アウォーディー単語

アウォーディー
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

アウォーディーとは、2010年まれの日本競走馬鹿毛。

芝での長い条件時代から、ダートに転向すると一気にを開させた、遅咲きのダート王。
名前英語で「賞を受ける人」を意味する。

な勝ち
2016年JBCクラシック(GI)、2016年日本テレビ盃(GII)、2015年シリウスS(GIII)、2016年アンタレスS(GIII)、2016年名古屋大賞典(GIII)

長い長い芝路線

Jungle PocketHeavenly RomanceSunday Silenceという血統。
...うん、ジャンポケヘヴンリーロマンスサンデーです。なんで英字表記にしたかと言えば、実は本である。ジャングルポケットを受胎中のヘヴンリーロマンスアメリカ渡航し、そこで産まれたのでアウォーディーはアメリカなのである。

個別記事がそれぞれできているので簡潔に説明すると、2001年ダービージャパンカップを制した屈東京巧者でトニービンの代表産駒。2005年天皇賞(秋)を制した名は種として一変わった産駒が多いが活躍を多数送り出している優秀な種であり、内で得られるサンデーサイレンスの中でも最高ランクの良血と言って良い。海外産? 種は日本産。

血統を一見た人に聞きます。ダート走ると思う?
少なくとも2010年当時の自分が見たら理だろうと思う。一応アウォーディーにはキンカメが2頭、フレンチデピュティが1頭いるが、皆ダートで勝ちを挙げている。でも父親ジャンポケだしダート走るとはあまり思わない。
今でこそUAEダービーを勝ったラニ(タピット)とか、種を問わずダートで走るを送り出すヘヴンリーロマンスの異才が知られているが、本が産まれた当時はダートで走る事を考える人はそういなかっただろう。

日本にやって来てヘヴンリーロマンスの所有者である前田幸治をとして走る事となった。前田幸治は武豊凱旋門賞勝ちたいクラブ会員番号1番ノースヒルズオーナーで、ビリーヴなど所有するを積極的に海外へ送っている。
話をアウォーディーに戻すと、騎手時代にの手綱を握った松永幹夫調教師の管理を受け、阪神カップ同日の新戦でデビューし4着。以後掲示板が続き勝ち上がったのは中での6戦である。ここからダービー路線に乗るため大寒賞に挑むが2着、最終切符の青葉賞は5着に敗れダービーを諦めた。

以後非常に長ーーーーーーーーーーーーーーい条件時代が続く。箇条書きにすると

と、ここまで26戦5勝2着4回3着6回。な勝ち4歳上1000万下。一回もオープンに昇級したことがく、自己条件で堅実に走る良いではあった。

遅咲きの大輪は砂に咲く

夏休みを経て9月オークランドRCT(1600万下)に挑む。ダート千八5歳9月になりダートへ転向する事となった。転向の詳しい経緯を知る人は加筆して貰いたいが、同時期にスマートストライクアムールブリエがエンプレス杯とブリーダーズGCを連勝しダート路線で活躍していたのが大きいか。
このダート転向は9.9倍の7番人気とよく分からん評価。上は4ヶぶりだった武豊レースでは中中団を追走する形から、外から押し上げると伸び続け、2着に4分の3身つけて勝利。あっという間にオープンになっちゃった。

次にシリウスSに挑んだところ、トップハンデではかったとはいえ中団追走からダノンリバティを余を持って交わし3身差で快勝。翌年は名古屋大賞典アンタレスSダート重賞をく間に連勝して一気にダート王へと君臨する...と思いきや寝違えて予定していた平安S帝王賞を回避。調教助手はtwitterく、いままで5回ほど寝違えたとかそれ厩舎側がなんとかしなきゃいけないじゃないの

9月日本テレビに復帰し、同年のフェブラリーS優勝モーニンをアタマ差交わして重賞4勝。自身初のGⅠの大舞台JBCクラシックを迎える。相手はコパノリッキーホッコータルマエサウンドトゥルーなど結構な面子川崎で行われた本番では中中団から3コーナーで先団に取り付き、抜群の手応えでホッコータルマエを4分の3身交わして、転向から6連勝し堂々とGⅠ初制覇を飾る。ソラを使う癖があった為そんなに着差がいが、相手は最強格のダートであるし、着差以上に強い勝ち方であった。
続くチャンピオンズCではサウンドトゥルーに、東京大賞典ではアポロケンタッキーに敗れるも2着を確保しており、間違いなくダート路線の新となったアウォーディー。しかし...

遅咲きの大輪は早く散る

2017年を迎えたアウォーディーはドバイワールドカップへと遠征。ラニら4頭が日本から遠征し、本アロゲートに10身近く離されたが日本最先着である5着に入り込む。帰後の帝王賞も3着に入り健在をアピールした。
しかし、JBCクラシックでは同い年のサウンドトゥルーに再び敗れ4着、チャンピオンズCではドバイで最下位に敗れたゴールドドリームが復調しダートを制覇するのを見る5着に敗れる。先団を見ながら追走するスタイルをとるも、勝負所の手応えが今一つで伸びに欠いた。

2018年もドバイし、初戦の川崎記念では3着に好走するが、続くフェブラリーSでは先行総崩れの中中段待機からうんともすんとも言わず9着。予定通りにドバイワールドカップに挑むが、直線入口から先頭集団に離され日本定位置の6着。
後は帝王賞に出走するが全く良いとこく8着。彼ももう年なのか...レース後は放牧に出された。

8月競馬が行われ有が放牧などで休養、またはに向けて帰厩する中、それは突然訪れた。

8月6日、アウォーディー、放牧先の大山ヒルズで右飛節折、予後不良

通算成績42戦10勝、獲得賞約4億3500万円。
追走から抜群の手応えで抜け出す勝ち方は、実に堂々で着差以上の強さを感じるものであった。
僅かGⅠ級競走1つだと種入りは難しかったかも知れない。でもジャングルポケットの後継として子供は見てみたかったし、もう1年ダートに転向していれば長きにわたりダートの王者に君臨し得たかも知れない。現役競走馬死亡はさほどしいことではい。だが、その死に際して彼ほど「IF」が唱えられたは、そうはいまい。
間違いなく彼はダート王だった。過去形を使わなければいけないのが実に残念だが。

血統表

ジャングルポケット
1998 鹿
*トニービン
1983 鹿
*カンパラ Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
*ダンスチャーマー
1990 鹿
Nureyev Northern Dancer
Special
Skillful Joy Nodouble
Skillful Miss
ヘヴンリーロマンス
2000 鹿
FNo.13-c
*サンデーサイレンス
1986 鹿
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ファーストアクト
1986 鹿
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Arkadina Ribot
Natashka

クロスNorthern Dancer 4×4、Special 5×5

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アウォーディー

1 ななしのよっしん
2018/09/10(月) 01:03:25 ID: VxBeBQkVJb
作成乙です
丸内さんの2018/8/6のツイートの意味が分かった時はホントに悲しかった
2 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 10:47:19 ID: 3Zh8NM+Z2c
最強格のダートだし?」
衰えたエスポワールシチーと直接対決で負けた上に
価値のある中央のGⅠを一つしか勝ってない上に
全盛期がすぎた衰え気味だったに勝っただけだろ?
3 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 03:41:28 ID: M6pjTUgQ4X
こんなな見方しかできないなら黙っててほしいわ
空気読めないはこれだから困る
4 ななしのよっしん
2020/03/05(木) 00:25:20 ID: /3BYZEpp/u
競馬場でまたアウォーディー