ふゆう(ポケモン)単語

フユウ

ふゆうとは、ポケモンの特性のひとつである。

ふゆうを所持する
ポケモンの例

じめんタイプの 技を 受けない

特性説明

ポケットモンスターブラック・ホワイト
じめんタイプの 技を 受けない

概要

第3世代から登場した特性。宙に浮き、じめんタイプの技を効化する。ひこうタイプと似た性質を持ち、以下のような特徴を持つ。

タイプではないためじめんタイプ以外との相性は一切変化しないが、中で動けるという性質上、ひこうタイプ同様に多くのポケモンスカイバトルへ参加することが出来る。

特性が「ふゆう」のポケモン

第五世代までに登場したポケモンの中で特性がふゆうポケモンは33種、最終進化系だけで数えても22種いる。更に最終形態の中で20種類がふゆう以外の特性を持たない。ポワルンのように専用特性が与えられているため複数の特性を持たないと言うポケモンは多いが、専用でもない特性を与えられつつ他の特性を持たないと言うポケモンふゆう持ちに多く見られる特徴である。特性がふゆうポケモンは大きく分けて2つに分類され、複合タイプの関係でひこうタイプを持てないためこの特性を持つものと、ガスや念などので宙に浮くためひこうタイプではなくふゆうの特性を持つものがいる。

翼で飛んでふゆうするポケモン

ビブラーバフライゴンラティアスラティオスギラティナオリジンフォルム)、サザンドラクワガノン

を持ちを飛ぶことが可だが、既に2つのタイプを持っているためひこうタイプの代わりにふゆうの特性を持っている。で飛んでいるため、ひこうタイプ持ちと同じようにそらをとぶを覚え、はねやすめ、はがねのつばさなどを使う技も幾つか覚えられる。ひこうタイプ同様、全体的に素さは高い傾向がある。

なお、今のところこれに該当するのは大半がドラゴンタイプを持つポケモンである。を飛ぶためのを持つが、ドラゴンともうひとつのタイプを操るためひこうタイプを持てず、特性のふゆうを飛んでいる。スピアーモルフォンなど、どう見ても羽で飛んでいる非ドラゴンポケモンふゆうの特性を与えられたは第五世代まで1匹も登場しなかった。その後第六世代ではラテ兄妹メガシンカを除けば新規のふゆう持ちは登場せず、第七世代にて初めてひこうタイプの代用でふゆうを持つ非ドラゴンポケモンとしてクワガノンが登場した。

翼を持たずにふゆうするポケモン

ゲンガーマタドガスアンノーンネンドールドータクンロトムユクシーエムリットアグノムシビルドンフリージオ

体内のガスエスパーので浮いたり、体をに漂わせて宙を舞ったりするためふゆうの特性を持っている。要は地に足が着かない連中。ふゆう持ちポケモンの大半はこちらに属する。マタドガスロトムなど、この特性のおかげで弱点を減らしているポケモンも多く、シビルドンに至ってはこの特性により素の状態で弱点がない。一方でじめん4倍のジバコイルはどう見ても浮いている見たなのにふゆうの特性を持たないと言った矛盾も多い。ゲンガーは両足が地面に着いているにも関わらずふゆうを持っていたが、第六世代のスカイバトルには待機モーションの関係からか参加できず、第七世代ではとうとうふゆうを没収された。ここら辺はゲームバランスの問題もあると思われる。

ふゆう持ちの中でヨマワルドーミラードータクンのみふゆう以外の特性を持つ個体が存在する。特にドータクンは第五世代まで弱点がほのおかじめんのみで、特性「ふゆう」か「たいねつ」によりどちらかひとつへ耐性を持つようになるため、弱点を狙いにくいポケモンであった。

類似したアイテム・技

特性ではないため「かたやぶり」で効化できず、一時的な効果しか得られないが、じめん技や地上の設置物をスカせて、地上に落とされると影を受けるようになるという点だけはふゆうとほぼ同じ効果となる。

ふうせん

第五世代から登場したアイテム。持たせたポケモンふゆうとほぼ同じ効果が得られる。地面技の苦手なポケモンが相手の地面技を一時的に牽制し、実質的な耐久性を向上させるために用いられる。こちらは消費アイテムなので、相手の攻撃を受けるとふうせんが割れてなくなる。アイテムなのでかたやぶりは効かないが、さしおさえやマジックルームなどを使われると割れてなくなる前に効化されてしまう。ただし、この間はアイテムの効果が全て消えるため、攻撃を受けてもふうせんが割れることはない。

