のぼうの城単語

ノボウノシロ

のぼうの城とは、和田による歴史小説石田三成による忍城攻めを描く。また、その映画版。

あらすじ

豊臣秀吉天下統一前に迫った戦国時代末期秀吉に抵抗していた小田原の北条氏配下にあった成田氏の治める忍城下で、当従兄弟成田長親は「でくのぼう」を略して「のぼう様」と呼ばれ領民に親しまれていた。

そんな忍城のもとに、石田三成率いる豊臣軍2万強の兵が迫る。領民を加えても僅か数千の兵しかない忍城におよそ勝ちはなく、小田原城に向かった当・氏長からは豊臣軍への内通が命じられていた。が、豊臣軍の使者・長束正家礼な振る舞いに、急遽総大将となった長親は籠戦を決断する。

士気の高い成田軍に、豊臣軍は思わぬ苦戦を強いられる。石田三成は、かつて見て憧れた備中高松の戦いのように攻めで忍城を落とそうと決めるが、それに対して長親が選んだ奇策とは――。

概要

2007年小学館から刊行。2010年小学館文庫から上下巻で文庫版が出ている。文庫版の装画はオノ・ナツメ

もともとは『ぶの』というタイトルで、2003年城戸賞を受賞した脚本。これを映画化を前提に作者和田が自ら小説化したものである。和田にとっては小説デビュー作。作品の内容は基本的に史実に基づいている。

第6回本屋大賞2位、第139直木賞ノミネートなど高い評価を集め、ベストセラーとなった。

美味しんぼ』のアキラによる漫画版も存在する。なんでアキラ また、甲斐姫役にした木えりん作画スピンオフ『涙切~のぼうの城 甲斐姫外伝~』も出ている。

映画版は童一心と樋口嗣のダブル監督野村萬斎演。配給は東宝2012年11月2日開され、2週連続週末観客動員1位になるなどヒット作となった。当初は2011年開される予定だったが、攻めのシーン東日本大震災津波を想起させるため、開が丸1年延期になり、攻めのシーンにも修正が入ることになった。

主な登場人物(カッコ内は映画版のキャスト)

成田家・忍城領民

豊臣軍

関連動画

関連商品

原作・漫画版

映画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%81%86%E3%81%AE%E5%9F%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

のぼうの城

5 ななしのよっしん
2014/05/27(火) 23:33:05 ID: cxDXAUs9qB
>>4
攻めはあれマジの大セット組んで作ってた気がするが
6 ななしのよっしん
2014/07/26(土) 14:51:48 ID: mjVes5ltwW
上地石田三成がどうにも残念だった。最後のセリフはもっと威厳のある感じで言ってくれれば嬉しかったんだけどなw
7 ななしのよっしん
2014/11/20(木) 23:49:13 ID: lmAvcDn7iO
ひょろろwwwひょろろwwwクソワロタwww

三成は史実でも残念キャラなので別に気になんないなぁ。
8 ななしのよっしん
2016/03/06(日) 13:06:34 ID: h8nhz0Wjfx
田楽踊りの意味
防破壊作戦の内容
②寝返った領民に再度協を依頼
領民を殺した敵軍への復讐の意志
④三成への挑発→作戦実行の引き金
⑤余を見せて戦場の敵・味方の兵への鼓舞
⑥戦中ずっと空気だったのでせめてできることで少しでもアピール

豊臣軍にめされたけどこっちも負けずにやり返すぞ、合点か?
敵軍に味方していても、自分は領民愛している、お前たちもそうだろう?
投降した領民を殺し、赤子まで命を奪ったことを絶対に許しはしない
三成よ、大将の前にいるぞ、それ撃ってみろ、それそれ
歌詞の意味ってこんな感じかね?
9 ななしのよっしん
2017/01/23(月) 15:45:22 ID: pIJ91By06J
なお実際の三成は責めに終始反対だった模様
責めしろってゴリ押し命じたのは秀吉
10 ななしのよっしん
2017/07/31(月) 08:21:04 ID: xYGv5KD14X
>>9
そもそもあんな長大なをそこまでのあるわけでもない三成が独断で作れるわけないからねえ
11 ななしのよっしん
2018/02/17(土) 13:25:40 ID: I5h3vDfQ4V
上巻の表ののぼう様の横顔イラスト斎氏に似ているのは作者映画化されるなら野村萬斎に演じて欲しいと思ったからだとか。
12 ななしのよっしん
2018/02/17(土) 13:44:19 ID: aelbygpFJX
>>9
それは良く言われるけど、秀吉は稀代の攻めの名手だからな
攻めで勝てる算がければ、そんなこと言う理由もいのでは?
三成の攻めを見たら「違う、そうじゃない」って思ってそう
13 ななしのよっしん
2018/02/25(日) 11:59:36 ID: yiYwWV8Kz4
秀吉が稀代の攻め名手というのは司馬小説イメージだからなあ
それはともかく、攻めは紀州征伐の時からプロパガンダ矢も使わずに勝った」の材料として行われるようになった
忍城攻めについては、困っていた三成を助けるために秀吉応援に送った浅野長政(妻の兄弟)が、攻めの手伝いどころか攻めして敵兵の首獲ったのだが(攻めのやり方変えるべきという進言に等しい)、
秀吉攻めのゴリ押しめなかった

実際に攻めでを落せるかどうかはもう気にしてなかったのかもね
宣伝材料作れればそれでよいって感じで
漫画センゴクで「下人事を見てはいない」という三成の台詞があるけど、まさにそんな感じだったのかも
天下統一前の時期に三成、大谷、長束の奉行組に武功立てさせても意味ないし
14 ななしのよっしん
2018/02/25(日) 12:13:09 ID: LheYqYW8oW
天下統一前の時期だからこそ武功が必要じゃろ
外に敵がいなくなったら内の争いが始まるのは必然

そしてそのまま駄に兵を死なせくないからという選択になる