はねバド!単語

ハネバド

はねバド!』とは、濱田漫画である。good!アフタヌーン2013年32号から連載している。

概要

2013年6月7日発売のgood!アフタヌーン32号にて連載開始した女子バドミントン漫画作者週刊少年ジャンプで連載経験のある濱田作者の前作「パジャマな彼女。」と同一の世界なので、「パジャマな彼女。」のキャラクターも本作に登場したりする。5話ではgood!アフタヌーンの表を飾った。

連載当初は全体的にのほほんとした雰囲気で、ギャグ要素の強い展開やキャラクター、前作から引き続くお色気シーンなどが立った。が、単行本4巻前後からは選手達の背景、コート上での駆け引きなどが濃厚に描写され、かなり本格的なスポーツ漫画と化している。

1巻毎、場合によっては1話毎に画が変化していく。上述のように展開が変化した以降はスポーツ漫画らしく濃い画作りであり、特に7巻前後は劇画調であったことが話題になりがちである。

あらすじ

神奈川県・北小町高校バドミントン部のOBである大学生立花健太郎は、膝の怪で選手生活を終えたことを期に同部のコーチとして赴任する。しかし、練習が厳しくなったことに嫌気が差したのか、女子部員の大半が退部してしまう。女子バドミントンの団体戦に出場することも危ぶまれる中、驚異的な身体を持つ1年生・羽崎綾乃邂逅。更に手のマメから彼女バドミントン経験者であることを見抜き、バドンミントン部へ勧誘するのだが・・・

「嫌です・・・」

登場人物

北小町高校(神奈川)

