という単語

タイヘンモーシャケゴゼマセンデスタトイウ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

というというのは、連の一つである。

概要

辞書によれば用法がいくつかあるということである。

  • AというBというケース
    • ~と呼ばれている。 例:変態という名の紳士。 変態と呼ばれている紳士
    • を強調する。 例:認めたくないものだな・・・自分自身の若さゆえの過ちというものを。 過ちを強調している。
    • 数量についてその数に達していることを示す。 例:1000という再生数
  • AというAというケース

もちろん、「という」が格助詞の「」と、動詞の「いう」の終止形または連体形の二つの単から成り立っているという場合もある。

・・・というと難しく感じるかも知れないが、何気なく々が日常的に使ってる単である。
・・・というわけでこれにて解説を終了させていただきます。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
この記事は自動でリンクされないように設定されています!
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

という

1 ななしのよっしん
2012/09/13(木) 20:41:08 ID: yMTfO2qdq4
自動リンクオフになっているが

ななしのよっしんというヤツが
掲示板で問題提起するということによって
もしかしたら自動リンクありという
結末を迎えるかもしれないということ

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

ぐらんぶる 手塚国光 米津玄師 山鳥毛(刀剣乱舞) 山本美月 hyde 瀬戸康史 事故物件