もっきり屋の少女単語

モッキリヤノショウジョ

もっきり屋の少女とは、つげ義春漫画作品である。1968年(昭和43年)8月に『ガロ』(青林堂)に発表された。

概要

16ページからなる短編だが、つげ義春から得たインスピレーションに満ちたきわめて抒情的な小品。おかっぱ頭の少女が登場する作品の一つで、この作品が最も好きだというつげ義春ファンも多い。つげが得意とする「もの」の一つで『沼』、『』とともに高く評価された。大人になる前特有の少女エロスと、何事も起こらない日常性がそれゆえにリアルに、抒情的に描かれている。つげが友人の立石太郎をした途中で立ち寄った大多喜の宿「寿恵楼」に実際にいたさんがモデルとされ、が発した「どてらを着て寝ると切ない」という言葉をそのまま引用した。

もらわれてきたというもっきり屋で酌の相手をする少女と下品な客とのたわいのないやり取りが描かれ、客が少女乳首をまさぐり、快感に耐えられるかどうかの賭けをし、少女はいつも負けている。

関連動画

もっきり屋の少女に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

い靴

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%8D%E3%82%8A%E5%B1%8B%E3%81%AE%E5%B0%91%E5%A5%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

もっきり屋の少女

1 ななしのよっしん
2015/03/25(水) 08:51:40 ID: EEkHgnh5+l
く、で始まる物が欲しいんだろ(ゲス顔)

急上昇ワード