さちかぜ(列車)単語

サチカゼ

さちかぜとは、国鉄で運行されていた列車名である。

概要

1957年7月に、人気絶頂だった当時一の東京九州間の寝台特急だったあさかぜの増発分として東京博多間に設定されたのがさちかぜの始まりである。当初は臨時列車として運行されていたが、実際は毎日運行されていた。10月には戦前特急富士以来となる特急長崎本線乗り入れを果たし、同時に定期列車に昇格している。

あさかぜの増発分として設定されていた事から東京博多間では下りはあさかぜ30分後、上りはあさかぜ30分前に続行して運行されていた。また、一部の編成は広島駅長崎駅で切り離していた。当時の数少ない特急であった為さちかぜの停はかなり絞られていたのだが、変わった停として上りのみだが長崎本線肥前大浦に停していた事がある。これは上りさちかぜ長崎駅12:50発・肥前大浦14:15発・下りさちかぜ長崎駅15:40着というダイヤを組んでいた為、肥前大浦で上りさちかぜが下りさちかぜの行き違い待ちをしていたからである。

しかしあさかぜさちかぜの名称が紛らわしく誤乗が耐えなかった事から、1958年東京鹿児島間の寝台特急はやぶさが設定された際に特急さちかぜ特急平和に名称変更されている。尚、特急平和1959年20系客車投入の際に特急さくらに名称変更されている。

へいわつばめはとかもめあさかぜに続く戦後6番に命名された特急列車であるというのに僅か1年半で消滅したさちかぜは、なんと北海道急行として復活する事となる。

札幌旭川間の移動には本数の少ない特急列車より本数も多く料の安い急行かむい等が流であった。その速達便として設定されたのが急行さちかぜである。電車急行711系を使用し札幌旭川間をノンストップで結んでおり両間の所要時間は1時間39分程であった。その他の急行は最速で1時間51分であり、その頃の特急は両を最速で1時間42分で結んでいたので特急よりスピードの速い急行として有名であった。それどころか表定速度85.5km/hは国鉄史上最速であり、当時の在来線特急最速の東北本線特急はつかりひばり表定速度89.4km/hに準ずるレベルであった。

しかし急行であったさちかぜ特急に格上げされる事となったが、特急に使用する485系ヘッドマーク特急さちかぜの名称はあったものの、結局は特急いしかりとなったのでさちかぜの名称は止されてしまった。

廃止直前の運行形態

寝台特急さちかぜ

停車駅











































下りさちかぜ
上りさちかぜ

ちなみに続行便として運行されていた東京博多間のあさかぜ熱海駅にも停しており、静岡駅福山駅岩国駅小郡駅新山口駅)の代わりに浜松駅尾道駅徳山駅三田尻駅防府駅)に停していた。

北海道急行さちかぜ

停車駅

参考として当時の特急急行列車を記載。深特急おおとりのみ通過。その他のは他の急行列車が停していた















































下りさちかぜ
上りさちかぜ
特急
運行時刻

較対として特急列車の時刻も記載、おおぞら旭川駅発着の1往復のみ記載。

列車名の由来

(さちかぜ)という爽やかイメージから。

年表

寝台特急さちかぜ

1957年7月 東京博多間に臨時寝台特急さちかぜが設定される。

1957年10月 定期化されると共に運行区間が東京長崎間に変更となる。
定期化された時の停東京 - 横浜 - 静岡 - 名古屋 - 京都 - 大阪 - 神戸 - 姫路 - 岡山 - 福山 - 広島 - 岩 - 小郡(後の新山口) - 下関 - 門 - 博多 - 佐賀 - 肥前大浦(上りのみ) - 諫 - 長崎

1958年10月 特急さちかぜの名称を特急平和とする事となる。

北海道急行さちかぜ

1971年7月 小樽旭川間にさちかぜが設定される。小樽札幌間は快速札幌旭川間は急行として運行されていた。
小樽 - 南小樽 - 手稲 - 琴似 - 札幌 - 旭川

1975年7月 一部の急行かむいと共にエル特急いしかりに格上げされる。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%95%E3%81%A1%E3%81%8B%E3%81%9C%28%E5%88%97%E8%BB%8A%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

さちかぜ(列車)

1 ななしのよっしん
2017/01/16(月) 17:51:27 ID: RubQfCbweZ
幸せってセンスあるよな
2 ななしのよっしん
2017/04/05(水) 13:08:13 ID: RubQfCbweZ
一番好きな列車