きれぼしJAPAN単語

キレボシジャパン
  • 20
  • 0pt
掲示板へ

きれぼしJAPANとは、架サッカー男子日本代表チームである。

概要

ヒテッマンおよび松原君監督により招集された伝説サッカーチームである。

日本代表という単の意味をあやふやにするほどのにしきがおインパクトの有る選手が集まっているのが特徴。とかく衆を集める選手がっているが、その実は確かなものがある。やや適材不適所な印を受けることもあるが、それがアクセントになってチームリズムを与えているとの見方も。

近年は強豪国と同等に渡り合えるほどのチームに。成長著しい各選手からはが離せない。

所属選手 

  • とこん (45
称:ナカヤ
褐色の肌に金髪を持つベテランGKキーパーとしては規格外の小ささに対戦相手からは常に衆を集める。伸長の低さを補うための積極的な飛び出しには定評があり、スルーパスや1対1には強い。11人フィールドプレーヤーとも称される現代GKと言えるだろう。欠点はジャンプレスポンス皆無に等しく、ミドルシュートループシュートに弱いこと。チームマスコット的存在である。



 
 
  • 門門 (19)
称:ナカニ
褐色の肌にマッシュルームカット、豊かなを蓄える。チーム一の長身を誇り、スピード・スタミナにも秀でる際立った身体の持ち。その長身から中戦には絶対の強さを誇る(ただしヘディングは苦手)、きれぼしJAPANの。実は際立ったオフェンスを持つ。とこんとの凸凹コンビサポーターから熱狂的な支持を受ける。
  

 
 
  • よしと (30
称:サワノボリ
年齢に似合わぬ白髪のFW。某あひゃの人との関連は不明。ドリブル・パス・シュートと総じて高いを持ち、GKとの1VS1に強い、生ストライカー。しかし惜しむらくはボディバランスが低いためポスト向きではなく、レスポンススピードに劣るため裏に抜けるタイプでもない。プレッシャーの少ないサイドの方が生きる選手と言えるが、それでも彼がきれぼしJAPANの正FWだとのは多い。
 
 


 
身長170cm
称:タム 
某裏事情ではお染みだった尾崎先生褐色の肌に緑色モヒカンヘア、豊かなという異様な出で立ちを誇る。しかし注に恥じない凄まじいタレントの持ちであり、ドリブラーでありポストプレイヤーでありストライカーでありパサーでありでありDFラインの要でもありGKとしても優秀である。流石バグ界の重鎮は格が違った。チームではキャプテンを務める。
 
 

 
身長:169cm
称:P・コンスタンティニディス
い短色のを有する。彼も某裏事情からの抜組であった。招集当初は地味な印だったが、トレーニングに励みオフェンス・シュートが著しく成長。前線の要となった。才恵まれタイプではないが、以上の何かを”持ってる”選手である。飄々とした貌で淡々と得点を重ねる姿に惹きつけられるファンも多い。意外とラフな駆け引きも得意。趣味は買い物。
  
 

  
称:モリシマ!
茶髪に豊かなを有する。抜きん出たテクニックを持ち、周囲と抜群の連携を見せる中盤の要。何があっても動じない程のメンタリティを有し、プレーに安定感があるのが強み。丁寧なパス交換からのゲームメイクを担う。とは言え、規格外いのきれぼしJAPANではやや小粒な選手との印も。



 
 
い長のバンダナサンタのような貌の長身DF。松原君によりリクルートされた選手である。ジャンプ・スタミナに秀で、門門とともにゴール前でのを形成する。しかし本当の適性はSBにあり、キレのある攻め上がりは大きな武器となっている。ボール奪取率はチームでも有数であり、きつい試合ほど効いてくる選手。きれぼしJAPANでは称からかFKを担当。

 


 
称:タム
ヒテッマン氏のネーミングセンスが遺憾なく発揮された一人。濃のドレッドヘアに薄という、名前に負けず劣らない尋常ならざる体の持ち。本職はCBだが上背・ジャンプに不安があり、中戦は不向き。いろいろな意味でった選手。意外と身体は高く、ゴールパフォーマンスには見事なバック宙を披露してくれる。よくハーフタイムの中継カメラ前をアップで横切り、視聴者を驚かせている。

 

 
  • ノノン (33)
身長181cm
称:タムラ 
い肌に禿頭の精悍なベテランWG。シュート・パス・ドリブルの攻撃的諸技に長ける、きれぼしJAPANの白髪3トップの一スピード溢れるドリブル突破が魅。各代表に血縁の選手をがいる、サッカー一家御曹司髪型の(に量的な)変化がしい事で有名で、身だしなみに気を遣う彼の遊び心が垣間見える(画像は最新のもの)。
 
 

 
  • すし&しそ (18)
身長177cm
称:タムラ 
コンビ名のようだが個人名である。年齢に似合わぬ豊かなを蓄える。ロングパスを得意とする中盤のゲームメーカー。周りとの連携およびテクニックで相手をいなすプレーが持ち味。鋼のメンタルを持ち、安定したプレーが持ち味だが、その割にはファウルが多くよくイエローカード(通称:ヘッドカード)を貰っているフリーキックに関しては尾崎先生をもチーム1のプレーキッカーである。




