アウグスト2世単語

アウグストニセイ

アウグスト2世(August II)とは、

  1. 選挙王政時代のポーランド国王ザクセン侯としてはフリードリヒアウグスト1世
  2. ヴェル出身のブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル
  3. 銀河英雄伝説」の登場人物。ゴールデンバウム朝銀河帝国第14代皇帝

である。この記事では3.について解説する。

概要

ゴールデンバウム朝銀河帝国第14代皇帝(在位R.C.247-253)。先リヒャルト3世と皇后イレーネの第1皇男子
「流血アウグスト」の名で悪名高き、ゴールデンバウ最悪の暴君である。

皇太子時代

帝国220年前後に生まれたアウグストは、その皇太子時代のうちに少なくとも人格的には暗君たるの素質を示していた。20代若さで大と荒淫と美食を友とし、さらにその不健康な生活からくる痛風帝国時代でも抜本的には治療できないようだ)の痛みを抑えるためにアヘンを常用していたと言われる。「すでに彼は人生のあらゆる快楽を知りつくしていると言われていた」とは、皇帝に即位した際の彼を評した言葉である。

これらの性癖から、彼の身体の99脂肪分が占め「溶けかけたラードのような巨体」になっていたという。むろんそのような半崩壊状態にある彼の身体が自で移動できるわけもなく、アウグストは車椅子ロボットの支えによって移動していた。「自分の脚で歩くこともかなわぬ者が、巨大な帝国を肩のうえにのせることができるだろうか?」という信念によって新憂宮に走路もエスカレーターも設置しなかった大帝ルドルフ・フォン・ゴールデンバウムがこれを見たら、子孫の醜態をさぞ苦々しく思ったことだろう。リヒャルト3世すら、不を感じずにいられなかったのだから。

このような有り様でありながら、第1皇男子たるアウグストはにとっても不幸なことに白痴ではなかった。それなりの知を持つ長男であるアウグストを皇太子から引きずり下ろし、さほどアウグストと変わるでもない三人ののどちらかをあえて代わりに立てるべき理由は見つからず、結局、第14代皇帝アウグスト2世が生まれることとなった。

人類史上最悪の6年間が、ここにはじまる。

皇帝時代

即位した彼が最初にしたことは、の寵を後宮に留めおいたことである。そしてその行動を嗜めにアウグストのもとを訪れた后イレーネを待ち受けていたものは、数に及ぶ惨殺体であった。アウグストは「夫を寵たちに奪われた復讐」と称しての寵虐殺したのだった。これが、全ての悪逆非の始まりだった。

一週間で閣僚が全滅した。三人のはいずれも位簒奪を企んだ罪で処刑され、彼らを産んだイレーネも自殺させられた。彼に「叛逆者」とされた者達は即時処刑され、その対貴族民という身分を全く問わなかったという点において、アウグスト2世の時代はゴールデンバウで最も「な」治世となった。

彼の命によって殺された人間の数は最大で2000万人、最小でも600万人とされる。ルドルフ大帝の死後に叛乱を起こして殺された5億人、劣悪遺伝子排除法によって犠牲となった40億人にべればはるかに少ないが、この二つが帝国の安寧という明確な信念と法の下に政治として行われたのに対し、アウグスト2世のそれは快楽に過ぎなかった。

帝国253年、アウグスト2世の暴政は終焉を迎える。
当時、皇帝の近親者はほぼ全員が処刑されて絶していたが、その暴政の初期にオーディンを脱出したアウグスト2世の従兄弟、つまりリヒャルト3世アンドレアスの子たるリンダーホーフ侯爵エーリッヒだけが生き残っていた。そしてアウグスト2世がそれに気づいて不逞な従兄弟を排除するように命じると、エーリッヒはついに叛旗を翻したのである。

エーリッヒの味方は本人の予想以上に多く集まった。皇帝の暴政に見切りをつけた近隣の警備部隊やコンラート・ハインツ・フォン・ローエングラム伯爵を始めとする貴族たちが続々と彼のもとに馳せ参じ、この叛乱に対応した討伐軍もまともに戦う気をくしている有様だった。エーリッヒトラバッハ域で討伐軍を下してあれよあれよという間にオーディンに到着したが、その時には皇帝は死んでいた。

近衛団長であり、アウグスト2世の心として数々の誅殺を揮したシャンバー准将君を見限り、暗殺したのである。そして彼の功績は正しく報われることになった。新エーリッヒ2世暴君を排除した功によってシャンバークを大将に昇進させ、先の暴政を弼けた罪によって銃殺刑に処したのである。

