アテナ単語

アテナ
4.4千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

アテナとは、以下のことを表す。

以下、女神「アテーナー」について記述する。

概要

オリュンポス十二の一柱。
知恵と戦略り、芸術と工芸にも通じる女神で、都市国家アテーナイ(現在首都アテネ)の守護
ゼウスにメーティス。しかしその出生は非常に数奇なものだった(後述)。
ローマ神話ではミネルヴァと同一視された。

徴たるオリーブフクロウを携え、と甲冑で武装した姿で表わされる。また勝利る有女神ニーケー属とする。
この(あるいは胸当て)は「アイギス」と呼ばれ、英雄ペルセウスより献上されたメドゥーサの首が取り付けられている。
あらゆる邪悪・災厄を払い、勇気を鼓舞するこのは、英語読みでは「イージス」。アメリカ海軍が開発した防戦闘用艦載武器システムイージスシステム」のとなっている。

添え名として「パラス」を冠して表現される。
一説にはこのパラス海神の子トリトンであり、アテナとは友だったが、ある時細な諍いによって命を落としてしまう。これを悲しんだアテナはパラスの名を自らの添え名とし、更にパラスに似せた木像「パラディオン」を作った。この神話により、パラディオンは都市の守護として崇拝された。

ヘシオドスの『統記』およびアポロドーロスの『ギリシア神話』によると、メーティスは、るオーケアノスとテーテュースのだった。彼女ゼウスレアーと共に、ゼウスクロノス王座を追われる事を恐れて次々とみ込んだ6柱の子らを救出、勝利に貢献する。
ゼウスの最初の妻となったメーティスだったが、そのゼウスは祖に当たるウラノスとガイアから「メーティスから生まれた男子は、お前クロノスを追放したように、お前王座から追放する」という予言を受ける。これを恐れた彼はと同じように、当時身ごもっていたメーティスをみ込んでしまった。
ところが胎児は生きており、満ちるとゼウスはすさまじい頭痛に苦しめられた。耐えかねて鍛冶ファイストスに命じて自分の頭をたたき割らせると、既に成人して全武装したアテナが雄たけびと共に飛び出した。この時宇宙は大きく揺れ、太陽は動きを止め、大地としく音を発したという。
こうして女子が生まれた事で予言は回避され、またゼウスはメーティスの持つ知恵を獲得するに至った。

アルテミスヘスティアと同じく「純潔の誓い」を立てた処女だが、特殊な状況下で子を成した事はある。
ファイストスに自分の武器を鍛えてもらおうと工房を訪ねたアテナだったが、その頃のヘファイストスは妻アプロディーテーに相手にされず、大変ムラムラしていた。そこへやって来たのが美しく聡明なアテナだった為、慢できなくなった彼は彼女に迫る。誓いをにアテナは逃げたが、ヘファイストスは不自由な足で彼女を追いかけた末に抱き着き、彼女の足にくべたつく何かを放ったのである。
賢者となったヘファイストスをよそにアテナは羊毛で足を拭い、大地に捨てた。すると大地は身ごもり、両足がの尾の男児を産み落とした。事故とは言えどある意味が子である赤子に対し、アテナはエリクトニオスという名を与えて育てた。
リクトニオスは後にアテーナイの王となり、アテナの護を受けて彼女を礼賛する祭典「パンアテナイア」を行い、以後アテーナイの重要な祭儀となった。4年に1度行われる大祭と、毎年行われる小祭の2種類があり、術・音楽・文芸など女神に由来する様々な競技が行われ、大変やかなものだったという。

自らも優れた戦士である事から、人の勇士を愛し、その苦を見逃す事が出来ない。
『オデュッセイア』では故郷イタケーへの帰還を望みながら果たせないオデュッセウスを見かねて手を貸し、行方を捜す息子テーレマコスを導き、帰後も彼らに手厚い加護を与えている。

