じゃりン子チエ単語

ジャリンコチエ

じゃりン子チエとは、はるき悦原作青年誌連載漫画、またはこれを原作とする東京ムービー制作アニメ作品やゲーム舞台などのメディアミックス群である。

概要

チエ大阪舞台に、ホルモン焼きの店を切り盛りするチエに、父親のテツ、このほか周囲の個性的な人物やの生活模様を描く。

原作は『漫画アクション』(双葉社)にて1978年より1997年まで、約20年に渡って連載が続いた長期連載作品であり、人情コメディ漫画の代表的作品として広く知られている。単行本は全部で67巻、3000万部発行のベストセラーであり、漫画アクションに吹いた作品の一つ。

とりわけ、連載すぐに反を呼び、とりわけ井上ひさしが新聞の社説で絶賛してからは、民的作品への階段を踏み入れそうになったほど社会と化す。

今でも関西では関西人のバイブルとまで呼んでいる人もいるほど、人気が高く根強いファンも多い。

結局、庭の都合で20年近くの連載に終止符を打つが、話数は全部で786話もある(第1期でアニメ化したのは、そのうち最初の130話ほどである)。

また、『じゃりン子チエ』のスピンオフ作品『どらン』『どらン奮戦記』『帰って来たどらン』も短期連載していた。

また、ニコニコではアニメゲーム関連の動画が多いので、アニメ版を中心に話を進めていく。

アニメ版は劇場版1作・テレビMBS)版2作が作られており、特に1981年テレビ版1作アニメ史に残る傑作の誉れ高く、地方局などでも数度にわたって再放送されている(本項でも、アニメキャストテレビ1期のものを中心に紹介する)。

まずは1981年劇場版オンエアされ、とりわけ関西大物吉本芸人を使ったキャスティングが呼びとなって、関西で特に好評を博した。ここでは中山西川のりお、上方よしおの3人のほかにも、屋雁之助、唄子、啓助、横山やすし、西川きよし桂三枝(当時)、笑福亭仁鶴島田紳助などの大物俳優芸人、噺や期待の若手が出演。また、監督赤毛アンなどで評価された高畑勲、そして音楽は元グループサウンズモップスのメンバーでもあった勝が担当し、高い評価を受けた。

それから1年後、TVアニメ版が決定し、チーフディレクターとして高畑勲が引き続き引き受けることになった。そして、劇場版レギュラー役で出演した竹本チエ役の中山竹本テツ役の西川のりお、そして丸山ミツル役の上方よしおアニメ版でも据え置きとなった(これは高畑勲監督の要望によるもの、つまりこの3人が本当のはまり役だったのだろう)。他は関西弁が達者であることが必須条件で、時代劇俳優子役含む劇団員が抜されている(たとえば、竹本ヨシ江役の山口朱美などは時代劇俳優である)。また、一部のレギュラーキャラに対しても、関西出身声優も採用された(小役の永井一郎ヒラメ役の三輪勝恵など)。ただし後期ではその体制がやや崩れてしまっており、若き頃の若本規夫なども脇役で登場している。また、アフレコ現場はかなり厳しかったらしく、西川のりおは当時を回顧して何度もダメ出しを食らっていたとっている(今のなんちゃって特別出演と違い、有名人だからと全くチヤホヤされなかった)。

アニメは当初、視聴率20えるなど好評を博したが、裏番組にテレビ朝日からドラえもんをぶつけられたため、関西以外では視聴率で苦戦を強いられる(それでも関西ではドラえもんを上回っており、関西での均視聴率は25、最高視聴率は29.1というとんでもないものであった)。それでも結局、原作ストックが尽きてきたためにアニメ第一期は約2年、全64話で完結となった。その後も、西日本では何度も再放送を繰り返しており、その再放送すらも視聴率が均6~8に及んでいたというお化け作品であり、しまいにはテープが擦り切れてしまったらしい。

そして、この作品は当時の東京ムービーが他社との競合の末に放映権を勝ち取っており、そのため細部の作画の描き込みや細かい演出など隅々までこだわりが感じられるものとなっている。また、チーフディレクターを努めた(実際は土台固めと種まきをしただけで、作品の監督には関わっていなかったらしい)高畑勲は、「元が完成している作品」と評しており、「自分は色を付けて動かしただけ」とっているほど。音楽担当にはうる星やつらで名が売れた戸慎介に、劇場版で好評を博した勝(氏もうる星やつら劇場版に関わっている)の曲も引き続き使われた。長年、サントラCDは出ていなかったが待望のサウンドトラック2007年になって発売され、また完全版と銘打ったサントラCDDVD-BOXの特典にもなっている(また、高畑勲大全集の一つに、劇場版じゃりン子チエのサントラが収録されており、これでしか聴けないロングバージョンやビジーフォー主題歌なども収録)。