身長173cm
称:タムラ 
褐色の肌に暗青色マッシュルームカット、同じく青色の口と、門門選手の色違いのような容姿を持つ。スタミナとスピードの加速に優れ、サイドを突破し好機を演出することも多い。中盤の底でダイナモとしても働く。どこをやらせても地味に良い仕事をするとの評判。調子が大崩れすることも少ないためチームにとっては有難い存在だろう。交代時にはよくホホッモモコールが起きる。


 

またもやヒテッマン氏のネーミングセンスが遺憾なく発揮された選手の一人。青髪モヒカンにどことなく哀愁を帯びた容姿を持つベテランWG。尽蔵のスタミナを持つサイドの申し子。しかし最大の武器はそのクイックネスであり、こぼれ球のフォローからの鋭いドリブル突破、キラーパスは大柄DFにとって常に頭痛の種である。ただ、その割にシュートは苦手。
  



  • 打撲 (35
白髪アフロ立つ巨WG。パス・シュート・ドリブルを人並み以上にこなす多芸な選手で、快速ドリブルが最大の魅。スタミナに不安があるためか途中出場が多いが、出れば必ず仕事をしてくれる、まさにスーパーサブとしてチームの切り札である。ただアフロのせいかボディバランスが非常に悪く当たり負けしやすいのが難点。
 



身長179cm
称:タナカ 
錦顔いのこのチームの中で較的っ当な甘いマスクを持つイケメンDF。このチームでは非常にしくを生やしていない。高いディフェンスに俊足を兼ね備える実のDF。テクニックにも優れ、フィードも得意とディフェンダーとして重要な資質がっており、まさに期待の若手、眠れる獅子と呼べるであろう。ただ一方で器用貧乏の感があり、インパクト不足とのも。





大陸系の味のある貌の、きれぼしJAPANの第2GKGKとしてはしくリベロサイドバックもこなせるテクニシャン。とこんとは対照的に高いディフェンスレスポンスジャンプ・フィードを持つ正統派GKスピードがないため、どっしり構えて止めるオールドタイプGKといえるだろう。途中出場が多いが、出ればしっかりゴールを守る仕事人。とこんとの正GK争いに期待がかかる。




門門と並ぶ長身DH。「あまむすめ」と読む。可らしい名前とは裏ゴーグルがトレードマークの厳ついディフェンシブハーフである(実は素顔は意外とつぶらな瞳をしている)。オフェンス・ディフェンスをバランスよくこなす中盤の要。攻撃的なプレーヤーであり、よくドリブルで攻め上がるが、少し持ちすぎの感も。門門とは対照的にヘディングはそれなりにできる。
  
 
 
 
 
  • フハハジーチャ (27)
身長:169cm
称:ダイアー 
赤髪の色鮮やかなDH名前から連想される通りグゲゲバーチャの実である(肌の色が異なるが、際色豊かな系なのであろう)。ぱっちりした瞳が印的。共々体格には優れないが、ボディバランス・スタミナに優れるディフェンスの。一方でドリブル・パス・シュートの各プレー精度には課題が残る。




ポジション:OH/WG竹中
身長168cm
称:ナガイ
やや薄い色合いの金髪のようなを蓄えた、どことなくぬめり感のある貌のOH。インパクトのある名前に劣らず、のない確かな実の持ち。小柄ながらジャンプ・ヘディンは抜群である。攻撃的なポジションながらディフェンスにも優れ、スタミナも高いため、ハイレスにも対応できる。上背のさを除けばまさに控えの切り札と呼べる逸材である。




温和そうな表情が印的な若手のDH茶髪較的きれぼしJAPANでは落ち着いた配色の相貌だが、若年にしてやや頭髪が寂しくなっている(いわゆるジダンヘアー)。万タイプの選手であり、尾崎先生には及ばないもののその実折り紙つき、のはずだが足癖が悪いのが玉に瑕。
 




身長164cm
称:(背番号)、ハゲくそ王子
コロンビア戦以後、両監督肝煎りの改造ま特訓を受けた新生王子禿げ上がった頭や異様に変色したからは特訓の凄まじさが伺える。ていうか年齢や体格も変わってね気のせいだろう。万タイプから一転、オフェンス面を犠牲に屈強なボディバランスレスポンスの良さを手に入れた。器用貧乏王子からDFの王へと変貌できるかが注される。
 
 

 
ポジション:CH/OH小野1
身長175cm
称:シンジ、センセイ 
未来を嘱望される若き日本クラッキ。中盤の攻撃的な位置から攻撃を組み立てるゲームメーカーexitチャンスメーカーである。ボールコントロールの正確さ、視野の広さには賦の才を有する。怪がちな点が一にして最大の欠点である。下記の小野入れ替わりに代表を離れた。
 