神奈川県のどこかにある高校。大会に際して用意されたユニフォームは上下が繋がったオールインワンで、当初はパツパツの描写だったが5巻くらいからはそうでもない。

羽咲綾乃(はねさき あやの) CV:大和田仁美
主人公1年生。木の上に引っかかったハンカチを取る際に見せた身体と、左手に出来たマメからバドミントン経験者であることを立花に看破され、バドミントン部に勧誘されるものの断固として拒否。同部のエースなぎさとの練習試合に勝てば入部しなくても良いという条件で試合をするが、うっかり右手ラケットを使ってしまい敗戦。更に強制的に連れて行かれた合宿先でのコニーとの出会いなど、諸々の成り行きで入部することに。
後に、全日本選手権10連覇を成し遂げた伝説的な女子選手・羽咲有千であることが判明。加えて、中学時代に後述する子との試合に敗戦した際、「天才である綾乃にとって甘えられる母親の存在は不要」という方針から祖に預けられていたことも明らかになる。この事から「自分が負けたせいでに捨てられた」と思い込み、に対して、引いてはバドミントンそのものに対して屈折した感情を抱くようになる。全日ジュニアではの旧姓であるを名乗って出場し、なぎさ膚なきまでに叩きのめしたものの、を待つことに飽きて大会途中で棄権し、バドミントンを辞めた。バドミントンから離れていた作品序盤こそのほほんとしていたが、競技に本格復帰した単行本4巻頃から負の感情が再燃し、一時期はストーリー上で悪役のような立ち回りだった。やがて、なぎさや健太郎といった人々と接していく内に、試合の勝ち負けの意味、バドミントンという競技そのものへのリスペクトなどを見つめ直していく。
母親譲りの素質の持ちで、体格を活かした敏捷さ、コート上での読みの強さ、巧みなラケットコントロールから繰り出されるカットスマッシュなどを併せ持つ。左利きではあるが、状況によっては右にも持ち替えてプレーができる程の器用さである。その反面、小柄ゆえのショットの弱さ、体面での不安を抱える。当初はが小さいという設定で吹き出しのセリフも小さかったが、いつの間にか普通になった。
好物は肉まん携帯の着信音はベートーヴェンの運命。
荒垣なぎさ(あらがき なぎさ) CV:島袋美由利
主人公。3年生。北小町エース将。女子離れした体格の持ちで、フィジカルで攻めていく攻撃神奈川県内では有名な選手。同時に胸も大きく、作品序盤ではお色気シーンが多かった。一方では繊細な性格で、全日ジュニア綾乃完封負けして以降スランプに陥っていた。当初は立花を口うるさい男としか思っていなかったが、スランプへの助言、怪を抱える膝のケアなどを通して深い信頼を寄せていく。は割と邸。旅客機パイロットにおらず、普段表にこそ出さないが本当は寂しいらしい。余談であるが、原作カラーだとの色がいまいち安定しない。
立花健太郎(たちばな けんたろう) CV:岡本信彦
あざみ野体育大学の3年生。北小町のOBであり、コーチとして赴任する。就活はしていない。自身も全的に注された選手であったが、膝の怪をきっかけに退いている。そのためか、膝に不安を抱えるなぎさのことを気遣っている。金髪金メダルであり、自分が怪で果たせなかった金メダルの夢をなぎさや綾乃に託そうという思いがある。
理子(いずみ りこ) CV:三村ゆうな
3年生。副将。一流の選手とは言えないが、相手を分析するにはるものがある。当初は、なぎさと他の部員の実差を懸念しており、彼女自身もなぎさ依存しているきらいがあった。立花導を受けていく内に、相手の弱点を分析して攻めるという自分のプレイスタイル確立していく。庭だが、1人のと3人のを抱えており“面倒見の良いお姉さん”でもある。
藤沢エレナ(ふじさわ エレナ) CV:小原好美
綾乃同級生幼馴染。面倒見の良い性格で、序盤のふわふわした綾乃には保護者のように接していた。綾乃バドミントン部に入部した当初はマネージャーを務めていたが、団体戦が始まる際に「少しでも貢献したい」と部員になった。中学ではバスケットボールをやっていた。
三浦のり子みうら のりこ) CV:岩橋由佳
綾乃同級生バドミントン部のマネージャーを務めることになる。眼鏡。連載開始前のカラー稿では金髪だった。
海老名えびな ゆう) CV:石川由依
明るい性格の2年生。とはダブルスを組む。なぎさ引退した後の将に名されている。
伊勢(いせはら そら) CV:松井恵理子
暗い性格の2年生。とはダブルスを組む。葉山とはフラグが立っていたが、特に進展の描写はなく、読者からも恐らく忘れられている。糸目
伊勢原学(いせはら がく) CV:山下誠一郎
3年生。の1つ上ので、数少ない男子部員。ど喋らない、と言うか登場しない。ただ、県予選個人ベスト4に入る実者である。
葉山(はやま ゆきてる) CV:沢城千春
2年生の男子部員。当初は天パだったのだが、いつの間にかアフロ気味になり、からは”まりもっこり”と呼ばれる。とはまんざらでもない。
太郎丸美也子(たろうまる みやこ) CV:小松未可子
小町高校バドミントン部の顧問。苗字を変えるために結婚したがっている独身31歳。担当科現国。「パジャマな彼女。」から友情出演したキャラクターで、眠りの学園から転任してきたという設定。バドミントンルールど知らない。部員が実績を残すと校長ボーナスをせびろうとするなど若干に汚い。

フレゼリシア女子短期大学付属高校(宮城)

