みずほ(列車)単語

ミズホ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

みずほとは、

  1. 国鉄JR東日本JR東海JR西日本JR九州で運行されていた列車名。
  2. 山陽新幹線九州新幹線で運行している列車名。

である。当記事では1と2の両方について扱う。

概要

寝台特急みずほ

東京九州間の寝台特急あさかぜ博多行・さくら長崎行・はやぶさ西鹿児島行とあったが、当時の需要に追いつかない事から東京熊本間に設定されたのが特急みずほである。一年で定期化されたが、当初は臨時列車として設定されていた為か止まで地味ブルートレインというイメージであった。

日豊本線初の寝台特急として大分編成を併設していた時期もあったが、東海道新幹線開業のダイヤ正以降は東京駅大分駅以南を結ぶ列車名は長い間富士として運行される事となる。そして東京~西鹿児島長崎間を運行していたはやぶさとの運用変更で長崎編成を併設する事となるが、止まで東京熊本長崎間の運行区間は変化されなかった。

そして東京九州間に運行されていた寝台特急あさかぜさくらはやぶさみずほ富士の中で一番最初に止された列車名となってしまった。ちなみに末期寝台特急さくら鳥栖駅まで東京熊本間のはやぶさを併設していたが、これは末期みずほの運行形態と同一である。

新幹線みずほ

九州新幹線博多開業と同時にさくらと共に山陽新幹線九州新幹線を直通運転する列車名である。

さくらのぞみと異なり停全固定となっており、鹿児島中央駅所在地の鹿児島市を除き政令指定都市にしか停しない最速達便として設定される(但し、山陽新幹線区間の所要時間は「のぞみ」が1分速い為最速ではない)。また、東海道・山陽新幹線のぞみ東北新幹線で同時期に運行開始されるはやぶさと同じく、同区間を運行する他の新幹線べ数百円の上乗せ運賃が必要な列車名となっている。

600号~607号の4往復が設定され、それぞれ夕の2往復ずつが設定されている。2012年3月ダイヤ正からは1往復増えて5往復体制となる他、2013年3月からは臨時列車も設定される。

尚、東海道・山陽新幹線サービスであるエクスプレス予約2012年7月21日より山陽新幹線区間に限り使用可となっている(グリーンプログラムは使用不可)。

また、鉄道むすめ山陽新幹線パーサー「倉敷みずほ」の名前はこの列車から取られている(苗字みずほが停しない新倉敷駅から)。

非常時には本来停しないが停または終着となる事があり、九州新幹線大規模運行障時には新大阪行きが新鳥栖行きに変更されている。また、九州新幹線で何かあった場合は山陽新幹線博多駅から特発が出る(なお、山陽新幹線完結の特発は「のぞみ」として運行される。これは九州新幹線に直通しない事と、運賃体系が「のぞみみずほ」では同一である事からであり、「さくら」が山陽新幹線特発で「ひかり」となるのと同じ理由である)。「みずほ」の補の為に救済臨のぞみレールスター」が出る事もある。

運行開始までの経緯

2011年3月12日九州新幹線博多新八代間の開業を控え、東京新大阪博多鹿児島中央間が新幹線で一本のレールで繋がる事から山陽新幹線九州新幹線で直通運転する事が2007年10月17日には決定されていた。ちなみに東海道新幹線との直通運転を行わないのは首都圏福岡市間の利用客が既に航空機の5%程度しかく利用者数を見込めない等の理由からである。

山陽新幹線で従来使われていたこだまひかりのぞみの他に直通運転用に新名称を用意する事となり、九州新幹線新八代開業時のつばめのそれと同じく募したところ168951通の応募のうち7927通で最多となったさくらとなった事が2009年2月26日JR西日本JR九州の両社から発表されていた。さくらの名称は2005年2月28日までは東京長崎間を運行していた寝台特急列車の名称であり長崎本線かつ寝台特急の印が強いことから批判意見もあったが、列車名のきや日本人好きから概ね好評で迎え入れられていた。しかし山陽新幹線九州新幹線の直通列車名はさくらのみと思っていた2010年8月24日に、急にマスコミから「大阪鹿児島間に新幹線みずほ3時間47分で運行」という記事が躍り出る事となる。

