アウディ単語

アウディ

アウディとは、

  1. Audi AG - ドイツ自動車メーカー
  2. AULDEY - 中国玩具メーカー

本記事では、1.について記述する。

概要

本社所在地はドイツバイエルン州インゴルシュタット。現在式の99%フォルクスワーゲンAGが保有。フォルクスワーゲングループ子会社車輌開発における技術提供などを行っている。同グループにおいてアウディは、中~上級価格帯の需要を担うプレミアムブランドとして位置づけられている。日本ではアウディジャパンが輸入販売を行っている。

エンブレムは4つの輪を組み合わせたもの。これは、前身の自動車メーカーアウトウニオン」設立に参加した自動車メーカー4社(DKW、アウディ、ホルヒ、ヴァンラー)の団結徴したもので、「フォーシルバーリングス」と呼ばれる。アウトウニオンは邦で「自動車連合」というような意味である。

以前はデザインおとなしいと評されており、「公務員が乗る」と揶揄されていた。決して、デカイ腕時計ブランドモノのサングラスをかけたが欲しがるではかったのである。しかし、ドイツが誇る天才にしてマッドサイエンティストであるフェルディナントポルシェ博士の孫、フェルディナント・ピエヒ博士が重役になってからはブランドイメージの向上が計られた。その中核に据えたのは、後述するクワトロなどの技術革新であり、これを宣伝と有機的に結びつけることで的を達した。それと並行して顧客層の若返りも計り、公務員が買わないようなデザインへと変化していく。

近年では「シングルフレームグリル」を初めとする意の個性化を実施。BMWメルセデス・ベンツに引けをとらない、押しの強いデザインを取り入れている。内装の質感も大幅に向上し、この点でもバイハツや三ッに引けをとらない。最近は、ディーゼルエンジンTDI)を環境対策上のガソリンエンジンの代替と位置づけ、重点的に開発と宣伝を行なっている。

種構成はFFと、FFベース四輪駆動ど。VWとコンポーネンツを共有するためである。

2012年4月18日イタリアオートバイメーカーであるドゥカティ(Ducati)を、ドゥカティの親会社である投資会社から式を取得し買収した。

歴史

創業者アウグスト・ホルヒは自動車史の明期にベンツ社で工場長を務めた後に独立、ホルヒ社を設立し、1901年から自動車生産を開始した、当時としては高性・高品質の自動車を送り出して名を得る事になる。

しかし、アウグスト・ホルヒは良質のを作ることに拘り、経営面への配慮を欠く傾向があった。どことなく、アンドレシトロエンと似たところがあるようだ。このことから1909年に経営から追放を受けたが、速やかに自で別のホルヒ社を設立。ノイエ・ホルヒにて自動車生産を再開したが、元々のホルヒ社が「ホルヒはウチの商標なんだから、勝手に使うなよ」と極当たり前の訴えを起こし、ホルヒ及びそれに関連した商標を使うことを差し止められてしまった。この状況を乗り越えるため、1910年に自社の社名を「ホルヒ」から「アウディ」に変更。アウディとはラテン語の「聞く」という意味で、ホルヒのドイツ語訳と同じ意味である。いわば「ほっともっと」方式と言えるだろう。「和民」と「魚民」のようなややこしい事態は回避された。

第一次世界大戦後の不況や、ドイツ自動車市場に進出してきたアメリカ大手自動車メーカーに対抗から、新たな組織強化策が必要となった。そこで1932年に、ザクセン州に本拠を置くDKW、アウディ、ホルヒ、ヴァンラー中堅4社でアウトウニオン自動車連合)を結成した。

                  Auto ○○○ Union

              \     たち、仲間だもんげ!    /      

            DKW ( ´`)  (´`)  (´`)  (´` ) ヴァンダラー

                      アウディ   ホルヒ

「アウディ」ブランドは同社の中級~高級クラスを担うものとされた。ナチス政権下にあって、アウトウニオンアウトバーンでの速度記録に挑戦するなど、高性を作るメーカーとしての地位を確立
ホルヒはナチスドイツとして使われたが、アドルフ・ヒトラーをはじめ多くの高官は、ステータスでホルヒを上回るグロッサー・メルセデス用した。そんな中で、ルフトヴァッフェの最高責任者にして国家元帥ヘルマン・ゲーリングはホルヒを用した。その後、第二次世界大戦勃発により乗用車の製造は中止される。

