アカイトリノムスメ単語

アカイトリノムスメ
5.7千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

大願成就アカイトリノムスメ

惜敗のを糧に、幸せ
の仁に見事に見事に囀りましたアカイトリノムスメ

――2021年秋華賞 MBSラジオ 三宅秀一郎アナウンサー

アカイトリノムスメ (Akaitorino Musume) とは、日本競走馬である。

セイガアリガトウムスメ

な勝ち
2021年秋華賞(G1) 、クイーンカップ(G3)

ガイヨウヲカカレルムスメ(概要)

アカイトリトフカイショウゲキノムスメ(経歴)

2018年4月16日まれの

ディープインパクトアパパネ三冠馬三冠の配合という日本競馬界で考え得る最高の良血キングカメハメハをはじめとして、血統表に歴代スーパーホースがずらりと並ぶが、多少競馬を知っていれば名前だけで十分であろう。

オーナーは当然、を所有する金子真人。彼はハワイに由来する名前をつけることで有名だが、シラユキヒメを祖とする白毛一族に「ハヤヤッコ」「シロニイ」「ブチコ」などの名前をつけだしてから本格的に開眼したらしい。アパパネの2番にそのまんま「ジナンボー」と名付けるなど、そのセンス白毛以外のにも広げつつある。
そんな中、4番にして初のには、「」…すなわちアパパネ(アカハワイミツスイ)の、というそのまんまな名前をつけたのである。

なお、アパパネは繁殖初年度から6年連続でディープをつけられており(3年は不受胎)、前述のジナンボー含む彼女の上の3頭のも全て勝ち上がっている。彼女の次のは流産してしまい、2019年はディープが期に種付けを打ち切ったため代わりにディープのブラックタイドを種付け、そしてその年のにディープが死亡したため、この三冠配合ではアカイトリノムスメが最後のとなった。

アカイトリノというものの、鹿毛であり、本馬の毛色は登録上黒鹿毛…一般的な色の表現では「明るい焦げ色」である。ただし、結果的に秋華賞となったことと、三冠を分け合ったソダシ(白毛)・ユーバーレーベン(青鹿毛)との対は依然として彼女イメージカラーとして定着している。

アパパネや、同期サトノレイナスと同じ美枝栄厩舎の所属。ただし枝厩舎のトレードマークであるシャドーロールはつけていない。これは金子オーナーの意向とのこと。

サンレンショウスルムスメ(デビュー~3歳春まで)

2020年8月新馬戦新潟・芝・1600m)でデビュー上は戸崎圭太)。1番人気を背負うが出負けして、実況に「アパパネノムスメ」と言い間違えられた程度でそのまま見せ所なく7着に沈む。

気を取り直して10月未勝利戦東京)では直線での末脚を発揮し差し切り勝ち。続く1勝クラス赤松賞では横山武史に乗り替わり、また出負けしたものの直線で後方から群をぶち抜いて2連勝を飾る。

新馬戦を落としたあと、10月府中未勝利戦11月赤松を連勝という流れはアパパネと同じ。しかも未勝利戦赤松賞の勝ちタイムまでと全く同じ。当然アパパネと同じく次走は阪神JF……かと思われたが、ここは間隔が詰まるからと回避して2歳シーズンを終える。

2021年G3クイーンカップで始動。上は戸崎圭太に戻り、直線でめに抜け出すと、追撃するアールドヴィーヴルやククナを押しきって3連勝。アパパネ産駒初の重賞勝利となった。

シロイムスメヲオイカケルムスメ(桜花賞)

次走は桜花賞へ。同オーナーの「白毛女王ソダシと初対決となる。戸崎騎手がドバイからの帰後の隔離期間のため騎乗できず、上は再び横山武史となった。

桜花賞前には、これまた珍名馬として名を馳せたプリンニシテヤルノと併せを行ったことで一部の注を集める。

本番の桜花賞では、ソダシマークし、末脚勝負に持ち込むが届かず。大外から脚でまくったサトノレイナスにも差し切られ4着。

シロイアレノムスメヲツイゲキスルムスメ(オークス)

続くオークスでは、サトノレイナス日本ダービーに向かったこともあり、レイナス戦のクリストフ・ルメールが騎乗。桜花賞と同様にソダシマークするが、ユーバーレーベン譲りのまくりで大欅の手前から進出を開始。アカイトリノムスメも残り200mで脚色が鈍ったソダシをかわして抜け出したものの、1身届かず惜しい2着。ちなみにルメールはこれでソダシ出走レースで4戦連続2着となった。

このユーバーレーベン京都どころか阪神その他に衝撃を残した「いの」ことゴールドシップに持ち、彼譲りの「第3コーナーからゴリゴリ進撃」で勝利を収めたことで話題になった。

アカイトリノムスメの末脚も譲りなのだが、今年のファンは、どういうわけだかディープの脚質を知らないのにゴルシの脚質は知っている人ばかり。かくしてユーバーレーベンは、元ネタを差し置いてシロイアレノムスメというあだ名がつけられ、ニコニコ大百科に先に記事が作られることになった。

