アクシス単語

アクシス

アクシス(axis)とは、

曖昧さ回避 曖昧さ回避

シリーズ遍歴

初代

1990年50cc版・90cc版の2種類発売。同社の原付スクーターである「ジョグ」の高級版として発売されていた。
モデルとして、フロントポケットに鍵付きの蓋を付けた「トランク」と、メットインスペースする代わりに燃料タンク容量を5.5リットル→13リットルと倍以上に増やした「プロフット」が存在した。

グランド

グランドアクシス1001998年発売。台湾ヤマハで生産されていた「Glide」をヤマハ発動機日本本社が正規輸入して販売した。
オーナーからは「グラアク」の称で親しまれた。当時の最大のライバルであるスズキアドレスV100と異なり、ホイールサイズが12インチと一回り大きかったことからその点も高く評価された。
日本で正規販売された最後の2ストロークエンジン搭載であり、内生産と異なり輸入だったことから幸いにも排気ガス規制が遅らされた。そのため、アドレスV1002005年で生産終了になったのに対し、グランドアクシスでは2008年まで生産が行われた。

トリート

アクシストリートは2009年発売。名の由来は、AxisStreetの造ライバルスズキアドレスV125と同じく輸入であり、台湾ヤマハの「勁」を正規輸入して発売した。
エンジン単気筒125cc4ストロークエンジンに変わった。
同社のシグナスXとは異なり、かなりおとなしい路線である。警察が巡回用・交番移動用のバイクとしてスーパーカブ90の置換用として配備される事例が多かった。(同じくアドレスV125や、ホンダリード110も置換用として大量導入されていた。)
2017年、後継のZにバトンタッチする形で生産終了。

Z

アクシスZは2017年発売。アクシストリートの後継台湾ヤマハの「勁」を正規輸入して発売。
エンジンヤマハ発動機の新世代エンジンである「ブルーコアエンジン」の125ccを搭載。
台湾スクーターではおなじみの大容量メットインスペースフロント給油口を備える。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アクシス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アクシスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!