第二次世界大戦の敗戦後ソ連によるザクセン工場の接収から西ドイツインゴルシュタットへ逃れ、そこで再起する。接収された工場のうちアウディ、ホルヒのものはVEBザクセンリンク社となり、DKWのものはMZモトラッド社となった。前者はトラバントを製造した工場であり、アウディとトラバントは東西分断で生き別れた兄弟となるであろう。兄弟同士に40年で恐るべき差がついたのは、向上がめられる資本主義に属するか、「向上をめるのは、唾棄すべきブルジョワの豚野郎」とされる社会主義に属するか、という違いであったと思われる。

1956年ダイムラーベンツに買収され、1964年からはフォルクスワーゲン下に。1965年に「アウディ」がブランドとして復活。1969年ロータリーエンジンの開発で知られたNSU社を併合、アウディNSUアウトウニオン社となる。以降はフォルクスワーゲングループの中~上級クラスを担うブランドとして発展した。1985年に社名をアウディと変更し現在に至る。

クワトロ

クワトロ(Quattro)とは、アウディが開発した四輪駆動システムである。元々の意味は、西で「4」の意味であり、フランス語のQuatre(キャトル)も同じ単と言えるだろう。ピエヒ博士のアウディ補計画に貢献した、偉大な技術の一つ。クワトロと言っても仮面大佐だったことはないし、第一話のスタッフロールでいきなりネタバレになったりもしない。

かつて四輪駆動と言えばオフロードのものであり、武装組織が荷台に対戦車ミサイルを搭載して戦車と戦ったり、なきを走りまくって環境保護団体に苦情を言われるもの、というのが一般的だった。そこに颯爽と登場したのが、アウディのクワトロである。
クワトロ車両の走行安定性に寄与し、低μ路でも優れた走行性を発揮する的で開発されたもので、スポーツカーにも使えるという特徴を有していた。このシステムを搭載したGr.Bラリーカーは、WRCで暴れに暴れまくった。本気で暴れすぎたランチアのせいでGr.Bは終了したものの、この間の活動でアウディは十分以上にブランドイメージを向上させ、「先進的な技術を用いるアウディ」というイメージとマーケットでの地位の確立に成功した。ちなみに同時期の極東のあるでは、トヨタ・セリカ4WDスキー場のゲレンデを駆け下りたり、にはさまれ道路ジャンプして飛び越えるなど、スポーツAWDの性を遺憾なく発揮していたと言う。
そのクワトロも以前はコーナーでのアンダー傾向が強く、7万円コースになる恐れもあった。しかし重量配分の見直しなどが行われ、現在ではこれも過去の話となっている。

自動車評論家の故ポール・フレールは、1979年クワトロプロトタイプを体験している。そのは、をまいた低μの坂を難なく登ったという。さらにオーストリア(少年合唱団の)で試乗すると、FFFRライバルとは異なり、やはり楽々とを走ったとのこと。感動するフレールに対し、アウディの社員はこう言った。「それでは次は、スノータイヤで走りましょうか」。

※特別な訓練を受けたプロが行っています。絶対に真似をしないでください。

当時、セダン4WDスバルしかかったと、フレールは記している。東北電力スペチアーレを起に持つレオーネのことだと思われる。それほど乗用四駆はしい存在であり、今日では当たり前になった、あらゆる路面状況で高性を発揮するAWDというコンセプトは新しかったと言えるだろう。

ASF

ASFとはAVIの後継のファイルフォーマット…ではなく、アウディ・スペースフレームAudi Space Frame)の頭文字をとったものである。スペースフレーム、すなわち3次元格構造は大昔のレーシングカーバギーだとか学生フォーミュラのような手作りマシンに良く用いられる構造であるが、アウディはこれを量産に持ち込んできた。何故そんな思いきったことをしたのかというと、フレームアルミで作るためである。

アルミフレームといえば日本人は大抵ホンダNSXと答えるだろうが、NSXが果たしてアルミボディの量産として適切な構造をしていたかというと、その法外な値段が示す通りNOである。アウディはかなり期(80年代前半)からアルミニウムに適した量産手法を探していた。アルミのようにプレス成形性がよくないので、モノコック構造にするとNSXよろしく手作りせざるを得ない。

そこで前述のスペースフレームである。格は押し出し材。1994年デビューの初代A8に初採用されるや、その絶大な軽量化の効果は注を集めた。その後A2、2代目A8、2代目TTスーパーカーであるR8などに採用されてきた。今ではASFはさらに進化を遂げ、アルミ適材適所で使い分ける構造を採っている。

モータースポーツ

WRCでは当時まだ未知数だった4WDを搭載した「クワトロ」を1981年に投入し、活躍。ラリー4WDというスタンダードを生み出し決定付けた。近年では2015年までル・マン24時間レースに参戦し、他にもドイツツーリングカー選手権やFIA GT3選手権など幅広く参戦している。2018年現在フォーミュラEに参戦している。

