かなしほ単語

カナシホ
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

かなしほとは、「アイドルマスターミリオンライブ!」に登場するキャラクター矢吹可奈北沢志保の組み合わせ(カップリング)である。

概要

同じ14歳で、サービス開始初期から絡みのある矢吹可奈北沢志保爛漫で人懐っこい矢吹可奈に、クールでストイックな一匹北沢志保と、正反対の性格ながらも、に可奈が志保に積極的に関わっていく形で仲を深めていく。劇場版ではお互いに準役をこなしたことから、かなしほの知名度は大きく上がるとともに、ミリオンライブ内でもかなしほが強く推されるようになった。

また、志保の呼び方が変わるなど、ミリオンライブ内で関係性が深まっていく経緯がはっきりと見て取れるのもかなしほの大きな魅の一つと言えるだろう。
この記事ではかなしほの経緯について説明する。

目次

2013 7/25 白熱!アイドルユニットトーナメント

矢吹可奈北沢志保はここで初めて会い見える。矢吹可奈北沢志保双海亜美の三人がユニットを組みトーナメントに出場する。注すべきなのは、この頃はまだ志保は可奈を矢吹さん」と呼んでいたことだろう。この時点ではまだ距離があるように見える。

可奈は【努の結晶】にて、
「そ、ソロパートなんてドキドキです、プロデューサー…!でも私が笑顔で歌わなきゃ、みんなに緊が伝わっちゃうから…スマイルスマイル、可奈~♪」
と言っているように、お互いにまだ可奈、志保それぞれ個人として意識する段階ではないことが見てとれる。

だが、志保が【ユニット】にて、
「(略)助けられてばかりで悔しいけど…意外とユニットも楽しい、かも。」
と言っているように、一匹だった北沢志保の心の変化が見られるイベントでもあった。

トーナメントの結果、七尾百合子高山紗代子箱崎星梨花ユニット敗北する。ランキング報酬覚醒後の、敗北して涙を流す可奈の姿は強く印に残ったPも多いだろう。敗北した姿がそのアイドルSRカードになったのは、2016年現在でもこのカードだけである。

2013 8/29 恐怖!アイドルドキドキ肝だめし

校でアイドルオバケ役とおどかされ役に分かれて肝試しをするイベント。可奈はおどかし役ではあるが、怖いのが苦手な可奈はビビりっぱなし。

可奈の【怖がりゴースト】では、望月杏奈におどかされたためこちらに向かって泣き叫んでる写真が撮られてしまっているが、これに連動して志保の【不気味なカナきり】では可奈の絶叫に驚く志保という面い図式が見られる。

この頃もまだ矢吹さん呼びである。実は志保も怖がりであることが判明し、可奈との共通点が増えた良イベであるといえるだろう。

2013 12/26 矢吹可奈【ユニットトーナメントトリオ】

可奈志保亜美の3人は年またぎ!アイドル紅白祭りで再びユニットを組む。このイベントシアターくじ報酬としてこのカードが登場。

『またこのユニットで歌えるなんてー! 前より息が合ってますよね、プロデューサーさんっ?  えへっ、こんなに楽しいのに、泣きませんよ~だっ!』
という可奈の台詞スキルスマイルソング』から見られるように、今回は心底楽しんでライブをすることができたようだ。

2014 1/23 出演!アイドルスペースウォーズ

このイベントはかなしほをるうえでは絶対に欠かせないものだ。このイベント矢吹可奈北沢志保の関係は大きく進展し、志保が「可奈」と呼ぶようになる。

北沢志保エイリアン軍の孤独なエース矢吹可奈地球を守るパイロットとしてそれぞれ役を務めあげた。役を演じるにあたって志保と可奈はそれぞれに思い悩んでいる。
志保は残酷なエイリアンに感情移入できず中途半端な演技しかできないことにプロ意識から噛みし、可奈は自分のあまりの未熟さと演じる役とのギャップに思い悩む。

