ひつまぶし単語

ヒツマブシ

ひつまぶしとは、うなぎを使った料理のひとつである。

概要

細かく刻んだうなぎ蒲焼きを、お櫃に入れたごはんにまぶした料理
お櫃から碗に取り分けて食べるのだが、
一杯はそのまま、二杯ネギわさびなどの薬味を添えて、
三杯出汁をくわえてお茶漬けにして食べるのが一般的。

ひつまぶしのは、ごはんにうなぎをまぶして食べることから「櫃塗し(ひつまぶし)」と呼ばれるようになった
という説や、関西ではうなぎのことを「まむし」と呼ぶことから「ひつまむし」→「ひつまぶし」になったという説があるが、はっきりとはわかっていない。

料理の発祥についても諸説あり、うなぎの切れ端を使ってまかないとして作られたという説や、
うなぎ出前が多かった頃に、うなぎを均等に取り分けられるように細かく切って出したのがはじまりという説などが
ある。

また、名古屋市熱田区の「あつた蓬莱軒」と名古屋市中区「いば昇」は
それぞれ自分たちが発祥店だとしているほか、
三重県津市が発祥だという説もあり、とにかくはっきりとしたことはわからない。
が、全的には名古屋の名物料理郷土料理とみなされており、名古屋を本場だと考えるのが適当であろう。

関連動画

無関連項目

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%B2%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%B6%E3%81%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ひつまぶし

1 ななしのよっしん
2018/02/20(火) 18:04:38 ID: Fn6Ik5/fEQ
結構好き