もったいないおばけ単語

モッタイナイオバケ
1.1千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

もったいないおばけとは、日本妖怪の一つである。

概要

もったいないお化けの出現は、1982年公共広告機構CMより。

昔、寺の和尚さんが近所の子供たちを晩御飯に招待した。
しかし、子供たちは好き嫌いが多く、ある子供は「大根」ある子供は「豆」また、ある子供は「人参」とその食べ物をつかんでは落とすと言った粗末な扱いをした。

その

「もったいねぇ」「もったいねぇ」とうめきを上げながら、野菜化け物子供たちを取り囲み粗末に扱った事をめた。
子供たちは和尚さんにそのことを話すと「そりゃ、『もったいないおばけ』が出たんじゃ」と話した。

その後、子供たちが食べ物を粗末に扱うことはありませんでしたとさ。

めでたしめでたし

という、15~30のスポットCMで出現し、「食べ物を大切に」というメッセージが込められている。

なお、CM中では寺なのにが振る舞われるという、仏教ではおなじみの「精進料理」が視されているが、 この話はおそらく「好き嫌いが多い子供をどうやって諭したら良いか」という悩みを持つが、寺の和尚さんと相談し、が『もったいないおばけ』となって子供元に現れる話である。

 これから察するに、当日料理をしたのは、おそらくこの子供の達であるというのが推測である。
 なお、和尚さんの御が入っていたかは不明なものの、仮にが出されていて、和尚さんがを残した場合、好き嫌いの多い子供たちを前に「精進料理」の説明を含め仏教を説いて説法するのか、はたまた提供された場合は粗末にしてはいけないとの事から和尚さんがを食べるのかはは微妙なところである。 (なので、世の中は非常に面倒くさい)

アニメの途中のCMなどに入っていたことや「まんが日本昔話」で有名な読み手「市原悦子」、「常田富士男」が演じたことで、好き嫌いの多い子供にはトラウマになった事や、そのがこれを元に怖がらせるため一躍有名になった。

当時は、物が今ほど豊ではない時代背景や、戦争で食べ物がなく辛い思いをした(祖祖母)と高度成長期における財で手に入れるその子(父親母親)が世代交代含め、このような事で喧嘩することもあり、テレビCMを挟むことで学んでいった子供もいる。

なお、2020年現在でも日本国内においては「もったいないおばけ」が出るといって子供に言い聞かせるもいるが、科学による明確な根拠「アレルギー」等のことや、多少宗教じみている「食べ物健康法」等による偏食などもあり「理に食わす事もい」とのことから出現は減り、見られることは少ない。

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%91

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

もったいないおばけ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • もったいないおばけについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改