アジュディミツオー単語

アジュディミツオー
2.3千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

アジュディミツオーとは、2001年まれの日本の元競走馬現在種牡馬である。
名は名前の一部+馬主名前に由来する。 

大エースへの道

地方リーディングを何度も獲得した大種牡馬アジュディケーティングは船所属で18戦し6勝を挙げたオリミツキネンという血統。
地方駆けるために生まれたと言っても過言ではない彼は、と同じく南関船に所属、トップクラス調教師の一人である川島正行師に預託されることになった。
2003年9月デビューJRA認定新馬戦を勝ち、々に休養。翌年は南関のダービー東京ダービー制覇を4月の3歳戦から始動。圧倒的スピードで楽勝すると次走の東京カップでは
同厩舎所属、ダーレージャパンレーシングの持ちということで話題を集めた良血レンカを切って捨て3連勝。敗のまま東京ダービーへ向かう。
かしここには南関重賞含む5連勝中、全戦4身差をつけて圧勝してきた大本命・ベルモントストーム、南関クラシック第一弾羽田盃2着のキョウエイプライドらがう、例年以上のハイレベルレースであった。
さすがに人気はベルモントストームに譲り二番人気となったが、終始ハナを譲ることなく逃げ切り圧勝。一躍3歳最強となった。
しかし一番人気を背負い、二番人気ベルモントストームとのツートップで中央勢を迎え撃ったジャパンダートダービーでは逃げて失速し4着、キョウエイプライドに先着(3着)される結果に終わった。
続く黒潮盃も一番人気で迎えるが、キョウエイプライドの渾身の走りの前に敗れ3着に終わる。このレース後、戦が当時南関最高の騎手と呼ばれた内田博幸に乗り替わりとなった。

以降は交流重賞を中心に走り、日本テレビ盃では当時の南関エース格ナイキアディライトの前に敗れ2着、JBCクラシック大井では当時の中央最強アドマイヤドンに敗れ2着と勝ちきれず。とはいえ相手も強く、決して弱さを露呈したわけではない。
そして、年末の風物詩こと東京大賞典では前走JCダートアドマイヤドンを破り、役に踊り出たタイムパラドックスJBCではハナを譲ったユートピアらをまとめて負かす圧巻の逃げ切りで圧勝。再び役の座に躍り出た。

南関の大エース

翌年は、東京大賞典勝ちが評価されたことや川島厩舎とモハメド殿下に関わりがあったということもあり、ドバイへ遠征するところからスタート
しかしRoses in May海外の強とは適性や実で差があったからか、日本定位置ともいえる6着に敗れる。
しかし、地方所属ながら果敢に打って出たのは評価されてしかるべきであろう。実では上であろう全盛期アブクマポーロすら、諸事情で海外遠征は出来なかったのである。
Roses in Mayの作り出したハイペースを、後手を踏みながら中三番手で必死に食らいついていたことも付記しておく。
その後は検疫や疲れもありまで自重。その調子が戻りきっていなかったのか日本テレビ盃3着、府中遠征となった武蔵野ステークスJCダートはテンで置いていかれ敗と散々であった。
府中の連敗はスタート地点が芝でうまく走れないことや、落絡みという別の理由もあったとはいえ、少々情けなさはあった。
しかし人気を落とした東京大賞典では悲願のGⅠ制覇を狙う良血シーキングザダイヤを切り捨てる逃げで連覇達成。東京大賞典を連覇した初めてのとなった。

翌年は川崎記念をやっぱり逃げ切って快勝。しかしフェブラリーステークスではまたもハナを切れず敗。地元に戻って重賞を快勝し向かったかしわ記念ではブルーコンコルドらを抑え快勝。帝王賞に向かう。
ここにはドバイ帰りの中央の絶対王者カネヒキリが出走。実質一騎討ちとなる。レースハナを切って飛ばすアジュディミツオーをカネヒキリが猛追する展開となるが、逃げ切って勝。ダート日本最強といえる存在になった。
しかしその後は燃え尽きてしまったのか、脚部不安のもあり、帝王賞きは戻らないまま2009年帝王賞引退種牡馬入りした。
彼の後、南関エースの座はフリオーソに引き継がれた。彼は中央勢を雄々しく迎え撃ち続け、2012年いっぱいで引退した。 

種牡馬としてはそこまで注される存在ではなく、産駒数もディープインパクトや同い年のキングカメハメハべると少なく、1/10もいない。数少ない産駒から活躍も出ず、一応種牡馬登録こそされているものの2016年を最後に種付けを行っておらず、事実上の引退状態にある。

血統表

*アジュディケーティング
1987 黒鹿毛
Danzig
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admiral's Voyage
Petitioner
Resolver
1974 鹿毛
Reviewer Bold Ruler
Broadway
Lovely Morning Swaps
Misty Morn
オリミツキネン
1994 栗毛
FNo.1-b
*ジャッジアンジェルー
1983 栗毛
Honest Pleasure What a Pleasure
Tularia
Victoria Queen Victoria Park
Willowfield
ウサロマン
1978 栃栗毛
*トンピオン Tom Fool
Sunlight
ビートフラワー *ネヴァービート
グレートフラワー

クロスBold Ruler 4×5、Grey Flight 5×5

主な産駒

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%9F%E3%83%84%E3%82%AA%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アジュディミツオー

1 ななしのよっしん
2012/12/05(水) 18:28:48 ID: rnXgb3R1Kf
こないだ武豊上で新勝ちしたから記念に作ったのか?w
最近の南関東は本当にふがいない。
おじいちゃんフリオーソボンネビルレコードフジノウェーブが第一線で活躍してるって…
フリオーソ引退するし今後どうなるんだろう…

ただ、ドバイ遠征自体はもっと評価されるべきだと思う。
2 ななしのよっしん
2017/07/08(土) 00:40:58 ID: 0fHoQ0qDu9
>>lv300039788exit_nicolive

4:20:0頃から藤川ファームでの映像