お絵かきロジック単語

オエカキロジック
1 2 1 1 1
2 4 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1 1 1
1 7 1 1 1 1 1 1 7 1
10
2
2
8
1 1
1 1
8
1 1
1 1
8

お絵かきロジックとは、ペンシルパズルの一つである。「イラストロジック」「ののぐらむ」「ピクロスピクチャークロスワード)」など、さまざまな呼称がある。

概要

縦と横にある数字をもとにマスを塗りつぶし、浮かび出るイラスト文字が何なのかを当てるパズルゲーム。具体的にどういうパズルゲームなのかは、「ルール」または「解法」の節を参照のこと。

1988年に、西尾徹也といしだのんがそれぞれ独自に創案した。西尾は雑誌『パズラー』、いしだは『社会新報』でお絵かきロジックを初開したが、いずれも発行日が1988年7月8日と同じだったため、「どちらがの創案者なのか」と論争が繰り広げられた。現在は「互いにパクリや剽窃等しておらず、たまたま同時期に類似のパズルが誕生しただけ」と、概ね結論づけられている。

いしだについては、当初「推理絵」という名でパズルを寄稿していたが、初表翌年の1989年イギリスの新聞『サンデー・テレグラフ』で連載される際に「NONOGRAM」(「のんの図式」という意味)と名付けられた。それ以降、日本においても一連の作品群を「ののぐらむ」と呼ぶようになる。

知識を必要とせず理詰めで解くことができるとっつきやすさ、それから解き終わったあとも楽しめる新感覚のパズルだったことから、1993年ごろに人気が急騰。1995年にはお絵かきロジックを収録したゲームマリオピクロス』が任天堂より発売され、以降シリーズ化する。

ルール

  1. マスの左/上の数字は、その行/列の中で連続して塗りつぶすマスマス)の数のことをす。「1」であれば1マス、「10」であれば10マスピッタリ連続して塗りつぶす。
  2. 複数の数字が並んでいる場合は、その数字の順番通りに塗りつぶさなければならない。例えば「1,3,2」と並んでいる場合、1マス,3マス,2マスの順番で塗りつぶさなければならない。
  3. 数字と数字の間は、必ず1マス以上の塗らないマスマスが入る。

解法

冒頭の問題をもとに解法を説明していく。なお以下の図ではマスを「背景」、マスを「×」、すでに塗りつぶした数字を「灰色文字」で表す。また説明のため、一番左の列を「アの列」、一番上の行を「Aの行」のように書き表す。

大きな数字・端から解く

図1. 大きな数字・端から解く
1 2 1 1 1
2 4 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1 1 1
1 7 1 1 1 1 1 1 7 1
A 10
B 2
C 2
D 8
E 1 1
F 1 1
G 8
H 1 1
I 1 1
J 8

本作は縦×横=10マス×10マスの問題である。また本作での最大の数字は「10」と一致するため、Aの行はすべて塗りつぶすことができる。

また本作にはないが、まれに「0」としか書かれていない行/列がある。その場合はマスが一切入らないということなので、その行/列はすべて「×」と書くことができる。

次に端のJの行を見ると、本作では「10」の次に大きい「8」がある。左端から8マス塗りつぶすと仮定するとJの行ア~クまで(、便宜上Dの行に表示)、右端から8マス塗りつぶすと仮定するとJの行ウ~コまで(で表示、便宜上Gの行に表示)がマスということになる。どちらにしろ重複するウ~クまで(で表示)はマスであることが確定するので、そこを塗りつぶすことができる(図1:Jの行)。同様に、D・Gの行もウ~クを塗りつぶすことができる。これを界では「右寄せ・左寄せの法則」と呼ぶ。

端で塗りつぶしたマスを手がかりに解く

図2. 端で塗りつぶしたマスを手がかりに解く
1 2 1 1 1
2 4 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1 1 1
1 7 1 1 1 1 1 1 7 1
A 10
B 2 × × × × × × × ×
C 2 × × × × × ×
D 8 × ×
E 1 1 × × × × × × ×
F 1 1 × × × × × × × ×
G 8 × ×
H 1 1 × × × × × × × ×
I 1 1 × × × × × × × ×
J 8 × ×