ヤクザ然と生活に溶け込んでたり、小学生喫煙していたり、しきりに尾籠な会話が登場したりと、現在では放送が難しい作品かもしれないが、発売されているDVDを購入するか、レンタルできれば視聴は可。dアニメなどのオンデマンドサービスを利用するという手もある。 見たってや~。(西川のりおに)。

それから約10年後…ファン待望の続編『じゃりン子チエ~チエちゃん奮戦記』が始まった…のだが、今ひとつファンの評判は宜しくない。チエ、テツ、小ヨシ江、オバア、お好み焼き屋、先生などめぼしいキャラキャスティングはそのままなのは嬉しいのだが、マサルやカルメラ兄弟といったハマり役のが他人(関西弁イントネーションが微妙な人もいる)に変わっており、中でもマサル役の入江の変更を惜しむ人はすごく多かった。また、原作ストックを選りすぐった結果、原作で特に大事にしている時系列が崩壊してしまっており、話に一貫性がなくなっている上、展開がやたら駆け足になった話もある。また、当時流行したよしもと新喜劇を意識したノリで、やたら吹き出しを多発したりと演出がかなりくどくなった(原作もその傾向があったが)。音楽も雰囲気の良かった前作とは刷新され、中村暢之(他にちびまる子ちゃん魔法陣グルグルパプワくんなど)の作る曲自体はそこまで悪くないのだが、音響の拙さがいてかなり浮いており、ファンを失望させている。結局、そこまでヒットせず(それでも関西ではサザエさん再放送の視聴率を上回り、打ち切りの遠因になったとも)に、再度土曜日の夕方に飛ばされた後は自然消滅するように39話という中途半端なクールのまま念の放送終了となった。放送エリア関西のみで、見たことがない人もかなり多かった。も、これは人情味に溢れていた初期にべ、ややドライかつ難解な話が増えた原作にも問題はあり、笑いの取れるギャグコメディ回ばっかりをアニメ化してしまった選出基準にも疑問が残る(感動路線の、カルメラ兄弟エピソード百合根のエピソードなどは全部未放送だった)。

なお、制作スタッフの中には、絵コンテや演出担当として片渕須直が参加しており、同氏が初めて自立していけるようになった仕事がこの作品であったらしく、本人も、恩師の高畑勲が前作のディレクターを務めた縁もあって、思い入れのある作品の一つだと答えている。また、監督横田和善も宮崎駿の右腕といわれ、『宇宙船サジタリウス』などで高い評価を得た人物であり、ほかにも何かとジブリと縁があるスタッフが集まっている…なのになぜこういう微妙な評価になった。だいたい、あのやる気のないOPと全に浮いてたEDのせいじゃないかと…。

他にもファミコンプレイステーションなどでゲームが発売されたり、パチンコ化や舞台化されたりもした。ファミコン版は当時傑作を続々生み出していたコナミ制作しており、完成度の高いアドベンチャーゲームとなっている。1章はチエ、2章は小、そして3章はテツが役となっている。話は1、2章はオリジナルだが、3章のストーリーは、原作から採用したものである。プレイステーションゲームは、ただの花札(作品によく登場する、カブができる)ゲームである。

舞台と世界観

なお、じゃりン子チエでよくある勘違いとして、舞台あいりん地区と思われていることであるが、厳密には違う。実際はもっと西寄りで、昔は西萩町という地名があった西成区園北二丁あたりである(この近くには高級住宅街も持つ天下茶屋もあり、マサルはこの辺の住民という設定)。作品によく出てくる、高架のあるは、南海高野線萩ノ茶屋駅二つであり、高架をに、西側がチエの舞台、東側が原作でもほとんど出てこないあいりん地区あたりである。

では、なぜそういう勘違いが起きているかというと、劇場版アニメ版の設定が、わかりやすいように新世界にしてあったからである(そのため、アニメ版では通天閣ジャンジャン横丁が登場する)。だが、後にいろいろ設定上の問題が起きたため、舞台を明言化させない計らいになった(なお、原作では最初から頓区西萩という架の地名となっており、チエの住所は頓区西萩2-4である)。また、作者も、世界観のモチーフは、自身が子供の頃から慣れ親しんだ新世界あたりだと発言していたこともあり、更に視聴者読者混乱させてしまった。