の強校。当初、ユニフォームは片足だけハイレグという作中でも特に妙なデザインだった。インターハイからは、なんの前触れもなく北小町のものに近いデザインになった。

コニー・クリステンセン  CV:伊瀬茉莉也
デンマーク出身のプロ選手。バドミントン界のマリア・シャラポワになると評されている。元々孤児であったが、有千に育てられ才を開させる。彼女の実のである綾乃に会うために来日した。マイペースプライドが高いが、フレゼリシア入学後は仲間の大切さを学んだ。作中最強補。
志波姫唯華(しわひめ ゆいか) CV:茅野愛衣
3年生。フレゼリシアエース将。”高校三強”の一で、の選抜大会の覇者。一見するとマイペースで飄々としているが、練習となると熱い一面を見せ、部員を家族のように大切にする。身体は細身でフィジカルに恵まれている訳ではないが、他を圧倒する分析の持ちであり、コニーとも互に渡り合う。下着
多賀ヒナ(たがじょう ヒナ) CV:小田切優衣
2年生。自称山育ちで身体が高い。コニーとの練習試合ではボロ負けするが、コニーからは「まあまあやる」と評価されている。余りに肌が黒いのからは地肌ではないかと摘されたが本人く日焼け。
雄勝冴子(おがつ さえこ) CV:福田芽衣
3年生。背の高い短。口調もやや男っぽい。実なぎさと拮抗するものがある。
美里さき(みさと さき) CV:矢野優美
3年生。ポニーテールの副将。とは幼馴染
白石スズしらいスズ) CV:武田羅梨沙多胡
3年生。背の小さい片スズダブルスを組んでいる。
矢本千(やもと ちかげ) CV:阿部里果
3年生。長。作中で一番胸が大きい設定だが、全くといっていいほど登場しない。
理壮一郎(わたり  そういちろう) CV:岩崎ひろし
監督長身ビール腹でかなり迫がある。作者が存在を忘れていたのか、2巻以降登場がなかった。12巻で再登場した際にはに「いたんですか」と突っ込まれる。

港南高校(神奈川)

高校だが、制服ユニフォームフリルがつく手なデザイン

子(せりがや かおるこ) CV:下田麻美
1年生。ですわますわ口調で話す。頭にばかでかいリボンを付けている。プライド異常に高く、中学の頃に同じクラブチームだった綾乃ボロ負けしたこと(一応、綾乃からは「強い」と評されている)をきっかけに、強ライバル心を抱くようになり、綾乃を倒すことを一番の標として練習を積んできた。県大会で風邪をひき、対戦相手の綾乃を監禁し風邪をうつして(本人く「対等の条件にするため」)勝利をつかむ執念深さを見せる。その直後に綾乃から離されたので、綾乃にとっては因縁の相手でもあり、当初”去り際香る子”と呼ばれていた。が、後に綾乃んだ部分を一番理解する存在になっていく。序盤の頃は立花に惚れている設定があったが、どこかに行ってしまった。ちなみに4巻以降綾乃がずっとつけているリボンは、「私に負けた時の涙を拭くため」に子が渡したもの。皮交じりで渡したのだが、用されていることに困惑している。体格をいかした強打が体の選手であるが、最も得意なのは相手の裏をかく知性的なプレイ
下ミキ(ささした みき) CV:宮本佳那子
子の友人でありダブルスのペア。落ち着きがない性格でよく動く。彼女の良き理解者でもある。子とは対照的に小柄な選手だが、ダブルスで子と共にインターハイへ出場するなど実がある。

逗子総合高校(神奈川)

神奈川県内最高峰の強校。

石澤望(いしざわ のぞみ) CV:庭有紗
3年生。逗子総合のエースなぎさや詰英美と並んで県内では有名な選手。ラケットコントロールが巧みで、明確な意図を持ったプレイスタイルを理想とする。その反面、監督からは底した厳しい導を受けており、やや管理されすぎている傾向がある。なぎさとはやたら気恥ずかしそうに話す。だんだんかんざしが巨大化する。
倉石(くらいし) CV:遊佐浩二
逗子総合の監督データに基づいたバドミントン底しており、自称「神奈川で一番厳しい監督」。なぎさを「近い将来膝を壊す」と評し、決まりかけていた特待を取り消しにするなど因縁がある。

横浜翔英高校(神奈川)

