たかやま(列車)単語

タカヤマ

たかやまとは名鉄国鉄JR東海JR西日本で運行していた列車名である。

概要

たかやま列車名は高山本線列車に使われていたが、大きく分けて「名鉄線直通時代」と「大阪駅発着時代」の二つに分けられる。

名鉄線直通時代のたかやまは、名古屋鉄道神宮前駅から新名古屋駅・新を経由して日本国有鉄道高山本線高山を結ぶ列車として1965年に登場したのだが、名鉄国鉄の直通運転は戦前以来約20年振りの事であった。ただし名鉄国鉄は隣接しているものの、同で方向転換をする必要があった。

車両は、名鉄たかやまに使用する専用の列車として気動車キハ8000系を製造している。急行用のキハ58系特急用のキハ80系を足して2で割ったような性であり、準急急行用の車両としては破格の設備であった。似たような破格の設備の車両として、東武線との競争がしかった東京日光間の準急日光に使用されていた157系がある。

当時の高山本線準急特急は運行されておらず急行名古屋高山金沢間の加越1往復のみ)だったので、たかやま準急列車として登場した。しかし半年後の1966年には国鉄の「100km以上の準急列車は全て急行列車に格上げ」という政策により急行列車に格上げとなっている。更に1970年には名鉄線からの直通列車的地を高山本線高山から富山地方鉄道立山駅へと延長したのと同時に急行たかやまから急行北アルプスに変更されたので、たかやまの名称は一旦消滅する事となった。

次にたかやまの名称が登場したのは従来のたかやま北アルプス称された翌年の1971年の事である。

大阪駅高山を結ぶ列車として急行たかやまは復活したのだが、それまでは急行くろゆりとして運行されていた。急行くろゆりはかつて飛騨地方の著名な山であった乗岳に由来する急行のりくらとして運行されていたものの、1968年名古屋駅高山本線内発着の特急ひだ急行のりくらに統一する事となったので大阪駅発着の急行くろゆり称されたが、植物が由来のクロユリだと地味だという事でたかやまの名称が再登板した訳である。

1971年に登場して以来、高山本線急行としては先輩格ののりくら1990年特急ひだに統合されても大した変化もく運行されていた急行たかやまであったが、1999年たかやま登場時以来の使用車両であったキハ58系が老朽化の為に、JR東海になってから製造されたキハ85系に置き換えられると同時に急行から特急に格上げされる事となったので、急行たかやま止されてしまった。

急行たかやま止で大阪駅を発着する急行が消滅している。また、それまで臨時でしか運行されていなかった大阪駅発着の特急ひだは、たかやま止で定期化がなされている。

廃止直前の運行形態

停車駅


























































下りたかやま
上りたかやま

編成図

大阪駅 飛騨古川駅
1号 2号 3号 4号
定席 グリーン車 自由席 自由席

列車名の由来

運行区間の高山本線(たかやまほんせん)から。

年表

名鉄線直通発着時代

1965年8月 名鉄神宮前~新沼・沼~国鉄高山本線高山間に準急たかやまが設定される。

1966年3月 準急たかやま急行たかやまに格上げされる。

1966年12月 運行区間を神宮前~飛騨古川間に延長。

1970年7月 運行区間を神宮前高山富山富山地方鉄道立山間に変更すると共に列車名も急行たかやまから急行北アルプスに変更される。

大阪駅発着時代

1971年10月 大阪岐阜高山間の臨時急行くろゆりが臨時急行たかやまに名称変更される。

1972年3月 急行たかやまは定期化される。

1978年10月 運行区間を大阪~飛騨古川間に延長。

1999年12月 急行たかやま大阪駅発着の特急ひだとして格上げされ止。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%82%84%E3%81%BE%28%E5%88%97%E8%BB%8A%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

たかやま(列車)

1 ななしのよっしん
2015/06/28(日) 09:47:20 ID: ddmXxVTv4z
>>sm5408393exit_nicovideo