アイアンコング単語

アイアンコング
ゾイド > アイアンコング

アイアンコングとは、『ZOIDSシリーズに登場するゴリラ重戦闘用ゾイドである。

機体解説

アイアンコング
IRON KONG
基本情報
EPZ-002
EZ-015
所属 ゼネバス帝国
ガイロス帝国
モチーフ ゴリラ
スペック
全長 11.5m
全高 11.7m
全幅 13.1m
重量 187.0t
最高速 150.0km/h
武装(旧)
武装(新)
ゾイドテンプレート

ゼネバス帝国RBOZ-3ゴジュラス打倒のために開発したゴリラゾイド

格闘戦に特化したゴジュラスとは対照的に、ミサイルランチャーなどの多数の火器を装備する火力に秀でた機体になっており、ゴジュラスが接近する前にこれらの火器で殲滅する事を的とした設計で作られている。

格闘こそゴジュラスに劣るとは言え、人間に近い構造をした長い腕と見た以上の機動性を持っているため本機自体の格闘性は高く、撃戦だけでなく兵戦も熟せる非常にオールマイティな性を有しており、さらに全下での戦闘はおろかなどの局地戦にも対応が可になっている。

コクピットは複座式になっていてパイロットとガンナーが二人で操る事により操縦性と対応性を高めており、さらには基本的に気性が荒くて扱いにくいとされる事の多い大ゾイドの中でもゴリラゾイド較的大人しく従順な性質であるとされ、それをベースにしたアイアンコングもまたとても使いやすいゾイドに仕上がっている。

その高い性と優れた汎用性から総合的にはゴジュラスを上回っているとされており、旧大戦のパイロットからも「帝国ゾイドの最高傑作」の呼びが高い。

いざロールアウトするやその高いを見せつけてゴジュラス無敵時代を終わらせ、その後も帝国軍の機として前線で活躍し、後には数多の改造機を開発を経てアイアンコングMK-2やアイアンコングMk-2量産型なども作られ、最後までゼネバス帝国、そしてガイロス帝国の切り札で在り続けた。

二次大陸戦争でもガイロス帝国機として参戦。当時としてもゴジュラスに対抗できる一の機体であり、さらにあの惑星Zi大異変をほとんどの個体が乗り切ったため数においても共和軍を圧倒し、第一次大会戦で大きな戦果を帝国側にもたらした。

他にも同時期には都守備用のアイアンコングPKや特別士官用のアイアンコングSSなどのバリエーション機が生み出され続けている。

劇中での活躍

バトルストーリー

ZAC2032年ロールアウト。このアイアンコングに初めて遭遇したゴジュラスパイロットに「山が動いた!?」と言わしめるほどのインパクトを与え、後の会戦では大陸全土から集められたゴジュラス200機に対して150機で挑み、戦局的には敗北したもののゴジュラスに自軍以上の損を与えてゴジュラス無敵時代を終わらせた。

ゴジュラスが対コング用にMk-2タイプ良されたのと同時期にアイアンコングも複数の実験機から得たデータを元にしてMk-2タイプへの良がなされ、そして共和軍の最終兵器ウルトラザウルスの打倒のために動き出すも、この時にウルトラザウルスを守ろうとしたロイ・ジー・トーマスの駆るゴジュラスMk-2スパイコマンドエコーの操るアイアンコングMk-2が交戦、いわゆる“大氷原の戦い”が繰り広げられたが、この時の戦いでコングは敗北する。

その後はアルメーヘンの攻防戦では見事に境線を奪い取る活躍をし、さらには共和首都に続く砦に取っての対地攻撃でも共和軍を駆逐し、この時のコングは「の上の悪魔」と呼ばれてマッドサンダーに倒されるまで共和軍を恐れさせ続けた。

ガイロス軍に接収された後は実験改造機のベースとして使用され、後にギル・ベイダーに搭載される新兵器ビームマッシャーを装備した実験機が登場している。

二次大陸戦争では多数の機体と原種が生き残った事から、一気に大量配備されて西方大陸戦争に参加。
個体数を極端に減らしたゴジュラスと戦不足の共和軍に対して絶対的なアドバンテージを示し、第一次大会戦のおける帝国勝利に貢献した。

その後は第二次大会戦で帝国本土から寄越されたアイアンコングPKが共和軍基地に奇襲にかけたが、この時はゴジュラス・ジ・オーガの前に惨敗し、さらにウルトラザウルス撃破のため出撃した部隊のアイアンコングもウルトラザウルス1200mmウルトラキャノン撃により全滅している。