詰英美(はしづめ えみ)
3年生。横浜英のエース。県内ではなぎさや望に並ぶ選手とされている。東京からの越入学である。メンタルに大きな不安を抱えており、過去の大会では望に敗戦。加えて、対戦こそしなかったがなぎさの強スマッシュの当たりにしたこと等をきっかけに、他の実者への恐れを抱くようになる。日々の練習にも本気で打ち込むことができず、罪悪感と共に県大会へ挑むことになる。5巻でも一コマだけ登場しているが、まだデザインが決まっていなかったのか黒髪ポニーテールだった。
重盛瑞(しげもり みずき
英美とダブルスを組む小柄な選手。フィジカル・技術ともに決して一流ではないが、試合の流れの大局観に長けており、メンタルも強い。英美を理解し、支える存在。
(こむら)
横浜英の監督刈りの大男。倉石とは何度もしのぎを削り合ってきた。また、彼とは対照的に選手を放っておくタイプであるが、それが逆に英美へのプレッシャーとなっている。

宇都宮学院高校(栃木)

益子泪(ましこ るい)
3年生。高校三強の一全日ジュニア覇者。対戦成績では、路の両方に勝ち越しており、内屈の実者。「本人が負けようと思った日しか負けない」と言われ、綾乃上位互換と評されている。両親はバドミントン経験者で、の推(すい)はインカレ出場経験もある。一方で複雑な家族関係のもとで育ったせいか、バドミントンに対してはかなりんだ感情を持つ。先述の全日ジュニアで自分と対戦する前に棄権した綾乃には同類の波長を感じており、彼女興味を持っている。情緒不安定でもあり、一人称が”私”だったり””だったり安定しない。
莉(あさひ かいり
泪とダブルスを組んでいる。悪態をつく泪を黙らせるほど凄みがあるが、孤独な彼女の理解者でもある。

その他の高校

津幡路(つばた みち)
加賀高校石川)。3年生。加賀嶺のエースで、高校三強の一。試合前には大挨拶、勝って終われば大喜びで礼を言い、負ければ大泣きとかなり情緒的な性格。益子泪を「一度も勝ったことがないから」という理由で毛嫌いしているが・・・?。生まれながらに恵まれた体格を持ち、よくごはんを食べるので小学生の頃は太っていた。打倒益子のために中学生の頃には減量してスリムとなったが、その代わりに胸が大きくなった。
あかね(おいのもり あかね
青森高田高校青森)。2年生の強。全最速と評されている実者。同じ東北で対戦経験も多いのか、をかなりライバル視している。
豊橋アンリ(とよはし アンリ
渋川高校愛知)。3年生。1年からインターハイに出場しており、中部では有名な選手。ラリーを得意とし、綾乃とも互に渡り合う。裏表なく競技にも摯な性格で友達も多い。
久御山久世(くみやま くぜ)
宇治天神高校京都)。長い総の選手。ごくわずかな登場だが、立花いわく全レベルの強らしい。

その他の登場人物

羽咲有千(はねさき うちか) CV:大原さやか
綾乃バドミントン女子シングル全日本総合優勝10連覇を成し遂げたことがある伝説的な選手。当初は綾乃バドミントン選手として育てる気はなかったが、綾乃バドミントンに対する意欲と才を見出す。結果的には、「甘えられる存在」はいらないという持論からを手放す事になるが、子ともに屈折した感情を抱くことになってしまう。
羽咲心太郎(はねさき しんたろう
綾乃。有千とは幼馴染だったらしい。かなりおっとりした性格で、子の関係修復を望んでいる。
マシャシィ、チヨー  CV:後藤哲夫、伊東みやこ
綾乃方の祖1853年創業の関東で3番に古い和菓子屋・咲堂を営んでいる。高齢のせいか滑舌が悪く(本来はマサシとチヨか)、ややボケなのか会話が通じないこともある。件の事情から綾乃を預かっている。
松川明美(まつかわ あけみ
バドミントン雑誌の記者。有千学生時代からの友人。
ヴィゴ・‘‘スピリッツ’’・キアケゴー
デンマーク出身の元プロ選手。世界バドミントン連盟の特別顧問。全オープン4連覇、オリンピックメダリスト世界へのバドミントン普及に尽し、若い才を探しており(アンロリコン)、作中では特にコニーと綾乃に注する。
アン
ヴィゴの秘書。グラマラスな女性で、ヴィゴから度々セクハラを受ける。自身も若い頃に将来を嘱望された元バドミントン選手で、コーチだったヴィゴとはやや複雑な過去を匂わせる。
王麗ワン リーシャオ
世界ランク1位中国プロ選手。有千導を受けた1人である。どう見ても中学生ぐらいにしか見えないが成人。

