アスラン・ザラ単語

アスランザラ

アスラン・ザラとは、TVアニメ機動戦士ガンダムSEED」に登場する人物である。担当声優石田彰

アスラン・ザラ、ジャスティス、出る!

プラント最高評議会議パトリックザラ息子であり、レノア・ザラ血のバレンタイン事件で失い、
地球連合軍を憎み、プラン軍事組織ザフトモビルスーツパイロットとなる。
主人公キラ・ヤマトとは幼馴染であり親友の関係にある。

次に会うときは、俺がお前を討つ!

ザフト軍のエリートパイロット)としてクルーゼ隊に入隊し、地球連合軍の新MS奪取を命じられ、
そのうちの一機・イージスガンダムを奪取するが、ストライクガンダムパイロットとなったキラと再会する。
連合の戦艦アークエンジェルに乗り、パイロットを続けるキラに対して、船を降りるように説得を続けていたが、
戦友ニコルを失った怒りから、オーブキラに攻撃を仕掛け、ストライクイージス自爆に巻き込む。

プラントに一時帰すると特務隊への栄転を告げられ、からジャスティスガンダムを受領し、
初任務としてフリーダム奪還作戦に赴く。
ラクスとの再会から、何を信じて戦うべきか思い悩むようになるが、連合の新MSを相手苦戦するキラに対して、
フリーダム奪還を放棄し、助太刀に出る。
戦闘後には、キラとの和解を果たし、ザフト離脱および三隻同盟への加入を表明する。

意を聞くため単身でプラントへ向かうと、連合どころかナチュラル殲滅に執念を燃やす然とする。
クラインの助けもあって、プラントを脱出すると、最終決戦への決意を新たにする。

お前が欲しかったのは、本当にそんな世界か! 力か!!

オーブに亡命し、偽名を使ってカガリのボディガードを務めていたアスランだが、カガリの護衛としてプラント最高評議会新議長に就任したギルバート・デュランダルとの会談に参加した際に、地球連合軍によるザフトMS強奪事件に巻き込まれてしまう。
カガリを守るためにザクに搭乗して戦ったアスランは、そのままザフト新造艦ミネルバに保護されることになる。

プラントと地球連合の再戦の幕が下りると、デュランダルからセイバーガンダムを貰い受け、彼の理念を信じて
ザフト軍に復帰し、ミネルバシン・アスカルーキーパイロット揮を任される。

もともと口下手であり、考え方の不一致もあったことからシンとはすれ違いが続いていた。
そんな中、オーブ地球連合の同盟との戦いの際に、アークエンジェルフリーダムの介入があり、動揺する。
その後の戦場キラを説得しようとするアスランだが、セイバーを大破させてしまい、戦線離脱することになる。

デュランダルミネルバアークエンジェル討伐を命じたことから、次第に彼の思想に疑念を抱いていく。
この頃から、フリーダムの対処を巡りシンとの対立も化するようになる。

レイの報告などの情報からデュランダルに不穏分子と判断されると、ザフトからの逃亡を決断する。
メイリンを巻き込む形で、脱出に成功したものの、シンレイの追撃を受け、撃墜される。

カガリの側近であるキサカに救出され、アークエンジェルに搬送されて一命は取り留めるが、
ラクスからインフィニットジャスティスを受け取り、理をして出撃したため、傷が開いてしまう。

戦線復帰は先延ばしになるが、正式にオーブ軍に編入され、最終決戦に至る。

アスランは既に少し錯乱している!!

