どろろ(2019年版)単語

ドロロ

どろろ(2019年版)とは、手塚治虫漫画どろろ」を原作としたTVアニメである。

原作漫画1969年に放送されたテレビアニメについて「どろろ」の記事を参照。

概要

2018年3月に、フジテレビ深夜アニメノイタミナ」で編集長だった山本幸治が立ち上げた企画会社「ツインエンジン」が、新たに仕掛けるテレビアニメ5作品のうちの1つとして発表された。アニメーション制作MAPPA手塚プロダクション2019年1月から放送。

役である鬼丸声優鈴木拡樹が担当。鈴木拡樹2019年3月演の舞台版でも鬼丸を演じる。

原作では鬼丸48体の魔物に身体の48箇所を奪われていたが、本作では体を奪ったのは12体のへと変更されている。その他にも鬼丸関連の設定は大きくアレンジされている。

原作においても本作においても、鬼丸は「も失っているために見えていないし聴こえていない」という点は同じ。だが原作ではテレパシーによって周囲で何が起きていて相手が何をしゃべっているのか明確に理解し、また口を動かしながらそのを使うことで冗舌に「しゃべって」いた(腹話術の教本も持っていたよう)。そのため原作鬼丸は動作や会話に全く問題がなく、他者から「見えていない、聴こえていない、喋れていない」と見破られることもまずなかったし、さらに表情も豊かだった。

一方本作では、「動植物や化け物の魂の色だけは『見る』ことができる」というを持ってはいるが、それ以外のものは見えていない。また、相手の伝えたいことを把握はしているようではあるが「聴こえない」「喋れない」ことが明確に描写されており、他者との意思疎通もほとんど行わない(を出さないため、序盤の話では声優クレジットに名前が載らない程)。また皮膚のない顔の代わりにお面を見に付けて育ってきたためか、第一話で顔の皮膚を取り戻して以後も無表情でいることが多い。

こういった設定変更のために鬼丸の「奪われた者」としての遇が深刻さを増しており、作品全体の雰囲気もより重いものとなっている。

あらすじ

時は戦国
醍醐であるは、ある寺のお堂で十二体の像に領土の繁栄を願い出た。
それと引き換えに生まれたの世継ぎは身体のあちこちが欠けており、
忌み子としてそのままに流され、捨てられてしまう。
時は流れ、との約定を果たし、には安が訪れた。
そんなある日〝どろろ〟という幼い盗賊は、ある男に出会う。

それは、か人か

両腕にを仕込む全身作り物の男〝鬼丸〟は、
その見えない瞳で襲い来る化け物を見据えていた。

アニメ公式サイトあらすじexitより

登場人物

鬼丸 - (CV:鈴木拡樹)
どろろ - (CV:鈴木央)
醍醐 - (CV:内田直哉)
多宝丸 - (CV:千葉翔也)
寿 - (CV:大塚明夫)
縫の方 - (CV:中村千絵)
丸 - (CV:佐々木)

放送情報

放送情報

放送局 放送日 曜日 時間 備考
TOKYO MX 2019年1月7日 月曜 22:00
BS11 24:30
時代劇専門チャンネル 2019年1月11日 金曜 26:00 1969年版とダブルス放送

配信情報

配信サイト 配信日 曜日 時間 備考
Amazonプライム・ビデオ 2019年1月6日 日曜 24:00頃 日本海外独占配信

スタッフ・キャスト

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%A9%E3%82%8D%E3%82%8D%282019%E5%B9%B4%E7%89%88%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

どろろ(2019年版)

