まりんとメラン単語

マリントメラン
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

BRIGADOON まりんとメラン』は、WOWOW2000年7月21日から2001年2月9日まで放送された、サンライズ制作アニメ。全26話。

監督である米たにヨシトモが『これが当たらなければ、引退します』とまで偉い人に宣言させられた作品だが、放映されたのは衛星放送WOWOWスクランブル有料放送)にて一度きりだった為、多くの人のに触れることなく、あまり話題に上らずに放映終了してしまった不遇の作品。

しかし、その内容は監督がそう宣言するに足るほどの名作であり、放映終了から時を経た今でも、たまたまこの作品に出会う経緯に至った人々の心を魅了し続けている。

あらすじ

時は1969年大阪万博の開催まで一年をきったある日、東京下町の長屋に住む少女浅葱まりんは突如に現われた異世界ブリガドーン」からやってきたの生体兵器(モノマキア)に襲われる。

その時、根神社に御体として祭られていたアンプルの中から別のモノマキアが現れ、まりんを救う。彼の名はメラン・ブルーまりんを守るのが任務だという。二つの世界の運命をかけた戦いが始まる。

主な登場人物

浅葱まりん(あさぎ まりん、声:KAORI)

本作品の主人公。13歳の中学1年生。しかし発育が良くないのか、体はどう見ても小学(ry。遠視なので眼鏡をかけている。口癖は「あっは~ん」

不幸体質の持ちで、本人は出生不明の孤児、貧乏で身の回りの物はつぎはぎだらけ、学校ではいじめの対にされ、おまけ突然出現した異世界からの化け物にピンポイントで命を狙われたりと、とにかく行く先々で不幸を呼び寄せる。こんな子が元気で明るい性格なのが一の救いか。

ノマキアアンプルから出し入れするを持っており、アンプルの状態になったモノマキアは、自分の意思では元の姿に戻ることが出来ない。

多くのに包まれたその正体は、最終話明らかになる。

メラン・ブルー(声:大塚芳忠)

まりんを守るブリガドーンの生体兵器(モノマキア)であり、本作品最大の萌えキャラまりんを守る為に、ほぼ毎回のようにボロボロになっている。

元が生体兵器なだけに、機質で感情のない性格だったが、まりんとそれを取り巻く長屋の住人たちとの触れ合いによって、少しずつ人間らしい感情が芽生えて行く。

普段はアンプルに収まっており、まりんが呼び出すことによってその姿を現す。アンプルに収まっている時は、自然治癒が上昇するらしい。しかし、中盤以降はアンプルに戻る描写が全くと言っていいほどい。これはメランが、少しでも長くまりんの側に居るために、アンプルに戻ることを止めたとも予測することが出来る。

食はご飯で、何人前もの量を一人黙々とらげる。おいしい。おいしい。

如月萌(きさらぎ もえ、声 :齋藤彩夏)

まりんの親友。裕福な庭に育つが、それを鼻にかけない内気で心優しい女の子

自分と正反対の性格のまりんに憧れのような感情を持っている。

真乃みどり(まの-、声:柚木涼香)

まりん中学先輩で3年生。一見厳しい態度を取るが、面倒見の良い優しい先輩

花園すみれ(はなぞの-、声:愛河里花子)

まりんクラスの学級委員長中学1年生にしては、なかなかのナイスバディ。

正々堂々とした性格で、相手がであろうと万人等に接する。それはクラス内でいじめを受けているまりんに対しても例外ではなく、決してクラスのみんなと同じように見下したりせず、かと言って甘やかすこともなくとした態度で接する人格者

中学生ながら、他人や自分に甘えを許さない大人顔負けなシビアさを兼ね備えている。等価崩壊時の言動などからそれを察することが出来る。しかしそれは決して他人に冷たいというわけではなく、おかせた子供たちのために、自分の空腹慢して配給の食事を食べさせてあげたりと、根はとても心優しい少女である。