大陸戦争末期にはプロイツェンの反乱の呼応してアイアンコングPK部隊が帝国首都を占拠、ヘリック・ガイロス連合軍と突したが玉砕、そしてプロイツェンブラッディデスザウラーに追い詰められるルドルフセイバータイガーゴールドを救うためシュバルツが駆るアイアンコングSSが奮戦した。

アニメ

ゾイド -ZOIDS-』から『ゾイドフューザーズ』まで登場。


ゾイド -ZOIDS-』では帝国軍の士官用の機体として登場。
登場頻度はゴジュラスよりもかに多く、戦列シーンや部隊シーンでは必ずといっていいほど出番があった。

に部隊の指揮官機として運用され、一般機の他にもガトリング砲を搭載したカスタマイズ機や機体色をくしたプロイツェン直属機などが登場している。


/ZERO』ではチームチャンプ所属の機体として登場。

こちらはい機体色にMK-IIタイプの装備を施してあるが、なぜか呼称はPK(ピーケー)であった。
ハリーやそのサポートロボットであるベンジャミンセバスチャンの他、ハリーであるマリーまで乗り込んでチームブリッツと交戦している。


フューザーズ』でも一般ゾイドとして登場。

劇中では悪党が使用してゴジュラスギガに倒されたり、時には野良ゾイドとして凱龍輝エナジーライガーに駆除されたりともはや雑魚キャラ扱いになっている。


ゾイドジェネシス』ではこのアイアンコングの流れを組むデッドリーコングがレギュラー機として活躍している、

主な機体バリエーション

アイアンコングMk-II

アイアンコング Mk-II
IRON KONG Mk-II
基本情報
EPZ-002
所属 ゼネバス帝国
モチーフ ゴリラ
スペック
全長 19.1m
全高 20.8m
全幅 13.1m
重量 209.0t
最高速 150.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

エコーの手でアイアンコングに高機動ブースタービームランチャーなどの更なる重武装が施された機体。
機動性と火力が同時に強化されており、理論上はウルトラザウルスも撃破可な戦闘を発揮できるとされる。

アイアンコングMk-II量産型

アイアンコング Mk-II 量産型
IRON KONG Mk-II
基本情報
EPZ-002
EZ-015
所属 ゼネバス帝国
ガイロス帝国
モチーフ ゴリラ
スペック
全長 19.1m
全高 20.8m
全幅 13.1m
重量 198.0t
最高速 150.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

アイアンコングアイアンコングMk-2の装備を一部く事で生産性を高めた機体。
とは言え、追加装備は高機動ブースターのみに留めてあり、特にそれ以外に武装の追加はされていない。

戦争後期には生産ラインは全てこのタイプに切り替わり、ゾイドとして活躍した。

アイアンコング・プロイツェンナイツ

アイアンコング プロイツェンナイツ
IRON KONG PK
基本情報
EZ-015
所属 ガイロス帝国
モチーフ ゴリラ
スペック
全長 19.1m
全高 21.0m
重量 209.0t
最高速 170.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

プロイツェン直属の特殊部隊プロイツェンナイツ”専用のアイアンコング。装備はMk-IIとほぼ同じ。

パイロットは選りすぐりのエースいで、独自のカスタマイズによってその性は通常機の3倍を誇っている。

二次大会戦ではゴジュラス・ジ・オーガに敗れ、後の帝国首都占拠の際にはヘリックとガイロスの連合軍を相手にして壮絶な全機玉砕を遂げたが、騎兵団の中央大陸制圧の時間稼ぎとして十分な働きを見せた。

アイアンコング・シュバルツスペシャル

アイアンコングアイアンコングにダークホーン用のビームガトリング砲などを装備させたカール・リヒテン・シュバルツ専用機。
装甲の一部がい強化装甲に交換されており、正規軍仕様の中では一PK機と互を持つとされている。

PKによる都占拠の際は、単身でプロイツェンルドルフの交戦の場に乱入し、プロイツェンブラッディデスザウラーに致命打を与えつつ、ルドルフセイバータイガーゴールドって彼をプロイツェン自爆から救っている。