しかし志保は亜美奈との、可奈は奈緒との会話をきっかけに、前進することとなる。志保は役に対する着と、そして仲間を頼ることの大切さを。 可奈は自分の歌へのひたむきな突猛進な前向きさが自分の取り柄だったことと、お互いの良さを尊重し向き合うことの大切さを。お互いにそれぞれ学び、 相対する役としてぶつかることとなった。
「…今日は可奈の熱さがうつったみたい……。」
「志保ちゃんのおかげで、最高のアクションになりましたよねー!」
と、それぞれの演技がお互いにいい刺となったようである。


そしてこれをきっかけに、矢吹可奈から北沢志保に対して歩み寄りを見せるようになる。
可奈と志保が手をつないでいたこと、志保の発言で可奈が志保に抱きついたことなどがイベントコミュ明らかになった。志保もまんざらではない様子。

このイベントは今後の長いかなしほ史における明期の代表であったといっても過言ではないだろう。これとほぼ同時のタイミング開された劇場版によって、かなしほは爆発的に認知されることとなる。

2014 1/25 THE IDOLM@STER 輝きの向こう側へ!

矢吹可奈北沢志保はここで準役をり、知名度が爆発的に上昇することになる。

二人はそれぞれ新人アイドルとしての不安の徴として描かれる。可奈は「理想に手を伸ばすも現実に打ちのめされる」姿を、志保は現実に焦りを感じ理想をどこまでもストイックに追いめようとする」姿を描写される。

志保のプロ意識からくる焦りがより顕著に描写されたために、落した可奈を見捨てるような言動をとる(だが可奈がアイドルを諦めることに一番衝撃を受けた顔をしていたのは志保だった)。そして可奈は自分の理想と現実とのギャップを内に抱え込むあまりに練習に参加せずストレスお菓子を摂取して太りし、余計に足を引っることを恐れて戻れなくなるという悪循環に陥る。

補生はあえて没個性的にしており、可奈に起こったことはいずれ補生しもに起こりえたこととされているが、劇場版で描かれたこの二人の姿は単なるパラレルワールドではなく、
ミリオンライブゲーム内の二人の弱さをきちんと示している、とも感じられる。
春香の答えを聞き2人が自分の弱さに気づくことで、本当の笑顔ステージに立つことができたのだろう。



この外見的にも性格的にも対照的な2人の組み合わせは、春香千早はるちはを思わせるものもあったのか、劇場版にかなしほという概念がミリオンライブを越えて認知されるようになった。

ちなみに記念色で可奈のストレッチを手伝う志保の姿があったり劇場版追加ボイスドラマでもかなしほ成分を摂取できたりする。ニコニコ動画が上がってるのでぜひ聞いてみよう。

2014 3/13 大合奏!アイドルシンフォニー

矢吹可奈といえば歌よりクラリネットが上手い(ただしには歌の評判が良い)が、今回のイベントではその設定がかなしほに大きく貢献することとなる。周防桃子リズム隊のリーダーとして育をはじめとした個性 的なメンバーめる事に悪戦苦闘するのだが、そのコミュの中で、
『志保さん、また可奈さんと一緒にいる。なんか変わったよね…桃子も変わらないと。』
と述べている。
志保の心が今までのイベントを通じて実際の距離に表れるようになったのだろう。


また重要なテキストとして、真壁瑞希コミュでは、可奈が志保に対してバイオリンを厳しく導していたことが言及されている。同じ仲間としてちゃんと志保を見つめ時には厳しく接するという、いわば、
甘いだけではいかなしほを見せつけられた間であり、かなしほはまさしく瑞希の言う、
「…新鮮だな。私も、心を新たに」
という気持ちを植え付けられたのだった。

かなしほの存在が他のアイドルたちの奮起を促しているところも重要なポイントであるだろう。

2014 6/6 集え!NAMCOアイドルサッカーフェス2014

志保は体を動かすことが苦手なため立った活躍は出来ない一方、可奈は男子に交じってサッカーをやってたほどのサッカー好きで、ノーコンながらヤブキシュートという必殺技を持っている。