身長155cm
称:オノダ、チヨミン
小柄な金髪テクニカルプレーヤー名前からか元々は上記の小野と同一人物と考えられていたが、実際にはよく似た別人名前も実は小野(オノダ)である。としては尾崎先生に継ぐ万タイプで、使う側にも使われる側にもなれる選手。ただ若さ故か、そのの割に中々芽が出ないと嘆かれている。



 
  • むろんと (15)
身長184cm
称:カガ
15歳にして代表に選ばれた若獅子。松原君により発掘された選手第2号である。年齢に似合わない修行僧のような貌、恵まれた体からは彼の持つポテンシャルオーラとして見えそうになる。快足を活かしたパスカット、スタミナに裏打ちされるマンマークなどDF適性は高く、チームメイン盾として活躍してくれるであろう。現在、きれぼしJAPANからの除籍が噂されているが相は不明。





  • 夢論度 一郎(15)
身長205cm
称:なし(背番号
新たに加入が噂される15歳若干15歳にして既に完成し尽くされた璧な体が最大の武器。口で説明するくらいなら牙を剥かれそうな圧倒的な威圧感がある。オフェンス技に優れ、パスやオーバーラップで攻撃にも関わる現代のDFと言えるだろう。改造失踪が噂されるむろんと選手との関係性は全く不明。





金髪チーム最年長選手。驚異的な身体テクニックを誇る怪人。ドリブルとダイレクトプレイを得意とし、出場すれば必ず役割を果たす仕事人である。ベテランだが身体は若手に全く引けをとらない。最大の魅はなんといっても特急のドリブル突破だろう。CBもこなせ、快足のカバーリングには安心感がある。ただ、魅はやはり前線での起用か。

  



身長180cm
称:バ
世にもしい紫色モヒカンに味のある表情とインパクトの強い選手。どことなく格闘剣豪を思い起こさせる面持ちである。きれぼしJAPANではメテオダヨと共に希少なし選手である。きれぼしJAPANのリザブチームに所属。


 
 
 
身長:192cm
称:オケケ
々とした坊主頭にの一本の、どことなくバグったを思わせる名前CB恵まれた体格を持ち、快足ながらテクニックも図抜けている。天空靴紐と同じくきれぼしJAPANのリザブチームに所属


 
褐色スキンヘッドの一本を生やした、モノトーンな色合いの選手。上背はないが加速に優れるサイドアタッカーきれぼしJAPANのリザブチームに所属
 
 
 
 
  • 補欠 (25
ノルウェー戦で出てた補欠の人。



  
 

これが俺たちの代表だ!!

12345
12345
12345
12345

きれぼしJAPAN2012

きれぼしJAPAN2002の10年後となる新シリーズ

WE2012およびPS3の描画力背景に、装い新たに新生にしきがお日本代表が召集された。基本的に生放送での進行となる模様。

新生きれぼしJAPAN第1号の新加入選手にして主人公サラサラヘアを持つ男の娘ゴールパフォーマンスも可らしい。どことなくとこんを彷彿とさせる面持ちである。齢45にして大器晩成でありまだまだこれからの選手である。

 
 
  • とこん (45
旧きれぼしJAPANからの残留組兼新生きれぼしJAPANの男の娘2号。思い切ったイメチェン踏み切りツインテール萌えキャラに変貌した。なお現在も年齢は45歳であり、以前と現在のどちらの年齢が詐称なのかは不明。歳のせいか身長が7cmも縮んでしまったが、がっしりとした太な体格は堅持。
 
 
 
  • 門門 (29)
10年後も健在の長身DF。トレードマークマッシュルームカットをバッサリと切りスキンヘッドにしたが、前頭部にのみ毛を残すという奇怪な髪型となった。10年前より身長が15cm伸び、相手に与える威圧感は相当なものである。地味CFも出来るようになった。
 
 
 
 
  • 義人王 (40
旧きれぼしJAPANからの残留組。某あひゃの人との関連は不明。失われた10年の間に王位に就かれていた。どことなく往年の名選手ディエゴ・シメオネを思わせる顔つきである。いつも口を大きく開いており、相手DFを威嚇するには十分な迫を持つだろう。
 
 
 
 
ポジション:CH/WG
おなじみ尾崎先生。10年の歳を経て1歳若返るという離れ業もバグ界の大御所にとっては日常茶飯である。10年前にべやや斜に構えた顔つきになった。背番号が非常に印的。
褐色の肌にを持つ、新生きれぼしJAPANの最年少プレーヤー。まだ顔立ちにあどけなさが残るルーキーながら、中盤のゲームメイクを任される期待の逸材。身体は小さいが成長に期待がかかる。
 
 
ピンクオールバックメガネという、新生きれぼしJAPANの中では異色の知性。そのインテリジェンスはちてきがおという新ワードを作りだすほど。17歳とは思えない老成された雰囲気を醸し出す、ワニオの兄貴分。礼儀正しくゴール後には一礼する。
まさかの王ノノンの子息が登場。引退したノノンに代わり親子2代で代表を務める。世継ぎのはずだが現時点でノノンよりも1歳年上。恐らく養子縁組かと思われ、顔つきもノノンとは180度異なる。ちなみにきれぼしJAPANのホームスタジアムは王所有の王宮”マヘ”である。

