アイハイ族単語

アイハイゾク

アイハイ(Aihai)とは、以下をす。非常に稀だがエイヘアと訳されることもある[1]

  1. アイハイもの/アイハイシリーズ (The Aihai Cycle) - クラーク・アシュトン・スミスの書いた作品のうち、アイハイという種族が住まう火星舞台としたSF小説の総称
  2. アイハイ族アイハイ人 (Aihais、単数形はAihai) - ヒューマノイド知的種族。上記小説世界観では火星人=アイハイ人となる
  3. クトゥルフ神話古代文明ハイパーリアの民は火星をさしてこう呼ぶ

通常「ワイファイ」と呼ばれているものについてはWi-fiを参照のこと。これをアイハイと読んでしまう人は思いのほか多いらしい。

アイハイもの作品群の概要

火星人実在しない。いいね?」

「アィハイ

地球から火星金星への宇宙旅行が一般的になり、太陽系惑星との交流や探検が始まった未来世界舞台にしており、次に述べる3作+未完1作が該当する。
遅いものでもマリナー4号火星30年近く前に発表されている。この時期に書かれたSF小説では、火星には老いた文明を持つ知的種族が運河とともに住んでおり、金星ジャングルと沼地に覆われた危険な世界だが知的生命がいないとも限らない…という設定が、まぁ相場だった。
スミス金星探検もの『はかりがたい恐怖』[2]や、ラヴクラフトがK・スターリング金星ものを書きめた「エリュクスののなかで」[3]も、概ねこの作法に沿っている。
以下の作品の主人公達はいずれも地球人で、なんのことはない、「現地人ガイドに案内された西洋人探検が何千年も前の遺跡で怪物に遭遇」が「アイハイ族ガイドに案内された地球人が何万年も前の遺跡で怪物に遭遇」に変わっただけの話。

  1. 『ヨー・ヴォムビスの地下墓地The Vaults of Yoh-Vombisexit』(1932)
  2. 『淵に棲むもの/The Dweller in the Gulfexit』(1933) (別題:『Dweller in Martian Depths』)
  3. ヴルトゥームVulthoomexit』(1935)
  4. Mnemokaexit』(断章のみ)

E・M・ジョントンとの合作 『The Planet Entity』(1931) (別題『Seedling of Mars』)が、このシリーズの一つと見なされることは通常はない。アイハイ族が出てこないし…
2と4は未訳。ジャンルは1と2がホラーSF、3が侵略ものの変種。
3の中に出てきた存在(ヴルトゥーム)は、のちにクトゥルフ神話邪神として設定が取り込まれたため、アイハイ族クトゥルフ神話世界に一緒についてきた。

アイハイ族の概要

アイハイ(通常種)

当時の火星人テンプレによくある、人類よりも古い歴史をもつ種族。流石にクトゥルフ神話世界の緒存在には古さでかなわないけど。
パルプ小説原住民脇役としては理想的なキャラ付けをされており、ガイド達は怪物のいそうな遺跡には決して同行しないし、その理由も言わない。息も絶え絶えで遺跡から逃げ延びてきた主人公達の生き残りを、体験談を記録する前に死んでしまわないように地球人用病院のあるへ運んでくれる[4]

彼らの身長は10フィートのタ=ヴォ=シャイより1ヤード[5]低い(つまり7フィート=約2.1m)。
って関節の数が多く[6]、ひょろ長い[7]手足、痩せの体、大きなふいごのような胸[8]、幅は狭いが大きく横にひしゃげて広がった鼻孔[9]、高く広がってり出した[10]を持つ。腕と胸はスポンジにも例えられる[11]。小さな斜めについていたり[12]、落ちくぼんだ眼窩に沈み込んで頭蓋のきのように見えたりする[13]のようによくで喋り[14]アイハイに使われる喉地球人の発器官に適さない[15]
装身具の他は衣服を全く身につけない[16]。ガサガサの皮膚は寒さに強く、氷点下でもバッサ布(bassa-cloth)を経帷子のように重ね着することで耐えることができる[17]。 食事の際には、クルパイ(kulpai)と呼ばれる半金属製陶器の大皿ひとつに飲み物と固形物を全てのせて出す[18]。また、火葬にした遺を一族ごとに一つの巨大なに入れる習があり、これはヨーヒ族から受け継がれたものらしい[19]

