げんしけん単語

ゲンシケン

げんしけんとは2002年から2006年月刊アフタヌーン講談社)にて連載された木尾士漫画
およびそれをもとにしたアニメ作品である。

完結後、月刊アフタヌーン2010年2月号に読み切りが掲載。
同年12月号からは「げんしけん 二代目」として本格的に連載が再開された。 

概要

げんしけん現視研)=現代視覚文化研究会という、オタク文化を研究する椎応大学サークル舞台に、 そこに集まってくる学生達のオタク日常生活を描いている作品。

漫画は全9巻が刊行されたが、「二代」の連載開始にともない第10巻が刊行された。第10巻には副題として「二代」と併せて記載されている。アニメは「げんしけん」(パルムスタジオ制作)と「げんしけん2」(アームス制作)があり、UHF系で放映された。 またその間の期間を描いたOVA版(亜細亜堂制作)も存在する。

原作中に登場する架アニメくじびきアンバランス」もアニメ化コミック化が行われた。

ニコニコチャンネルでは、TVアニメげんしけん二代目」の配信に合わせ、2013年8月9日より第1期「げんしけん」が配信、続いて同16日より第2期「げんしけん2」が配信開始された。

登場人物

キャラ 声優 概要
笹原 大山鎬則 主人公大学合格を期にオタクデビューした。斑目の後に会長名された。
荻上千佳 水橋かおり 筆頭の東北。重度の腐女子だが腐女子を嫌っている。大野と衝突したりと過去トラウマが元で心を開いてなかったが、サークル活動を通して打ち解けていく。笹原斑目カップリング妄想しており、アニメではその妄想が大きくクローズアップされて一話中9分程度の耽美な妄想シーンが描写された。
斑目 檜山修之 キャラ作り気味なロリキャラ好き。総受け認定。対極的な春日部とは口喧をすることも多いが次第に意識していくようになるものの、恋愛には消極的になりがち。
春日部 雪野五月 オタクなのにオタクに惚れこんでしまったかわいそうな人。なんだかんだ姉御肌で面倒見がよく、自己開示が苦手なメンバーに助言をあたえることもある。
高坂 斎賀みつき レベルゲーマーノーメイク女装出来るほどの整った容姿に反して重度の美少女モノ好き。ヲタク趣味は隠さず開けっぴろげで周囲を驚かせている。就職先はエロゲーメーカー
大野加奈子 川澄綾子 帰国子女コスプレ趣味腐女子。太ったオジサンキャラが好きだったが最初の内は明かしていなかった。女同士で咲と親しくなり、共通の趣味を持つ田中との仲は徐々に深まって付き合うようになった。腐女子嫌いを言する荻上とは最初は険悪だったが打ち解けた後は可がっている。
スザンナ・ホプキン 後藤邑子 大野アメリカ友達小柄な少女。あだ名:スースージー。荻上になつく。アニメの有名なセリフなどを使って会話することが多く、やり取りや場面の再現にもこだわりを見せる。
朽木学 石田彰 クッチー芸人にすると最も危険なタイプ春日部の悪巧みで高坂ゲーム勝負で撃退されたものの、後に再登場してげんしけんに加入した。
田中 関智一 役得。プラモコスプレが好きで手先が器用。衣装製作に長ける。
久我 乃村健次 絵描き。げんしけんの中では特に太っていてどもりがち。
アンジェラバートン 甲斐田ゆき 大野アメリカ友達メガネフェチ斑目の手やを綺麗だと評した。よく大野に通訳して貰っている。
初代会長 うえだゆうじ
笹原恵子 清水香里 主人公高坂に惚れている。春日部のことも尊敬している。
北川さん 小林沙苗 水虫サークル自治会副会長

主な楽曲

マイペース大王 - アニメげんしけんオープニング
作詞作曲編曲・歌:manzo
びいだま - アニメげんしけんエンディング
作詞作曲・歌:アツミサオリ / 編曲後藤康二
げんしけんOVA」、「げんしけん2」の7話でも使われた。
青春として - アニメげんしけんOVAオープニング
作詞作曲編曲・歌:manzo
disarm dreamer - アニメげんしけん2オープニング
歌:美郷あき / 作詞畑亜貴 / 作曲黒須克彦 / 編曲:宅見将典
クラブハウスサンド - アニメげんしけん2エンディング
作詞作曲・歌:ゆうまお / 編曲:菊

