アジャニ単語

アジャニ

アジャニは、トレーディングカードゲームMagic: The Gathering』の登場人物である。

プロファイル

身長:198cm
体重:112kg
年齢:外見年齢30
種族:レオニン(ライオンの頭を持つ亜人種
性別:男性
(デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカー2013 より)

ローウィンが初出の5人のプレインズウォーカーの内訳は人間が4人、レオニンが1人。
しかし、ローウィン舞台となる次元MTGにおける世界のこと。サガフロンティアのリージョンに近いイメージ)「ローウィン」には人間レオニンもいない。
これはプレインズウォーカー次元を移動できる特別な存在であることを示している。

のたてがみのアジャニは魔法を操るプレインズウォーカーです。 彼は仲間癒しを与え、内面の精に姿を与える、身体と魂の浄化の術の達人です。

のたてがみのアジャニは、レオニンの獰猛さと彼の正義感との間で引き裂かれそうになっています。 彼は生まれた後、自らの家族からも捨てられました。白子レオニンは、群れに受け入れられなかったのです。 一彼を受け入れたのは、群れのリーダーである彼のジャザルと、アジャニの霊感だけでした。

アジャニはいつでも彼の癒し手としてのを見せていましたが、彼のの使命は戦士としてジャザルに仕えることだと信じていました。そんなアジャニのが何者かに暗殺された日、アジャニのに火がつき、全てが変わったのです。

アジャニは社会的地位などという小さなことにもうこだわりませんでした。 彼は自らの使命を、彼のを殺した人物を見つけることに定めましたが、その中で彼は、がもたらした陰謀の網に絡め取られ、その戦いの中で彼は戦士としてのを磨き、彼の中の新たなを解き放ちました。

彼の周囲のあらゆるものが砕け散るとき、アジャニはたる正義と血の復讐との間で揺れ動いているのです。

WotC公式exitサイトより抜

カードとしてのアジャニ

アジャニとしてデザインされているカードは、2014年7月現在で5枚存在する。
いずれもパーマネント・タイププレインズウォーカーで、ローウィン版の《のたてがみのアジャニ》を除いて神話レアである。
(ローウィン版の《のたてがみのアジャニ》はレア

Ajani Goldmane / のたてがみのアジャニ (2)()()
プレインズウォーカー — アジャニ(Ajani)

[+1]:あなたは2点のライフを得る。
[-1]:あなたがコントロールする各クリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置く。それらのクリーチャーは、ターン終了時まで警を得る。
[-6]:アバター(Avatar)・クリーチャートークンを1体戦場に出す。それは「このクリーチャーパワーとタフネスはそれぞれ、あなたのライフの総量に等しい。」を持つ。

4

MTG Wikiexitより引用

ローウィンで登場した1枚のアジャニ。この姿は2枚の《復讐のアジャニ》より後の時期の姿をカード化したものである。

プラスライフ回復。2ライフ回復に忠度+1なので擬似的に3ライフ獲得できている。地味ながらも確実に延命してくれるだろう。

マイナスによくある全軍強化。あらかじめクリーチャーを並べておく必要があるが、一度強化すればアジャニが倒されても修整が残るところがポイント。警が付与されるので強化したクリーチャーでアジャニを守ることもできる。

マイナスはかの《セラアバター》と同じを持つトークンを生成する。正直なところ出しても全然うれしくないので使われることは皆無である。

プラスと小マイナスす方針がばらばらであるところ、どちらをメインで使うにしても少々マナコスト重いところがネックとなり、使用される機会は少なめだった。
まいことかみ合うデッキから出てくると吐きそうになるくらい強いのだが。

Ajani Vengeant / 復讐のアジャニ (2)()()
プレインズウォーカー — アジャニ(Ajani)

[+1]:パーマネント1つを対とする。それはそれのコントローラーの次のアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
[-2]:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対とする。復讐のアジャニはそれに3点のダメージを与え、あなたは3点のライフを得る。
[-7]:プレイヤー1人を対とする。そのプレイヤーコントロールするすべての土地を破壊する。

