編集  

どろろ単語

ドロロ

どろろ』とは、手塚治虫漫画作品、およびそれをもとにした作品群である。

2019年1月に放送開始のテレビアニメどろろ」はどろろ(2019年版)」を参照。

概要

身体のあらゆる部位を失った少年鬼丸、やんちゃな子供どろろと共に身体を取り戻すため妖怪を退治する冒険物、時代物漫画
製作当時は水木しげるによる妖怪ブームが色濃く、対抗するために連載したと講談社漫画全集のあとがきに書いている。しかし、ただの妖怪漫画ではなくて、「手、、足、など体の48箇所を妖怪に奪われ、48匹の妖怪を倒す。妖怪を倒せば体の部分が復活する」という新な設定に仕立てあげた。

だが残念なことに、この設定は当時の子供にとって異質であり、一種の執念を抱えたやや重い内容は時代背景的にあまり受け入れられることはなかった。
当時は劇画ブームでもあり、手塚の作品もそれほど良い評価を受けなかった模様である。
元々『週刊少年サンデー』で掲載されていたが打ち切り、『冒険王』で連載を再開するもやはりやや打ち切りめいた形で終了した。48体の妖怪を倒すことが要な的のひとつだが、結局全ての妖怪を倒すことのないまま物語は終わっている。

しかし、奇抜な設定や感情の描写を評価するファンは当時からいたようで、その後は手塚治虫自身と共に再評価が進んだ。現在手塚作品の中でも人気が高い。時代がどろろに追いついたという感じかも知れない。
連載時に放映されていたアニメ版のほか、近年になって多数の関連作品が製作されている。
関連作の中には、全ての妖怪を倒すところまで物語を補してきちんと完結させたものも見られる。

ニコニコ動画ではアニメ版のほか、セガからPlayStation2で発売されたゲーム版の動画が多数投稿されている。
どちらも良作の誉れ高い作品であり、原作を読んだファンからの評価も良好。
妻夫木聡演の映画版もあるが、まさに妖怪のような出来であった原作ファンからの評価は悪い。(しかし、柴咲コウの演技は必見)

登場人物

どろろ
鈴木子(パイロット版アニメ)、松島みのり(1969年アニメ)、大谷育江ゲーム)、鈴木央(2019年アニメ
演:柴咲コウ映画)、橋本くるみ映画・幼少期)、北原里英2019年舞台
主人公の一人。ほうぼうでコソ泥生活を送っていたちみっこい子供。 盗みがバレて村の大人に殺されそうになっていたところを鬼丸に助けられる。 「鬼丸の腕にくっついているがほしい」と名に同行することになり、その後は機敏さや機転を活かして鬼丸助けている。 子供らしく調子のいい性格のどろろはどこか微笑ましく、なんだかんだで鬼丸とはいいコンビ手塚によると一応主人公なのだが鬼丸の方が立っているため「どうして題名を鬼丸にしないのか」というハガキがいっぱい来たらしい。そのためアニメ版では途中から「どろろ鬼丸」という題名に変更された。
鬼丸
野沢那智パイロット版1969年アニメ)、杉田智和ゲーム)、鈴木拡樹2019年アニメ
演:妻夫木聡映画)、鈴木太郎映画・幼少期)、鈴木拡樹2019年舞台
もう一人の主人公。手足・鼻・口・など、全身のあらゆる機を失った少年
元は武将・醍醐子供だったのだが、醍醐48体の魔神と交わした天下統一契約の生け贄にげられてしまう。魔神に1つずつ身体の一部分を取られた結果、身体の起伏やのない奇形児の姿で生まれてきた鬼丸醍醐は妻にへ流させる。
しかし偶然寿という医師に拾われて父親代わりに育てられ、寿具のお陰もあってなんとか人並みの生活が送れるようになった。当初は帯やもなかったため、人との会話は超能力で行っていた。
その出生もあって妖怪につきまとわれるようになり、迷惑をかけまいと寿のもとから立つ。
ある時48体の魔物を倒せば1体ごとに身体が戻ることを知り、を覚えて魔物たちに立ち向かう。

アニメ版

パイロット版

1968年制作されたパイロットフィルム、その後のテレビ版と違うカラー制作されていた。

1969年版

原作漫画は途中で打ち切りになったが、アニメ版では続きの48体全ての妖怪を倒すまでが描かれた。
最後の妖怪鬼丸父親である「醍醐」。
鬼丸が元の人間になるためには父親を殺さないといけない。はたして鬼丸は人間になれたのか・・・

2019年版

2018年3月に、フジテレビ深夜アニメノイタミナ」で編集長だった山本幸治が立ち上げた企画会社「ツインエンジン」が、新たに仕掛けるテレビアニメ5作品のうちの1つとして発表された。アニメーション制作MAPPA手塚プロダクション2019年1月から放送。