 
 
ポジション:WG/OH/SH
頭の形と口元が印的なウィンガー。その禿頭と悟ったようなからはただならぬ雰囲気が漂う。裏事情FF3でのますだexit_nicovideoとの関係は不明。きれぼしJAPANにしては非常にしくを生やしていない。

 
 
ヌヘ、とこんにつぐ男の娘3人。しかし他の二人に名前・小顔・ぱっちりした瞳と女子力を上げる要素がっており、有望な人材である。来年から三十路なのを気にしている。人並み外れた体格を持ち、当たり負けはしない。
実はスウェーデンサッカー留学していた事があることが判明、視聴者を驚かせた。

 
 
ウェーブロングヘアを持つ、アンドレ・ザ・ジャイアントを彷彿とさせる規格外の巨人。ヘディング向きの広い額と太い首を持つ。前線の選手だが実はGKも出来る変わり種。きれぼしJAPAN2002に所属した竹中ヌメリキングとの関係は不明。

 
 
フェイスペイントを施した異色のCB黄緑色の帽子トレードマークフェイスペイントのせいかラスボスのような威圧感があるが、体格は割と奢。最終ラインと前線をこなす器用なプレーヤー

 
 
青髪と顔のパーツ三原色に染め分けたカラフルプレーヤー。その外見の訴求力とは裏に伏しがちで気の弱そうな表情が印的である。体格に優れるがサッカー選手としては少しウェイトを落とす必要があるかもしれない(現在104kg)。

 
 
ポジション:OH/SH/WG
中盤の攻撃的な位置でのプレーを得意とするレフティ攻撃のイマジネーションに溢れ、基礎技術が高く、プレーキックの名手としても知られる。長く清水エスパルスの中心選手であったが、2011年度より名古屋グランパスエイトに移籍した。代表での活躍にも期待がかかる。


 
 
ポジションST/LWG/RWG
どこにでもいるかのように、ごく標準的な名前のFW。しかし相貌はどこにでもいるとは言い辛い強面である。ピンクチャームポイントとのこと。自慢は下半身の付きであり、キックは相当なものと思われる。デフォルトでいる選手ではない。

 
 
  • またやりましょうー (36)
220cm130Kgの重量級プレーヤーゴーレムに例えられる巨人だが、名前を呼ぶだけでフレンドリーな雰囲気が醸成されるナイスガイゴールを決めた後にはゆりかごダンスを披露してくれるっ気も併せ持つ。ヌメチョンパとのCF争いに期待か。

 
 
ポジション:OH/SH/WG
ピンクマッシュルームカット印の、きれぼしJAPAN2012待望のイケメン選手。上半身の鍛え方には自信を持つ。新規加入選手ながらその人気は凄まじく、個人ファンクラブ(通称FFC)にも入会希望殺到とのこと。その実は未だベールに包まれている。

に端正なマスクのDF。ブラックフレーム眼鏡チャームポイントの、フルーレに次ぐ正統派イケメンである。監督ではなくマネージャーが見出した選手。そのの全貌は未だベールに包まれているが、僅かに垣間見れただけでもかなりの実を秘めている事が見受けられる。正統派イケメン故に周りから浮いているとの事で、改造強化合宿の噂が絶えない。
緑髪長身プレーヤー西村選手と同様、マネージャーが見出した選手である。本来はイケメン今とは違った貌であったようだが、過酷な改造特訓によって少しだけ見も変わったようだ。その成果として、尾崎先生肩する凄まじいを持つ。チームの切り札とも言える選手。
オレンジキャップ印の長身GK。一体何の被害にあったのかは不明。状況によっては、その体を活かし前線でパワープレーも可。とこんとのGK争いでは圧倒的な伸長差がアドバンテージだが、メンタルレスポンスの低さが難点。何よりもとこんのアイコン性を如何にえるかがポイントだ。


 
 
金髪坊主頭にと奇抜な配色のミッドフィルダー。かなり挑発的な外見も相まって、観衆からはガラの悪い選手と見られがちだが、実はメンタルを持つプロ中のプロレスポンス・ボディバランスにも優れ、小柄な体格をカバーして余り有るを持つ。
監督く『日本人ぽい顔』のWG。なんと若干23歳にして法試験合格とプロデビューを成し遂げている文武両の俊英である。そのを反映してか、1列からGKまでなんでもござれのマルチプレーヤー。才に似合わず穏やかな貌で、殴られても笑って殴り返すほど温厚な性格。被害者とは私ともに付き合いがあるとも噂される。
体格に恵まれヤングプレーヤー。通称サタケ。その貌は門門を思い出させるとのもあるが、全体的にはった所のないフツウの顔との事。前線からサイドバックまでこなせるマルチプレイヤーだが、は全体的に均的。監督く『個性』。それ故か、現日本代表には未登録である。
まるで二次元キャラクターのような甘いマスクが特徴のFW。どことなく王族的な気品も感じさせる顔立ちである。前線ならどこでもこなせるが、的には全にGK向きであり、伝統の適材不適所を地で行くプレーヤーである。ファンからはそのまんまタネフフという称をで呼ばれる。



 
 

チームの公式マスコット兼監督

嬌のある顔立ちが特徴のチームマスコット。陽気な性格でサムズアップ集中線がよく似合う。不思議とが離せないカリスマ性がある。顔に似合わずインテリジェンスを重視し、パソコンを駆使したデータ解析に余念がない。

 
 
 
 
 
 
 

きれぼしJAPAN代表選手になろう!