殺人の手段

「史上最悪のシリアルキラー」として後世に恐れられる暴君アウグスト2世は、叛逆者を単に殺すだけでは満足せず、処刑方法にも多くの工夫を施した。

惨殺された寵たちはその皮を全て剥がれていたと言われているし、簒奪陰謀の罪で処刑された三人の皇の死体は切り刻まれ、遺伝子操作によって生み出された有に投げ込まれた。他にも彼は数の処刑方法を実行したが、そして何より彼を有名にしたのは、かの「アウグストの注射器」である。

それはダイヤモンド製の細い針であった。彼はそれを受刑者の眼球から眼底、そして頭蓋に至るまで突き刺してに達さしめ、傷によって狂死せしめるというおぞましい処刑方法を考案し、実行したのである。

因果応報、彼の死も自らの処刑方法によるものであった。近衛団長シャンバークは、有に餌をやっていたアウグストを後ろから突き飛ばし、そのに落としたのである。彼は自らの残虐なペットによって食い殺されたのだった。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%83%882%E4%B8%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アウグスト2世

2 ななしのよっしん
2014/06/16(月) 03:11:46 ID: J9KDpAJlHF
>>最大で2000万人、最小でも600万人とされる
最大二億人じゃなかったっけ?
まさしく有史最大のシリアルキラー
銀英伝の登場人物には特定モデルがいないというけれど、このキャラには暴君暗君バーゲンセールである五胡十六国時代~南北朝時代の歴代の皇帝に多分にインスピレーションを受けていると思う
(例えば昱とか文宣帝とか)
3 ななしのよっしん
2014/06/16(月) 04:26:51 ID: aGfOC7xegd
南北朝期の皇帝は、本当にを疑うばかりのクズばかりだからなぁ…。唐代のアンポンタン共がまだマシにみえるレベル

貴志祐介の『新世界より』のサクラ皇帝を記述を読んでいたら、アウグスト2世を思い出したなー
4 ななしのよっしん
2015/12/24(木) 21:18:39 ID: mCY0mTJosf
こういうSFレベルの人物が実際に登場するからこそ中国史は面いと思う。
いろんな方向に振り切った人物がたくさん登場するからなあ
5 ななしのよっしん
2017/03/10(金) 16:37:18 ID: E91gjuEq2D
こいつってアニメとかに出てきたっけ?
6 ななしのよっしん
2017/03/10(金) 16:57:08 ID: beSkVpbEye
>>5
すくなくとも本伝には登場してない
記憶が正しければ外伝でも登場してないはず
7 ななしのよっしん
2017/03/13(月) 14:47:44 ID: 55nax/T4ZT
>>5

本編OVAローエンラムになった時に、
「記録」としてゴールデンバウム王の歴代皇帝の資料をめさせた時に、
ちょろっと立ち絵なし)がでた程度かな。

まあ、こいつの所業を映像化したらアニメでも18G処か、
発禁モノにしかならんがな。
8 ななしのよっしん
2017/03/13(月) 14:58:19 ID: beSkVpbEye
>>7
OVA59話のことなら、この回での解説は7代ジギスムント2世の即位まで
ナレーションではオトフリート2世オットーハインツ1世の名前も出ている)なので
14代アウグスト2世は登場してないです
9 ななしのよっしん
2017/08/28(月) 22:25:59 ID: wn+NSWU8Y5
こういう処刑という仮にも的な手段を用いるシリアルキラーの場合、共犯者というか実行者の存在が気になる。
特にこいつの場合は体から言っても自分で手を下せるとは思えないし。
准将は(手遅れになってから)売り渡したあたり、ただの君側の佞で卓上の実行者を越えるものじゃない気がするし
帝国の執行官は鋼の職業意識を持っていたのか、ベルセルクのグリフィス拷問してたやつみたいな同好の士と言える変態的な殺人狂を処刑人として飼っていたのか
10 ななしのよっしん
2017/09/03(日) 22:51:26 ID: Xr01oZgdb9
共犯は使い捨てみたいに次々と変わっていったんじゃね
親族は皆殺し、閣僚は全滅、妃もいるかどうかわからない
友達や同じ趣味の同士だけが安全圏とは思えない、こいつは人間が嫌いなんじゃないかな
この手のシリアルキラーにありがちな非人間に対する残虐行為が記されてない
ミュータントみたいなペットはいるけどこいつの情はそっちにあるのかもしれない
11 ななしのよっしん
2018/01/09(火) 23:39:54 ID: 98uYd2yxDa
人間嫌い説かー。なんか、生まれついての怪物扱いよりはあり得そうな気もする。
皇太子時代の荒した生活、例えば暴飲暴食ストレスからの過食症だったかもしれないし、溶けかけたラードのような体の自分を蔑む周囲の眼差しにも当然気づいていたろうし、人間全般を憎悪する要素には多分事欠かないだろう。
こう書いてると、エルウィン・ヨーゼフ2世も似たような心理状態になってる可性も感じてきた。あの子が第2の流血になるんじゃ、と懸念されたのも理ないかな。

急上昇ワード