シリーズキャラクターということもあって、例の如くファンも多い反面アンチの数も非常に多い。特に作中でのミネルバ復帰後からのシン・アスカとの衝突や脱走に至るまでの間に取った行動の数々は、彼の優柔不断な性格も合わせてかれる要因になりやすい。


アスランファンの中には「アスランは悩んでいるのに何も考えずにただ戦うだけのシンバカだ」だの「アスランの親友であるキラを倒したシンは間違っている」だのといった擁護にすらなっていない感情論というより、ただシン叩きたいだけの意見が挙がることもあるが、それは視聴者という視点だからこそ可な見方であって
あの時点でのシンミネルバクルーからしてみれば、ミネルバ武装を破壊され、周辺にいたクルーにまで被害を出し、その後も度々戦場混乱させるはた迷惑なアークエンジェルを、理由も話さずに敵じゃないとい続け、シンが軍の命に従ってフリーダムを撃墜し、クルーたちから称賛されていたところを空気も読まずにシンが挑発したとはいえ、いきなり掴みかかって殴られたりもすれば不審を抱くのも当たり前なのではないだろうか?
そもそも少し前にヒーローごっこ々言ってかれたのに、命通りに敵を倒してもまた殴られるとか理不尽すぎる。

おまけに、ギルバート・デュランダルが保安兵を向かわせた際には彼らを倒させ、成り行きとはいえメイリンも引き連れてグフを奪って脱走する。そして追ってきたシンに言い放ったのがかの有名な「議長やレイの言葉は心地よく聞こえるかもしれないが、彼らの言葉はやがて世界の全てを殺す」である。
デュランダル議長の終盤での行の数々を見れば結果論的に間違ってはいないかもしれないが、あの時のシンからすれば、理由も話さずにいきなり裏切って、メイリンまで巻き込んだ挙句にそんな意味不明なことを言われて戦友であるレイまで貶されたのでは寧ろ逆にこっちが錯乱しそうなものであろう。

とにかくアスランは作中内でのコミニュケーションが著しく欠如していると言わざるを得なく、キラアークエンジェルのこと、自分の考えをもう少し明確に示していれば、あそこまで衝突しなかったはずである。

恋の伝道師・アスラン

アスランといえば女性ファンの間で圧倒的な人気があり、劇中でもかなりのモテモテキャラとなっている。

元々はラクスという婚約者がいたのだが、政略結婚であるため、お互いに恋愛感情はないと思われる。

移動艇の故障によって漂着したで、出会ったカガリとはすぐに惹かれ合うことになる。
ファン達からもこの組み合わせは人気があり、アス×カガなどと呼ばれている。

さらに『DESTINY』に入ると、同じザフト軍のルナマリアメイリン姉妹や、ラクスの影武者であるミーア
の3人から猛アタックを受ける。ただし本人はあまり気づいていない。

さらにカガリの婚約者・ユウナの登場で、二人の距離が開き、行方が注されるようになった。

諸ゲームでの扱い

機動戦士ガンダム ガンダムvs.ガンダム、同NEXT

アスラン命は投げ捨てるもの

ガンダムSEEDイージスガンダム で参戦。あれ?ジャスティスセイバーインジャは?(セイバーインジャはアシスト)というわけで関連キャラネタにされまくる。NEXTPSP移植版において、スクリーンショットよりSEEDか来るという事が判明し、ファンwktkさせるが、ふたを開けてみると追加キャラクルーゼ隊長プロヴィデンスガンダム。しかもクルーゼ隊長にもネタにされ…

だが、台詞だけがネタではないのが彼の特徴。命を投げ捨てることで敵にダメージを与える捕縛→自爆技を持っている(ガンダムにおける自爆の偉大な先達といえばグリリバヒイロ・ユイであるが、彼の場合は負けないと自爆しない。しかもご丁寧なことにヒイロと同時出撃して勝利した際「自爆装置は不要だったな」と言われる)ため、ネタプレイにて重宝されるようになってしまう。例えば…

あと、アシスト時のダメっぷりも哀しい(笑える)ところ。しかも周りのザフト軍関係者のアシストは…

とみんな有能なのに

とまで言われたダメダメアスラン掲示板では「俺らヅラ」と言われる始末。
まあ、「万死に値する!でキュリオスごと蒸発マダー?」級の論外の域に達しているハブラレルヤ(アレルヤ)よりはマシか。

