もうじゅうつかい単語

モウジュウツカイ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

もうじゅうつかいとは、

  1. サーカスなどで猛を使って曲芸をする人のことである。
  2. また、有能だがクセが強く扱いづらい人をうまく使う人のこと。
  3. ポケモンNPCの一つ。

概要

 クマ、虎、ライオンなどを調教して芸を仕込み見世物にする人のこと。

人間でも猛使いであり、その猛に当たるのが、各人の性情だという。

                               中島山月記

 という用例が見られる。

 上記をモデルに、ポケモンNPCの肩書の一つ。第三世代と第一世代に登場する。いずれもを持った男性で、アーボックサンドパンを使う。エスパータイプに占領されているセキチクジムどくタイプアーボックを使ってくるセキチクジムの良心。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%82%E3%81%86%E3%81%98%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

もうじゅうつかい

1 ななしのよっしん
2019/09/22(日) 21:00:58 ID: dBygGWo2lR
アニポケでは無印カントー編の第8話「ポケモンリーグへのみち」に登場するアキラが相当。

なお、彼はに加えてサーカスのテントの様な非ジムを経営している事から、一もうじゅうつかいモデルという事が見て取れますよ。