アカクラゲ単語

アカクラゲ

アカクラゲとは、クラゲの一種である。

概要

刺胞動物門・鉢綱・旗口オキクラゲ科に属するクラゲの一種。10名前の通り、みがかった体が特徴。の径は10~20cm程度で、浅いお椀に16本の放射状の綺麗な縞模様が見られる他、縁からは数十本もの触手が伸びている。

オキクラゲ科のクラゲの中では較的にする機会の多いクラゲで、全各地で見ることができる。刺されると火傷に似た痛みが走り、非常に痛い。重症例もあるので、もし見かけたらすぐに離れたほうがいいだろう。もっとも発生時期は5~6月頃と海水浴シーズンとは少し離れているので、海水浴中に刺されることはあまりないだろう。

燥したアカクラゲの粉を吸い込むとくしゃみが出ることから、「ハクションクラゲ」という別名を持つ。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アカクラゲ

1 ないちゃん
2012/08/15(水) 23:20:22 ID: 9h78mdjsLL
ふわり
あかくらげ
タイトル:あかくらげ
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

急上昇ワード

2019/10/15(火)08時更新