他の十二との関係は較的良好。
海神ポセイドンとはアテーナイの守護の座をかけて争った事もあり、メドゥーサゴルゴーン)を巡って一着あったものの、『イーリアス』では共闘している。
戦争の暴虐・狂乱を徴するアレースと対照的に、アテナは戦略徴する理知的な女神とされている。そのアレースとはやはり因縁があり、『イーリアス』ではアカイアの英雄ディオメーデースにを与え、トロイアに味方して戦場で暴れ回るアレースをぶち当てて退散させた。
更にその後々同士の戦いが解禁されると、巨大な岩をアレースにぶつけて気絶させ、助けようとしたアプロディーテーに拳を振るい、二柱を打ち倒している。
ゼウスからは溺されるあまり、他の子から嫉妬される事もある。
ゼウスの最初の妻の子である関係から、本来浮気や継子に容赦ないヘーラーとも仲が良い。ヘーラーう見事な衣装はアテナの手によるものであり、アルゴナウタイ支援や、「パリス審判」で共に選ばれなかったいせにアカイア(ギリシア連合軍)に肩入れして共闘している。

一方で怒らせると非常に恐ろしいであり、彼女の怒りによって罰を受けた者の話は多数伝わっている。

アラクネー

リューディア(現在トルコ)に暮らしていた女性で、機織の名手。

機織の才に優れ、いつしかその腕前は々の織手たるアテナに肩すると称えられるようになった。
驕慢アラクネーはそれを否定せず自らもそうした為、アテナは老婆に化けて彼女の許を訪れる。そして々の怒りを買うのは良くないと諭したが、アラクネーめるどころか、アテナと勝負しても良いとまで言い切った。そこで女神は正体を現し、彼女の望み通り機織勝負を挑む。
アテナは自分とポセイドンが勝負してアテーナイの守護に選ばれた物語を初め、々のかしい栄を織り上げた。一方でアラクネーはアテナのゼウス浮気題とし、人に対する々の不実さを嘲笑う物語を織り上げた。
確かにアラクネーの技術は非の打ちどころがなく、その実はアテナさえも認めるものだった。しかしへの冒涜に激怒したアテナは、織り上げられたアラクネーの作品を引き裂き、織機を破壊した。を怒らせた愚行に気づいたアラクネーは自らを恥じてその場を逃げ出し、首をって死んだ。
そんな彼女を憐れんだか、いは死んでも尚許せなかったのか、アテナは死体の上にトリカブトの汁をまいた。するとたちまちアラクネーは小さな蜘蛛に姿を変え、以来蜘蛛は己の非を償うかのように糸を繰り、巣をるようになったという。

テイレシアス

アテナに仕えるニュンペー・カリクローの息子テイレシアスは、ある時偶然アテナが浴しているのを見てしまう。
裸体を見られた事に怒った女神は彼を盲目にしたが、これを憐れんだアプロディーテー(別伝ではリクロー)が執り成した為、視の代わりに未来を予言するを与えた。その後テイレシアスはナルキッソス、オイディプス、オデュッセウスなど、様々な物語に予言者として登場している。
同じくアルテミスの裸体を見た為に悲惨な死を遂げたアクタイオーンと違い、若干救いがあるのがミソ

ちなみに別伝があり、それによるとテイレシアスはキュレーネーの山中交尾するを見つけ、戯れにこれを打つと女性になってしまった。9年間女として過ごし、再び交尾するを見つけて打つと、男に戻った。
ある時ゼウスヘーラーは「男と女、どっちが性的快楽が強いか」というしょーもないもが疑問に思う問題で言い争いとなり、女体化経験のあるテイレシアスを呼んで話を聞いた。
テイレシアスは「男を1としたら女はその9倍気持ちいいです」と正直に答えた為、「男の方が気持ちいい説」を唱えていたヘーラー激怒し、彼を盲目にした。流石にあんまりだと思ったのか、自説を明してくれた事への感謝か、ゼウスはテイレシアスに予言のと長寿を与えたという。