でんじふゆう

5ターン限定でふゆうと同じような効果を得られる。技による効果なので、効果が継続するターン以内であれば一応バトンタッチで引き継ぐことが出来る。覚えるポケモンでんきタイプはがねタイプなどじめんタイプを弱点とするポケモンだが、相手に先制されると意味がなく、先制で使用できても相手がじめんタイプの技を打たなければ1ターン駄になる。効果は魅的だが扱いの難しい技。

テレキネシス

3ターン限定で相手から受ける一撃必殺以外の技が必中になるが、じめんタイプの技は当たらなくなる。相手は低命中技を当て放題になるため、受けた側が不利な状況になりやすく、じめん技をスカせることの恩恵は少ない。交代されると効果が消えるため、相手としても使い所に悩む技となる。なお、いつも地中から顔を出しているディグダダグトリオにはどういうわけか効果がない。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%B5%E3%82%86%E3%81%86%28%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%B3%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ふゆう(ポケモン)

23 ななしのよっしん
2016/09/22(木) 03:26:50 ID: 0z8tU3p34q
第三世代でとくせいが実装されてふゆうを見た時は「上手いこと考えたもんだな」と感心したんだがなぁ。
当時はとくせいってポケモンの生態の一部によるおまけのプチイメージで、ふゆうな性に思えた。
それがいつの間にやら「○○を先制して出せる」「使ったわざのタイプに変化」「2回攻撃」など他者を大きく引き離す快な代物が出て来て感覚がマヒしたように思える。
24 ななしのよっしん
2016/10/02(日) 03:44:22 ID: RWHp19O9t4
>>18
どうせ「ふゆう」特性が生まれず、ゴーストマタドガスにじめん技が効く状態が続いていても
あんたみたいに文句をつける人は出てきていたと思う
「なぜとくせいという便利なシステムがあるのに、
 こいつらにじめんタイプ効にするとくせいを付けないんだ、納得いかない」って

浮いているでもふゆうと非ふゆうがいる理由についてだが、
同じドータクンなのにふゆうと非ふゆうがいたりすることを考えると、
高度の問題なのかなという気がしてくる
ある程度の高さまで浮いたり飛んだりできればじめん技をかわせるが、
ふゆう持ちでない連中は浮くが弱いのでギリギリ当たってしまう的な
25 ななしのよっしん
2016/10/14(金) 18:55:33 ID: RltI7aNuml
ふゆうステータス化するべきだとクワガノンで思った
26 ななしのよっしん
2016/11/13(日) 05:29:43 ID: LRmr+LwNpH
ゲンガーからふゆう剥奪はなんだかなあ
対戦バランス的には良調整になるかもしれんが
あの見たから地面効化はトリッキーゲンガーキャラクター性を強く表していて好きだった
ふゆうといえばゲンガーというイメージが自分の中で根強い
27 ななしのよっしん
2016/11/13(日) 11:37:47 ID: V737Nm4DNh
>>24
ジバコイルなんかは磁とか大地の自転に影するからかもしれん
虫タイプは高度を飛んでて影さそうだけど地面の振動で岩が飛び散ったその破片に当たったとか(が吹けば屋が理論
28 ななしのよっしん
2016/11/27(日) 15:44:56 ID: wvdQ5sod+G
ひこうタイプからじめん効化は撤して
ふゆうの有でじめん耐性が決まる

見た違和感払拭するならこんな感じだろうか
バランスが一気に変わるからやらないと思うけど
29 ななしのよっしん
2017/01/08(日) 18:21:42 ID: 5iXvhqfACE
>>28
地面タイプドードリオが泣くな
サンムーンで言えばメテノ飛行タイプも苦の策だよなあ
30 ななしのよっしん
2017/06/15(木) 16:02:24 ID: DSx87UilIt
ですが、飛行タイプ英語ではバードでもウイングでもなくフライなので、メテノ飛行タイプなのは別にいいかと
31 ななしのよっしん
2017/06/15(木) 17:07:09 ID: V737Nm4DNh
フワライドある意味ふゆうじゃねーかと言いたくなるような感じだが、
熱気球を考えりゃ冷気でしぼんで岩みたいな重いものに押しつぶされるのに弱いなら納得

メテノも氷→氷河期電気→磁場の乱れ、岩→隕石衝突、のイメージから飛行タイプであっても問題は
32 ななしのよっしん
2019/02/24(日) 19:57:03 ID: 9WRyoXAWPy
技の選択画面のタイプ相性が特性に関係なく表示される関係で、マイナーなポケを使ってるとふゆうにも関わらず普通に相手が地面技ぶっぱなしてくることがある。