JRの発表の前にマスコミから「みずほ運行か」という情報が漏れた訳であるが、それについてJR西日本社長は肯定も否定もせず、JR九州社長は「まだ最終決定じゃないが最有列車名」と述べている。ちなみにスーパーさくらにしなかった理由は「列車名が長くなるのでコンピューターシステム上難しい」との事であるが、ひかりのぞみのそれと同じくさくらみずほ(仮)では500円程料差を設ける事が発表されている事から、その関係もあると思われる。

元々、JR西日本さくらに対して新規需要の掘り起こしと航空機との競争の関係で停を極少なくしたスピード重視の列車めており山陽新幹線では停の調整は出来たのだが、JR九州の沿線自治体からはさくら要望が多かったので協議は難航していた。一方で、所要時間が4時間をえてしまうと航空機との競争は厳しい状況になってしまう可性が高かった。その為、4時間を切り3時間47分で運行し停を絞った新列車名としてみずほが選ばれた訳である。それによると新大阪駅鹿児島中央駅の途中の停新神戸駅岡山駅広島駅小倉駅博多駅熊本駅のみとなり、車両さくらと共通のN700系7000番台(S編成・JR西日本博多総合車両所所属)・N700系8000番台(R編成・JR九州熊本総合車両所所属)。1時間に1往復設定されるさくらとは異なり、夕2往復ずつの計8本程度設定される予定との発表があった。

そして、2010年10月20日JR西日本のプレスリリースにてみずほで決定と発表され、それによると新大阪熊本間最速2時間59分・新大阪鹿児島中央間最速3時間45分が表された以外はおおよそ報道通りの内容であった。

結果論で言うと、所要時間の面でJR側が譲歩し、地元自治体の停要望をできるだけ取り入れた4時間10分運転のさくらを基本とする代わりに、航空機との競争がしい時間帯における数往復だけはJR側の要望である4時間未満の運転を実現するため、地元の要望を排除した最速達列車みずほを運転することで折り合いをつけた、その結果誕生した列車であると言うことが出来る。

新幹線「みずほ」データ

停車駅

さくらのぞみより停が少ない事を示す為に参考としてさくらのぞみの停も記載。は全列車が停、○は半数以上が停は半数以下の一部が停

路線名 山陽新幹線JR西日本 九州新幹線JR九州






西




















































鹿




みずほ
さくら500号台
さくら400号台
のぞみ

尚、日中のぞみ広島駅発着の1往復を含めた毎時3本中、姫路駅福山駅新山口駅の内1以上に停する事が多い。

列車名の由来

日本の美称、瑞穂みずほのくに)から。

年表

寝台特急みずほ

1961年10月 東京熊本間に臨時寝台特急みずほが設定される。

1962年10月 臨時特急みずほ定期化される。

1963年6月 運行区間が東京熊本大分間になる。

1964年10月 東京大分間は新設された特急富士に分離した事から特急みずほの運行区間は再び東京熊本間となる。尚、前日までの大分編成は博多駅で増解結していた。

1968年10月 全編成の運行区間が東京熊本間となる。

1975年3月 東京~西鹿児島長崎間の特急はやぶさ長崎編成分離でみずほの運行区間は東京熊本長崎間となる。

1994年12月 長崎駅発着のさくらに吸収される形で止。

新幹線みずほ

2011年3月 九州新幹線博多開業のダイヤ正で新大阪鹿児島中央間に新幹線みずほが4往復設定される。
新大阪 - 新神戸 - 岡山 - 広島 - 小倉 - 博多 - 熊本 - 鹿児島中央

2012年3月 新幹線みずほ5往復に増発。

2014年3月 一部新幹線さくら運用を新幹線みずほ運用に変更し、6往復に増発。うち姫路駅を2往復に増発。停新大阪 - 新神戸 -[姫路]- 岡山 - 広島 - 小倉 - 博多 - 熊本 - 鹿児島中央

