ふぁみこんむかし話単語

ファミコンムカシバナシ

ふぁみこんむかし話とは、任天堂ディスクシステムなどで発売したアドベンチャーゲームシリーズ作品。
開発は任天堂情報開発部とパックスソフトニカである。 

概要

掛け軸ウィンドウに縦書きのテキスト表示を施した和風要素が特徴のアドベンチャーゲームである。
基本的なコマンドである「はなす」「みる」「いどう」の他に、操作キャラクターを変更する「ひとかえる」というものがある。これは異なる観点から物語を同時に進行させてゲームを解いていくと言った、要はザッピングシステムである。

第1作である『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』は任天堂初のアドベンチャーゲームとして発売された。この作品は前編と後編とに分けられ、且つ後編は前編のソフトクリアしないとプレイすることができないという仕様であった。

任天堂は「新・鬼ヶ島」の発売以降、ディスクシステムアドベンチャーゲームにおいて前編・後編の販売形式を確立する。この前編・後編の販売形式は、同シリーズの『遊遊記』や『タイムツイスト』、同社の『ファミコン探偵倶楽部シリーズのほか、他社作品の『探偵 神宮寺三郎 危険な二人』(データイースト)でも採用された。

本作の開発経緯としてはディスクシステムアドベンチャーゲームに注する狙いもあり、宮本茂導となったのが本作、坂本賀勇導となり開発されたのが『ファミコン探偵倶楽部』であった。

時代が下り、スーパーファミコン末期になって発売された『平成 新・鬼ヶ島』でも前編・後編の形式が採用された。ただし、『新・鬼ヶ島』はどちらか片方からでも始められる仕様である。

本作を皮切りに、任天堂は『ファミコン探偵倶楽部』『メタルスレイダーグローリー』(ファミコン版はHAL研究所)『ファミコン文庫 はじまりの森』(以上FCSFC)、時代が下って『プロジェクトハッカー』『アナザーコード』『ウィッシュルーム』『キャプテン★レインボー』(以上DSWii)など、その数は決して多くはないものの、様々なアドベンチャーゲームを世に出している。

ふぁみこんむかし話シリーズ任天堂アドベンチャーゲームの嚆矢となったことは、本シリーズ任天堂におけるアドベンチャーゲーム徴的存在たらしめている理由のひとつであるといえるかもしれない。

また「ふぁみこんむかし話シリーズキャラクターは後発作品にゲスト出演することが多く、『遊遊記』に前作『新・鬼ヶ島』のキャラクターゲスト出演したのをはじめとして、「星のカービィシリーズ」(2・3)、「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」(DX・X)、「キャプテン★レインボー」などに出演している。

作品

細かい内容についてはそれぞれ単独記事を建てて書いて下さい。
この記事はシリーズと思しき作品を列挙してまとめるための記事です。 

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%B5%E3%81%81%E3%81%BF%E3%81%93%E3%82%93%E3%82%80%E3%81%8B%E3%81%97%E8%A9%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ふぁみこんむかし話

1
◆weeP1240.U 2013/03/14(木) 03:11:55 ID: UMCXdVot8l
しょうべん漏れそうな状況で建てたからミスがあったら勝手に直してちょ
2 weep
◆LOUDweep3s 2014/03/14(金) 23:37:05 ID: UMCXdVot8l
タイムツイスト音楽ひとは任天堂退社後に
MIDIを用いたカラオケ携帯音楽を流す技術(着メロ)、
FeliCaを開発するフェイスって会社を京都に設立した
社長さんだよーん。

だから再販されないのかーなんてな。
3 ななしのよっしん
2015/01/18(日) 17:43:41 ID: jJKs1LUoC3
この記事を読んでると「タイムツイスト」「はじまりの森」「アナザーコード」「アナザーコードR」「ウィッシュルーム」「ラストインドウ」「プロジェクトハッカー」も単独項が欲しくなってきた

話はそれるがアナザーコードウィッシュルームラストインドウの版権って今どうなってるの?任天堂単独ってわけでもなさそうだし
版権で思い出してつい書いてしまった