はんだごて単語

ハンダゴテ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

はんだごてとは、はんだと接合部分を加熱するための工具である。

概要

金属製のペン先形状の先端部に、プラスチック製の持ち手がついた工具で、半田ごて、半田鏝とも書く。
電子製品の基盤において、電気で熱したはんだごての先端部をはんだに接触させ、はんだを溶かしながら細かいパーツを取り付ける際などに用いられる。AC式、電池式、ガス式など種類も豊富で、各メーカーから多様な展開がされている。

はんだ付けをするときに発生する煙は、はんだをしっかりくっつけるための「フラックス(ヤニ)」と呼ばれる品が働いていることから「ヤニ入りはんだ」と呼ばれる。また、はんだの周りに残る色っぽいものは、フラックスの働いた跡で、こて先がずむのは化物が付着した状態であるからである。

こて先をスポンジになでつけずみを落とすなど、清掃はこまめにする必要がある。

関連動画

関連商品

関連項目

  • 工具
  • はんだ

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%A0%E3%81%94%E3%81%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

はんだごて

1 ななしのよっしん
2018/03/15(木) 19:09:30 ID: U5KFWZQ8tT
作成乙です。

はんだを題材にした作品とかあったりしませんかね?
ネット上の小説では見たことがありますが)

急上昇ワード

2020/01/18(土)21時更新