ここでも対照的な2人だが、志保は可奈がパスをしやすいところにいるところを、可奈は志保が最高のタイミングでパスをくれることをそれぞれ褒めあってる。可奈く、
「私と志保ちゃんのシンクロ率、上昇中ですよー!」
とのこと。志保も可奈との連携で点数に貢献できたことが嬉しいようだ。可奈→志保の傾向がこの段階では高め。

2014 8/8 納涼!アイドル夏祭りin港町

このイベントオフショットアイドル毎のテキストをすべて見ると、特定キャラ3人の組み合わせで特別ストーリーが見れるというもの)は千早と志保と可奈の三人。

志保が可奈の音痴不協和音)を摘して千早が慰める、という内容だが…注すべきなのは、可奈と志保が当たり前のように一緒にカラオケに行っている、という事実だろう。いつの間にかかなしほの関係はここまで進展していたのである。
しかもこのオフショットイベントに正直関係のない内容だ。運営の熱い意志を感じる。


千早不協和音ってほどではないとフォローしているため、実際そこまで酷いものでもなかったのかもしれない。志保が可奈の不協和音と称したのも、志保の冷たさ100%というわけではなく、どこか可奈をからかう志保のっ気によるものも少なからずあったのではないだろうか。

可奈が千早を憧れにしているのと同時に、志保も千早LIVE THE@TER PERFORMANCE 04のボイスドラマで密接に絡んだため、ベクトルは違えども同じ憧れの対と組んだという関連性も注しておくべきだろう。

2014 8/18 矢吹可奈の誕生日

ミリオンライブでは誕生日アイドルがいると、3人のアイドルがお祝いを言い、その台詞を返すというシステムがある。2014年矢吹可奈誕生日には、可奈の心の歌姫如月千早劇場版繋がりの天海春香ときて北沢志保である。不器用ながらも友のことを祝う姿は何とも微笑ましいものではないだろうか。

しかし、この時の台詞
『やぶ…えっと、可奈、お誕生日おめでとう。
に関しては物議を醸している。
志保が同年1月アイドルスペースウォーズで初めて呼んで以降、ずっと「可奈」呼びで統一されている。
……なぜ今になって「矢吹さん」→「可奈」呼びを誕生日アピールしたのか?

については、現在議論が止まない(かも)。

2014 10/10 昂れ!アイドルファイト

夏祭りイベのオフショット可奈いじり説を裏付ける拠となるイベント

鉄拳とのコラボで、アイドル同士が割とガチプロレスをするという少し頭のおかしいイベントである。ここではドヤ顔志保が注されがちであるが、ちゃんとかなしほも織り込まれてある。
志保は今回ヒール役のレスラー璧に演じようとするのだが、対戦相手はなんと中谷育(10)。流石の志保も動揺する。

それに対して可奈については、
『可奈が相手なら、何も気にすることなく戦えます。あの子なんだか、頑丈そうですし。』
と述べている。

『頑丈そうだから』と照れ隠しするその裏には、『何も気にすることなく戦える』強い信頼が伺える。志保の可奈いじりは、可奈に対する信頼が土台となっていることがわかるだろう。

2015 1/18 北沢志保の誕生日

可奈の誕生日のお返しとばかりに、志保の誕生日会話に可奈が登場。可奈はお祝いのハグをしている。アイドルスペースウォーズからの癖だろうか、可奈はプロデューサーや他のアイドルに結構な頻度で抱きついてくる(一応キャラバンにて、寒がりであるという一つの理由付けのようなものはある)。