549 ななしのよっしん
2019/04/23(火) 20:14:08 ID: uL7gN+RvYR
作画酷い酷い言うから覚悟して見たおかげか癖つえーなとは思ったけどそんな気にならなかったわ(を尾ける鬼丸と最後のの動きは「あれ?」ってなったけど)
話の方も悪くはなかったけど尺が足りてない感じがしたな肝心のバトルがえらい短かったし
何よりマイマイオンバの人間形態の出番が前回のラスト数分だけってのはどうかと思いますよOPでバトル漫画のまだ見ぬ強敵にデカデカと登場しておいてよ!キャラデザめっちゃ好みだったのに!
550 ななしのよっしん
2019/04/23(火) 20:18:47 ID: puWvtM5L4Z
>>545
を蹴り飛ばしたのは、醍醐や多宝丸に重ねて感情が昂ぶってたからしょうがないし、精的には鬼丸も小さな子供みたいなものだよ。
他人との付き合い方を学び始めた矢先に、ばんもんのあの出来事が起こったわけだし。
鬼丸どろろに甘えてた部分があったとすれば、どろろがいつも一緒にいる事に対してで、それ以外に関しては(13話以外)あまり甘えてるって印ないんだけどな。
理不尽に対して怒って苛立つのは当たり前なのに、による繁栄と衰退の件が邪魔をして、その気持ちを受け止めてくれる人がもいないのは辛いよ。
鬼丸の苛立ちを理解して受け止めてくれる人がいたら、ああまで頑なになることもなくなるんじゃないかな。
鬼丸めてるもの(心情への理解)と、どろろめてるもの(問題の共有)が決定的にズレてるのが原因であって、どっちが悪いとかじゃないと思うんだ。
551 ななしのよっしん
2019/04/23(火) 20:59:23 ID: 2wAsaiB9s+
ぶっちゃけどろろの問題提起も正直なぁ……

鬼丸を倒して村が土砂崩れで全滅した!とかならともかく
劇中の描写じゃどろろ達が来たせいというより、子供が勝手に村を襲って自滅したようにしか見えない
生け贄にされかけて、更に寺の子供が生け贄にされたのを見たばかりなのにこんなのおかしいとか言うのも……
次がサメ回だから原作に合わせて引き離したいってのもあるんだろうけど

それはそうと地図の結末は原作だと肩透かしだったから何かしら上手く変えてくれるのを期待
552 ななしのよっしん
2019/04/24(水) 00:19:49 ID: /Tu0MxB24t
の備蓄が燃えちゃった所で「様」が「ェ!」に変わるのが・・・
妖怪頼みの平和や民からの信頼なんて、所詮は仮初めの物でしかいんだなって事と
そんな偽物穏であっても、一度地獄を見てしまったにとっちゃ何より大事な物だったって事と
鬼丸が今のままスレイヤーしまくってたら醍醐全体がこうなるって事と
三重の意味で重苦しい、救われない結末だったな
553 ななしのよっしん
2019/04/24(水) 00:21:33 ID: uL7gN+RvYR
いや、それはそれとして生贄をげた大人達だけならともかく何も知らないはずの罪も子供まで犠牲になるのを納得出来るかって言うと違う話だろ
554 ななしのよっしん
2019/04/24(水) 00:35:18 ID: /Tu0MxB24t
ところでイタチは「どろろじゃない方」の地図をどうやって知ったんだろ
555 ななしのよっしん
2019/04/24(水) 12:20:01 ID: etoKin+04B
自分がやった事とはいえ、寺に弔いを欠かさず行っていたと、加担しておきながら悪びれない里の者だと里の者の方が悪質に感じたな。
556 ななしのよっしん
2019/04/24(水) 14:35:26 ID: ybhwTtva7w
いやー場面の繋がりが結構雑だったし、絵柄が浮きすぎだったのは間違いないべや
このアニメはここまであまり強デフォルメ効かせるようなことしてなかった上にやたら丁寧すぎるくらいそこに至るまでの工程を描写してたから余計気になった
せめて鬼丸が山登るところでもっと枚数描いてたら今回はこういうものなんだと納得してたんだが
暗転多いし背後の火事に気付かないどろろとか演出も妙だった
557 ななしのよっしん
2019/04/24(水) 23:59:49 ID: 4Z8WZByB4V
確かに今回はちょい荒かったね。原作も盛りだくさんなとこ端折って詰め込んだから仕方ないっちゃ仕方ないけど、今回は醍醐の末路を示した最終回に向けての分岐点ともとらえられるので、次回のサメに期待しよう。ところで不知火君はたぶんゾンビナチスも好きそうだよね。
558 ななしのよっしん
2019/04/25(木) 07:13:39 ID: woRy/aFH53
悲劇で終わることの多い話の中ではマイマイオンバの回は較的救いのある回だったんだがアニメでこういう結末になるとはなあ。
の統治する村人たちがいろいろ問題あるのは、原作からして村を救った鬼丸妖怪扱いし「さっさと出ていかないと叩き出す」という人々なんで割とオリジナル通りだったりする

急上昇ワード