若手プレーヤーの育成・サクセスストーリーに重点を置いた新シリーズ

従来のきれぼしJAPANシリーズとの関連は不明だが、少なくとも名前ビジュアルにおいては引けをとらない様子である。これからの成長に期待がかかる。

きれぼしJAPANナショナルトレセンにて綺羅星のごとく現れた新若干15歳にしてクラブ予算の8割強を注ぎ込んで獲得した、まさに最終兵器である。190cmを誇る日本人離れした体格、野性味あふれるオフェンスは、獲得に懐疑的だったスポンサーを納得させるだけのもの。反面、意外と繊細な所があり、センスとフィジカルに難があるか。若年故かやや示待ち気味の姿勢があるのも気になる。これからの成長に期待。

 
 
現役高校生となる17歳の俊英。ポジションボランチ。高校選手権では1年生にして攻守にわたり大車輪の活躍を見せ、崩壊と並び日本中のスカウトの注を集めた。その評判を聞きつけた代表監督ヲホンヲにより、フル代表へと大抜を受ける。経験不足故か未だ立った活躍は出来ていないが、その潜在は計り知れないものが伺える。サッカーマネージャーバビロン田中との路も気になるところだ。
 
 
 
チーム最年長となる、32歳のベテランFW。長年にわたって代表を牽引してきた、チームの重鎮。しかし決して居丈高になることはなく、率先して新加入メンバーの緊を解しにゆく等、年長者としてチームの調和を保つ事にも腐心している。プレーのみならず、その立ち振舞いは他の選手の模範とされているようだ。新の熱気を受けて自らも更にくことが出来るのか、注である。
 
 
 
 
チームにして将。所謂チームの顔役で、例えサッカーに明るくない者であっても、その名と貌は知っているだろう。その優かつ精的なプレーは、ギガボド少年の心に深く突き刺さり、今なお絶えぬきを放っている。ボランチとしてフルタイムで貢献するが、攻守の切り替えの際の切れ味鋭いパスは逸品。まさに”麗”なプレーチームの”支柱”となる選手。
 
 
 
 
日本を代表する若きファンタジスタ。前回W杯デビューして以来、の座をほしいままにしてきた。現在スペインリーグプレイしている。ユニフォームネームは"BACA"(恐らく名門FCバルセロナを意識しているのだろう)。天使のように舞い、炎のごとく攻め立てる天才プレーヤーだが、新加入選手に自らワンポイントアドバイスを送るという、細やかな気遣いもみせる。フランス代表のエースストライカー、ダミアーノ (本名:ミケヤユ ヨジ リ)とは元チームメイトだが、あまり友好的な関係ではなかった模様。

 
代表のストライカー。今や押しも押されぬスタメンの一であるが、若い頃はなかなかが出ず、サブメンバーとして長い雌伏の時を強いられてきた。その時の経験を元に、相部屋になったギガボドにサブメンバー持、重要性を説いた。内心、ギガボドや崩壊らの実にはを見る思いのようだ。
 
 
 
 
ポジション:不明 (恐らくMF
ブラジル人のと日系人のを持ち、高校時代から来日している。日本土と気質が自らに合っているとの思いより、日本帰化する運びとなった。そのエキゾチックな外見とは裏に、かなり日本文化に精通しており、ギガボドに難読漢字をすらすらと書いてみせた事も。ラテンの血を伺わせる陽気な性格にサッカーセンス、和の精と勤勉さが合わさり、からもされる選手である。なお、ブラジルではオレオは"ネグレスコ (Negresco)"という商品名である。

 
代表のボランチの一。安定した実を持つテクノと、チーム心臓たるシチューの2ボランチは日本代表屋台であり、攻守のハーモニーを創りだすコンポーザーでもある。ギガボドにとっては標であると同時にポジション争いをするライバル。ユーティリティー性に長けるプレイヤーであり、急遽GKを務めたことも。

 
 
 
  • 崩壊 壊滅
ギガボドと同年代、17歳エースストライカーナショナルトレセンの逸材として、”童”の名を誇る。高校の地区大会で得点王にき頭を表したが、これまでのハイライトは何と言っても初招集のパラグアイ戦であろう。初招集にしてスタメンに抜されると、なんとハットトリックを達成。その破壊的な攻撃にはもがを見った。将来は欧州クラブでのプレーを志向。ギガボドにとっては因縁のライバルであり、チームメイトであり、また切磋磨する親友でもある。

 
 
 
  • 野 殺子
代表の最終ラインを守るセンターバック。3-5-2を基本フォーメーションとする現代表において、ラインコントロールを一手に担う彼はまさに生命線である。その相貌からは『殺してでも うばいとる』との決意が滲み出ている。