テレビアニメ

2018年7月から9月にかけて放送された。世界初の本格バドミントンアニメである。
生き生きと動くバドミントンの描写はモデルとなる実業団の選手の動きを元に作画されており(ロトスコープ)、音響も取材協高等学校や実業団の練習時の音を取り込んでおり高い臨場感を生み出している。
また、ストーリーキャラ設定が原作から大きく変更されているのも特徴である。製作委員会プロデューサーによると、アニメ化企画が始まった時期は原作5~6巻の頃、前述の通り作が大きく変化し、キャラクターの内面が複雑化してきた時期であり、これをしっかり紐解いてアニメ化する必要があったという。そのために原作者と講談社に許諾を取り、シナリオを新たに原作5~6巻の雰囲気に寄せる形で再構成している。[1]

2018年9月7日、第11話の放送が延期することを発表した[2]平成30年北海道胆振東部地震によりグラフィニカ札幌スタジオが被災し、大規模停電で撮影作業が物理的に困難となったため延期となった。翌週の16日より放送を再開した。

スタッフ

原作 濱田講談社good!アフタヌーン』連載)
監督 江崎
シリーズ構成 岸本
キャラクターデザイン 木村
美術監督 井上草薙
色彩設計 󠄀田邦夫
撮影監督 野澤グラフィニカ
3DCG フェリックスフィルム
音響監督 若林
音楽 加藤達也
アニメーション制作 ライデンフィルム
取材協 日本バドミントン協会 ヨネックス ミズノ ゴーセン スポーツ
館製バドミントン部 慶応義塾大学バドミントン
埼玉高等学校バドミントン部、甲斐清和高等学校バドミントン部 

主題歌

オープニングテーマ「ふたりの羽根
作詞編曲:ヤマモトショウ / 作曲水野良樹 / 編曲補:manzo / 歌:YURiKA
エンディングテーマハイステッパー」
作詞作曲大原ゆい子 / 編曲吉田 / 歌:大原ゆい
挿入歌「ユアフライト」(第11話)
作詞作曲大原ゆい子 / 編曲吉田 / 歌:大原ゆい

放送情報

放送局
放送局 放送開始日 曜日 時間 備考
TOKYO MX 2018年7月1日 日曜 24:00
BS11
AT-X ピート放送あり
関西テレビ 25:55
配信情報
配信サイト 放送開始日 曜日 時間 備考
ニコニコ動画 2018年7月3日 火曜 24:00 最新話3日間無料
ニコニコ生放送 2018年7月4日 水曜 23:30
AbemaTV 2018年7月10日 火曜 24:00 最新話1週間無料exit
他多数

各話リスト

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 動画
#01 スッゴい才 岸本 江崎 石原恵治
北原大地
動画
#02 運動の後のは格別ッス! 徳土大介 佐野陽子
池田
動画
#03 アイツ璧だった 江崎 飯野まこと 西川 斉藤
飯野まこと
動画
#04 私も今、迷子なんだ 宮尾百合 飯野慎也 村直紀
鳥山
動画
#05 一人じゃないよ 飯野まこと 池田ユウキ 西拓哉
櫛渕まなぶ
武田牧子
動画
#06 最後のなんだもん! 池田太郎 吉岡 黒田
宮澤良太
中野良一 渡邊和夫
坂口 石原恵治
動画
#07 あんな子、殺してみせる 岸本 徳土大介 網修次郎 池野志
松井理和子
古谷
動画
#08 私のやりたいバドミントン 池田太郎 畑博之 川尻健太 北原広大
佐野陽子
畠山佳苗
動画
#09 なりたいのは〝友達〟じゃない 宮尾百合 鏑木ひろ 村直紀
なまためやすひろ
吉田久雄
藤澤俊幸
動画
#10 バックハンドの握りはこう 岸本 今泉賢一 宮澤良太 中山和子 清原
沼田広 関本美穂
西村元秀 皆
丸山修二 渡邊和夫
動画
#11 バドミントンが好きだから 板井 中野良一 小梶慎也
西由子 石原恵治
西 清水博幸
動画
#12 足を前に出しなさいよ! 斎藤久
江崎
池田ユウキ 藤澤俊幸
なまためやすひろ
池田 佐野陽子
動画
#13 あの帯のむこうに 江崎 北原広大 松井理和子
芳賀恵理子 木村
動画