リンカーター設定のクトゥルフ神話世界ヴルトゥーム配下以外のアイハイが存在するのかどうかはあいまい(駄洒落ではない)。ただし、イグナール=ヴァスの名前は出てくる。
イグナール=ヴァス/イグナル=ヴァス(Ignar-Vath)とイグナル=ルス(Ignar-Luth)はいずれも火星の商都イグナール (Ignarh)[20] の一部で、両地区は大運河によって区切られている。「本物の」ラヴォルモス(Ravormos)はスミス設定ではイグナル=ルスの下、カーター設定ではイグナール=ヴァスの地下にある。他の集落・都市名としては『The Dweller in the Gulf』で言及されるアフーム(Ahoom)がある[21]
通常のアイハイ族古代におけるヴルトゥーム配下との戦争を忘れ去っており、この旧支配者伝説と民話の産物だと考えているので、彼らにとってのラヴォルモスおとぎ話地獄でしかない。

アイハイ(ヴルトゥーム配下・ラヴォルモス種)

クトゥルフ神話TRPG』での〈ヴルトゥーム火星の下〉という二つ名分解などの超兵器奉仕種族としての分類はこの一に対するもの。アイハイ通常種をゲームに当てはめるなら独立種族になるはずである。
ヴルトゥームに受けた不老処置の副作用で、全員が9~10フィート(約2.75~3m)、中には11フィートにもなる巨筋肉質な体を持つ。それに反して木乃伊のように年取っていそうな表情を浮かべているのが異様である。ある種の生物が高齢になるにつれ巨体になるさまに例えられていたが、アイハイ通常種が爬虫類のように一生成長し続ける体質だという記述はない。
ヴルトゥームと共に千年周期の眠りにつくためには技術で製造した「眠りの瓶」に詰められた特殊なガスを使用する。このガスは不老処置を受けていないものも眠らせてしまうが、起きる頃にはになっていることだろう。

リンカーター『陳列室の恐怖/The Horror in the Gallery』では、彼らは旧神によってヴルトゥームもろともラヴォルモス閉されているという設定。
魔道書ネクロノミコン外伝』収録の『リンカーターネクロノミコン』では1カ所だけ、時が至れば「最年少のを除き、ヴルトゥームの種族のすべてが」ラヴォルモスから出現するという記述がある。これがアイハイ族のことなのか、ラムジー・キャンベルが『畔の住人』で設定したようにヴルトゥームが種族名なのか(あるいはそういうふうにアルハザードが考えているのか)は全く分からない。

タ=ヴォ=シャイ (Ta-Vho-Shai)

ヴルトゥーム』で、地球人をラヴォルモスに案内したヴルトゥーム信者アイハイ人の個人名。背丈は10フィート。奇妙な形に打ちのばして作ったの針状の首輪のようなものをつけており、かなりのお偉いさんらしい。『陳列室の恐怖』ではタ=ヴォ=シャイはヴルトゥームアイハイ導者とされている。

ヨルヒス/ヨーヒス人/ヨーヒ族 (Yorhis、単数形はYorhi)

『ヨー・ヴォムビスの地下墓地』の遺跡の建造者とされた、少なくとも4万年前に絶滅したとされる古代火星種族。アイハイ族に一掃されたとも、伝染病など未知のによって滅んだともいうが、その相は…
現生アイハイ族身長、体、特徴ある大胸は概ね同じ。と鼻孔はアイハイほどには大きくも広がってもいない。肌は暗褐色は4つの関節がある。胸部から第3の腕が生えており、これは現生アイハイ族にも跡器官として発現することがある[22]
彼らの建築様式には他の火星古代遺跡とは明らかに違う特徴があり、(スミスSF世界の)火星考古学者ならはっきり区別できる。

退化ヨーヒ族 (チャウル地底種)