「ちょ、ちょっと! また抱きついて…もうっ!」
『また』というのはアイドルスペースウォーズのことか、それとも日常的にこうしてるのか。

2015 2/10 甘ふわ♪ショコラハウス

かなしほに大量の砂糖を吐かせたイベントである。


可奈と志保が、水着で一緒の浴槽に入り綿あめ風呂を満喫する
という、想像するだけで糖尿病になりそうな甘さに満ちたシチュエーションをぶち込んできたのである。

「志保ちゃんと体を洗いっこ~♪楽しさあふれてにっこにこ~♪ふたりそろって綿あめみたいにふわふわ~♪」
台詞の一つ一つの破壊が凄まじいことになっている。


また今回のかなしほの特徴として、可奈が結構志保に対して小悪魔的であるというものがある。
「わたわたお風呂に志保ちゃんご招待~♪恥ずかしがってる理由が知りたい~♪どうして恥ずかしがってるのかな~?」
と見事な天然ジゴロっぷりを見せる。
これは案外知られていない矢吹可奈の魅の一つだったりする。


この小悪魔可奈ちゃんのスタンスが次のEHイベントにも繋がってるように見受けられる。
また志保側も、
綿あめお風呂…。可奈らしいといえば、そうかもしれませんね。」

と可奈の趣味に対して理解を示している。


オフショットと可奈と志保で、上記の引用台詞もここから。「仲良し」という言葉に照れているようだ。照れるってことは、志保も少なからず可奈のことを意識してるってことだろう。

2015 3/1 北沢志保【ソウルメイト】

かなしほが出会った最初の場所アイドルユニットトーナメントの3人は紅白祭りを経て三たび結成し、一枚の写真となった。
といっても志保の台詞からするとどうやらこの3人で幾度となく歌っていたようである。
可奈、志保、亜美の3人はいつしかお互いにかけがえのない存在となっていたようだ。

また、ここで志保が、
「このユニットで歌うの、何度かな。ふたりと一緒だと、すごく楽しいんです。これからもずっと…一緒に、歌っていけたらと思います。』
と言っているように、志保から歩み寄る姿勢の片鱗が見えはじめたのも重要なポイントの一つだ。

なお、12/18の復刻ガシャでは可奈、亜美立ち絵も追加された。
これにより、この三人の立ち絵ユニットを組むことが可となった。

2015 5/29 ENJOY H@RMONY!!

ミリオンライブ2ndライブに連動したイベントEHでは、幕間でかなしほ+の会話が見られる。

本番に向けて神経りつめている志保の緊をほぐそうと、志保のを可奈がつんつんしたことで志保が激怒する。小悪魔可奈ちゃんも調子に乗りすぎたのか必死で謝る。
が泣きそうになることでかなしほはお互いに和解し、三人は手をつないでライブに臨む…という微笑ましい幕間が見られる。

「う…まあ、可奈のこういう態度は、慣れてるから。もう怒ってないわよ、。」
という台詞からはかなしほがもつ熟年夫婦のような安心感が見てとれるだろう。

既にこの頃になると様々なアイドルの組み合わせが存在しているが、ミリオンライブ2周年という機にめてかなしほの強さを見せつけられた間であったといえよう。

2015 6/9 夏到来!アイドル水上運動会2015

アイドルスペースウォーズに次ぎ、かなしほにおいて外せない転機となったイベントである。

今までのかなしほはほとんど可奈からアプローチをかけていたのだが、遂に志保側からのアプローチがかけられることとなった。遂に「しほかな」を見ることができたのだ。

水上戦の騎手となった志保は、『志保ちゃん奈奈奈』(矢吹可奈横山奈緒望月杏奈)を結成し、優勝を狙って奮闘する。
指揮官の志保に突猛進の可奈は非常に相性が良かったのか、見事優勝する(これを最初のアイドルユニットトーナメントの可奈と較すると非常に感慨深い)

このイベントで志保は幕間でもワンマンプレーでは勝てないことを永吉昴に説くなど、団結の重要性を強く意識している。かなしほを始めとする多くのに触れ志保が大きく成長したことを示しているのだろう。

その時のオフショット台詞が上記のものであり、志保も、
「あなたがいなくちゃ、私たちの作戦は成り立たないんだから。」
とはっきりと可奈を頼りにしてる発言をしている。

可奈じゃないといけない、そう志保が言ったのである(やや曲解?かもしれないが意味は間違ってないはずだ)