関連動画・関連チャンネル

関連生放送

関連商品

原作漫画

小説

映像

音楽

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *「はねバド!」TVアニメ化に感じた確かな手応え|プロデューサー対談【前編】 | アニメイトタイムズexit
  2. *アニメ「はねバド!」第11話放送延期のお知らせ 「はねバド!」公式サイトexit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%AF%E3%81%AD%E3%83%90%E3%83%89%21

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

はねバド!

913 ななしのよっしん
2019/01/11(金) 17:28:43 ID: WI7Awfy49H
最新刊よかったわー野獣と化したあやの
VSコニー戦や益子ペアも控えてるし、く次が読みたい
914 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 21:00:26 ID: vTaq5vXWI6
>>909
あるサイトに書いてあった通り、人間関係が破綻してないんだよな漫画は。それこそコニーのいう人とのつながり、秘めたる人の優しさがベースにある

アニメは最初から人間関係が終わってて見ていてきつかったので
途中で見るのやめたわ
915 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 21:16:47 ID: TZ8cBwJLK3
>>914
基本的に熱血スポ根だからね漫画
916 ななしのよっしん
2019/03/02(土) 18:58:00 ID: vTaq5vXWI6
漫画の面さが再認識されたアニメだった
おかげで漫画はかなり売れるようになった

アニメ様様やな(本末転倒


2018年10月時点で160万突破とか書いてたから、今は200万部ぐらい売れてるんかな?
917 ななしのよっしん
2019/06/03(月) 23:50:35 ID: VXyJDbWqjw
15巻の表遺影にしか見えない
918 ななしのよっしん
2019/06/07(金) 17:00:17 ID: IvAAcRTu4S
コミックナタリーより
特集】クライマックス直前「はねバド!濱田インタビュー | “かわいい女の子を描く人”になる必要がないと気付けた。絵柄の変遷から作品を振り返る
https://natalie.mu/comic/pp/hanebad02exit
919 ななしのよっしん
2019/06/09(日) 11:26:23 ID: vTaq5vXWI6
>>918
すごくいい取材記事だった。good job!
数年前とべても作者ビジョン明らかに見えていて、そして作者に自信が出てきてるのが手に取るようにわか
920 ななしのよっしん
2019/06/11(火) 22:05:35 ID: KnUuJag6Nt
インタビュー良かった
読んでて思うようなことを作者も感じてるとはもう信用できる作家ですわ
というか最新刊もポジティブな狂気描きながら高校スポーツ髄貫きすぎてて笑った 心が成長したのは濱田お前やんけ!
921 ななしのよっしん
2019/06/12(水) 20:36:52 ID: C5ps3FHQS7
15巻読んできた。


の大好きなコニーがぁぁぁぁ!!!
あ、でもこれはこれでアリだな。 (´`)
922 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 23:10:40 ID: vTaq5vXWI6
いと思う作品はビジョンがぶれない、逆につまらなくなってきたと思う作品はビジョンがぶれてきてる、あるいはなかなか見えてこない(引き伸ばしのように感じる)。この作品は
明確にビジョンを示すようになってきてから、見違えるように
くなった