(水)02時更新