ことわざ単語

コトワザ

ことわざ(諺/proverb, saying)とは、風刺・教訓・知識などを簡潔な言葉で表現したものである。

概要

に小判」「も積もれば山となる」のように、世の中のよくあることや人生の教訓などを、例えを用いて簡潔な言葉で表現したもの。

場合によっては「子にも衣装」「も十八番茶も出」のように、皮を含むため現在ではあまり使わない方がいいとされたり、「枯れ木も山の賑わい」のように、謙遜して自分に使うものであって他人に使ってはいけないものもある。

慣用句格言(箴言・言)・故事成語との界はあいまいであり、ことわざ辞典などでは一緒に取り上げられることも多い。

ニコニコ大百科にも多数のことわざの記事があるが、多くはそのことわざをタイトルに持つアニメ・ゲームドラマ・楽曲の解説に使われており、ことわざとしての意味は曖昧さ回避になっていることも。

悪い意味のことわざ

ことわざには、悪い意味のものもある。
そのようなことわざは通常「(いいことだとは思えないが)世の中そういうものだよね」という皮・諦観を意味するか、「そのような悪が然とまかり通っている」「そのようなことは許されない」と否定の文言を伴うものである。

例えば、「長いものには巻かれろ」は、「権者には大人しく従っておいた方がいい」という意味の日本のことわざだが、通常は「長いものに巻かれろ、という潮がまかり通ってはならない」という否定を伴う使い方をされる。

「長いものには巻かれろと言うんだから、お前も権者に従え」という用法で使われる場合、皮や諦観など、少なくとも露悪的な意味合いが含まれるものである。

インターネットでは「あるに悪い意味のことわざがある」という事実をもって「そのがその悪い意味を推奨している」「その民性はそのようなものである」と安易に結びつける言説が見られるが、それは正しい論理展開ではない。

パロディことわざ

ことわざのパロディも盛んである。

古くは、筒井康隆の『狂気の沙汰も次第』や賀子の『渡る世間は鬼ばかり』など、ことわざをもじったタイトルに使われた。
90年代初頭には、若者や若手タレントの間で「寝ミミズ」「石橋いて壊す」などのことわざパロディが流行した。「石橋いて○○」系のパロディ現在でも使われている。

ニコニコ動画でも、ことわざをパロったコメントタグが各所に見られ、一部は大百科記事にもなっているので、併せて掲載する。

また、かつてはパロディだったものが半ばことわざ化してしまうこともある。
有名なものは信号みんなで渡れば怖くない」で、これは松崎真の「手を挙げて横断歩道を渡りましょう」という交通標漫才コンビのツービートが皮ったものだが、日本人の集団心理を的確に表現するものとして、ある種の教訓として使われるようになった。

一覧

ニコニコ大百科に記事のあるもののみ。
上述の通り、慣用句格言に含まれるものもあるが、ここではあまり厳密に区別しない。

日本由来

中国由来

故事成語四字熟語の記事を参照。

朝鮮由来

欧米由来

パロディ

(  )はパロディ元。

ことわざが多数登場する作品

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%8F%E3%81%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ことわざ

1 ななしのよっしん
2018/03/16(金) 06:36:42 ID: sSA3CfrFbx
悪事千里を走る
2 ななしのよっしん
2018/10/06(土) 22:47:03 ID: 1tYf7VYCe3
「郷に入っては郷に従え」
これはあくまで「郷に入る者」が自的に行う処世術の方便であって、「郷の中の個人ら(郷の一員ら)」が「郷に入る者ら」を非難することに使う為の言葉ではい。

ことわざの意味の本質が反映されずに使われる「ことわざ」とは、まさに「意味な言葉(または文字)の羅列」だと言えるのではないか、と思うこの頃。
3
◆rSBzQMOICI 2018/12/06(木) 17:40:18 ID: UtdyMQ44Ix
ゲイは身を助ける」の記事作成あくしろよ
4 ななしのよっしん
2018/12/14(金) 12:16:32 ID: bRi6i0Mdvx
武士は食わねど高笑い