 
 
 
  • カワ モ ビン
代表の守護。確かな実を持ち、代表のゴールマウスを死守してきた。フランス戦ではエースのダミアーノ (本名:ミケヤユ ヨジ リ) のマリーシアに嵌められてしまい、憤懣遣る方い様子でピッチを後にした。

 
 
 
 
ギガボドのチームメイト。代表の第2GKを務める。適当さを嫌うプレーヤーフランス戦ではエースのダミアーノ (本名:ミケヤユ ヨジ リ) の強シュートを受け、負傷退場の憂きに遭った。
 
 
 
 
ポジション:不明
ギガボドのチームメイト。今後の活躍が期待される。

 
 
 
 
ポジション:不明
ギガボドのチームメイト。なおこシリーズフィクションであり、実在の選手とは全く関係である。
 
 
 
 
ポジション:不明
ギガボドのチームメイト今後の活躍が期待される。

 
 
 
 
 
  • キセペょ ゅ~ぐぃ
ポジション:不明
ギガボドのチームメイト今後の活躍が期待される。

 
 

監督 

現代表監督フランス人。プレーヤーの潜在を見抜く確かなを持ち、その眼はもが認める所。W杯での勝利のために、若い力めてテストを繰り返している。現フランス代表のエースストライカー、ダミアーノ (本名:ミケヤユ ヨジ リ) は実子。

 
 
 
 

きれぼしJAPAN2016

きれぼしJAPAN2012から4年後を描く新シリーズ

舞台PS4に移し、更に美麗にかつリアルに描き出されるにしきがお麗なプレーベテランの今、ルーキーの今が交差するその先はどこへと辿り着くのか。

※画像は順次追加予定です。

称:アーマダ、アクプロ
身長/体重:165cm/41kg
なり(アーク)に起した(プロミネンスを衝くモヒカンを引く、弱冠15歳にて代表選出されたライジンスター。過酷な障ベルトコンベア走で鍛えたクイックネスは抜きん出ており、それを活かした鋭く小刻みなドリブルが最大の売り。ゴール前での落ち着きと持ちすぎる癖がこれからの課題か。なお『アークプ ロミネン』選手とは別人。

 
 
  • とこん (50
称:タナカ
身長/体重:155cm/69kg
金髪低身長トレードマークの、きれぼしJAPANお染みの名物GK五十路の地に至るにあたり、GKとして自身に足らないものをもう一度見つめ直し、その結果として頸部筋の集中トレーニングに励んだ模様。アルカイックな笑みを浮かべこちらを見つめる姿はアルパカを彷彿させる。相変わらずミドルシュートハイボールは苦手。

 
 
  • が・もう (25
称:カモシダ、がもうさん
ポジションSMF・DMF・SBCB
身長/体重:171cm/66kg
燃え盛るような赤髪イケメンMF。某石版専門とは多分特に関係はない。炎を自らのモチーフとしているようで、ゴールパフォーマンス放火ジェスチャーという底ぶり。キスデビルマンとは反し合っているようだが、いざ試合になると見事なコンビプレイを見せる。DFとは思えぬ決定を持ち、ウズベク戦・イングランド戦と連続ゴールを決めた。

 
 
称:ヤマダ
身長/体重:190cm/81kg
不動のきれぼしJAPAN男の娘。以前は青髪ぱっちりした瞳・ツインテールアイドル調の装いであったが、現在は低めのポニーテール・伏しがちな瞳・と、落ち着いた印へとイメチェンを行ったようだ。どこか諦観と憂いを含んだ眼差しからは彼の歩んだ人生の重みが感じられる。なおゴールパフォーマンスは相変わらず可げな模様。
大地に根をる大を髣髴とさせる緑髪を引く巨WG。自然愛し、常に温和な笑みを絶やさない。そのフィジカルを活かした中戦が戦場だが、ウズベク戦で見せた見事なスルーパスからはパスワークも期待できる。が・もうとは相性が悪く不仲との噂だが、試合中のコンビネーションからそれを伺うことは出来ないだろう。

 
 
称:キング
身長/体重:162cm/81kg
きれぼしJAPANのスポンサーでもある、王グループ御曹司。その出自をつまびらかに示す王冠ヘアがトレードマーク金髪の取り合わせからは往年の名選手『 明日香男』を思わせる。名の御坊ちゃん、との扱いから脱せられるか、彼のこれからの活躍に期待がかかる。
マッシュルームカットに豊かなを蓄えたWG・MF。きれぼしJAPAN2012で絶世のイケメンとして一世をした血フルーレその人である。名の理由は不明だが、所属事務所BD販売とのタイアップとの噂も。正統派イケメンだった2012時代にしてやや三枚的な雰囲気も加わったか。ゴール時にはイケメンコールを要する。

 
 
