アイーダ単語

アイーダ

アイーダAidaとは、

  1. ジュゼッペ・ヴェルディによるオペラ
  2. 1.を題材としたミュージカル2003年初演。
  3. アニメガンダム Gのレコンギスタ』の登場人物。フルネームアイーダ・レイハントン。またの名をアイーダ・スルガン

本記事では1.について記述する。

概要

1870年に制作、翌1871年に初演されたイタリアオペラ
古代エジプト舞台とし、若き将軍と亡の悲を描く、オペラの中でも世界的な人気を誇る作品である。

1869年、スエズ運河開通の祝賀事業として、エジプトアリ総督、イスマイール・パシャカイロにオペラ劇場を創設する。この時こけら落としの為にヴェルディ作曲の依頼が入ったが本人が辞退した為、ヴェルディオペラリゴレット』が上演された。
その後パシャは「ヨーロッパの著名な作曲による、エジプト舞台としたオペラ」の制作ヴェルディ希望。この時題材として提示されたのは、エジプト考古学者、オーギュスト・マリエットが記した23ページ稿だった。これはマリエットが発掘作業中に見つけた一組の男女の遺体からインスピレーションを受けたもので、その後加筆されてオペラ原作となった。
1870年にヴェルディは依頼に合意し、制作を開始。この時提示された条件は「台本はイタリア語」「初演を監督する義務はない」「初演以外の全ての上演に権利を持つ」などの厳しい内容だったが、パシャはこれを全て受諾している。なお制作自体は契約締結からわずか5ヶという驚異的スピードで行われており、ヴェルディの意気込みが感じられる。

『アイーダ』のカイロでの初演は1871年1月に決定していたが、1870年7月に勃発した普戦争により、舞台装置や衣装製作していたパリプロイセンによって包囲され、スケジュールが大幅に遅延してしまう。
その後初演は12月に延期されたが、結果は大成功。パシャは感謝電報ヴェルディに送ったと伝えられている。
イタリアでは1872年にスカラ座で初演。熱狂的に迎えられ、その後各都市でも上演された。日本では1919年、帝国劇場にてロシア歌劇団によって上演されたのが初演とされている。

最も有名なのは第2幕第2場で演奏される「凱旋行進曲」で、本作を代表する曲である。
舞台でも「アイーダ・トランペット」と呼ばれる特別なトランペットにより、舞台上で演奏されるのが通例。日本ではサッカー応援歌として人口に膾している。

あらすじ

舞台古代エジプト
敵国エチオピアとの戦を間近に控えた中で、祭ラムフィス々に官をにすべきかを問い、託宣によって若き将軍ラダメス名される。
ラダメスは王女アムネリス奴隷であるアイーダと密かに愛し合っており、官となったにはアイーダに勝利げる事を願う。一方でアムネリスはラダメスにをしていたが、彼の心が自分の奴隷にあると知って嫉妬の炎を燃やす。
しかし誰も知らない事だったが、実はアイーダはエチオピア王女だった。ファラオによってラダメスが官に任命され、アイーダは王と自分の人が殺し合う運命を嘆く。そんなアイーダの心も知らず、殿では戦勝祈願の儀式が盛大に執り行われるのだった。

時は経ち、エジプト軍の勝利が伝えられる。歓喜に沸き立つエジプトでは、アムネリスが大勢の女や奴隷に囲まれながら、祝宴の準備を始めていた。
敗北を知り、の消息を不安に思い、意気消沈するアイーダ。そんなアイーダに対し、アムネリスはわざと「エジプト軍は勝利したがラダメスは死んだ」とをついて動揺させる。更にアイーダに対して自分もラダメスを愛している事、身分違いのう事なく、ラダメスは自分のものとなると高らかに宣言する。

軍を率いて凱旋、歓呼ので迎えられるラダメス。捕虜として連行されたエチオピア人の中には、アイーダのであるエチオピア王・アモナズロもいた。思わず「お様」と口走ってしまうアイーダだったが、アモナズロはうまく誤魔化す。
ラダメスは捕虜の釈放を願い出て、ファラオアモナズロを人質として残すことを条件にそれを受諾。更にラダメスにアムネリスを妻として与え、次期国王名した。エジプトの栄を讃える合唱と共に、絶望するアイーダ、勝ち誇るアムネリス復讐を誓うアモナズロの歌が歌われる。

アモナズロはアイーダに、エジプト軍の動きを探るように命じる。迷うアイーダはラダメスと共にエジプトから逃げる事を願い、ラダメスもこれに応じた。二人の逃げとして、エジプト軍の行軍経路をアイーダにって聞かせるラダメス。だがそれは最高機密であり、これがエチオピアに知られれば形勢は一挙に傾くものだった。
これを物陰から聞いたアモナズロは喜び、アイーダを連れて逃亡。する女の正体を知って愕然とするラダメスは、その場に残って罰を受ける事を選ぶ。

の座から一転しての裏切者となり、捕らわれの身となったラダメスの許に、アムネリスが現れる。エチオピア軍は結局鎮圧されてアモナズロは戦死、アイーダは行方不明になったという。ラダメスがアイーダを諦めて自分を受け入れるならば命を助けると言うアムネリスだったが、ラダメスは裁判に臨んで一切の抗弁を行わなかった。
しく取り乱すアムネリスの嘆願もしく、ラダメスは生き埋めによる死刑が確定してしまう。

自らの墓となる地下に入ったラダメスだったが、そこにはアイーダが待っていた。彼女エジプトエチオピア戦争を生き延び、判決を予測して先に潜入していたのだ。闇の中で二人は固く抱き合ってを再確認し、現世に別れを告げ、静かに死んでいく。
地上の殿では嘆き悲しむアムネリスがラダメスの魂の救済を祈る中、幕が下りる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アイーダ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アイーダについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!