3

MTG Wikiexitより引用

アラーラの断片で登場した2枚のアジャニ。

プラスに相手の土地やクリーチャーに使って展開を遅らせたりするために使われる。土地もクリーチャータップせずに戦えるデッキどMTGには存在しないも同然なので対には困らない。
ただし、このにはタップさせる効果はついていない。アンタップしているクリーチャーに使用しても1回殴られることに注意が必要である。

マイナスは《稲妻のらせん》と同じ効果。このカードのキモである。
すぐ使った場合、忠度が1になってしまうので、小物に倒されて大した成果をあげられないように見える。
しかし、このクリーチャーを対とできるため、3/3程度のクリーチャーはこので殺されてしまう。
そのため、《復讐のアジャニ》を殴り飛ばす担当は大クリーチャーになりがちである。3点回復するため、仮に4/4に潰されたなら実質的に7点、5/5なら実質的に8点のライフ獲得となり、対戦相手の攻撃を大幅に遅くすることができる。
だからいって放置すれば、プラスでフィニッシャーを抑えられてむしろピンチとなる。その次のターンに小マイナスおかわり、などとされてしまった日にはもう勝ちなどい。

マイナスは成功した時点でほぼ勝ち。土地を一方的に0にされてしまっては抵抗する手段などない。
もっとも、コントロールデッキで使うときは視野に入るが、ビートダウンデッキではたどり着くことはいだろう。

全体的に高レベルでまとまった強プレインズウォーカーである。このカードを使うためだけにマナを出せるようにしたコントロールデッキが存在したくらいである。

Ajani, Caller of the Pride / 群れの統率者アジャニ (1)()()
プレインズウォーカー — アジャニ(Ajani)

[+1]:最大1体までのクリーチャーを対とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。
[-3]:クリーチャー1体を対とする。それはターン終了時まで飛行と二段攻撃を得る。
[-8]:の2/2の(Cat)クリーチャートークンをX体戦場に出す。Xはあなたのライフの総量である。

4

MTG Wikiexitより引用

Magic2013で登場した3枚のアジャニ。

プラス地味な効果ではあるが、確実にクリーチャーを強化していくことができる。「最大1体」なのでクリーチャーがまったくいないときでも使用できる。忠度+1だけというのはかなり泣けてくるが。
また、対戦相手のクリーチャーを対とすることもできる。「不死」を持つクリーチャーの復活防止や《セレズニア魔除け》の条件達成などに使用できる。

マイナスクリーチャー戦闘力を一気に強化してくれる。とはいえ、パワー/タフネス修整がい上に忠度の消費量がしいため、ここぞという大物に使って一発ゲームを終わらせてやりたい。
これも対戦相手のクリーチャーに使用できる。飛行を狙い打ちにするカードはいくつかあるのでそれらと組み合わせることができる。マイナスなので狙ってやるものではないと思うが。

マイナスライフの数だけを出す。何の脈絡もなくライフが参照されているが、これはMagic2013に収録されているアジャニ関連カード《アジャニの陽弾手》、《群れの癒し手》とシナジーを形成している。ライフとりあえず20あるので、このを使ったときには致死レベルが沸く事になるだろう。

発表当初、3マナにして忠度4! 二段攻撃付与! \やべぇ/ と大騒ぎになったものの、を開けてみればメタゲームを左右するほどの影は持っていなかった。
現在ではビートに2枚ほど投入され、便利なクリーチャー強化として地味に活躍している。「群れの統率者」なのでこれでいいのだ。

Ajani, Mentor of Heroes / 英雄導師、アジャニ (3)()()

プレインズウォーカー — アジャニ(Ajani)

