ほうとう単語

ホウトウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ほうとうは、山梨県甲斐)を中心とした地域で作られる郷土料理

概要

山梨県を代表する郷土料理で、一般には小麦粉を打って練った打ち麺とかぼちゃをはじめとする野菜味噌仕立ての汁で煮込んで作る。麺自体はうどんの系統と言えるが、かなりべったく長い。この為うどんとは見なされず、むしろおねりやおやきと言った粉食料理の一種とされるのが一般的である。

昔の甲斐の山間部では作りが難しいため、養蚕を体として営んでおり、農業もそれに応じる形でカイコの餌となる桑を育て、その収穫が終わってから麦を栽培する二毛作となっていた。そして収穫した麦を用いて麺にし、ほうとうにして食べていたのである。戦国時代には武田信玄中食としてきたとも伝えられている。

現在では山梨県に根付いた料理として知られ、店で提供するのはもちろん、庭でも作られることも多い。『ゆるキャン△』でも大垣千明が各務原にほうとうを作って振る舞うシーンがあるのを思い出す人が多いと思う。

他にも山梨県ではご当地グルメとして盛り上げようとしており、例えば笛吹ではほうとうの麺にラーメンスープを組み合わせた「ラーほー」が生み出されている。「ほうとうイエー!」の迷言の発祥となったフジテレビ斉藤舞子アナが『晴れたらイイッ!Let'sコミミ隊』で食べたほうとうアイスアイスクリームの中にほうとうを練り込んだそのまんまの物である。

山梨県外でも例えば長野県静岡県埼玉県秩父地方群馬県では「煮ぼうとう(おっきりこみ)」という醤油味の煮込み麺がある。また名古屋めしでお染み味噌煮込みうどんやきしめんも関連性を示す史料はないものの、似たような食体系と見なすこともある。

ほうとうの由来

ほうとうの名前の由来は諸説あり、有名な物として

  • 奈良時代に唐から伝わった「餺飩(はくたく)」の読み平安時代になまって「ほうとう」となったという説(ちなみにうどんも唐伝来の「混飩(餛飩、こんとん)」が由来で、それがなまって「饂飩うどん)」になったという説がある)
  • 山梨では穀物やその粉のことを「ハタキモノ」、粉にする作業を「ハタク」と言っており、そこから転用されたという説
  • 武田信玄中で自らの宝を使って麺や具材を切ったので、「宝」から「ほうとう」になったという説

等がある。とはいえ決定的な由来はなく、現代において観光食化するにつれて民間伝承やの推論が組み合わさって言ったと考えられており、特に信玄関係の話は現代になってこじつけられたというのが有となっている。

関連商品

外部リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%A8%E3%81%86

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ほうとう

1 ななしのよっしん
2020/03/10(火) 13:55:09 ID: vqTNq92myI
作成乙
今までかったのが不思議