アニメの第1部のデスザウラー戦では、ゴジュラスの首が落とされると見るや、デスザウラーの動きを封じるため、脚にパンチしては手をちぎって動きを封じた。

ゾイドフューザーズでも何体かこのタイプに似たアイアンコングが登場している。

アイアンコングイエティ

妄想戦記』シリーズに登場したアイアンコングの寒冷地仕様
キットはMk-II量産型とほぼ同じ仕様だが、劇中では右肩のランチャーが小ガトリング砲に交換されている。

アイアンコングエヴォルツォーネ

どこかで開発が進められていたらしいアイアンコングっぽい何か。
あのゴジュラスギガよりも大きなボディを有していたようであるが、いつの間にかその存在は消されてしまった。

お絵カキコ

アイアンコング

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アイアンコング

35 ななしのよっしん
2017/06/14(水) 22:28:34 ID: 8AeFB53haN
ホビージャパンゾイドバトルアングルにZi-ARMS製のフルメタルコングというアイアンコング後継機が登場している
作例的にはデッドリーコングの改造アイアンコングとデッドリーコングのミッシングリンクを感じさせるゾイドになっている
36 ななしのよっしん
2018/01/08(月) 23:03:25 ID: QgZFqbHAVY
そういえばリックゴリラゾイド使おうとは思わなかったのかな・・・
ゴジュラス絶滅寸前なら使いはありそうだけど
理由として

・他のへリックゾイドべて体格が違い過ぎて、パーツが流用出来ない
・へリックにはゴリラゾイドのノウハウが
中央大陸ではゴリラ絶滅または絶滅寸前である

こんな理由なのかな
37 ななしのよっしん
2018/02/16(金) 11:06:57 ID: cWDCVFKyli
アイアンコングの強さを恐れ警した敵がっ先に集中攻撃をかけるから描写上やられ役になってる事が
多いだけみたいなフォローがされた事あったけど、まずその敵にコングを集中攻撃させない為の
友軍の支援とかはどうなってるのか? とか今更になって思った。コングに随伴させる僚機を付けない
帝国側の慢心にも原因があったんじゃないのか?
38 ななしのよっしん
2018/08/02(木) 14:24:24 ID: AhkOyhsJvc
>>36
共和側にゴリラどころかゾイドがいないのを見る限り、ノウハウがないのだろうね
例えば新バトストエレファンダーが修理されて使用されたのは機体性論、ゾイドマンモスのノウハウがあったからかも知れないし(プロイツェン離反後にガイロスから技術提供もあった)
バトスト時では共和アイアンコングを造るよりもゴジュラスを強化した方がかったのではないだろうか
ゼネバスが滅んだ後にゼネバス側の科学者からコングの技術提供があっただろうけど、その時にはゴジュラス同様アイアンコング過去の物になりかけてて、ガイロスに対抗できる新機が優先されたから遂に共和アイアンコングは生まれなかった……

みたいな感じじゃないかな、長くてスマソ
39 ななしのよっしん
2018/08/03(金) 01:48:04 ID: AhkOyhsJvc
>>37
付けられる僚機に適当なのがいないからねぇ……
リック共和にはコマンドウルフアロウラーといった中ゾイドがいるのにゼネバス帝国にはブラックライモス位しか随伴できる中ゾイドがいない
40 ななしのよっしん
2018/08/09(木) 11:38:28 ID: mSaFN7oKpU
アイコン
41 ななしのよっしん
2018/08/22(水) 20:04:03 ID: mbVcKkd0he
ウホッ!いいゴリラ
42 ななしのよっしん
2018/08/28(火) 02:16:59 ID: GXO4sLIr4h
直立姿勢でドラミングするナックルコングという子孫ができたね
口もあるよ!
43 ななしのよっしん
2019/03/04(月) 23:24:25 ID: ufVfcewjkr
>>38
と言うか、同じタイプの野生ゾイドを元に敵味方で全く違うゾイド作ったケースあるっけ?
ライガーゼロBF凱龍輝はガワが違うだけだし、エナジーライガーは新技術を投入するから新規開発になった訳だし(そもそもライガーゼロ自体自分らが作ったもの)、敵と同じタイプゾイドを使うならそのまま同じものを使った方がいいんじゃない?
既に実戦投入されているんだから、不具合の洗い出しは敵が済ませてるんだし。
44 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 21:04:17 ID: v58UpzapRX
>>43
>同じタイプの野生ゾイドを元に敵味方で全く違うゾイド作ったケース

ダークスパイナーとスピノサパー

同じスピノサウルダークは電子戦でスピノ工兵
ピノは基本作業用なのでダークスパイナーみたいに全野生体である必要はないらしいが

急上昇ワード