アズマリム単語

アズマリム
3.9千文字の記事
  • 36
  • 0pt

アズマリムとは、後輩バーチャルYouTuberである。

概要

視聴者を「センパイ」と呼ぶ、 元CyberV所属[1]現在個人勢のの女子高生バーチャルYouTuber称はアズリムゲーム実況などをよく見ており、自分も配信してみたい!との理由からVTuberデビューを果たした。現在は「バーチャル生物」を名乗っている。

2018年3月1日自己紹介動画投稿し、活動開始。

2021年8月25日チャンネル登録者数が20万人を突破。

キャラクター

あざとい猫耳パーカー絶対領域ニーソ、そして絶望的なスタミナから繰り出される息切れ芸が特徴。ダンス筋トレ実況の直後には論、下手するとオープニングトーク時点で息が上がっていることもある。生放送中でもかまわず給を行っており、度々尿意に襲われているので、海外ファンからWWT(ウォーキング ウォーター タンク)(歩く水槽)と名付けられた。猫耳パーカーは着脱可で、時折フードを脱いだ姿や青色ノースリーブ姿が見受けられる。

好きな食べ物ちくわ牛丼(特に松屋フリーク)。松屋牛丼が気に入り過ぎて、ファンの数を松屋の店舗数で例えている
松屋ではいつもプレミアム牛めしの並盛つゆだくとろろ付きを頼んでいる。
好きなポケモンキャタピーポケモンソードプレイしたときには「イタカッタ」という名前を付けている。
好きなアトラクション観覧車、好きな飲み物は
アニメなども好きで、特にアイカツ!プリパラなどのアイドルアニメキッズアニメをよく見ている様子。好きなアイカツキャラクター星宮いちご

苦手なものは生放送が降ってきた時には思わず逃走してしまっている。英語も苦手で英語の歌を歌う時は当て字して歌っている。
ホラーも苦手で、ときのそらコラボバイオハザード7プレイしたときには、恐怖しすぎて画面の前から逃走したほど

こんな苦手を持つが、計算技術検定一級という資格を持ち合わせる。

生放送ではよくソーラン節を踊ったり、TM NETWORKOFF LIMITS舞台を使用したりしている。

ネットパチンコをやっていて、小学生時代は本気でパチンコをやっており、パチンコ雑誌もその頃は読んでいた。パチリム

CDデビューで、演劇歌唱スクールに通っている。

活動復帰後の2021年5月に、限定普通二輪MT免許を取得。車載動画投稿するなどバイク好きとしての活動も知られるようになった。

来歴

順調に活動していたが、ひとつのターニングポイントとなったのがeSport大会RAGE 2018 Summerへの出場である。こちらでは極度の緊からまたしてもお水を飲み過ぎてしまい、試合中にもかかわらず尿意をもよおすハプニングが発生。しかも思いがけず勝ち進んでしまったことで視聴者笑わせヒヤヒヤさせた。これが認知のきっかけの一つとなる。

同年7月4日開したときのそらとのホラーコラボ動画が大反となり、同中にはチャンネル登録者数10万人を達成した。8月にはAbemaTVメ~テレで放送するドラマ星屑リベンジャーズ」に出演し、9月開催の『RAGE 2018 Autumn』では富士葵とのデュエットを含むミニライブも開催している。

2018年11月1日には、ついに自身初のオリジナル曲「人類みなセンパイ!」をリリース
作詞畑亜貴作曲まふまふ田中秀和(MONACA)というな布で作られた。

運営危機

2018年11月7日深夜、アズマリムのTwitterアカウントから突如「転生して性格を変えたことにしようとされている」と訴えるつぶやきが発信される。企業運営VTuberが自らTwitterで助けをめるという異例の事態となり、複数のVTuberも反応するなど多くの関係者・ファンから心配のが上がった。(該当ツイート exit exit exit