特にル・マン24時間レースでは覚しい活躍を見せていた。V8ツインターボを搭載したR8で参戦すると、毎年首位や上位に食い込む奮闘を見せ、1999年2005年までの7回のうち5回の総合優勝を記録していた。2006年2008年までは後継のR10で参戦。これはV12ツインターボディーゼルエンジンを搭載したもの。 熱効率に優れたディーゼルエンジン特性で燃費が良く、給油の為のピットストップが減り、3回全てで総合優勝を果たしている。2009年2010年R10の後継となるR15で参戦。2009年プジョーの後を拝し2位にとどまったものの、2010年は巻き返して表台を独占した。ちなみに2009年に優勝したプジョーディーゼルであった。2011年に新R18で参戦すると、またもや優勝。翌年はそのR18ハイブリッドシステムを搭載した「R18e-tronクワトロ」でこれまた優勝。その活躍はとどまるところを知らなかった。

ル・マン24時間レース常勝しているだけでなく、ディーゼルエンジンの優位性を明した点でも、アウディの活躍は注すべきと言える。さらに、2012年ディーゼル+ハイブリッドル・マン優勝も史上初のことである。ハイブリッドシステムが量産転用できないものだとかで他チームの支持者から非難されることもあるが、そこは「何でもいいからとりあえず新技術でまず勝つ」という彼らの哲学なのだろう。

ル・マン以外のスポーツカーレースでは欧州ル・マンシリーズ(LMS、ILMC)の他、ALMSの開幕戦として行われるセブリング12時レースなど要な耐久イベントに参戦をしているが、ル・マン程の勝率を挙げられないでいる。2012年からの世界耐久選手権WEC)にも出場。
だが、2015年VWグループ全体を巻き込んだディーゼル排出ガス規制不正問題によって、ディーゼルエンジンによるスポーツカーレース活動からは撤退することになった。

代わって、2014年からEVへのシフトを睨んでのフォーミュラE参戦がはじまった。ドイツツーリングカー選手権で以前からアウディで参戦していたアプト(ABT)チームに、パワートレインを供給。2017年からはワークス参戦し、アウディ・アプト・シェフラーとして、トップクラスを持つチームの一つとなっている。

日本市場での様相

公務員時代は、日本でもやはりマニアック感が否めないであった。当時の多くの日本人にとって、ドイツと言えばベンツにビーエムだったのである。80年代に入ると80などが増えていくが、100なんてたまにしか見かけない。バブルの頃も、BMW六本木カローラと呼ばれ、メルセス190が小持ちの様方のアイテムとして定着しても、やはりアウディは後を拝していた。しかしピエヒ博士の野望に呼応するように、徐々にアウディも浸透して言ったような気がする。

種の名称に「A」が使われるようになった90年代に入ると、数をどんどん増やし、よく見かけるになる。その功労といえば、やはりA4になるだろう。

日本におけるCM

有名なものは、本製作したスキージャンプ台のCMに「を拓くのは、いつもアウディ」のナレーションをつけたものであろう。ナレーター若本規夫。記憶ではロイエンタールのようなで喋っていたと認識していたが、今見てみると穏やかな口調でっている。人間の記憶とはいい加減なものだ。

アウディ100周年記念のCMは、新しく撮影されたスキージャンプ台の映像と、アウディの歩みを表わす映像を会わせたものである。こちらのナレーターイタミン。どうやら濃いキャラを演じられる人でなければ、アウディのCMで使ってもらえないらしい。

インポーターの変遷

戦前のホルヒやアウトウニオン時代はわからなかった。戦後、長く輸入代理店を務めていたのはヤナセである。期間は、1967~1992年25年間。この後はアウディジャパンが担っている。ヤナセは現在では輸入代理権はないが、小売は継続して行っている。

