なぎさパーク単語

ナギサパーク

なぎさパークとは、山口県周防大島町公園である。

陸奥記念公園といった紹介も散見される。

概要

周防大島町の東端、1943年に爆発事故で爆沈した戦艦陸奥の沈没地点から約3kmといった位置関係にある公園で、陸奥から引き揚げられた多くの遺物・遺品を収蔵した「陸奥記念館」、「なぎさ水族館」、「陸奥キャンプ場」、「陸奥浴場」の施設で構成されている。

陸奥記念館

陸奥の沈没地点は深は較的浅かったものの潮流が速く視界が悪いという環境で、紆余曲折を経て1970年から1978年深田サルベージ導で船体の75%が引き揚げられた。なお一回の潜で作業に取れる時間は20分ほどだったと伝わっている。

記念館入り口付近には陸奥艦首錨と鎖、徒歩数分程度の小高い丘からは沈没地点が眺められ、副の14cm単装が2門と艦首の一部(菊の御紋が据えつけられていた付近が切り出されている)、スクリューが野外展示されており、慰霊碑も設置されている。

入館料は大人¥430 小・中学生210。なぎさ水族館との共通券だと大人580 小・中学生¥260。※小学生未満は無料

記念館内の構成は以下の通り。

なぎさ水族館

面積400という小さな水族館だが、近場の漁師が捕まえてきた生き物を直に触ることのできる「タッチングプール」が高評価を得ている。タッチできるのはヒトデナマコタコヤドカリ、様々なからサメエイまでと幅広い。

周防大島町合いに世界最大の群生地があることで知られる「ニホンアワサンゴ」も常設展示されている。

入館料は大人210 小・中学生100。陸奥記念館との共通券だと大人580 小・中学生¥260。※小学生未満は無料

陸奥キャンプ場

穏やかな瀬戸内を眺めながらキャンプできるという良好なロケーションが売りのキャンプ場。キャンプだけでなく、BBQ釣りでの日帰りの利用も。

炊事棟、1回¥100コインシャワー(11月3月までは利用不可)、トイレ(開館時間中なら陸奥記念館のトイレも使用可)が設置されている。

場内には退役となった飛行艇新明和PS-1が静態保存展示されている他、場内の柵には陸奥があしらわれている。

使用料は一人一泊¥360(+駐車場二日分)。

アクセス

関連動画

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%AA%E3%81%8E%E3%81%95%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

なぎさパーク

1 ななしのよっしん
2019/02/15(金) 17:09:08 ID: HGWgzN/vxS
各施設はこちらへリダレクトした方がいいですね