[+1]:あなたのコントロールするクリーチャーを1体、または2体か3体対とする。それらの上に3個の+1/+1カウンターを望むように割り振って置く。
[+1]:あなたのライブラリーの一番上から4枚のカードを見る。あなたはその中からオーラ(Aura)・カード1枚かクリーチャーカード1枚かプレインズウォーカーカード1枚を開してあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。
[-8]:あなたは100点のライフを得る。

4

MTG Wikiexitより引用

ニクスへので登場した4枚のアジャニ。初のプレインズウォーカーでもある。
マイナスは持たず、2つのプラスと大マイナスを持つ。この形のプレインズウォーカーは他に《遍歴の騎士エルズペス》がいる。

上のプラスクリーチャー強化。3個の+1/+1カウンター自由に振り分けることができるので、1体に集中させるもよし全体の底上げに使うもよし。
《円環の賢者》に3つ乗せして暴力的なマナ生産をするなど+1/+1カウンターを参照、消費するを持つカードと組み合わせるのもよい。

下のプラス疑似ドロー。クリーチャーorオーラorプレインズウォーカーという条件を満たしやすくするのは
を含むデッキでは大して難しくない。4枚開けることによる駄ドローの排除効果も意外と視できない。

マイナスライフ回復。「100点回復」という効果は数値として印刷されたものとしては最大である。
生き残っていればいずれこの効果が使えるようになる。しかし、生き残っているならこので退場させるよりも、 ずっとプラスを使っていたほうが有利だと思われる。100点は確かに非常に大きいのだが、削れないかというとそうでもない量である。
《思考囲い》などで相手の手札に《英雄導師、アジャニ》の処理手段があることを確認したとか、殴り合いの果てに相手が死にそうだが自分も死にそうとか、少々後ろ向きな状況では出番があるだろう。

2つのプラスはどちらもを選んだ時のデッキコンセプトマッチしやすい。また、「クリーチャーの補充」「クリーチャーの強化」というそれぞれのに必要な効果を補いあっている。
1枚で戦いに必要なすべてを用意できる強カードである。5マナという重さが気になるが、メタゲーム上で絶望的な不利に苦しんでいるにとって現状打破の鍵になれるか注である。

Ajani Steadfast / 不動のアジャニ (3)()

プレインズウォーカー — アジャニ(Ajani)

[+1]:クリーチャーを最大1体まで対とする。ターン終了時まで、それは+1/+1の修整を受けるとともに先制攻撃と警魂を得る。
[-2]:あなたがコントロールする各クリーチャーの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個、あなたがコントロールする他の各プレインズウォーカーの上に忠(loyalty)カウンターをそれぞれ1個置く。
[-7]:あなたは「いずれかの発生があなたかあなたがコントロールするプレインズウォーカーダメージを与えるなら、そのダメージを1点を残してすべて軽減する。」を持つ紋章を得る。

4

MTG Wikiより引用

基本セットMagic2015に収録された5枚のアジャニ。
イラストは「テーロス」ブロックストーリー終了後の姿を描いている。
エルズペスの遺品であるマントを羽織っている・々への怒りに燃えている→信心が薄れた故にシングルシンボル(かもしれない)・が全体的にプレインズウォーカーカードプレイヤー共に)を護る方向性が強い…と、テーロス終了時のアジャニのストーリー性を表現したかのようなデザインとなっている。

プラスパワー/タフネスの強化とともにに多いを3種乗せする。
この効果を受けたクリーチャーパワー/タフネスの上昇と先制攻撃によって自身が戦闘で破壊されにくくなり、魂によってプレイヤーライフを回復し、警によってアジャニを守るための面子として数えられるようになる。
アジャニのキャラクターらしいであると言える。

マイナスクリーチャーの全体強化にプレインズウォーカーの強化も行う。基本的にはクリーチャー強化になるだろうが、あちこちから大マイナスをぶち込むプレインズウォーカー山盛りデッキが作れるかもしれない。
太陽勇者エルズペス》や《世界めさせる者、ニッサ》といった「クリーチャー生成を持つプレインズウォーカー」とは特に相性がいいだろう。