2018年11月12日、アズマリムの活動支援を行っている株式会社CyberVより「本人の意向を尊重できていなかった」「これまで通り活動を継続する」「転生は一切行われません」と発表がなされた。(該当ツイート exit exit

北海道旅行、そして骨折による活動減少

2019年1月27日には、北海道の復支援企画として、富士葵ときのそらと一緒に北海道の登別に旅行した。ヒグマがいるのぼりべつクマ牧場に行ったり、N.O.P登別オフロードパークスノーモービル体験を楽しんだ。

その後も同年3月テレビアニメ出演など、順調に活動を続けていたが、2019年6月頃に骨折してしまい、活動を大きく制限することとなった。

復帰から初単独リアルイベント、現在へ

2019年8月23日骨折全に回復し、活動を再開。

2019年9月28日にはYouTube登録者数20万人をす決起集会として、「人類みなセンパイ計画! ~センパイ20万人しておつおつおー!~」を池袋HUMAXシネマズにて開催。ゲスト物述有栖村上奈津実、場内アナウンス映像出演にもこ田めめめが出演した。

2019年11月14日には、スタジオの「引っ越し」を行い元気に活動を続けていたはずだった。

活動困難状態

2019年12月7日、アズマリムのツイッター公式アカウントより、運営スタッフと責任者に対して連絡が取れず、アズマリムの活動に際して約束した事項が果たされていない事、2019年5月以降一切の報酬の支払が確認できないことを理由として、活動することが困難となったとするつぶやきexitが発信される。

また、昨年の11月の騒動の後、アズマリム本人と話し合ったという文面が公表されたが、実際はされていなかったことexitも発表した。

クリスマスプレゼント企画は進めていく予定だが、今後の活動は未定である。

一方、運営会社のCyberV側も12月10日ツイートで反応し、アズマリムとの話し合いは幾度となく行われて、彼女に対しての報酬は支払っているとアズマリム側と大きく隔たりのある主張をし、今後場合によっては法的措置も視野にいれた対応を検討するexitとしている。
また、12月18には映像イベントFRENZ』の催や「あおおに ~じ・あにめぇしょん~」の監督などで知られる、株式会社Chisey代表の前田地生より運営の引継ぎの事実と協議中の旨を発表しているexit

三度の復活

2020年7月6日株式会社Chisey代表の前田地生より活動再開と、同社に運営を移管を発表exitした。
CyberVは、2020年6月30日付けで解散されていたことが7月6日付けの官報で判明しており、今回はこれに伴う運営移管とも推測できるが、前田地生は協議の内容については差し控える発表をしている。
7月7日0時15分にアズマリム公式アカウントより復活と個人系VTuberとしてデビューすることが発表exit。また、22時より復活の報告などを行う配信を行ったexit。配信では、ご心配をおかけしたことに関してのお詫び、個人系VTuberとして復活することの報告などを行い、7月10日16時17時文化放送超!A&G+」にて生放送を行う発表をした。番組では、アズマリムの復活に関するふつおたや、空白の半年間なにをしていたかリスナーが当てるお便りのコーナーDAKENウクレレギター伴奏をした生歌などが放送された。その後、動画投稿を繰り返し行うなど精的な活動をしている。実写系の丁寧な編集の動画は特に好評で、2022年9月現在チャンネル登録者数も増加傾向にある。

2022年7月7日誕生日には、コエス株式会社音声合成ソリューションであるCoeAvatarから、アズマリムをキャラクターとして起用した「アズマリム Mk-」が発売されることが発表された[2]。同年8月19日発売。の三色の同素体が用意されている。

デザイン原画

活動

関連動画

脚注

  1. *運営会社であるCyberVは2019年8月31日付けで事業を株式会社Chiseyに譲渡したと説明している
  2. *https://coeavatar.com/update/detail.php?id=1101089exit

【スポンサーリンク】

  • 36
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません
この記事は、申し立てにより掲示板をご利用いただけません。

急上昇ワード改