アステローペ単語

アステローペ

アステローペとは以下の意味を持つ単である。

  1. プレアデス団に属する2つの恒星おうし座21おうし座22)の固有名
  2. 小惑星帯に位置する大きな小惑星
  3. ボルボが製造していたB10Mシャーシに富士重工業製の体を架装したセミダブルデッカーバスボルボ・アステローペを参照。

この記事では2.について扱う。

概要

火星木星の間に存在する小惑星帯に属する直径102.78km、転周期4.34年、自転周期19.70時間の大小惑星。表面は暗く、組成などは分かっていないが少なくとも生命体は存在しない。1883年にフランス天文学者、アルフォンス・ボレリーにより発見され、ギリシア神話に登場する7人姉妹プレイデスの一人、アステロペにちなんで命名された。

今のところアステローペへ着陸した探船はいないし、今後も出てこない可性が高い。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アステローペ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アステローペについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!