『The Dweller in the Gulf』で登場。作中での呼称はきものども(white people)、眼の居人(eyeless troglodytes)など。
チャウル(Chaur)はの涸れ果てた大河の床地帯で、行って帰ってきたもののいない未踏地域。そこで見つけた洞窟かな地下にはまだが残っており、そこで遭遇した種族である。
アイハイ族火星原住民[23]に似ているが、体均5フィート(約1.5m)で菌類のようにい肌を持つ。
黄色がかった赤色の血液と、ヨーヒ族と同じ4つの関節があるを持つ(これはアイハイ系の全人種に共通のものだと思われる)。
全員盲目だが、眼窩の跡がかすかに残っている者と、眼窩が洞になっている者が混在している。どうやら退化したのではなく、何者かに眼球を抉られたらしいのだが…? 地上種アイハイ族とは全く異なった言を喋るが、基本的には異様に無口。また、死体は速やかかつ手際よく奈落の底に放り捨てられる。

加筆された部分[24]によると、こいつらはヨーヒ族の生き残りが 当局に逮捕されたが刑務所を脱出し が涸れた地上から脱出し地下に潜ったなれの果てで、この奈落の最下層にある地下安置されている怪物像を作ったのも彼らである。ナメクジの退化した、地下を生で食べる並みの生活をしている。
この怪物像を撫でると麻薬のような睡に導かれる。そのうち何体かは眠っている間に怪物に食い散らかされる…というのが彼らの一生らしい。

以下はアイハイ族にかかわる設定のうち、他の大百科記事で言及されていないもの。

ヴォルトラップ (Vortlup)

『The Dweller in the Gulf』に登場した火星の荷役
細長い脚と首、で覆われた体を持つ、ラマ蜥蜴の合成のような哺乳類で、ひどく醜いものの、砂漠で何ヶなしで活動できる特徴は、運河から遠く離れたところでは死の世界となっている[25]スミス火星世界では重宝する。ただ、有生物こそ死滅しているものの、鉄分を含んだを吹き付けてくる竜巻ズールス(zoorth)[26]や、決まって明け前に東から吹く砂漠の強ジャール(jaar)[27]など自然が過酷すぎるためにアイハイガイドはぜひ雇っておきたい。

『ヨー・ヴォムビスの地下墓地』の初期案では食性の怪物の名前として使われていた[28]

ヨー・ヴォムビスのヒル怪物 (Leech of Yoh-Vombis)

『ヨー・ヴォムビスの地下墓地』のモンスターで、封印された数に蠢いている。直径12~14インチ(3035cm)の円形で、い皺だらけのマット生物。地上では尺取りのように体を伸縮させて這って移動する。妖怪の要領で天井から犠牲者に覆い被さり、裏側の吸盤で頭巾のように固着すると、速やかに獲物のコントロールを乗っ取る。時間が経って膨らんだ「頭巾」に対して仲間ナイフで切りつけても、中から出てくるのは手遅れなほど食い荒らされた頭部だけ。
火星日光を嫌っているが、一度でも頭部に傷をつけられた犠牲者は、たとえ地獄のような痛に耐えて怪物を殺し屋外へ逃れても、地下墓地に戻りたいという抗いがたい衝動に断続的に襲われる。いわゆる姦である。

子供向けの翻案『遺跡の秘密』[29]では、ヨー・ボンビスの遺跡はイグニという太陽系外惑星に存在することになっている。

〈死者の支配者〉 (Necromantic Ones)

ヒル怪物の湧き出した深淵に潜む、邪悪に満ちた[30]存在たち(複数形)。4万年も餌がなかったはずの怪物がうようよいるのはこいつらが飼っているかららしい。怪物によりに傷を受けた者はその存在を感じるようになる。

Mnemoka (ムネモカ?)

火星サボテンから蒸留される麻薬で、アイハイ人は禁忌としている。自らの過去を再体験することができるというが…
この作品はシリーズ4作になる予定だったが、断片しか現存しない。過去ネタは『アフォーゴモンの鎖』や『ウボ=サスラ』で散々やったからもういいよ…という事情だったのかどうかは不明。

補筆

クトゥルフ神話TRPGだけの事情として、ソースブッククトゥルフバイガスライト』でH・G・ウェルズが『宇宙戦争』で出したタコ火星人ゲームクリーチャー・種族として設定していることがあげられる。結果、

  1. 将来地球人が有人火星探検を行う未来(=スミスSF作品の時代)まで隠れ住んでいる
  2. 好戦的なウェルズの火星人と温和なアイハイ族は不安定な休戦条約を結んで住み分けている