可奈はそれがよっぽど嬉しかったのか、なんとイベント内の台詞は8つのうち6つが志保に関するものとなっている。

2015 8/7 怨霊!アイドル肝試しホテル

アイドルドキドキ肝試しから約2年。相変わらずホラーがダメダメな可奈に今度は呆れる志保の様子が微笑ましい。その直後プロデューサーに驚かされて本気でビビる志保もかわいい

2015 8/18 矢吹可奈の誕生日

劇場版以降腹ペコキャラが付与された可奈に志保が餌付けしている。
誕生日でしょ、お菓子あげるわ。…別に、甘やかしてるつもりはないけど… いつもガマンしてると、かえって体に悪いと思うし。」
この台詞から、志保が普段から可奈の体重その他体調管理をしているのか?など考察が膨らむ。

2015 9/17 ミリオンライブPV90秒ver.

直接見てかなしほの可性に触れてほしい。

2015 10/28 LIVE THE@TER DREAMERS 02

LIVE THE@TER DREAMERSという新たなCDシリーズが始まり、かなしほもCD進出することとなった。

ライブ時に掛け合いをしている(未来たちが喋っている後ろで聞こえてくる)。かなしほ夫婦漫才ライブでも健在ということだろうか。ファンも笑ってるあたり、かなしほ漫才はもう定番のようなものなのかもしれない。

また、志保が風呂から出る際の台詞で、
『も、もう!そんなのどっちだっていいじゃないですか!!ほら、可奈も行こっ!』
『うんっ♪』
とある。
「行くわよ!」でなく「行こっ!」なところが可奈との親密さをい知れて重要なポイントだ。可奈も短い台詞ながら、まるでいつものことかのような気軽な返事をしているあたり、言葉数は少なくてもかなしほの親密度をしっかりと々に見せつけてくれる。

2015 11/30〜 キャラバンシーズン5

キャラバンの北東エリアメンバーの中に、かなしほ2人が投入された。
このキャラバン中ではかなしほの絡みが本当に多い。
例えば、
①可奈がウーパールーパー、志保がマリモとお互いに可愛いと思う方を譲らずプロデューサーにどちらが可愛いかわざわざメールして来たり
②年越しライブで可奈がファンと一緒に年越しそばを食べることを提案して志保がドン引きしたり
③可奈が志保とおしくらまんじゅうを始めて志保が照れたり
くしゃみをする可奈の体調を志保が気遣ったり
ととにかく多い上に密度が濃い。

キャラバンエンディングも可奈と志保ふたりきりでライブを評価する形式となる。
そして後述する可奈のなまはげイベントもある。かなしほは寒いにもかかわらず限りなく温かく、そしておなか一杯になった。

2015 12/01 矢吹可奈 【聖夜のデュエット♪】

矢吹可奈最上静香の絡みは同年齢ながらこれまでほとんど見られなかっただけに、可奈P、静香Pたちは驚愕と歓喜の渦に飲み込まれたことだろう。この二人が腕を組んでデュエットをしている、というだけでも価値はあるのだが(可奈P線で申し訳ない)、ではなぜこのカードがかなしほ史に組み込まれているのか?

背景右後ろになんと志保もいるのだ!しかも二人を見てる。すっごい顔で見てる。それもそうであろう、今まで長い付き合いで友情をはぐくんできた最の可奈編集者イメージが多少含まれております)が、ことも有ろうにことあるごとにお互いに噛みつきあってる静香編集者イメージが大いに含まれております)と一緒に腕組んでるわけだから彼女の心中はそりゃもう穏やかでないだろう。この頃志保と春日未来の組み合わせが増えてきただけになおさら衝撃であった。


そして可奈のこの台詞
「えへへ…静香ちゃんと一緒だと、いつもより楽しく歌えるよ~! 仲良くハモって、ハモハモは~♪ ステキなデュエット、でゅえでゅえでゅ~♪」


先述した、【ソウルメイト】で志保が言った台詞の、
「このユニットで歌うの、何度かな。ふたりと一緒だと、すごく楽しいんです。これからもずっと…一緒に、歌っていけたらと思います。」
と照らし合わせると…志保は全にジレるハートに火をつけられてしまったようだ。

