かっこう単語

カッコウ

かっこうカッコウ)とは

  1. カッコウカッコウ科に分類される鳥類
  2. ムシウタの登場人物、薬屋大助のもう一つの顔としての称。

本項では鳥類について解説する。

概要

全長約35cm。ユーラシア大陸アフリカに広く分布し、日本ではとして5月頃に飛来するのが見られる。名前の由来はまんま「カッコウ」と鳴くからカッコウである。

カッコウと言えば有名なのが托卵という行為である。ヨシキリやホオジロなど他の鳥類の巣から丸呑みするなど元の親に見つからないよう除外して、代わりに自分のを巣に産み付ける。
この行為がバレてカッコウがすぐ排除される場合もあるが、基本的には産み付ける先のと柄をよく似せたを生むため、はバレずにそのまま孵化出来る。

カッコウから還るまでの期間は、わずか10日から12日間程度に過ぎない。生まれてすぐのは、毛も生えずも開かないうちから、巣の持ちが本来産み落としたを本的に巣の外へ押し出す習性を持っている。
運良く落とされなくても、成長したカッコウによって元の子らが淘汰されるのは必須であると言える。

カッコウは、大体の場合托卵先の親よりもかに大きく成長する。明らかにおかしい図であるが、托卵された親の鳴きを聞くと本的に世話をせざるを得ない状態になり、結局カッコウが飛び立つまで面倒を見ることになる。
ちなみに立ちの間でも、カッコウは育ての親に対する情などはなく、かなりあっさりな別れを迎える。
その血も涙もない習性から嫌われることも多いのがカッコウだが、この托卵という行為を行うのはカッコウだけではないので、カッコウばかりを責めるのは少々酷である。

ここで、そもそもどうして托卵をするのか、なぜ自分で温めないのかという疑問が産まれる。
これは研究者の間でも意見が別れており、核心的な事情は明らかになっていない。

なのは、カッコウを初めとした托卵の習性を持つは、体温変動のしい変温動物であるためという説である。
つまり彼等は安全にを温められるという保がなく、それを解消するためこうして他のに生育を任せるという方法を編み出したというわけである。
托卵は子孫を安全に残すための知恵であり、残酷ながらも自然界の厳しい掟の中で培われた賭けというわけだ。
裏を返せば、カッコウからしてみれば「ちゃんと育てられる身体だったらこんな回りくどい方法をとってまで大事な子供を託したりなんかしない」と言いたいところではないだろうか。 

実際、下記の関連動画にもあるように、托卵されることに感づいている鳥類などはカッコウを産み付けられないよう、巣をトンネル状にしたりと様々な工夫を行なっている。
子孫繁栄のため、今日達は、日策を弄しあって戦っているのである。

ちなみに、閑古が鳴くという言葉はこのカッコウが元になっている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%93%E3%81%86

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

かっこう

28 ななしのよっしん
2016/01/15(金) 19:10:53 ID: Hk38KHlqhv
寄生と宿捕食と被捕食の関係と一緒だから寄生者よりも宿の方(のバイオマス量)が圧倒的に多くて
カッコウ托卵の場合托卵されない小鳥の方が圧倒的に多い
だから托卵された小鳥も別の機会の繁殖で子孫は残せる一方カッコウの方は繁殖ごとに托卵が失敗するリスクを負っているからより巧妙な方法に進化していったんだろう
これは意図したものではなく子孫を残しやすい戦略を持った種が生き残った結果で中々興味深い
29 ななしのよっしん
2016/05/06(金) 23:51:09 ID: +lKl2btl8/
>>27
アレのせいで今日小学生たちは先生に命じられキャベツで寄生されてる可性のや初齢の幼を血眼で探す羽になる
先生の言うことを聞かない横着君はコマユバチの餌食である

カッコウの話に戻るけど「親子の情愛がない」とか言う人は居るもののそもそも昆虫魚類両生類を筆頭にそんな物は持ってない生物の方が多数なんだよね
ただカッコウ鳥類の中では変わった進化を遂げた少数ってだけで
30 ななしのよっしん
2017/05/07(日) 22:53:12 ID: U8W7sqWJ0x
自然界は仁義なき生存競争であってカッコウ托卵もその一形態に
過ぎないんだろうけどにもかかわらず生理的に嫌悪感を持つのは
子育てが人間にとってはシリアスファクターだからだろうね
31 ななしのよっしん
2017/05/09(火) 04:57:49 ID: WQ50eek4sn
体温が安定するように交配させて、自で抱できるようになったら託しなくなるのかな
32 ななしのよっしん
2017/05/09(火) 13:20:20 ID: cM2kB7DZOb
>>17
本当にを食って生きてるんじゃないかな
まさかや麦、をたらふく食いながらカッコウ托卵許さんなんて言えるわけないじゃないか
33 ななしのよっしん
2017/07/04(火) 23:49:18 ID: oDRV60pjCf
生理的嫌悪感は催すが、野生ってのはこういうもんだよな。
ライオンは気高いだのは何処までも羽撃いていけるだの、人間が勝手に作り上げた幻想に過ぎん
生き残るのが最優先、自分達の種族以外の種族なんて知った事じゃない。それが野生の本ってもんだ。
34 ななしのよっしん
2017/12/05(火) 14:16:24 ID: nQpBlvok5X
カッコウのせいで絶滅に追いやられてるわりと居そうだな
35 ななしのよっしん
2017/12/05(火) 14:42:33 ID: Hk38KHlqhv
>>34
それはシマウマライオン絶滅させられるんじゃないかと言ってるようなもんで捕食・寄生対が減れば捕食者・寄生者も減ってバランスが保たれるのが生態系
カッコウ托卵は寄生とか捕食と同じで托卵される側は托卵を見破るが高いものが子孫を残すしカッコウ托卵が見破られにくいものが子孫を残す
36 ななしのよっしん
2018/02/01(木) 20:10:21 ID: PJIhUnV74y
>>35
女王仮説だっけ、それ
人間が自分たちに都合のいい形質の種を次世代に残す、いわゆる品種良とは少し違うけど似てるような感じかな
カッコウ仲間と仮親がお互いにお互いの品種良をしあってるようなイメージ
37 ななしのよっしん
2018/10/18(木) 01:32:31 ID: oJ9HXvlrAX
ダーウィンがきた!でカッコウ托卵取り上げてたね
土の中に巣を作るへの托卵は時期がわかりづらいため托卵先ののが先に産まれカッコウが元いたを殺そうとしても返り討ちにあうそうな
他にはに特徴をつけてカッコウを見破り食べちゃうも出てきたそうな
托卵先のと一緒に育つ種類もいるらしいけど他のカッコウもそんなに育つならここまで嫌われる生態ではなかったろうに