上端・下端のマスを手がかりに解き進めていく。

ア・コの列を見ると、すでに1マス塗りつぶされており、数字「1」とピッタリ一致することから、他のマスはすべてマスであることがわかる。

またカ・キ・クの列を見ると、1マスずつ計4マスが塗られており、各「1」と対応しているため、他のマスはすべてマスであることが確定する。

エの列を見ると、AがマスであることからA~Dの4マスを塗りつぶすことができる。加えてGとJはそれぞれ「1」に対応するため、他のマスはすべてマスである。オの列も、エの列とほぼ同様に塗りつぶせる。さらにこの時点で、Bの行はすべてのマスか確定する。

ウの列については、Dのマス「2」に対応することはわかるが、CとEどちらがマスになるのかは不明なので保留。「2」以外の「1」についてはそれぞれ確定するので、CとE以外の未確定マスはすべてマスであることがわかる。

仕上げ

図3. 仕上げ
1 2 1 1 1
2 4 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1 1 1
1 7 1 1 1 1 1 1 7 1
A 10
B 2 × × × × × × × ×
C 2 × × × × × × × ×
D 8 × ×
E 1 1 × × × × × × × ×
F 1 1 × × × × × × × ×
G 8 × ×
H 1 1 × × × × × × × ×
I 1 1 × × × × × × × ×
J 8 × ×

ここまで来ると、本作の8割のマスが確定しており、正解が何であるかもおおよそ見当がつくのではなかろうか。

Cの行について、まずケはマスではない。ケがマスだと数字が「2」だけしかないのと矛盾するし、そもそも隣り合うク・コがマスと確定しているからである。エのマス「2」に対応し、かつオがマスであることから、ウがマスでイがマスであることがわかる。これにより、さきほど検討したウの列のCとEどちらがマスなのかも判明した。

またD・G・Jの行を見ると、ア・コがマスであり、かつマス・未確定マスの数が「8」に対応することから、それぞれイとケを塗りつぶせばいいことがわかる。

あとはイ・ケの列の「7」の分を塗りつぶせば…?

答え

図4. 答え
1 2 1 1 1
2 4 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1 1 1
1 7 1 1 1 1 1 1 7 1
A 10
B 2
C 2
D 8
E 1 1
F 1 1
G 8
H 1 1
I 1 1
J 8

完成数字の「」、大百科の「」が浮かび出た!!!なお見栄えのため、マスの「×」は取り除いてある。

本作はルール説明を兼ねているので、10×10=100マス較的小さく、かつ簡単で解きやすい問題だったが、専門誌や専門サイトではよりサイズが大きくて難しい問題が取りえてある。興味が湧いた方はぜひ購読ないし閲覧してみてはいかがだろうか。

主な専門誌・専門サイト

専門誌

カッコ内は出版社名。雑誌によって問題の大きさ・難易度懸賞、現れてくるイラストの傾向に違いがあるので、実際に書店で手にとって確認するといいだろう。

専門サイト

基本無料で問題を解くことができるサイト。近年はスマートフォンアプリでもお絵かきロジックを扱ったものがあるので、各アプリストアで確認するのもよし。

関連静画

お絵カキコ

画像をクリックタップ)すると、元のお絵カキコへ行くことができる(そちらで見たほうがより鮮明に映る)。ただしリンク先でスクロールすると答えが掲載されているので、自で解く場合は注意が必要である。

単語記事「ピクロス」>>2より  単語記事「ピクロス」>>7より 単語記事「ピクロス」>>13より単語記事「ピクロス」>>16より 単語記事「ピクロス」>>27より 単語記事「ピクロス」>>30より 単語記事「ピクロス」>>33より 単語記事「ピクロス」>>39より 単語記事「ピクロス」>>43より 単語記事「ピクロス」>>46より 単語記事「ピクロス」>>51より

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%8A%E7%B5%B5%E3%81%8B%E3%81%8D%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

お絵かきロジック

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • お絵かきロジックについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/21(水)19時更新