関連動画

楽曲

関連生放送

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%92%E3%82%93%E3%81%97%E3%81%91%E3%82%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

げんしけん

224 ななしのよっしん
2017/11/14(火) 00:12:26 ID: w2lxJgG5cB
>>220コメはこれぞキモオタ!って感じですき
225 ななしのよっしん
2018/02/12(月) 01:23:33 ID: zWrx9Q1Oc6
初期の00年代っていうかこれ90年代だろってノリオタク像、今見ると時代を感じてよい
2010年代も終わりに近づく今、また現代オタサーのメモリアル的な作品が出てほしいね
226 ななしのよっしん
2018/03/04(日) 08:33:59 ID: /mUCwopIs6
二代ってかなり長くやってたんだな…
227 ななしのよっしん
2018/06/01(金) 11:14:12 ID: u9k8U2/XRH
げんしけんのOP、EDはどれも素晴らしいけど一番はクラブハウスサンドかなって思える。
今でもあの曲聴くと心にグッとくるものがある。
まさに名曲だなって思える。
228 ななしのよっしん
2018/07/08(日) 23:19:26 ID: CujEIpkZMm
時間たつのはえーなー
げんしけん久々に読んだけどやっぱおもろいわ

最初の頃から好きだったけど荻上出てからすげぇ真剣に読んでたわ。
荻上好きすぎてガチしちゃったのも今では良き思い出
229 ななしのよっしんた
2018/08/19(日) 06:32:33 ID: vEyzDSYDW5
でも初期の荻上すごい変人で扱いにくい子よな
230 ななしのよっしん
2018/09/04(火) 20:10:21 ID: lBvQSxxV2X
1を夢中で見てた知り合いに2が始まった事進めたら大分オタ熱冷めてて
リア充オタク恋愛日常なんか見て何が楽しいんだ…とクソつまらんとかれた記憶
大学デビュー失敗して楽しい大学生活物に憎しみしか感じなくなっていた所もあるようだった
231 ななしのよっしん
2018/11/04(日) 20:28:16 ID: rxhNBxDI0G
全部通して読んだけど普通に面かったよ。
二代も世代の移り変わりをうまく描いてる。
ただ、波戸と斑目の関係の末路はちょっと残念かな……………結ばれるのを期待していたんだけど
よりにもよってあんま接点がないスージーとはね
波戸くんのキャラもいっそのこと性転換してでも斑目と一緒になろうとする覚悟のある感じにしたほうがアレよりは良かったのでは?男と女の間で葛するのは良いけどタイミングも何もかも遅いよねっていう。笹原ハーレムに入ったのもよくわからんし。アンジェラもよくわからん。
ホントなんでハーレムなんてやったの?あとは…………男の娘でも波戸はカワイイと思いますハイ
232 ななしのよっしん
2019/01/10(木) 22:30:23 ID: Fd4RnI/c/8
あれはハーレムって言うある種の家族宗教世界の話だからね。
ある俳優があらゆる創作物は非日常テーマとして扱うから全て本質的には怪談と同じであるみたいな事言ってたし。
普通はそのハーレムには「世界を救う○○だから」とか「○○的にモテ体質だから」みたいな理由や設定が付くんだけどげんしけんはそこを最後まで上手に誤魔化してたね。
どうしてなんだろう?
個人的考察だけども実は原口が自分に逆らったげんしけんを潰そうと裏から盛大にハニト工作員大量に送り込んで来てるのかとか邪推してみたけどもそういう陰謀論は流石に世界観と合わないからなぁ。
斑目がそこまでして狙われる人物だとも思えないし。
ホモ編でも原口との絡みはかったし。
実はセカイ系斑目の先代が何等かのオーパーツ的絡みを見せるのかと思えば全く出番はかったし。
単に現実腐女子ブームの反映だと言うならば女所帯でも不自然いけども、そうすると今度は斑目は別にあんな過剰にモテたりしなくても良いのでは?腐女子なのに何で斑目興味持ってるの?という疑問が残ってしまう
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
233 ななしのよっしん
2019/02/18(月) 22:12:09 ID: lBvQSxxV2X
1作アニメ作画の悪さとか空気感が当時の深夜アニメ空気を感じるんだよなあ…
当時オタ初心者の頃見たのもあって印深い
作画面でいうと一番悪いやつなんだけどね一作アニメ

急上昇ワード