それから、彼女らが日本人籍じゃないとかいう変な噂が流れているが、原作にはテツ、チエの母親ヒラメの母親選挙投票に行く話があるので、これは全くのデマ

登場人物

竹本チエ
CV:中山
ホルモン焼きの店「テッちゃん」を「チエちゃん」に名し、切り盛りする小学5年生の女の子
性格は、基本は明朗快活でバイリティに溢れるが、周囲の環境(だいたいテツのせい)に翻弄され、シャラズルを鳴らす(落ち込んで足を引きずること)こともしばしば。普段から履いているゲタと、ポッチリ飾りについているい玉)がトレードマーク運動神経抜群で、特に足の速さは両親譲り。「ウチは日本一◯◯な少女や」が口癖だが、仕事熱心で接客態度も良く、それなりに今の生活を楽しんでいる部分も。大人と接するのが上手だが、周囲を凍りつかせるほどドライな発言も多い。下品な話を嫌い、お化け幽霊は大の苦手。顔は祖の隔世遺伝だが、時々母親譲りの美少女モードになる。怒らせると下駄を投げつけたり、下駄で頭をどついたりする。
竹本テツ
CV:西川のりお
チエの父親。ろくに仕事はしておらず、日頃ヤクザ気でどついて遊びのお金をまきあげてくる。
ツンデレと言っていいぐらい素直になれない性分(のチエにも同じことが言える)。だが、下戸であり、タバコも吸わない、また女に手を挙げることもない上、作品に登場するかなりの女性に気に入られ、苦手にもしている。男らしい美学を持っており、いざという時の分別はついている(その割に賃乗、窃盗、器物破損、傷などは常習的だが、そこはコメディなので大に見るべし)。ケンカ好きで、ヤクザ尻尾巻いて逃げるほどのため、ある意味西萩周辺はテツによって治安が保たれているようなもの。その強さは、ボクシング西日本チャンピオンを一撃で倒し、世界チャンピオンと互にスパーリングをこなし、の回った力士3人を一度に相手して負傷させるほど(ただし、オバアと井、そしてには勝てない)。
竹本ヨシ
CV山口朱美
チエの母親で、物語の開始当初は出していた。洋裁学校の講師をしており、料理の腕前もかなりのもの。テツもヨシ江の前では緊していつもの調子が出せない。見たはおしとやかだが、運動神経は良く足の速さはチエにも負けず、若い頃は割と活発だった。かなり天然な部分もあり、れ初めが、テツからの競走再戦の申し込みをデートの誘いと勘違いしたことがきっかけなので、最初から満更じゃなかったのかも知れない…が、チエ本人からして「おはんはテツのどこに惚れたんやろ」と言わしめるほど意外性の塊で、とにかく彼女も色々とに満ちている。無茶しやがって…なお、怒らせるとよりも怖いとオバアが言ってるが、彼女が作品で本気で怒ったことはあまりない(応援団とのドンパチを制止しようと一したぐらい)。
オバア
テツの母親で、テツを産んだ本人。本名は竹本菊。テツの母親だけあって喧く、腕っぷしも強く、空手名誉師範の実を持つなど、強さはテツを駕する作中最強キャラの一人。チエとは別の場所でホルモン屋を営んでいるが、気に入らない客を追い返す癖があるため、チエから接客について度々注意されている。また、チエと同じく上履き(ツッカケ)で人をどつく癖がある。
オジイ
テツの父親で、テツのヅル。懲りずにテツに騙され、ビビらされ、をせびられては、オバアから暴力を受けている。心臓が弱いくせに劇中で数少ないスモーカー。そして19年間の連載中に本名を明かされることがなかった可哀想な人。婿養子なので、実質血縁関係はあってないようなものだが、懲りない性格は子の血筋。
井拳
テツの小学校時代の担任教師だった元京都大学教授。同じ飲みという理由で李白を好み、研究を続け文化賞も受賞したほどだが、テツに負けないぐらいな部分もあり、地位、名とは縁な生き方をしている文壇の孤児。若い頃はアマチュア横綱だったために、その強さはオバアと双璧で、テツは全く手が出せない。息子の渉はチエの担任教師。なぜか、アニメではよく表札がとなっている。趣味はテツをいじめることだが、同時にテツのファンでもある。
井渉
井拳息子で、チエの担任教師東京で生活していたため、標準で喋る作中のレアキャラの一人(声優アニメスタッフの一人である)。東京で知り合った朝子結婚し、一児をける。快な父親とは打って変わって、穏やかで温厚な性格で、チエやヒラメは、先生にはいい子に見られたい部分を持っている。それゆえ、チエやヒラメの暴走を制止する防波役にもなっており、テツやマサルがにすることも。
丸山ミツル
テツの幼馴染で、近所の交番に勤務する警察官。ポスト巡査→所長。若い頃はポストテツの異名を持つほどの悪ガキだったが、今は堅気の生き方をしている。テツの悪事をかなり見逃す一方で、テツの活躍によって犯人逮捕や昇進につながったりと、それなりに役得も。カルメラ兄弟とは仲が悪く、最後の最後までいがみ合っている。母親はオバアの友人だが、テツを男らしい人物と評価している。