2015 12/13 キャラバンストーリー「矢吹可奈」

東北寒さが苦手ストーブり付いてしまっている可奈に、律子は悪い子にはなまはげが来るぞと脅す。怖いものが苦手な可奈には効果テキメン、急いで仕事リハーサルに繰り出すが、どうやらその仕事内容が可奈、律子、志保がなまはげを演じるイベントらしい。
律子璧に恐ろしいなまはげを演じられるものの、かなしほコンビは可らしくて怖さが足りない。そこで宿に戻り、プロデューサー明日イベントをどうするか考えているとき に、可奈が血相を変えて飛び込んでくる。プロデューサーとともになまはげ撃し、志保の姿がどこを探しても見つからず、可奈は志保が自分の代わりに連れていかれたのではないかと錯乱する。

プロデューサーが可奈を落ち着かせながら部屋で待機するよう言ったとき、可奈が言ったこの台詞
「それに…志保ちゃんは私の、大事な大事なお友達なんです!一緒に探させてください!」
怖いもの相手でも志保という大切な友人のため立ち向かおうとする可奈の姿にかなしほは涙したという。


ちなみにこのストーリー律子、可奈、志保の、アイドルであることを忘れたやけに似合うなまはげがかなり面いため、是非一度自分で聴いていただくことをおススメする。

そして志保のすごく優しいも聴いてみよう。これもクリスマスしずかなの影だろうか。

2015 12/25 アイドルスペースウォーズ Episode4 放たれた希望

アイドルスペースウォーズから1年。ヤブキ大尉とシホ将軍、再び会いまみえるときが…といえど、志保は今回はメインではない。それでもかなしほ対決はあったらしく、負けず嫌いな志保らしい台詞がある。

2016 1/18 北沢志保の誕生日

志保の誕生日に可奈が歌のプレゼントを贈る。そこでは、

ありがとう…しうまくなったかも。ふふっ。

と、志保が素直に喜び、なんと可奈の歌を褒めているのである。前述した納涼アイドル夏祭りin港町での発言とべると、キャラバンでの態度も合わせて志保が可奈に対していかに柔らかくなったかが分かるだろう。

2016 1/21 スノーファンタジーライブ

キャラバンシーズン5の集大成となるこのイベントにも、当然かなしほの絡みが存在する。やはり可奈が寒いのが苦手なのはできなかったようだが、志保はこのステージ
熱くするよう提案する。この幕間の流れはほとんどかなしほ(+律子)の夫婦漫才みたいに見え、かなしほの安定感をもって東北キャラバン事締めくくられた。

2016 2/27 3周年お祝いメッセージ

「はれっ!?もうそんなに経っちゃったんだ!?そっかぁ…。私達、あの頃より仲良くなったよね!」
「さあ、それはどうかしら。それより、あの頃にくらべたら成長してるって思いたいけど。」

上記のように今回は志保は少々ツンツンモード。といっても、々は既にこの二人の友情の軌跡を満になるまで見せられているのだ。
このつっけんどんな態度も可奈をいじるものだと思うとおしい。スノーファンタジーライブでの対応も合わせて、上手くあしらう術を身に着けた、ということだろうか。

2016 4/12 野々原茜【合宿最後の夜】

イベント≪もっと!け!アイドル強化合宿≫より。その報酬の覚醒後の絵柄には、可奈と志保が並んで花火を楽しんでる姿がある。
二人とも純に楽しんでる表情であり、かなしほここに極まれり、といえる。このカードは他にもこのりお、あゆまこ、ももいくなどといったミリオンライブを代表するコンビが一緒に写っており、笑顔と相まって非常にミリオンライブらしい素晴らしい1枚である。

2016 4/22 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DRE@M!!