機動戦士ガンダム エクストリームバーサス

EXVSではやっとインジャで参戦できた。コストは新設の2500になる。立ち位置は格闘寄り万機。
…なのだが、コスト2500の格闘寄り万機、といえば『クロスボーン・ガンダムで参戦したクロスボーンX1がある。ABCマントによって耐久が実質上多くなるX1の方が有利と言われ、というかインジャ自体がコスト2500の中で底辺=いらない子という噂も…
ビームライフルリロードが遅いのに生命線の為弾幕れない」
ビームライフルリロードの遅さをカバーするCSのチャージ速度の遅さにより中々撃てる機会がない」
といった感じで不遇な性だった。(弾幕れないわ、弾すぐくなるわ、接近戦弱いわ)

無印NEXTではさんざんファン&ネタプレイヤーネタにされてきて、やっとインジャで出れると思ったら要らないと言われては浮かばれまい。

が、数々の隠者使い達のバンナムが聞いたのか、ついにアップデートにより上方修正された。

上記アップデートにより、隠者は2500万として安定した立ち位置になる。というか度重なる上方修正のため、最終的にはコスト2500帯でトップクラス、全体でも上位の評価を受ける機体となった。

結果として隠者という機体は、ロック距離の影で近距離寄りだが、ロックギリギリでビームライフルCSで牽制or着地取りを繰り返す機体に仕上がったと言っても過言ではないだろう。
格闘も現状の隠者は連ザべ信頼性がい為、自分から仕掛けて行くのは得策ではない。
又、特殊射撃によるブーメランの信頼感も高い、至近距離が苦手な隠者を上手い事カバーしてくれる。ブーメランの戻りにも判定があるので格闘をもらってもカバーしてくれる事もある。

格闘、一部射撃の台詞にも注したい。
インド王にも負けるとも劣らずのやかましさを発揮する。

アスラントゥ!ヘァー!」(横NN)
アスラン「モウヤメルンダッ!」(CS)
アスラン「イクゾッ!キラキラバシュウウン!(覚醒時)
アスラン「ヌオオオッ!」(撃墜された時)
アスラン「オレヴァ…。」(撃墜されて敗北した時)
アスラン「うわ”あ”あ”あ”あ”」(特殊格闘)

上記以外にもまだまだ台詞はあるのでアスランの熱いボイスを聞く事が出来る。
一部隠者使いは開幕に特殊格闘を連打してゲーセンスピーカーから「うわ”あ”あ”あ”あ”」を流しているのはもはや恒例であろう。
隠者スレでは、この行為を儀式という事らしいが・・・?オレヴァ…。
隠者同士で組んだには相手の牽制を上手い事交わして儀式遂する隠者使いがどこかに現れる・・・かもしれない。
更に詳しい説明はこちら→トゥ!ヘァー!

続編のフルブーストでは庭版より修正され弱体化したものの扱いやすい機体である。
また特殊格闘が「イザーク専用スラッシュザクファントム呼出」に変更された。(前作の連続キックは格闘生に)
前作にはなかった覚醒技も追加された。内容はミーティア合体して巨大ビームソードで敵を叩きる、というもの。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アスラン・ザラ

1808 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 23:26:48 ID: gXFK/HU9UI
どっちも「そので何をするのか・を振るったらどうなるのかを考えろ」が大元にあって
前半は一歩間違えばシンの抜けたを埋めきれずに味方が死んで民衆も元の木弥がありえたシーン
しかも(良くも悪くも)あくまで「ザフトアスラン・ザラ」としての発言だから命に従えと言うしかないシーン

後半はシン民間人を守る為に戦ってたはずなのに・民間人ごとを焼き払うのを助けているシーン
立場的な制約も関係性も変わってるから言い方が正反対のものになってるシーンかと

口下手とか色々と咎められる要素はあるけど、言いたかった事は一貫してる……はず
1809 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 23:49:38 ID: u+UkkVV7jD
若干違う
当時のアスランザフト正義を疑っていて「ザフトは勝ちすぎてはいけない」と考えていた
最初のアスランシンに「悪かもしれないザフトに勝たせすぎるな」と怒っていた
変形ガチャガチャ繰り返してろくな戦果を挙げなかったのもこれが理由
後半のほうではザフト(=議長)を全に悪と認識していたから軍の操り人形として戦うなって怒ってた