お好み焼き屋のおっちゃん
本名は百合三。元は遊楽部という賭博場の社長だったが、アントニオ死去の後足を洗い、彼の好きだったお好み焼き屋「堅気屋」を始める。今は息子アントニオJrと二人暮らし。根は優しく気弱なのだが、癖が悪く、一えると人間が変わり、テツを駕する強さになる。だが、素面でも怪力であり、片手でテツをぶん投げたりしている場面も。実は館の御曹司で、所帯持ちでもあった(別れた息子セリフに登場するものの、アニメには登場しない)。なお、彼のお好み焼きへのこだわりを知りたければ、原作を読むことをおすすめする(これはおそらく同じくお好み焼きに対して、並々ならぬこだわりを持っていたはるき同氏の投影だろう)。
カルメラ兄弟
坊主頭とリーゼントの元ヤクザの二人組。カルメラ屋台を牽いている。兄弟といわれているが、実際は全く血縁関係はなく、元キックボクサーとそのトレーナーの関係だった。本名は菊崎健二と山下勘一。アニメ版ではカルメラ屋で終わっているが、最終的には二人でラーメン屋を営み、おまけに二人共、双子姉妹と見合い結婚し、子供まで授かることになる、ある意味、テツからの不遇に耐えてきたことによるご褒美キャラクターキックボクシングで西日本チャンピオンなるほど相当強いキャラのはずなのだが、なぜかテツには全くが立たない。
地獄組のボス
ルー語を話すヤクザの親玉。本名レイモンド飛田。しかし、テツに関わったばかりにいろいろババを引き、刑務所行きとなり、人生歯車暴走を始める。後に、ボクシングジムを開いたり、政治家に立補したり、お化け屋敷で一山稼ごうとしたり、知恵の輪職人に戻ったり、と一緒にオカマバーで働いたり、ハワイ旅行代理店をしたり、紆余曲折の末ステーキハウス経営者で落ち着く。
CV永井一郎
チエの飼い猫。もともとはの輪の蔵といわれる流れ者であり、彼を役とした任侠ストーリーが展開されることもあった。TVアニメエンディングでは彼がケンダマで遊ぶシーンが流れる。その強さはチート級で、周囲のだけでなく、大人刑事数十人すらなぎ倒すほど。イカ玉が好物だが、実際のイカやめてくださいしんでしまいます。チエに可がられているようだが、原作では、巻数を重ねるにつれチエの扱いはかなりヒドくなっている。なお、永井氏は、アニメではナレーションを担当することも多い。
アントニオJr
CV:山ノ内真理子→太田淑子
お好み焼き屋「堅気屋(かたぎや)」の社長に飼われているアントニオが小決闘したことから小と追っていたが、のちに和解。正々堂々さを好み義理人情のわかるいいやつなのだが、毎ノイローゼになり、放浪の詩人と化す。小ほどではないが、それでも作中屈の強さ。
平山ヒラ
CV三輪勝恵
チエの親友で、テツとも気が合う。おかっぱ頭。どんくさいことがコンプレックスで傷つきやすい繊細さを持っている。相撲と絵画はにも負けない特技で、特に絵の上手さはプロからもスカウトを受けるほど。がつくほどの音痴であり、一度マイクを握ると殺人級の兵器と化す。丸太という中学生がいる。お世辞にも美人とはいえないが、その嬌ある姿と訥な人柄から読者人気は高く、作者自身「なんとなく描きたくなる不思議なキャラ」とインタビューで答えている。なお、劇場版には登場しないが、高畑勲ヒラメは好きなキャラと答えている。
小林マサ
チエのクラスメートで、ある意味悪友。毎日チエの悪口を言わないと病気になるという特異体質だが、んだ情表現の表れ(要はツンデレ)なのかも知れない。学業成績は優秀だが、運動神経はからっきしで虚弱体質(しかし、見かけよりは打たれ強い)。おしゃべりで教育ママ母親がいる。タカシという腰巾着といつも一緒にいる。作者く、自分自身の生き写しらしく、マサルの気持ちは手に取るように分かるらしい。なお、1期でを演じた入江は2期でもやりたかったが、そのときは東京で活動してたためにがかからずできなかったらしい。そして、1期のときには既に高校生だったという。
天野コケザル
チエよりひとつ年下。テツの鑑別所時代の友人の一人息子で、筋入りのクソガキ。意外と頭がよく回り、銭話のざとさは大人以上。将来大物になるのかも知れない。チエのことが好きだがマサルと同じく素直じゃないツンデレ二号。口の悪さが災いして、テツ、チエ、オバアの三人にどつかれまくっている。チエの校区とは隣の学校に通って(?)いる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%98%E3%82%83%E3%82%8A%E3%83%B3%E5%AD%90%E3%83%81%E3%82%A8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

