ぼくは麻理のなか単語

ボクハマリノナカ

ぼくは麻理のなか」とは、押見修造による漫画作品。所謂男と女の体が入れ替わるTSFジャンルだが、女性特有の苦労(?)を描くダークな雰囲気を出したTSF作品となっている。
漫画アクションにて2012年3月より連載中。当初月一連載であったが、2014年6月末より毎号連載となった。 

あらすじ

大学での友人作りの失敗からアパートの部屋に引きこもって過ごす小森功。そんな生活の中で一の生き甲斐となっていた名も知らぬ女子高生コンビニ天使の尾行。
ところがある日、小森いつもの様に女子高生を尾行していると、女子高生は足を止め後ろを振り返り小森を見た。その時の微笑みを浮かべた女子高生の顔を見た間に小森の意識は途切れた。。。
、見知らぬ部屋で覚めた小森の体は、尾行していた女子高生吉崎麻理”になっていたのだった。そして小森は気づく、”本物の麻理”は何処へ行ったのだろうかと・・・? 

登場人物

小森 功 (こもり いさお)
本作の主人公双葉大学経済学部経済学科に通う大学3年生。1991年3月21日生まれで群馬県出身。
進学で群馬から東京へ上後、内向的な性格が災いし大学内での友人作りに失敗しボッチとなる。それでも一年次は大学に通うが、二年になったある日を大学へ通うのをやめ、以来アパート引きこもりゲームオナニーで過ごす日々が続く。さらに、仕送りしてくれている母親不登校状態にある事実は隠している。
不登校になってからはな近所のコンビニへ買い出しへ行く程度の外出であったが、そこで麻理(名前を知るまで「コンビニ天使」と呼んでいた)と出会い一惚れしてしまう。特に進展することなく出会いから一年ほど経ったある日、いつもの様に麻理を尾行していたところ、意識が途切れてしまう。翌、知らない部屋のベッドの上でが覚めた小森は昨晩尾行していた女子高生”麻理”になっていた。(※以下、ややネタバレのため反転
麻理になった後、元の自分を探し発見するがその小森は”麻理”の存在すら知らない様子であった。その後、”本物の麻理”の手がかりを探しつつ麻理の日常生活を壊さないようとするものの、生来のコミュ障ぶりが災いし友人関係や環境までもが崩壊していく。。。とあることから吹っ切れた小森は今まで禁忌にしていたある行動に出る・・・!
吉崎 麻理 (よしざき まり)
本作のヒロイン主人公東京都杉並区高校に通う高校2年生。1995年8月18日生まれ。
小森が一惚れした女子高生、一軒の四人で暮らしている。小森の意識が麻理の中に入った事で、本物の麻理の意識は行方不明(?)となってしまう。元々行動にが多い少女(※以下、ややネタバレのため反転
今わかっている麻理のの行動。①コンビニレシートを集めていたり、エロ本を隠していたりする。②実は学校が終わりももか達と遊んだ後は、まで小森の夕方からの生活を定期的に観察していたようだ。小森アパートの隣のマンションに、その時書いた観察日記お菓子に書いた落書き)のようなものが落ちていたため判明。小森と同じタイミングコンビニに現れていたのはその為かと推測される。(^ω^)ペロペロ 
口 依 (かきぐち より)
麻理の通う高校クラスメイト。ウェリントンメガネをかけた女子高生
小森が”麻理”になった事を一番に見抜いた。行方不明(?)となった”本物の麻理”を探すため、手がかりを一緒に探してくれることになり行動を共にする。麻理(小森)に対する言動がキツいが、色々と世話を焼いてくれる。
小森と入れ替わる以前は麻理と交流はかった様子だが・・・? (※以下、ややネタバレのため反転
依の過去回想から”精的に参っていた際、保健室ベッドへ行くとそこには”麻理”がいた。麻理は何も言わず微笑みながら依を抱きしめてくれた”というシーンが描かれている。  
ももか
麻理の通う高校クラスメイト
麻理が中学生の頃からの友達で、小森が入れ替わる以前からよく一緒に遊んでいる様子。麻理の部屋の写真シール帳にはももか達と写ったものが多い。しかしながら”依”く本当に仲が良いか分からないとの事。
後述の
ヒロキと付き合っている。(※以下、ややネタバレのため反転
麻理(小森)のそれまでの不自然な言動、麻理が彼氏のヒロキと2人で会ったという積み重ねから、後に麻理を女子グループから追放している。元々彼氏のヒロキは麻理に告白済みであり、友人ではあったが可愛い麻理に対して劣等感のようなものがあったようだ。しかし、ヒロキが起こした事件から暫く経つと麻理に対する態度が一変する。
坂本 ヒロ
他校の男子高校生ももかの彼氏。
”本物の麻理”とは以前から親交があったようで、カラオケなどで何度も遊んでいる様子。
ももかと付き合う以前、麻理に告白した経験があり玉砕しているが・・・? (※以下、ややネタバレのため反転
一度”本物の麻理”に告白し振られているが、何を勘違いしたのかももかを振って再度麻理に告白する。その際に突如ヒロキは麻理(小森)に掴みかかキスを迫る。

舞台

東京都杉並区
小森アパートは西荻北5丁という設定(実際には存在しない)。麻理の高校杉並区内の高校という設定でJR中央線西荻窪駅周辺の色の背景がよく描かれている。
出会ったコンビニ公園エロ本屋を含め大抵の背景は西荻周辺で見つけることができる。

関連商品


関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%AF%E9%BA%BB%E7%90%86%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ぼくは麻理のなか

1 ななしのよっしん
2015/09/13(日) 21:48:44 ID: pQLF+yjbdl
読み始めた頃から薄々感づいたつもりでいたのが巻を進むごとに確信へと変わりつつあります。功は麻里になってなどいないということ。彼女は彼の置かれた状況に一種の憧れを覚え、あげく自分のなかに宿った「ぼく」を演じるに至った……。
これは作者さんのあとがきに書いてあった、「別なる視点を持つ」(‘「心の中から全て女の子」な存在になりたい’)というのと相通じるものがあると思うのです。
人がフィクションのなかで色んなキャラクターを動かす、別々の個を演じるといった行為に重なるところもまた然り。
2 ななしのよっしん
2015/10/02(金) 10:35:11 ID: 5sFqffT1fI
もそうだと思う。というかそうじゃなかったら
驚く。
3 名無し
2015/11/28(土) 18:27:21 ID: NMn9Ztkrxq
もそうかなと思った
功の人格は、移動も何もしていない
しかし功から麻理の記憶が消えたのは何故なんだろうな
4 ななしのよっしん
2016/04/03(日) 23:30:26 ID: 5dXSAwGgzH
いやいやいやそうじゃないでしょ
下ネタバレ










(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
5 ななしのよっしん
2017/09/24(日) 04:13:47 ID: r00ZHbUNVs
押見修造の描く女性は非常に魅的だと思う。
どんどん挑戦していってほしい。
6 ななしのよっしん
2018/05/08(火) 23:49:24 ID: +33fw/jCMm
この物語って美少女がやったことだから大に見られるけど、
反対に小森功が「麻理」という人格を内に作っていたら詰んでたよな。
ある、掃き溜めの様な部屋で醜い姿のなかで覚める「麻理」。
話を聞いて手伝ってくれる者もおらず、本物の麻理に「私はあなた」などと詰め寄って御用。
麻理をストーキングしていた余罪も発覚し…。