アカイトリノムスメは負けてなお強しの評ではあったが、このレースは「ゴールドシップ産駒初のG1誕生」「ソダシ8着に敗れる」「ハギノピリナ3着でワイド万馬券、三連複十万馬券」とニュース目白押しで、2番人気2着と順当な成績だった彼女に隠れてしまった。

良血でクラシック前に3連勝、しかし本番のクラシックでは善戦すれどライバルに届かず、という成績からどこかのミドリメンコノオウみたいな立場になったアカイトリノムスメは、に向けて臥薪嘗胆の日々を送る。

ハバタクマッカナアキノムスメ(秋華賞)

次走は残る1冠、秋華賞上は戸崎圭太に戻った。

同厩のサトノレイナスが故障で離脱したものの、二冠を分け合うソダシユーバーレーベンに加え、桜花賞3着でトライアル紫苑Sを勝ち復調したファインルージュローズSを制したの上がりアンヴァラナウトなど新たなライバルが台頭。上の戸崎が関西G1で勝てないことで有名だったこともあってか、本番での人気は故障明けのユーバーレーベンこそ上回ったが、ファインルージュアンヴァラナウトの後を拝して4番人気に留まった。

レースでは過去2戦と異なりソダシマークを止め、中団前方の外という好位置で待機。直線に入って差を詰めていくと残り300mから電撃の末脚がついに価を発揮。沈んでいくソダシを横に見ながら加速、逃げエイシンヒテンを一気にちぎると、内から伸びてきたアンヴァラナウト、さらに外から追ってきたファインルージュを振り切って、絵に描いたような差しきり勝ちを決めて見せた。

最後の一冠羽ばたいたアカイトリノムスメ!

――カンテレ 吉原功兼アナウンサー

ディープインパクトアパパネの名にかけて、
三冠は譲れなかった12番アカイトリノムスメです!

――ラジオNIKKEI 山本直アナウンサー

その良血を明する待望のG1制覇。アパパネに続き、史上初の子2代秋華賞制覇となった。
また、アパパネ産駒初、というか三冠産駒初のG1勝利でもある。ちなみにその陰でファインルージュに騎乗したルメールは、「20年阪神JF・21年桜花賞オークス秋華賞」と同世代G1で全2着(しかも牝馬三冠は全て違うで2着という別の偉業?を達成していた。

彼女勝利により、2021年牝馬三冠は「白いの」「黒いの」「赤いの」が分け合うカラフルな決着となったため、ネット上ではこの3頭はまとめて「白黒」「USA」などと呼ばれるようになった。

アカイベツノムスメ(エリザベス女王杯)

次走は11月エリザベス女王杯アパパネ一未勝利限定G1である。秋華賞としての忘れ物を取りに行くことが期待され、大阪杯を制したレイパパレに次ぐ2番人気に推される。

続いてはそのレイパパレオールカマーで破ったウインマリリン・ウインキートスの「ウインインだ!」コンビも3・5番人気、4番人気にはG3の2勝を含む8戦5勝のテルツェットが入る。

そんな中、1着でゴールを駆け抜けたのは、もちろんアカイ――

アカイイトだ! これは運命赤い糸

――岡安譲アナウンサー(関西テレビ)

…あれー?

そりゃ確かにアカイイトだし、そろってゴールしたら面いなあと思っていた人はいたかもしれない。しかしこれまで重賞勝利6月3勝クラスを勝ってオープン入り、G2は2回とも掲示板外。今回も10番人気。まさか勝つなんても思っていなかった兵中の兵である。

肝心のアカイトリノムスメはというと、レイパパレらと体を合わせて先行策を取ったが、ハイペースで消耗した上に外に押し出されて内の利を活かせず、直線でも尽きてヨレたランブリングアレーに押されてしまった。

それを大外で見ていたアカイイトが最終直線で進出を開始。一方でレイパパレ・アカイトリノムスメらはけどもけども伸びず、自分が沈んでいく一方でアカイイトがぐんぐん伸びていくという秋華賞と逆の立場になってしまった。結局あの末脚はどこへやら、レイパパレ(6着)と共倒れになる格好で7着に終わった。

かくして勝利を収めたのはアカアカでもアカイイト。終わってみれば上位人気5頭(単勝オッズ10倍以下)が全部掲示板の外に沈むというとんでもない番狂わせとなり、アカイトリノムスメは久々の「荒れるエリ女」の洗礼を受ける羽になった。

赤い糸」の名に恥じぬキズナ産駒、そして19戦して掲示板は3回しか外していないと、考えてみれば決してなめてかかってはいけない相手だったのだ。運命赤い糸は、カスミ網となってを捉え、オーナー・厩舎・上に数々のドラマをもたらしたのだが、それは当の記事に譲る。→アカイイト(競走馬)

ちなみに2着に入ったのは秋華賞で6着に破ったステラリア珍名馬対決に敗れただけでなく、手痛い反撃も食らってしまい、の忘れ物は来年に持ち越しとなって3歳を終える。

メザセアカイフェニックス(4歳に向けて)