という、かなり理のある設定になっているのだが、ゲームセッション火星人を出そうと考えるキーパーがそんな細かいことを気にすることはないのでも困らないのだった。
火星がこんなに賑やかではちょっとなぁ、という事情がもしもあるのなら、別の場所に種族まるごと移しておくのがお勧め。例えば火星ドリームランドヒル怪物の項で触れた惑星イグニなど。

原作スミスアイハイはヨーヒ族の描写から考えて2本腕だが、クトゥルフ神話TRPGイラストではなぜか4本腕で描かれることがわりとある。
クトゥルフ神話TRPGにおける火星クリーチャーの諸設定については『マレウス・モンストロルム』p.14のハンセン・ポプラン卿の日誌がヒントになるだろう。

惑星アイハイの概要

ローレンス・J・コーンフォードの『ウスノールの亡霊/The Haunting of Uthnor』(2001)[31]で使用例がある(エイヘア表記)。

クトゥルフ神話作品では、例えばベテルギウス→グリュ=ヴォというに、体が現代とは別の呼び名で呼ばれていたという設定がよく出てくる[32]
他の惑星

スミスの短編『スファノモエーへの[33]では金星がスファノモエー (Sfanomoë)と呼ばれているが、この名詞がクトゥルフ神話に該当する作品で使われたことは一度もないようだ。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *『ウスノールの亡霊』
  2. *イルーニュの巨人』に収録
  3. *ラヴクラフト全集 別巻 下』に収録
  4. *『ヨー・ヴォムビスの~』
  5. *ヴルトゥーム』の日本語訳では「頭ひとつ分」となっている。
  6. *ヴルトゥーム
  7. *『The Dweller in the Gulf
  8. *『ヨー・ヴォムビスの~』
    希薄な火星の大気に適応した巨大サイズの肺を持つというのは、イラストレーターフランク・R・パウルexit考案した火星人想像図exitに倣っている。パウルの異人達については異様に詳しく書かれた本exit_nicoichibaがあるので興味があったらどうぞ
  9. *ヴルトゥーム』と『ヨー・ヴォムビスの~』原版の描写をめたもの
  10. *ヴルトゥーム』、原文は"high-flaring ears"。
  11. *『ヨー・ヴォムビスの~』
  12. *『ヨー・ヴォムビスの~』
  13. *ヴルトゥーム
  14. *ヴルトゥーム』のタ=ヴォ=シャイと『Mnemoka』の売人
  15. *『The Dweller in the Gulf』、『Mnemoka
  16. *エドガーライス・バローズの『火星プリンセスシリーズにおける火星人諸種族と同じ特徴。
  17. *『ヨー・ヴォムビスの~』
  18. *ヴルトゥーム
  19. *『ヨー・ヴォムビスの~』
  20. *『ヨー・ヴォムビスの~』での表記 、"commercial metropolis" (巨大商業都市)。なおりが"Ignarh"と"Ignar-Vath/Luth"で違うのは英語版でも同じ。
  21. *アフーム=ザーとはりが違う。
  22. *ヨー・ヴォムビスの地下墓地 (Eldritch Darkバージョン)での記述。日本語訳の原本となった短縮版exitにはない。
  23. *"Martian natives"、どうも通常のアイハイ人以外にも原住民にあたる部族がいるらしい。
  24. *雑誌編集者からの依頼によるもの。『The Collected Fantasies of Clark Ashton Smith Vol.4』exit_nicoichibaに収録
  25. *『ヨー・ヴォムビスの~』
  26. *『The Dweller in the Gulf
  27. *『ヨー・ヴォムビスの~』、原文は"cruel desert wind"
  28. *The Vaults of Yoh-Vombis (概要) (Eldritch Dark)exit
  29. *アトランティスの呪い』(榎 哲 訳、1985年ポプラ社文庫刊)収録
  30. *原文では"noisome"
  31. *クトゥルフ神話カルトブック エイボンの書exit_nicoichiba 』収録
  32. *グリュ=ヴォの呼称はラヴクラフトダーレスに送ったもの
  33. *『ヒュペルボレオス極北怪譚』に収録。ポセイドニス(アトランティス)が舞台

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%82%A4%E6%97%8F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アイハイ族

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アイハイ族についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!