ミリオンライブ3周年のライブを前に緊している永吉昴に対し、志保はをつつく。は驚くも緊がとれたことを感謝するとともに、どうしてこんな方法を思いついたのか聞く。そのときに、志保はこの台詞く。(には聞こえなかったようだった)

「…私も以前、やられたので。」
そう、
2ndLIVE TOUR ENJOY H@MONY!!でのかなしほつんつんがここに生かされたのである。

2016 11/08 復刻 大激闘!765プロ野球!

このイベントは復刻にあたり新たにオフショットが追加され,可奈が志保に野球ルールを教えてもらったというエピソードが追加された。時期的には2015年アイドルユニットトーナメント~肝だめしの頃なので,まだ志保が矢吹さん呼びしてた頃であるだろう。きちんとルールを教える志保の姿が容易に想像できて面い。

2016 12/27 みんなで年越し!生っすかRevolution×50

3rdライブ尊いかなしほから次の供給まではしばらく間がく。美奈子・可奈・育の仲良し三姉妹のあまりに濃厚すぎる「ワクワク!いなか暮らし」や,奈と志保の同年齢でも当たりが較的優しい二人の絡みが見られた「ワッショイ!アイドル夏祭り」など,可奈も志保もそれぞれの交友関係が広がっていく。(何気に二人とも奈と絡みだす回数が増えてくる)

かなしほは消えてしまったのか…?心配ご用。北沢志保は生っすか特番にて,アイドルの暴露話のトークを振られる。自分に話せることはないと言うも,の話でもいいと言われると

「あ、じゃあ可奈の恥ずかしい話をします。」

と即座に答える。オンエアであわてる可奈の姿を想像すると飯を何杯でも掻き込めることだろう。何気にこのようなマラソンイベではアイドルによって担当エリアがそれぞれ決まっており,基本的にコミュテキストはそのエリア内のキャラクターや,上位になるようなメインアイドルに関するものになることが多い。可奈も商店エリアで志保とは別の担当であり,しかも憧れの如月千早ヤケドを心配してもらいハチミツを買ってもらうなどイチイチャしていた。

その中で志保は唐突に可奈の話を持ち出してきたのは何らかの気持ちがあったというのも否定できないのではないだろうか。

2017 3/12 ミリオンライブ4周年記念PV

ミリオンライブ!念願の武道館ライブが大成功を収めた最終日。会場で流れたミリオンライブ!アイドルが登場するアニメーションPVに,一体どれだけのプロデューサーが狂喜乱舞したことだろうか。そしてかなしほもその映像に歓喜することとなった。ニコニコ動画にもこのPV映像は上がっているため,ぜひあなたので確認してほしい。

矢吹可奈を見つめる北沢志保の表情がすべてを物語っていると言えるだろう。

2017 3/27 Blooming Clover 連載開始

この日は歴史的な日であると言えるだろう。矢吹可奈北沢志保コンビ,「かなしほ」が遂にコミックスとなったのである。稲川覚也先生が描く,オリジナルストーリーである。

矢吹可奈北沢志保箱崎星梨花高坂海美の4人がユニットを組み,アイドルとして上り詰めていくまでを描く笑いあり涙ありのスポ根漫画となっている。ゲーム内では描かれなかったことについてもしっかりとミリオンBCなりの補がされており,ミリオンライブ!が好きならでも楽しめる作品となっている。

現在電撃マ王にて1で連載中。第一印が最悪だったかなしほが1からを築いていく姿を是非見届けてほしい。6話はかなしほの胸に強く焼き付くことだろう。

2017 7/14 Precious Days! ミリオンシアターライブ Day2

おやつ漫才全にについてきたかなしほ。今回は劇中にて,春香が可奈に差し入れしたプチシューをお預けにしたりでイチイチャしているところを最上静香に呆れられる,というシーンが見られる。静香と志保の「…あなた達、本番前に何してるのよ…」「何でもないの。すぐ行くわ。(照れ顔)」のやりとりにえた人は少なからずいるはずだ。

2017 9/13 箱崎星梨花【ぐびっと一杯!】

あの志保が可奈に初めて自分から頼った水上運動会。その復刻イベントでは,上位報酬はであった。その背景なんとかなしほが登場しているのである。ご褒美のジャグジーから上がった後,牛乳を飲む姿を羨ましそうに眺める可奈がかわいい。そしてその隣には当たり前のように志保がいる。こいつらいつも一緒にいてんな