年内は放牧で休養を取る予定で、次走は未定

グランアレグリアクロノジェネシスカレンブーケドールら偉大なる先輩たちが次々引退する中、新世代の代表として2022年を盛り上げることができるか、そして今のところ別路線を歩んでいるソダシユーバーレーベンとの対決はなるか。にはクラシックを越えた3歳達を今度は先輩として迎え撃つ立場になる。

今のところ戦っていないとの対決も見逃せない。飛翔はまだまだこれからである。

ライバルイッパイムスメ(同世代の牝馬たち)

2021年は、諸事情競馬界が盛り上がった年である。そんな中、彼女を含む21年世代のは実面でも、話題性でも、ネタとしてもやたらと濃いメンバーが集結している。大百科に記事があるだけでも、

と、とにかくよりどりみどり面子

何かとその名前や血統、他のとの較をされていた時期があったものの、アカイトリノムスメはついにと同じ女王に君臨し、のように京都ならぬ阪神にディープなインパクトを残した。

もはや名前に埋もれる事も、同世代の他のにも負ける事もなく、自分のインパクトでその先に挑むことができるだろう。

ケットウスゴイムスメ(血統表)

ディープインパクト
2002 鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
*ウインドインハーヘア
1991 鹿毛
Alzao Lyphard Northern Dancer
Goofed
Lady Rebecca Sir Ivor
Pocahontas
Burghclere Busted Crepello
Sans le Sou
Highclere Queen's Hussar
Highlight
アパパネ
2007 鹿毛
FNo.9-f
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
*マンファス *ラストタイクー *トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
Tha Dancer
*ソルティビッド
2000 栗毛
Salt Lake Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Take Lady Anne Queen City Lad
Lovita H.
Piper Piper Spectacular Bid Bold Bidder
Spectacular
Alvarada Hard Work
Easterborn

以上 JBISexitより引用

5代内アウトブリード

ドウガフエタムスメ(関連動画)

セイガモットホシイムスメ(関連静画)

コレハアカイトイノムスメ

ヌイグルミツクッテホシイムスメ(関連商品)

カンレンリンクムスメ(関連リンク)

カンレンコウモクムスメ(関連項目)

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アカイトリノムスメ

202 ななしのよっしん
2021/11/14(日) 17:50:32 ID: U+yxnTm6ez
挟まれる直前の走りからして、
挟まれなくても3着争いが限界だっただろうけどなぁ
勝負事だから、いつも恵まれレースばかりにはならないよ
203 ななしのよっしん
2021/11/14(日) 18:04:23 ID: QzL6+T4zBC
まあランブリングアレーいなくても勝ちはしないだろうけど3着はまだ見ててた気はするし複勝ワイド買ってたせいもあってまあまあむけどまあこのレベルなら仕方ないかなあと言う気分
204 ななしのよっしん
2021/11/14(日) 19:04:47 ID: Lhn2xD3+N7
制裁事しとのこと。騎手やらかしたというよりかはに余がなくヨレたという採決の判断らしい
接近後にしっかりと修正扶助も見られたし、吉田を責めるのも酷だとは思うからね……
205 ななしのよっしん
2021/11/14(日) 22:06:42 ID: glqxncMhes
裁決なしかぁ
めてPT見てると確かにがもうへたれちゃったから
というにも見えるか
こればかりはもうしゃーないな
206 ななしのよっしん
2021/11/14(日) 22:24:44 ID: p8a4aw4YRM
次に期待すんべ!
207 ななしのよっしん
2021/11/16(火) 08:20:54 ID: /SH/WiULK3
良血なのになんで妙な名前にしたのかな・・・?親父の名みたいにたしかにインパクトはあるが・・・w
208 ななしのよっしん
2021/11/16(火) 13:53:11 ID: swH/LIDV4n
初見は変に見えるかもだけど背景からすればアパパネの名を継ぐいい名前だと思うけどねしかもしっかり最後の1冠である秋華賞勝って余計に好きになった。アパパネ一の忘れ物エリザベス女王杯今回は残念だったけどレイパパレみたいに明らか距離に不安がある訳ではなく展開に不利もあったから来年は期待してる。
因みに他に好きな現役の名はディープボンド意味深。偉大な祖ディープインパクトキズナの名を引き継いでるのがポイント高い。凱旋門賞子三世代で出走正直キズナ産駒最初のG1制覇はこのが良かった...コントレイル世代が最弱と言われる中代わりに今度は初のG1とって欲しい天皇賞春2着でもあると思うし期待してるよ。
209 ななしのよっしん
2021/11/16(火) 15:01:51 ID: +ogk9SoYaq
どうした急に

210 ななしのよっしん
2021/11/23(火) 13:22:00 ID: RyOQ2PUrs6
かなりもみくちゃにされてたからなぁ、これがトラウマになってメイショウマンボ化しないかが心配
はそういうメンタル面でヤワなとこあるからなあ
(ジェンティルドンナ?なんのことやら)
211 ななしのよっしん
2021/12/07(火) 08:19:23 ID: n/ciFzXGpF
>>210
ドン兄貴生物学的にはからしょうがない
ソダシ見てて思ったけど「もう理ヤダー!」って古に近づくたびに増えてく気がする

急上昇ワード改

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

バルガ 国の借金 黒夜叉