のらくろ単語

ノラクロ

のらくろとは、田河泡により昭和6年(1931年)より大日本講談社)の雑誌「少年楽部」に連載された漫画、それを基にしたアニメである。

概要

少年楽部の編集長が、小説家佐藤から「少年雑誌に漫画を載せてはどうか。誌面がやかになる」というアドバイスを受けたことから始まった。

に、主人公である「のらくろ」の軍隊生活を描いた作品。のらくろはドジなところもあるが、折に触れては機転を利かせて面躍如の活躍をみせる。それに伴ってのらくろは「二等卒(二等兵)」から「一等卒(一等兵)」「上等兵」「伍長」「軍曹」「曹長」と順調に昇進していき、ついには士官学校を経て尉官となるサクセスストーリー。除隊後には職を転々としつつ苦労するが、最終的には人と結婚して仲良く喫茶店を開業するというハッピーエンドとなる。

長い間連載されていたが、昭和16年(1941年)に内務から「この時世に漫画など言う物を雑誌に載せるな」と言う通達があり連載を打ち切った。一部の説で「皇軍にするとはけしからん」と言われたと言うのがあるがこれに関しては明確な情報く、前説が有。また、のらくろの書籍に掲載された年表「のらくろ履歴書」では連載中止理由について「印刷用統制」のためと記載されている。

戦後、雑誌「丸」、作者本人が編集した「漫画トランク」という雑誌に掲載された。

また短い期間ではあるが「中部日本新聞」に連載されたこともある。これはタイトルは「のらくろ」だが主人公はのらくろの息子で、掲載誌の影で「ドラゴンズファン」と言う設定が加わっていたりする。

田河泡氏以外では作者本人から執筆権を継承された山根青鬼山根赤鬼永田丸通称「のらくろトリオ」も執筆している。

書籍情報

単行本書籍としては、「のらくろ上等兵」「のらくろ伍長」「のらくろ軍曹」「のらくろ曹長」「のらくろ小隊」「のらくろ少尉」「のらくろ総攻撃」「のらくろ決死隊長」「のらくろ武勇談」「のらくろ探検隊」の10冊が昭和7~15年(1932~40年)に大日本講談社から出版された。少年楽部に掲載されたバージョンを描きなおしたものや、単行本オリジナルエピソードなどから構成されている。

戦後昭和42年(1967年)には少年楽部掲載バージョンを一冊に全話収録した、約800ページ本「のらくろ漫画全集」が講談社から出版されている。

さらにその2年後の昭和44年(1969年)には、田川泡が綬褒章を受章したことを記念して同じく講談社から、上記単行本10冊のカラー復刻版が出版された。この全10冊もオークションサイトなどの場で「のらくろ漫画全集」と呼ばれることがあるが、上記の本と紛らわしいためどちらの事をしているのか注意が必要。昭和59年(1984年)には「のらくろ50周年記念フェア」と銘打ってこの単行本10冊が「のらくろカラー文庫」というハードカバー本として再復刻もされている。

昭和50年代には「のらくろ召集」「のらくろ中隊長」「のらくろ放浪記」「のらくろ捕物帳」「のらくろ喫茶店」の全5冊からなる「続のらくろ漫画全集」が出版。昭和3050年代にかけて潮書房の雑誌「丸」に掲載された話が収録されている。人社編・講談社刊となっており、人社は「丸」を出版している潮書房の関連会社である。

上記の他にも、1960年代に普通社やろまん書房から出されたペーパーバックのリバイバル本、昭和51年(1976年)に人社が出版したイラスト+文章からなる「のらくろ自叙伝」、多くの話数を縮刷して一冊にまとめた昭和63年(1988年)講談社による「のらくろ漫画大全」(名に反して全話収録ではない)、などが出版されている。

平成29年(2017年)現在時点で容易に新品で購入できるものは、上記の「続のらくろ漫画全集」のうち、のらくろの除隊後を描いた「のらくろ放浪記」「のらくろ捕物帳」「のらくろ喫茶店」の3冊を復刊ドットコムが平成24年(2012年)に復刊した版のみ(この記事の「関連商品」参照)。また平成29年(2017年)現在、「のらくろ」の電子書籍化はされていないようだ。

アニメ

戦前にもアニメ映画が複数作られていた。日本初の産長編アニメ桃太郎鷲」の監督である瀬尾世が制作したものもあり、これにはしっかりと「原作」として田河泡がクレジットされている。

しかしミッキーマウスと共演しているなど著作権的にヤバそうなものexitも存在していたようだ。これは「玩具映画」「玩具フィルム」などと呼ばれる庭用の簡易映写機で映すための短編映像ソフトの類で、冒頭に「ライオン活動機」と映写機自体の会社のクレジットがあるのみ。のらくろサイドディズニーサイドに許諾を受けていたかは不明。

有名なのは昭和45年(1970年)に放送されたテレビアニメ「のらくろ」ではいかと思われる。上記の昭和44年(1969年)の復刻本の評判が良かったことで、企画が動いたの事。

昭和62年(1987年)にも「のらくろクン」というアニメが放映されたが、こちらは舞台が放映当時の日本であり人間キャラクターも多数登場するなど原作と設定・作が大きく異なる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%AE%E3%82%89%E3%81%8F%E3%82%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

のらくろ

1 ななしのよっしん
2017/06/10(土) 02:41:06 ID: fjdUxTM3E0
のらくろくん好きだったなぁ…
小さすぎて内容何一つ覚えてないけど。
見てて好きだったことだけ記憶してる
2 ななしのよっしん
2017/10/24(火) 01:52:18 ID: 2onsRW2QN0
軍隊と戦争をユーモラスに描いた漫画をいつかちゃんと読んでみようと思っている。というか当時の実際だったんだよな… のらくろ兵卒が単純にかわいいというのもあるが


最近、八九式中戦車アニメーションに登場して注されたり、あらゆる意味で兵器をもっと見てやっていいのではないかと思う。
のらくろ中勤務者”(日本陸軍では航空機搭乗員をそう呼んだ、対義は地上勤務者)などと想した。
3 ななしのよっしん
2018/05/12(土) 23:53:11 ID: GA76PFiH1b
士官学校時代の話で怪獣)と戦う内容があって、戦闘手段が時代を感じさせる展開でなんか笑えた。
戦車で突撃→尻尾でぶっ飛ばされる
機関銃小銃→皮が厚くて効かない
大砲→受け止められて投げ返され(or避けられて接近され)大砲を壊される(版によって展開が異なる)
爆→効かない
火炎放射器で窒息させる→のらくろのドジで火が消える
ガスで眠らせる→怪獣より先にこっちが眠った
4 ななしのよっしん
2018/11/17(土) 18:58:09 ID: 2MWj63mb0n
昔に自宅に有ったのを、幼さゆえ特に感慨もしに読んだが
のために志願して自爆した戦友の墓の前でさめざめ泣く彼の姿は、
今も私の記憶に残っていて、むしろ今の方が心に重くのしかかっている
5 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 09:51:26 ID: RKZHqNQyFc
のらくろクンの主人公のらくろの孫だということを追記してください