2017年3月 ほぼ毎日運転する臨時列車を2往復設定。事実上8往復での運行となる。

2018年3月 久留米駅、または川内駅のいずれかに停する臨時列車2往復を設定。

関連動画

寝台特急みずほ

新幹線みずほ

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%BB%28%E5%88%97%E8%BB%8A%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

みずほ(列車)

41 ななしのよっしん
2013/10/17(木) 22:51:53 ID: 7pteiLGgNe
岡山って宇都宮ってより盛ポジションだから全列車おk
42 ななしのよっしん
2014/02/08(土) 04:46:23 ID: HGesh3vp9M
さくら銀行:かつて存在した
富士銀行:かつて存在した
みずほ銀行:存在する

はやぶさ「やるせない」
43 ななしのよっしん
2014/03/03(月) 19:05:25 ID: ZBcameTEU2
岡山駅は乗り入れ路線がかなり多い。(山陽新幹線山陽本線、(赤穂線)、伯備線宇野線、(瀬戸大橋線)、津山線吉備線)
岡山駅から接続する列車も多く、いなば(鳥取)、やくも(島根)、マリンライナー(香川)、うずしお(徳島)、しおかぜ(愛媛)、南風(高知)などがあり、山陰、四国の各県をカバーしている。
それに山陰や四国方面への接続を視したとしても岡山市は人口が70万人おり、隣の倉敷市(48万人)も含めれば約120万人になる。
44 ななしのよっしん
2014/03/19(水) 01:54:57 ID: La1vB/pCIO
本当の意味で山陽地方の拠点は岡山なんだよな。瀬戸大橋伯備線にと他地方に行くのに欠かせない交通の要衝となってる。対して、広島はどちらかというと軍需産業に端を発する、工業で発展した都市だけに、あまり交通の要衝にはなってないんだよね。むしろ、まだ福山の方が拠点性はある。
45 ななしのよっしん
2014/04/04(金) 12:44:54 ID: nDZh7DVpOr
>>38
神戸通過論出すと新横浜品川の「のぞみ」停賛否論にまで飛び火しそうだ。
京都山陰線湖西線の玄関口という側面もあるから停は妥当だと思う。
「通過させても停させてもさほど影ない」→「なら全部停させたほうがダイヤ組成も楽」というのが基本的な思想。
46 ななしのよっしん
2016/02/19(金) 20:18:56 ID: nDZh7DVpOr
あと山陽新幹線の暫定開業も、広島でなく岡山だったからな。
あの正(1972年3月正)では、伯備線今日に至る特急の「やくも」が設定された他、四国でも予讃線土讃線特急が初めて設定された。

岡山岡山市広島市都市圏だけで考えてもしょうがない。高松とかも含めて考えないといけない。
47 ななしのよっしん
2016/04/12(火) 21:02:38 ID: quTJ8cZQr5
東海道エクスプレス予約の都合でひかりメインだけど、山陽を移動する時はいつもみずほで取ってるな
さくらもそうだけど、こいつの半室グリーンが快適すぎて・・・w
48 ななしのよっしん
2016/06/19(日) 14:59:25 ID: hJrCa1Kpaa
さくらやのぞみと異なり停全固定となっており、鹿児島中央駅所在地の鹿児島市を除き政令指定都市にしか停しない最速達便として設定される

この部分2014年から一部とはいえ姫路に停してるから合ってないよね…
そうでなくとも小倉も県庁(略)
49 ななしのよっしん
2016/07/17(日) 22:17:47 ID: nDZh7DVpOr
>>48
県庁じゃなくて「政令指定都市」だから小倉がある北九州市は該当する。
まあ姫路はそれにも当たらないが。
50 ななしのよっしん
2019/01/25(金) 06:12:40 ID: l9cLul5Jaj
整備新幹線区間だった盛から新青森320キロになるそうだが、こっちも300キロにならないものかね。

急上昇ワード