一番苦しい時代を現地資本の輸入代理店が担い、熟してきた頃に本資本の現地法人に代理権を取られてしまうのは、地球上どこへ行っても常なのでしょうがない。

主なモデル

A・Q・TTシリーズ > (モデル名)S > (モデル名)RS > Rの順にパフォーマンスおよび価格が高くなる。

A1
アウディのボトムを担うBセグメントのハッチバック現在は3ドアのみだが、追って5ドアも登場した。ライバルBMWミニシトロエンDS3など。アウディらしく内装の質感は高く、当然ながらVWの同クラスより上級向である。上位グレードでは、AピラーからCピラーに至る「弧」の部分を別色にすることも可
A3
エンジンを横置きするハッチバックモデル。A1より一回り大きい。後にセダンも追加された。
A4
日本では恐らく最もよく見かけるアウディ。セダンと「アバント」と呼ばれるステーションゴンがある。エンジンV6・3.2、直4・2.0ターボなど。前輪駆動四輪駆動あり。現行は、フロントアクスルをエンジン重心より前に出すことで、前後重量配分を良して旋回性を見直している。小林御大コードに関する記事を読んで「FF大丈夫か?」と思ったが、ちゃんと計算されている、度とか。エンジン縦置き故に、前輪を駆動するためにはシャフトフロント側に回転を伝える必要があるのだが、シャフトが右席側を通っているので、右ハンドルでは運転手は左足のふくらはぎ辺りが狭い。性折紙つき。
A5
初代はA4ベースで登場した、オリジナルクワトロ以来の4シータクーペ。
A6
BMW・5シリーズメルセデス・Eクラスなどがライバルとなるアウディの中セダン2011年に新へと切り替わった。搭載されるエンジンV6が2.8、3.0SC、3.0ディーゼルの三種で、4気筒は2.0ディーゼル2012年にはハイブリッドモデルも追加される。cd値は0.26。体は従来どおりセダンアバントが用意される。LEDヘッドライト(OP)や手描きインターフェイスなど、A8に準ずる装備を持つ。
A7
イギリス菱型戦車に対抗して作られた、ドイツの突撃戦車A5と同じく、スポーツバックと呼ばれるハッチバックセダンの高級高が低く、いかにも速そうなデザインをしている。後からA6とA8の間に位置づけられた。
Q7
パイクスピーク クワトロコンセプト販版、A6とA8の間に位置することが意図された大SUVスタイリングデザイン和田智の手による物。
A8
2009年フルモデルチェンジし、日本には2010年に導入された高級セダンライバルBMW7やメルセデスS、ジャガーXJなど。体はかなり大きい。エンジンは、ガソリンスーパーチャージドV6とNAのV8W12エンジン。本では3.0Lと4.2Lのディーゼルも用意されている。ホイールベースは長短二種類あり。ナビゲーションシステムインターフェイスとして、手書きパッドが付けられている。日本仕様では日本語にも対応済み。2014年3月マイナーチェンジ
TT
名は、イギリスマン島で開催されていたレースイベントツーリスト・トロフィー」に由来するスポーツカー
R8
アウディで最高の性を有する、ミッドシップスーパーカー。レーシングカーのR8と同じ名を冠するに相応しい性を有する。エンジンは4.2Lと5.2Lの二つ。ミッションは6速MTと、Rトロニックと呼ばれる自動クラッチ付6速ミッション体はクーペとスパイダーの二つとなっている。価格が1649万円からと、こちらの面でもアウディのトップを担う。

関連動画

関連商品

外部リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アウディ

41 ななしのよっしん
2015/06/15(月) 22:17:08 ID: yGGqGm69FK
アウディル・マン6連覇を阻止したのは帰還した耐久ポルシェであった。
何れにせよVWグループっていう。
42 ななしのよっしん
2015/09/12(土) 22:40:54 ID: BFXJG//Bqs
DTMで偉いことやらかしたなあ…まさか故意の撃墜と判定されるとは
43 ななしのよっしん
2015/09/22(火) 16:32:28 ID: tqKVK8+IT+
VWの北でのディーゼルの不正で、アウディTDIも涙目
44 ななしのよっしん
2015/11/05(木) 12:05:23 ID: 56kvRABkxv
>排ガス不正、ポルシェアウディなど高級

あーあ、やらかした
45 ななしのよっしん
2015/11/06(金) 22:57:25 ID: BFXJG//Bqs
共有部品が多いから案の上ではある
問題はBOSCHがそもそもだったか否かだわな、なら欧州車全部エンドって自体になりかねん
46 ななしのよっしん
2016/09/11(日) 19:16:15 ID: I7CFUMXwNF
東北田舎だけど一番よくみかける外だわ
ここ最近増えた気がする
47 ななしのよっしん
2016/11/11(金) 02:14:29 ID: aL5b2guVj5
ガソリンでもやらかしてたのが当局にバレたとか
48 ななしのよっしん
2016/11/30(水) 23:23:53 ID: BFXJG//Bqs
VW共々逃げる様にレースカテゴリから撤退してこの知らせである
49 ななしのよっしん
2018/06/19(火) 08:03:29 ID: aL5b2guVj5
アウディ会長、排ガス不正問題で逮捕 独検察当局が発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000036-jij_afp-intexit
50 ななしのよっしん
2018/06/26(火) 01:48:10 ID: +9uwIpRWM1
アウディコルダとかいう自動車の横にバイクがくっついたような、変な3輪を作ったのがここと報じられてるが、か詳細知らない?
アウディ説以外にはスウェーデン説やブラックブルモーターズ製説があって判断つかない。

最新モデルブラックブルモーターズが開発してるらしいけど。