  • 良知 (34
称:ヨシモトヨシトモ、義人さん
身長/体重:184cm/68kg
代々のきれぼしJAPANを盛り立ててきたベテラン選手。地味名している。元はFWであったが、適正を吟味し今回はDF登録と相成った。以前の訥とした印から一転、長い首と鋭い眼からは猛禽や駝鳥を連想させる。恵まれた体からDFリーダーとして期待がかかるが、思わず「あっ」と言ってしまうようなミスを時たまするのが課題か。

 
 
称:スパイッチ、スパイ
ポジションOMFDMF・SW
身長/体重:168cm/59kg
刈り込んだ赤髪印の若手MF。常にポーカーフェイスを崩さないが、そのの内には何か不穏なが見え隠れするとのも。温和な性格だが否定する時ははっきりというタイプ。口癖は「裏切らないよ!」。密かにチームに背信の念を抱いているのではとの疑念のも聞かれるが、現時点では単なる印論として一蹴されているようだ。

 
 
  • 門門 (33)
称:モンソン
身長/体重:205cm/76kg
とこん・良知らと共に、初代きれぼしJAPANよりチームを牽引した重鎮選手。DFからFWにコンバートされたのを機に赤髪を長く伸ばし、以前のスポーツマン然とした印から一転、オフェンシブな雰囲気を醸し出している。しかしながら、相変わらずボール奪取とディフェンスは健在であり、前線~中盤における守備の要というべき存在。

 
 
称:ホンダ、ホンディ、オン
身長/体重:190cm/81kg
セリエAACミラン所属。フィジカルの強さにソリッドテクニックが高次元融合した日本のフットボーラー。CFからSBまでどのポジションをこなせるユーティリティー性も強み。流石にこのメンバーの中に招集されたことには動揺を隠し切れない様子だが、持ち前の強なメンタリティチームを牽引する姿も見られる。
凍りついたを思わせる、グレイシャルブルーと口が印的なDF。小柄だがスピードに優れ、フィールドを何往復でもし得るスタミナも兼ね備えるSB向きの人材。しかしコンディション調整に難が有り、プレイに安定感がないのが難点。土壇場における集中と冷静さが今後の課題か。

 
 
  • まず出ていたことができない (18)
称:マス
ポジションOMFCMF・SMF・DMF
身長/体重:180cm/55kg
アッシュのドレッドヘアーがを引く、突如現れた新深に垂れ込めた前の間からは暗殺者の如き鋭い眼が覗く。れ合いは苦手だが意外と笑顔は浮かべる。哲学的とも思える独特な名前をしているが、あまりにも長過ぎるので大抵マスダと呼ばれている。中盤ならどこでもこなせる芸達者であり、中盤が不足しがちなこチームには重な存在。
色飛び交うこのチームにはしく、禿頭・しのサイドプレーヤー。右サイドならWGからSBまで何でもござれ、というまさに右サイドの専門。彼がスタジアムのライトサイドライトを浴びていている姿は、まさに『名は体を表す』というを連想させて余りあるである。

 
 
身長/体重:195cm/85kg
の短ピンクという出で立ちの、名の通りゴリラを思わせる厳つい容姿のDF。名前は本名であり決して蔑称ではない。とにかくフィジカルが強く、スタミナとボール奪取に長ける本格のDF。反面、足は遅くパスワークも不得手であり、SWタイプトラディショナルなディフェンダーと言えるだろう。
巨体に屹立するモヒカンと、否が応にもを引くゴールマウス門番。若年だが確かな技術を持ち、恵まれた体格も相まって彼を正GKに推すも多い。実故に自信であり、自身がとこんの後を拝することをよく思っておらず、事あるごとに彼に引退を勧めている。カメルーン戦ではその実をまざまざと見せつけた。
クプロ・王と並ぶきれぼしJAPAN2016期待の若手。類稀なるキックジャンプを併せ持つ。難点は若年故のスタミナの低さか。高いを持ちながら気取らず謙虚な好青年だが、やや八方美人の気がありチャージマンからはよく思われていない。年の近いアクプロCFポジションを巡るライバルだが、試合では美しい連携を魅せるコンビでもある。

 
 
称:不明
ポジション:FW・WG・OMFSMF
身長/体重:178cm/不明
きれぼしJAPAN2016が誇る正統派イケメンプレーヤー。きれぼしJAPAN2012に所属していた同名の選手との関連は不明だが、どちらも同じスカウトの眼によって見出されたという経緯がある。容姿に違わぬ魅せるプレーが随所に見られ、その度に黄色い歓が上がっている。得意技はヒールパス。
初代きれぼしJAPANの時代から、スーパーサブとしてチームを救い続けた往年の名プレーヤー。若かりし頃は器用万・決定的な予備戦として、ベンチに居るだけで他チームを恐れさせたが、寄る年波には勝てず衰えは隠せない。しかしその豊富な経験によるサポートと、今なお秘める一の鋭いから、チームに欠かせない人材として疑いはないだろう。
黒髪の若手巨DF。どこか世紀末救世主を髣髴とさせるような渋い面構えが印的。並外れて太な体格から繰り出されるディフェンスを受ければ、であろうとつま先一つでダウンしてしまうだろう。課題は横のスピードか。ファイターの名にし負う気迫と闘志あふれるプレーに期待したい。
黒髪コーンロウに編み上げた、筋々のMF。一見して強面の印を受けるが、色物いのこのチームでは寧ろ常識人に見えるのはお約束。その迫溢れる貌と体で相手の攻撃の芽を摘み、攻撃時には後方から攻撃を組み立てるレジスタとしての活躍がめられる。層の薄い中盤へのテコ入れなるか。
名前の通り、スカイブルーの短を備えた若手FW。小柄、というよりも医学的に問題がありそうな程奢な体だが、マネージャーではなく選手。ボディコンタクトの際にはつい甲高いが出てしまう癖があるが、それが可らしいとのがある。奢な見たと併せて実は女性ではとの疑いのもあるが、本人は一蹴している。