アスランは物事をすべて善悪で判断するので
アスラン正義ヒーロー)と考えれば発言は常に一貫してることがわかる
1810 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 11:23:17 ID: kCOYlRB4Ku
>>1808
ヒーローごっこのくだりは殴った後にフォローを入れるぐらいにはシンの心情に理解は示してたわけだしな
ただ戦線離脱の危険性を視した独断専行の事実と施設の自爆シンが誤って民間人側を殺傷するといった可性が存在してた以上、立場的に叱らないといけない場面でもあったわけで
1811 ななしのよっしん
2019/03/28(木) 17:04:23 ID: xUHFYfc8os
強いんだから戦場乱入して虐げられてる人を助けて去っていくヒーローやればいいと思う
どの営にも付けられるけど返り討ちくらいはできるだろ
1812 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 11:53:27 ID: vL+Xyc47mR
見たも凄いのに中身はフツーの優柔不断少年なのよな
見た普通だけど中身が人じみてるキラと対になってるのが面
1813 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 22:12:09 ID: WYeUtsNLog
>>1812
議長のコネ使ってザフトに復帰した前大戦の伝説エース、しかもいきなり自分の上になった優柔不断少年とか、シンからすればたまったもんじゃないぞ。
アスランの問題はカミーユにとってのクワトロガロードにとってのジャミルみたいな「未熟な少年を導く青年キャラポジションシンに対して本来やるべきなのに、アスラン自身が未熟な少年キャラやってることじゃないかな。
前作キャラかつ上のくせに先輩らしさみたいなものがないのが問題じゃないかな。
少年主人公シン先輩兼上が同じ少年キャラって、それじゃシンが成長できるわけない。
あるいはアスラン自身もFAITHじゃないヒラ階級のパイロットとしてザフトに復帰し、シンと対等の(年上ではあるが)立場で接していたらどうなっていたか。
1814 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 10:26:11 ID: 3ni9Xfx2Cu
>>1813
シンは最終決戦アスランに負けてもう一度初めからスタートするキャラだからあれでいいんやで
ギリギリでオビワンが止められたアナキンみたいなもん 上としてはダメダメだったけど「自分の非力さに泣いたことのある者は~」とかアスランなりにシン導しようとはしてた アスラン自身シンが昔の自分にダブって見えてたみたいだしな
アスラン自身の口下手さや議長やレイの思惑で結果はダメだったが
1815 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 14:28:02 ID: JB7F5kY8ku
ケンコウな生活や保健所のFlash動画におけるツッコミ率に、思わず同情してしまったよ・・・。
1816 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 22:22:35 ID: c2JbjQ3o1K
まずアスランキラに導く大人が必要だからな
本当に運命は10年後とかなら良かったのに、理矢理キラ達を10代のままにしようとしたから
1817 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 14:09:42 ID: gXFK/HU9UI
シン無印アンチテーゼキャラとして作られてる以上は
キラ無印組が良い上として来るのはありえなかったんじゃないかな

ある種の対等さがなきゃアンチテーゼキャラには出来ない(≒全うに導く/導かれるキャラにはなりえない)だろうし
「最後の方でシン主人公を奪われた」みたいな事は言われるけど
「自分の意思で戦って・戦闘勝利は得たけど苦しい戦いを続ける無印組」と
「他人の意思に従って戦って・戦闘では負けたけど生きているからやり直せるシン(とルナマリア)」で
終盤でも無印アンチテーゼとしての運命の主人公は全うしてると思う
(戦闘で負けて生きる意思もくて死んだけどそれなりに満足してるレイ・議長・艦長とかとも対関係だから単に反無印キャラという訳でもないだろうけど)

それはそれとして出戻りアスランが良い上足り得なかったのは覆しようの事実なんだけどね