役である鬼丸声優鈴木拡樹が担当。鈴木拡樹2019年3月演の舞台版でも鬼丸を演じる。

どろろ(2019年版)」を参照。

ゲーム版

1989年に「どろろ -地獄絵巻の章-」のタイトルPCゲームが発売、ジャンルアドベンチャー

2004年に「どろろ」のタイトルPS2ソフトとして発売、ジャンルアクションアドベンチャー

舞台版

2004年に劇団座により「新浄瑠璃 鬼丸」のタイトル舞台化した。2009年に再演になった。

2018年11月に「どろろ」のタイトル舞台化決定、2019年3月演予定。

同じ2019年3月にて、劇団ひとみ座による人形劇どろろ」が演予定

映画版

2007年に「どろろ」のタイトルで上映され、大ヒットで続編製作決定と告されたが、実現しなかった。

2012年ハリウッド映画企画進行中の報道があったが、現在まで七年近く間に続報はなかった。

小説版

1969年先によりノベライズ。2007年映画上映に伴い復刻した。

2001年鳥海尽三によりノベライズ、全3巻。

2006年映画版脚本担当のNAKAMURAによる映画版のノベライズが上下巻同時刊行された

リメイク版

大輔による漫画どろろ」は、「ヤングチャンピオン」にて2007年12号から2009年5号まで連載された、単行本全4巻。リメイクと言うよりオリジナルの続編、主人公現代へ転生した鬼丸

智志による漫画どろろ鬼丸伝」は、「チャンピオンRED2018年12号にて連載開始。

関連動画

関連チャンネル

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%A9%E3%82%8D%E3%82%8D
ページ番号: 5085914 リビジョン番号: 2658775
読み:ドロロ
初版作成日: 13/05/12 23:10 ◆ 最終更新日: 19/01/12 19:38
編集内容についての説明/コメント: 派生作品を一応まとめした
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

どろろについて語るスレ

119 : ななしのよっしん :2019/02/10(日) 19:29:09 ID: YjFfCV0KSF
鬼丸、ようやっとが出たけれど…ひでぇやんな
120 : ななしのよっしん :2019/02/12(火) 01:08:25 ID: 0nUwdg0854
名演技だと思うが
121 : ななしのよっしん :2019/02/12(火) 08:34:50 ID: FTxNszcy2v
取り戻しても悲痛に叫ぶような現状がひどいって話じゃないの
122 : ななしのよっしん :2019/02/12(火) 09:20:14 ID: PrG1zdD2Rn
どろろ(2019年版)の記事で鬼丸メインキャラや民衆たちに救いがあるよう望んでる人たちは、加賀一向一が何年続いたか知ったら絶望するだろうなぁ。
時の人間はどんなに長生きしても60年そこらが精一杯だろうし。
123 : ななしのよっしん :2019/02/12(火) 09:38:50 ID: 8m81ad9iOC
原作未読だが実写版好き。
2019年アニメも好きよ。心が辛いけど。
124 : ななしのよっしん :2019/02/12(火) 20:22:44 ID: hArq8QRMfm
実写版は当時の邦画としても結構ヒットしたし続編の構想もあったんだけどなあ。製作費がかかりすぎたのと交際していた演2人の仲が開後に破局してしまったのが原因らしいが
125 : ななしのよっしん :2019/02/16(土) 03:18:27 ID: CqdiaBIYre
そういやようやく会話ができるようになるのかな
126 : ななしのよっしん :2019/02/20(水) 12:47:28 ID: xILslgv0t9
>>122
メインキャラたちや井の人々が苦しくても前向きに生きていくならば、
平和になってめでたしめでたし、じゃなくても救いのある締めになるし、
加賀一向一が終わった後にシグルイ染みた武社会爆誕して、
やはり民衆は差別と搾取で苦しむのだとなれば悲惨な終わりになる

の世も土三に描かせれば階級制度のが極まった時代だし、
先生こと山口由に描かせれば死狂ったりテヘペロでやんすになる
いずれにせよ、その辺りは描き方次第でどうとでもなる部分だと思うよ
127 : ななしのよっしん :2019/02/20(水) 23:07:01 ID: 3Ed39iEQWM
もう舞台化すんの? くない?
いや確かに舞台映えする作品ではあるけれど、3月20日開って、いくらなんでも急すぎない?
128 : ななしのよっしん :2019/02/21(木) 20:55:41 ID: kZoy6PZOUY
>>127
多分アニメの話と舞台の話同時期に決まったんじゃね?
最近は舞台アニメの連動多いし。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス