たんけんぼくのまち単語

タンケンボクノマチ

たんけんぼくのまちとは、1984年1992年NHK教育テレビで放送されていた小学校3年生向けの社会科教育番組である。

概要

主人公青年チョーさん」が居候先の商店で働きながら様々な地域社会の仕組みを学び、番組最後に1枚の地図にしてまとめるという番組。

チョーさんを演じていたのは、現在では声優を中心として活動している長島雄一。元々あだ名として呼ばれていた「チョーさん」がこの番組で広く親しまれるようになり、現在ではそのまま芸名も「チョー」に名してしまった。
また、声優として未だに現役のチョーさんだが、一時期チョーさん死亡説」が流布されたことでも知られる。
最近ではチョー自身がチョーさんは生きてるよ!」自虐ネタとしてつかみのギャグに使うことがある。

番組のテーマソングは当初、坂本九が歌っていたのだが1985年日本航空123便墜落事故に遭い帰らぬ人となった為、それ以降はチョーさんが歌うバージョンに変更され番組終了まで使われた。

 

2009年NHK教育テレビ開局50周年記念番組の1つとして復活し、第1シーズン居候していた長野県諏訪市の商店のご人と女将さんに会いに行くという話が製作された。 

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%91%E3%82%93%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

たんけんぼくのまち

1 ななしのよっしん
2014/02/09(日) 00:29:36 ID: ZaAEeP8tyv
結局死亡説流したのはなんだよ
2 ななしのよっしん
2016/03/29(火) 18:31:28 ID: rTAZIrUqQF
うちの小学校の近くの八屋さんもロケ先だったけど、格闘技場に変わっていた。