はこだてライナー単語

ハコダテライナー

はこだてライナーとは、JR北海道が運行している函館本線列車電車)である。

概要

2016年3月26日に開業した北海道新幹線新函館北斗駅函館駅を連絡する的で運行されている列車である。所要時間は快速17分、普通20分になる(気動車による運行では25分程度)。
全ての新幹線列車(定期列車は13往復)に接続し、16往復が運行される(うち6.5往復が快速)。
新函館北斗駅函館駅の間が17.9km(営業キロ)も離れていることから、北海道新幹線から函館市へのアクセス向上を的として運行することになった。

期の外気温を考慮してか、全ドア扱いは半自動扱いとなっている[1]
また、自動放送については北海道新幹線からの接続列車であることを考慮して、自動札機や全席定席について詳細に触れたものとなっている(日本語英語)。

もともと渡島大野駅函館駅間は非電化区間であることから[2]、同区間を電化した上で、733系1000番台(3両編成)が使用される。この733系1000番台は増結可仕様となっており、多客期には6両編成で運行される[3]
また北海道新幹線開業時のダイヤ正では、JR北海道が保有する一般形気動車の老朽化もあって各地で普通列車の減便がなされたが、当区間においてはもともと函館駅 - 七飯駅で区間運行されていた気動車普通列車の大部分をはこだてライナーが置き換えており、大幅な減便は避けられている。

列車名である「はこだてライナー」は、2014年11月20日12月22日募が行われ、2015年2月12日に決定したもので、的地である「函館」と「ライナー」を掛けあわせたものである。

運行形態

停車駅

関連動画

関連項目

脚注

  1. *ただ、これは函館地区では今までなかった扱いであるため、開業初日はドア扱いを案内する係員が配属されていた。
  2. *正確には渡島大野駅五稜郭駅間が非電化区間で、五稜郭駅函館駅間は津軽海峡線開業時に電化済みである。
  3. *もともと増結する予定はかったのだが、北海道新幹線からの乗り継ぎ客が全員乗りきれるかを疑問視するが一部から挙がったため、増結をする方針に転換した経緯がある。ただし、733系1000番台は4本しか製造されないため、本数不足も摘されている。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%A0%E3%81%A6%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

はこだてライナー

1 ななしのよっしん
2016/01/29(金) 22:37:57 ID: 2g+Fy9gTPK
例の化け物気動車でも良かった気が…。
2 ななしのよっしん
2016/03/27(日) 21:27:32 ID: qOR5N8yuLn
>>1 たしかに非電化区間だしいいとは思うけど、燃料代はばかにならんし、1両4億円だから増産したらJR北海道潰れちゃうよ・・・
3 ななしのよっしん
2016/08/30(火) 15:25:10 ID: qOR5N8yuLn
S白鳥がSカムイに置き換わる方針になってるけど、未だに函館駅に数編成が放置状態。アレなんとか臨時用として使えないものか・・・
4 ななしのよっしん
2018/08/19(日) 01:33:25 ID: SJr6GOkHjx
導入当初に四方八方から誹謗され、未だにネット上で愚痴られている「ロングシートは悪!クロスシートこそ情!」というアホじゃないかと。
函館新函館北斗って東急田園都市線で言ったら渋谷あざみ野、小田急小田原線で言ったら新宿生田ぐらいの距離だぞ。その程度で「ロングだと快適性が低い」って、どんだけ軟弱なんだよと。
ロングだと情が」というのなら、乗った列車ロングシートだった程度でなくなるような薄っぺらい情しか持っていない連中の気持ちは分からんが。

急上昇ワード