 
 
称:ムチェドリーゼ
身長/体重:177cm/90kg
茶髪モヒカンを備えたDF。強面な印を和らげるおちょぼ口がチャームポイント。見たの奇抜さとは裏に、非常に哲学に明るいとも噂される。的には割と均的ではあるが、スタミナとボディバランスは抜きん出たものを持つ。少し重量オーバーなのが気にかかるが、SBとしての攻守への貢献が期待される。
トリニダード・トバゴから招聘した監督。飄々と斜に構え、半開きに口を開けた姿からは不敵さとその裏に隠された智謀とが醸し出される。戦況の俯瞰には確かなものが有り、特に的確な選手交代で流れを変えるのが上手い。今後の活躍に期待。

 
 

総監督・フロント

  •  何でもない人
監督兼強化部長言わずと知れたバグプロフェッショナル……であった人とはあまり関係ないという噂。おこわさん・ナニフツウなど複数の渾名を持つと言われるが、相は不明。個性豊かな面々を束ねるに足る稀有なバグセンスを有し、きれぼしネームの考案およびにしきがお選手の発掘に関しては他の追随を許さない。また、名の選手であったママィ0をトップチームに抜するなど、マイナーな選手に対する記憶マネジメントも逸品。選手の調整導にも熱心に取り組む。信条はダイナミックかつ慎重。ちなみにサッカーについてはあまり詳しくなかったが、ポジションの調整や選手の起用など的確な采配も多い。が嫌い。
 
 
GM兼強化部長言わずと知れた百合プロフェッショナルである。感覚のヒテ……何でもない人に対し、冷静にツッコミを入れる松原君というのがこのチームの基本の導体制である。何でもない人よりもややサッカーに明るい印があり、簡単な解説等も挟んでくれるため、カオス極まりない本動画の中で視聴者フレンドリーな存在である。しかし「怪をさせるまで交代させない」等の発言から実は何でもない人よりも過な人物ではないかとの噂も。もしエディットで性別の選択が可であった場合、趣旨の全く違った動画になっていたであろう。3-4-3等サイドアタック重視のポジション配置を好む。

 

※本記事の情報2016年6月13日現在のものであり、今後変更される可性があります。
 

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 20
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%8D%E3%82%8C%E3%81%BC%E3%81%97japan

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

きれぼしJAPAN

119 ななしのよっしん
2014/08/04(月) 09:59:35 ID: 4OkmREpHfk
改造された王子小野・むろんとがちょうど並んでるんだな
120 ななしのよっしん
2014/08/04(月) 10:42:31 ID: K+6sThQ9LY
玉子にしてやる」発言には吹いた
121 ななしのよっしん
2015/01/20(火) 20:40:37 ID: +7lDf3P+cu
今日出ていたヨルダンの選手の尾崎先生モンメンそっくりで吹いた
122 ななしのよっしん
2015/12/07(月) 17:03:35 ID: 36CH7eScKy
久々に見たら新しいきれぼしJAPANが追加されて吹いた
123 ななしのよっしん
2016/06/14(火) 10:10:48 ID: wJvGmpZ6DH
さっそく2016版が追加されてて吹いた
もつだぞ。
124 ななしのよっしん
2016/06/17(金) 21:48:20 ID: vx6fTXzvcT
属性のが・もう、氷属性アイスシールド電気属性ライトニングディザsター、地属性ガイアブレイク
2016は色々な属性ってる
125 ななしのよっしん
2016/06/19(日) 02:21:33 ID: kxshH9CTa1
寧々さんが耕す
126 ななしのよっしん
2016/07/03(日) 17:08:51 ID: XlUjEocCid
カラララメーチャってカラムーチョっぽいよね
127 ななしのよっしん
2016/08/10(水) 21:33:55 ID: vU+yTW1LhB
>>124
そこに木のキスデビルマンを加えて、火のが・もう、土のガイアブレイクに、アイスシールドライトニングディザスターと解釈すると木火土
2016年きれぼしJAPANは陰陽五行を元に選考されていた・・・?!
128 ななしのよっしん
2019/05/08(水) 18:26:57 ID: uJQmg6URfz
どの顔画像が消失しているので、か復旧お願いいたします

急上昇ワード改

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

カイリュー はかいこうせん 紺綬褒章 ようかいけむり