じゃりン子チエ

17 ななしのよっしん
2015/07/11(土) 17:52:44 ID: 0rPEMl1ABz
末期はチエのパシリと化したマサルの凋落ぶりがすごい
18 ななしのよっしん
2015/11/06(金) 02:58:54 ID: g+AbOThlpn
「人に頭下げて働いて貰うなんて男のすることやない」というテツの働かない屁理屈は「働いたら負け」をえる究極の理由だろう(現に彼がを稼ぐやり方はバクチかヤクザオジイはんからのカツアゲで一切頭を下げない)。
凄いのは開き直りでもなんでもなく本気でそう考えている所。カルメラ兄弟ラーメン屋立ち上げてに働こうとしたときも「お前らは間違っている!」と本気で怒っていたし
19 ななしのよっしん
2015/11/27(金) 02:04:45 ID: GxInOKr+wx
dアニメストアで見始めた。
ファミコンで出てたけど、原作見た事かったな~て事で。
ゲーム原作知らなくても何か面かったな。
チエが親父を呼び捨てにしてるのが、ずっと気になってたが、親と思いたくない的な意味でだったのか。
おばあはんが、「どこの世界子供に食わせてもらう親がいる。」て言ってたけど、介護てものがありましてねw
テツはちょっと曲がってるけど、チエを愛してる事は愛してるんだよな。
DVかます親にべれば、そこだけは至極マシ
テツの生き方は、何かこう妙に男心をくすぐるな。
何か憧れに近いものを感じる。
何物にも縛られない自由気ままな生活。
大抵の人間はそんな度胸がくて、そんな生活出来ない。
20 ななしのよっしん
2016/02/21(日) 00:18:06 ID: 3qoRUhif3w
テツってホルモン焼く技術はしっかり持ってるのに、いざ
店の前に立つと客はとんと寄ってこない。皮なことに、テツが
博打に明け暮れてた時の方が、チエちゃんの店は流行ってた
ってのがなんだかなあ…
21 ななしのよっしん
2017/08/12(土) 20:22:53 ID: r0NeRajDaa
大人になって久しぶりにアニメ見直したけど…ヨシ江さんが色っぽ過ぎる
あれではテツがヨシ江さんの事好きになり過ぎて性格曲がるのも分かるわ
あとヒラメちゃんが良い子過ぎて涙出たりした

今からえるの大変そうだけど原作読みたいな
22 ななしのよっしん
2017/08/14(月) 23:55:20 ID: yRm84gO8PI
これこち亀コラボしたらどんな話になるんだろ?
23 ななしのよっしん
2017/08/21(月) 03:37:18 ID: j0o/tyXqSg
父親は博打狂いで子供が働いたり
子供器持って子供どつきまわしたり
チンピラからカツアゲしたり
お好み焼きに涙と鼻水入ったり
金玉取ったり
に噛みついて殺したり
参観日でよその子供と担任泣かせたり
今の規制だらけの時代考えるとほんとめちゃめちゃすぎなアニメだったけど、不思議と嫌な感じが全くしなかったな。
昔は再放送よくやってたけど、今は絶対理だな。
みーんなマサルのおかんみたいになっちゃったから。
24 ななしのよっしん
2018/04/22(日) 12:52:29 ID: r9B560d+dQ
リメイク、は監督いなくなっちゃったからまずないだろうけど、
あったらチエちゃんも現代アレンジされるんだろうか。
25 ななしのよっしん
2018/05/19(土) 23:54:37 ID: 3qoRUhif3w
チエの再放送良かったなあ、10話までなのが惜しい
アンケート結果で99.5、1だけで98.8とか好成績だったから
続きやってほしい
26 sage
2019/06/18(火) 19:50:06 ID: YaA+dPHCU8
今なら言える……!某ケイブリスことケーちゃんのどもり方の元ネタは絶対テツ

急上昇ワード