小アイアース

『イーリアス』に登場するアカイアの勇士にしてロクリスの王。
サラミス王テラモーンの子アイアース(大アイアース)と区別する為にこう呼ばれる。

に驕り、を敬わない不遜な男。
の姦計によってトロイアが落した際、王女カッサンドラーはアテナ殿逃げ込んだ。しかし小アイアースはこれを捕らえ、像の足元で彼女強姦する。これを見るまいと像は上を向いたとも、小アイアース像ごと押し倒してその上で凌辱したとも言われ、過去に類を見ない冒涜に対してアテナは激怒した。

後にこの蛮行を知った友軍は彼を殺そうとしたが、小アイアースが祭壇に逃れた為に果たせず、戦勝のドサマギで生き延びる。しかしアテナはを送り、帰路についた小アイアースを難破させた。
一度は憐れんだポセイドンによって岩礁に乗り上げ、一命をとりとめた小アイアースだったが、よせばいいのにに向かい「々の怒りもには及ばない!」と勝ち誇った。これに怒ったポセイドンは三叉の矛を岩礁に投げつけて破壊。今度こそ小アイアース溺死した。

しかし女神の怒りは収まらず、ロクリスの民は毎年、名出身かつ若い未婚の女を2人ずつトロイアのアテナ殿に送るよう定められた。
護衛をつけられた彼女達はを渡り、自分を殺そうとするトロイア人から逃げ殿にたどり着ければ命は助かるが、辱めを受けながら生涯独身で過ごさなければならなかった。
この習慣は1000年もの間続いたという。

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アテナ

2 akiaki
2009/11/09(月) 00:52:12 ID: mWnE/bh6dL
遊戯王OCGカード
天使族。
3 ななしのよっしん
2011/11/16(水) 22:51:41 ID: xJMabPajrH
FE新暗黒竜の追加キャラ
ポケモンハートゴールド・ソウルシルバーロケット団幹部
4 ななしのよっしん
2012/04/05(木) 23:36:17 ID: UXGvW4qt4Z
女神(13歳巨乳)のになってかれたい
5 ななしのよっしん
2012/04/13(金) 23:27:23 ID: EahFmew0AC
漫画聖闘士星矢」の登場人物。人間としての名前城戸沙織

ん?か忘れてるような…
6 ななしのよっしん
2013/05/27(月) 22:16:07 ID: UEJom24FQC
>>5
LCサーシャのことか

あとどっかの汎用人兵器にもアテナって名前がついてたような
7 ななしのよっしん
2015/03/24(火) 20:44:19 ID: xKbtZj8cp1
上の曖昧回避の麻宮アテナ、出典元はサイコソルジャーなんだから、そっちの方を省かないで書き添えとけよ。
KOFの方がメジャーとはいえ、元々はレトロアケゲーのキャラなんだからな。
8 ななしのよっしん
2015/08/13(木) 18:06:36 ID: kQReQNQPlQ
サーシャはきっとアテナの生まれ変わりじゃないよ
いい子過ぎる
邪武をにしてた沙織さんのほうがよっぽどアテナの生まれ変わりらしい
9 ななしのよっしん
2019/12/11(水) 19:47:21 ID: OVqihpbfy+
アテナというのはアンテナですか
10 ななしのよっしん
2019/12/11(水) 19:49:54 ID: vvw5+/n40f
アテナイだから同じ訳ないだろ
11 ななしのよっしん
2019/12/26(木) 13:11:58 ID: OVqihpbfy+
でも考えですよAthensはAthenaから由来です
AthenaはZeusの額から出て来たという伝説がある
そしてAthenAtenとよく似た名詞
AtenとはAmen信仰を排したEgyptの至高
antennaAthenaじゃないと仰るがしかしVarvakeion Athena等はどうですか?それは日本Robotsのようなantenna付けている像
額はantennaとなるcrownの装着部
何の訳で訳ない言います?何でそれをっています?神話が何の物語かを理解します?