よっしゃ単語

ヨッシャ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

よっしゃ」とは、歓・承認・決意・促しなどを表現する、日本語感動詞である。

「よっしゃー」「よっしゃあ」など、語尾を伸ばした形で発音・表記されることもある。勢いよく言われることも多い言葉なので、「よっしゃ!」などと感嘆符を付けて表記されることも。

概要

おそらく、ほぼ同じ意味合いで使われる言葉「よし」から生したものと思われる。

日本ではごくありふれた言葉使いであり、日本で暮らしている少年以上の年齢の人物の大半が、自分も口に出したことがあるか、あるいは少なくともにしたことはあるであろう。

だが、ごく口的な表現でもあり、また「よし」の変形でしかないという捉え方もできるため、とてもよく使用される日本語であるにも関わらず、あまり規模が大きくない国語辞典には掲載されていないこともある。

「気持ちをストレートに発した気軽な表現、崩した表現」でもあり、「上品な堅い表現」「丁寧な表現」とは言い難いかもしれない。

方言

元々は方言であるという説もある。「全大阪弁普及協会」などはこの説に基づいて、大阪弁のひとつとして紹介しているexit

しかし、「よし」を勢いこんで「よっし!」などと言いつつ、「し」の部分で勢い余って吐息を口から漏らすようにすると「よっしゃ!」に近いきになる。方言として一地方でよく使用されたということがあったにせよ、「よし」という言葉を使う人であれば、地方がどこであれ自然と使いうる言葉だとは推定される。

実際、特に大阪弁の使用者に限定して使う言葉と言うわけではなく、「大阪弁だ」と強く認識されている言葉であるとも言い難い。元々が方言であったかどうかはともかく、現代においては日本中で使用される言葉になっているのが実情である。

 

さて、ここまで読んだ方、もしや「よっしゃが方言かどうかなんてどうでもいいよ……」と思ってはいないだろうか?

だが、日本の元総理大臣が汚職の疑いで裁かれた際に「よっしゃが方言であるかどうか」が総理の有罪・無罪を左右する争点になったこともあるのだ。その時「よっしゃ」は、日本の最高権者をも揺るがすパワーワードであったとも言えるだろう。

総理大臣の「田中角栄」は、かつて汚職を依頼された際に「よっしゃよっしゃ」(あるいは「よしゃよしゃ」)と機嫌よく答えて承諾した、という追及を受けた。いわゆるロッキード事件である。

この汚職疑惑をめぐる裁判の際に、弁護側は次のような論法で反論したのである。

第一に、「よっしゃ」という日本語の表現は、関西方面の方言であって、かつて田中総理がそのような発言をする生活体験をしたことがなく、そのような発言をしないことは、知の事実である。したがって、「よっしゃ、よっしゃ」と田中総理が発言したとするのは、検察官の創作にかかる架のことに属する。[1]

これだけ重量級の拠採用に対して、田中側が一反撃を試みたのは、「よっしゃ」の義問題だった。『日本国大辞典』の「よっしゃ」の項のコピー拠として提出し、この新潟方言にはないということをし、また、『婦人論』に載った河野恵子の随筆を拠として提出し、「よっしゃ」には相手をいなすための発という用法もあることを示したのである。[2]

これは無罪ですね。田中角栄大勝利

関連動画

2019年10月現在、「よっしゃ」でニコニコ動画キーワード検索してマイリスト数順に並べると、角田信朗の楽曲『よっしゃあ漢唄』関連の動画人気が高いようだ。

また、以下のようなバーチャルYouTuberの人の動画人気が高かった。そんなに言っているのか。どんな言い方だ。

関連項目

脚注

  1. *東京新聞特别報道部. 裁かれる首相犯罪 第16集―ロッキード法延全記録
  2. *立花. 政治家田中角栄敗北ロッキード裁判傍聴記

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%88%E3%81%A3%E3%81%97%E3%82%83

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

よっしゃ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • よっしゃについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!