銭湯に関しては人一倍こだわりを持っているようで、全裸義。偶然銭湯で出会ったまりんに対し、タオルを巻いて入浴してきた二人を叱銭湯の何たるかを説した。

用語解説

ブリガドーン
メランやロロたちが住んでいる世界100年に一度の周期で地球に接近する。その際、お互いの世界が交互に崩壊していく等価崩壊という現が起こる。これを防ぐためには、パスカという儀式を行わなければならない。
レイ
スカを実行する為の鍵となる存在。その際、鍵となるクレイスの生死は問われない。寿命人間よりもずっと長く、最終話の1シーンでは、この時代に現存する他のクレイス達も確認することが出来る。
ノマキア
ブリガドーンで作られた生体兵器、または具の総称。
銃剣
両腕がになっている戦闘ノマキアの総称。幼少のころから熾な訓練を受けて育てられた戦いのエリート。凄まじい訓練を共に生き抜いた銃剣士たちのは、家族よりも深い。
屋根裏のつぼ
地球異世界を繋ぐ界。
変数
世界を崩壊へと導く存在。※ネタバレ反転(一定の周期でブリガドーンから生まれ、幾度に渡って世界を崩壊の危機に陥れてきた。この世界では、変数値とそれから世界を守ろうとする人々との戦いが幾世に渡って行われている。)

関連商品

 

2016年1月29日BD-BOXの発売が決定した。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%A8%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

まりんとメラン

94 ななしのよっしん
2017/10/14(土) 06:32:12 ID: wWd9gmWrPV
>>93
今時のアニメの良い方に全振りのご都合主義よりはるかマシ
95 ななしのよっしん
2017/12/02(土) 15:27:41 ID: 4hNejTFu5X
・最後まで独自の見せ場がなかったパイロン
殺人未遂をやらかしておきながら自首しなかった例の2人
・全編における一信の言動の数々 少なくとも級友には全然見えない
・18話におけるみどりの厚意を蔑ろにしてると取られかねないまりんの身勝手な行動
結果オーライだったとはいえまりんがそのことに対して反が見られない

名作足るかどうかはこの辺をどの程度以上、許容出来るかどうかじゃないのかね
96 削除しました
削除しました ID: OnSd7dFuRu
削除しました
97 ななしのよっしん
2018/07/16(月) 23:01:00 ID: HMisTpHh0p
別にこのアニメ現実性とかめて見てないし・・・
見て面かったし何回も見たいと思える作品なので名作おk
98 ななしのよっしん
2018/07/18(水) 00:46:07 ID: 3a4H2okSf4
ふと興味が湧いてAmazonPrimeで見た。

ロリエロ々しすぎて、他人に紹介できんわ!
最後の「胸がり裂けそうだ」ってメランのセリフが良かったよ。
99 名無し
2018/10/30(火) 23:35:03 ID: aCJop5zNvn
某巨大掲示板で好評だったのでなんとなくバンダイチャンネルで見始めた
ついさっき最終話見終わったんだけど・・・・もう、こっちが胸がり裂けそうだよ!!
メランのキャラもいいし、なによりまりんがいい子すぎて・・・
あの遇でどうしてあそこまで前向きに育ったのか・・やっぱちゃんや長屋の人たちみたいに信頼できる人に囲まれてたからなのかな

伏線り方や回収も丁寧だったなあ、素晴らしい作品だけにあんまり知られていないのが残念
100 ななしのよっしん
2018/11/06(火) 09:54:52 ID: hrrFZ2lCTv
>>95
殺人未遂やらかしてる1人の学生は肝心の祖の出番が最後の最後までいのはありえないよな
パイロンにしてもやりようはなかったのかね
これじゃ埋もれるのも残当ですわ
101 ななしのよっしん
2019/04/15(月) 14:51:03 ID: +2Gcs66Fb6
必要以上にってことはないよ。物語に必要なだけ、必要なものが入ってる。シリアス部分は本当に駄がないスマートな作品だよ。
むしろから見れば、要素を緩和するために入ってるコミカルな部分の方が理があるように見える。
まぁそこも含めて、全てに意味がある『駄のない作品』ってことなんだけど。

駄に見えるって人は、作品のテーマとかを考えながら見ると、より楽しめるんじゃないかな。
102 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 02:59:50 ID: tdH8j/Du20
リョナ覚めるアニメ
103 ななしのよっしん
2019/09/01(日) 22:42:18 ID: MHxONBqgh+
あっは~ん、あっは~ん うるさすぎて観るのやめた

急上昇ワード