マイナスは防御を持つ紋章獲得。要するに「1億ダメージ分の《火の玉》を浴びてもパワー100億のクリーチャーに殴られても1ダメージにする」効果である。
少数精鋭のクリーチャーで戦うデッキ火力呪文でとどめを刺すデッキ相手ならそのまま勝ちが決まりかねない。
大量の小クリーチャーで攻めるデッキにはそこまでの効果は期待できないが、
これらのデッキ全体強化を重ねた、パワー2以上のクリーチャーの群れを使うことがほとんどなので大幅なダメージ軽減になるだろう。
…大マイナスが使えるまで生きてれば。

どれも単体では完結しないなので、このカードの価値はフォーマット内のクリーチャープレインズウォーカー次第となる。とりあえず、ある程度のパワー/タフネスを持つクリーチャーがいればプラスで万の駒を作れるようになるのでデッキに入れてみるのが良いかもしれない。

余談だが、「テーロス」ブロックストーリー終了後もアジャニは次元「テーロス」に滞在して行動を続けている。
アジャニの復讐exitという記事でその行動の内容が記されている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アジャニ

37 ななしのよっしん
2017/07/30(日) 01:20:59 ID: f4A40cM66K
今のところ敗北サイクル一名前出てないし
やっぱアジャニさんが英雄的介入あたりでカッコよく助けてくれるんだろうか。
38 ななしのよっしん
2017/07/31(月) 10:18:48 ID: /ZWbkQwAda
ニコル・ボーラスに勝てた数少ない存在にしてと被らない
テツオがボーラス様と同じと考えると、に特別感が有る
39 ななしのよっしん
2017/12/05(火) 16:29:34 ID: wQ4/PeqTgG
>>37GW単色勢が束になってもが立たなかった
ボーラス様を(の相性もあるとはいえ)撃退
出来たこと考えると、やっぱり新世代PWでは
頭一つ抜けた存在なのだろうか
40 ななしのよっしん
2018/01/20(土) 10:37:07 ID: pCLAhrUd/r
大渦ありきだったしGWがゼンディカー次元マナ注ぎ込んでエルドラージ倒したのと同じようなもんじゃない?
経験って点ではGWよりずっと勝ってるだろうけど
41 ななしのよっしん
2018/01/20(土) 17:06:51 ID: HuKkc56yQI
ボーラス撃退はアジャニ義の応用で、(当時の)レジェンドルールボーラス対消滅的な挙動とかどっかで見た気がする
それはさておき、頭一つ抜けてると言えば木っ端PWを狩りまくりジェイスすら完封したガラクイメージが強いな
この二人の邂逅もちょっと見てみたい
42 ななしのよっしん
2018/01/20(土) 18:49:49 ID: 3MLK+BkxC6
今『カラデシュ・ブロック』の背景ストーリーを追っかけてて、『沈黙の時』まで追い付いたところなんだけど、カラデシュでのアジャニは物静かで思慮深く、慈悲深くも強い姿がかっこいいよね。
43 ななしのよっしん
2018/11/17(土) 00:42:30 ID: HYY1nFsnvS
なんかかんか問題を抱えていることの多いPW界で彼のように単純なデキる男ってのは実はしい。
44 ななしのよっしん
2019/02/04(月) 18:24:36 ID: APsOke8r+5
ゲートウォッチに対して前作主人公みたいなもんだしな
一度紆余曲折あった物語役やってる訳だから、覚悟決まってて当然
揺るぎなくなったサルカンも次出たらきっとカッコいいはず
45 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 00:28:06 ID: HYY1nFsnvS
しかも強すぎず弱すぎず高すぎず安すぎずのちょうどいい環境を泳ぎきるプレイヤーへの気遣いも璧な男。
46 ななしのよっしん
2019/05/26(日) 06:29:08 ID: wQ4/PeqTgG
>>44ゲートウォッチ側が半ば
ボーラスに嵌った格好に
なったのを見事にフォローして
くれる大活躍だったぜサルカン