2018 1/15  TH@NK YOU  for Produce!!(グリー版終了)

2018年3月19日をもってGREEアイドルマスターミリオンライブ!は5年間の歴史に幕を下ろした。

その最後のコンテンツとして,3人ずつが今までの過去イベントなどを振り返りながらプロデューサー感謝する,というコミュが解放されたのだが,50人を三人で割ると二人余る…その二人だけの誰だったのか。

そう,矢吹可奈北沢志保であったのだ。

そして北沢志保がなぜ矢吹可奈を名前で呼ぶようになったかが明かされる。矢吹可奈相手に肩ひじをっていても仕方がない,とのこと。そして志保は,アイドル全員ライバルであるとしつつも,今は皆友達であると自分から発言する。

可奈は素直に喜び,「志保ちゃん、大好き!」と告げる。志保はそのように仲良くなれたのはプロデューサーのおかげだと,感謝の気持ちを伝えるのだった。

今まで見てきたように,GREEミリオンライブ!ではかなしほの歴史が非常に多く,丁寧に紡がれてきた。最後の最後でこの二人をもってきたことは,きっと両担当のみならずミリオンライブ全体にとっても大きな意味があったのだといえるだろう。

矢吹可奈北沢志保GREEミリオンライブ!が終了しても消えることはない。ミリシタBlooming Cloverなど,新たな形で次へと引き継がれていくことだろう。 これからも二人の成長を見届けていきたい。

GREEミリオンライブ4年間のかなしほの歴史は,この会話をもって幕を閉じた。

その他のかなしほ

二次創作・動画での展開

正反対の性格を生かした凸凹コンビを組ませるものから、ハイテンションな可奈がローテンションな志保を引っっていくもの、志保が可奈の世話するものなど様々である。
その中でも、矢吹可奈へのが強すぎる北沢志保という形でかなしほが展開される二次創作較的多い。

淡い仲良し関係から濃密な百合関係まで、そしてネタシリアスもこなせる、この非常に可性の高いかなしほという組み合わせは、公式/二次創作もにこれからますますの発展が期待されることだろう。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%97%E3%81%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

かなしほ

29 ななしのよっしん
2018/01/11(木) 19:39:30 ID: iyJA2LBPiP
ミリシタ、志保コミュ全にかなしほだった
30 ななしのよっしん
2018/01/11(木) 20:51:32 ID: NSkonSN5ch
>>29
14話から連続してみると、萌え死ねる
尊い・・・
31 ななしのよっしん
2018/02/13(火) 18:02:52 ID: sNoRp5BDh+
まさかの3連
32 ななしのよっしん
2018/12/25(火) 01:12:05 ID: dkn3Ga/IMk
今回のフェス限 かなしほ
33 ななしのよっしん
2018/12/25(火) 15:45:42 ID: mLLPDMUp9Q
ヴァイスシュバルツでもミリフェスでも推されるかなしほ。良いぞ
34 子豚ちゃん
2018/12/25(火) 19:06:47 ID: yWdOlYMBbp
フェス限でかなしほ「メリー」かなしほ歌唱が同時実装というすごさ(参りました) 来年のかなしほにも期待
35 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 02:16:35 ID: sNoRp5BDh+
フェス限かなしほそろえれて満足
36 ななしのよっしん
2018/12/29(土) 04:58:09 ID: SPMNLVC5PB
うちもったぜ
無料10連と配布石でさほど散財せずに済んだし、良いクリスマスプレゼントでした
37 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 20:46:52 ID: sNoRp5BDh+
意外な時に初のツーショットカード
38 ななしのよっしん
2019/04/27(土) 13:46:51 ID: 0kYtgc3+zs
Episode.Tiaraのイベントテーマに沿ったライバルとしてのかなしほ
可奈から志保がどう見えてるのかという視点なのがよい・・・。